67 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/07/08(金) 01:25:20 ID:D8X
    さっきまでうたた寝してて、今目が覚めてしまったので今日むかついた話する。


    私は高齢独身女、兄が一人いる。兄は既婚者で、私は昔からこの兄嫁によくdisられていた。
    私がいつまで経っても結婚しないので、老後にうちの子供達に迷惑かけないでね!とのことらしい。
    お金は貯めて自分のことはなんとかしますから大丈夫ですよ、っていうんだけど、そうはいっても
    わからないでしょ! まったく結婚も出来ない女の人はこれだから、性.格に問題があるのよね
    とかなんとか。
    そもそも兄もあまりいい兄じゃなかったので、兄を糸交めてもどうにもならないし、ごめんなさいねえ、と
    適当に流してた。
    私は実家に住んでて、そこから仕事に行っているんだが、この前から母親が要介護になった。
    兄嫁は、親の介護を私に押しつけたいらしく、聞いてもないのに、母が要介護になったというと、
    「私たちは子供がいるし面倒見れませんから!!!!」とか叫んでた。
    おまえ独身で実家にすんでるんだから親の介護はおまえの仕事だろ、結婚もしなくて、孫の顔も見せられない
    親不孝な娘なんだからそのくらいしろ、とか兄にも言われた。
    私も昼働いてるからいつも介護できないし、病院に入れるのもありなんだろうが、本人は家にいたそうだったので、
    これを機に実家をバリアフリーに建て替えた。

    ちなみに兄夫婦には、家をちょっとリフォームして車いすでも歩き回れるように変えるから、とかしか
    言ってなかった。なんか母親の介護話はとにかく聞きたくないみたいだったので言わなかった。
    たぶん聞かされて、自分たちに負担が回ってくるのがいやだったんだと思う。
    ぼっろい家だったから、ついでに広くして、私の趣味の部屋も増やして、収納とかもいろいろ作った。
    親は、もうおまえが建てた家だから、ってことで権利は私に移った。
    母親は車いすで家をうろつきまわれるし、エレベーターもつけたので、二階にも行けるし、車いす
    ながらけっこう頑張って家事が出来ている。
    でもやっぱり大変そうだったし、父も足が悪いので、ヘルパーさんを募集した。
    介護の資格がある人で、離れに住み込みOKな人。
    そしたらシングルマザーの奥さんが応募してきた。なんか旦那さんのDVから逃げて離婚したいけど頼れる人が
    いないらしい。

    866 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/07/25(日) 08:12:50 ID:Wwa/vqHC0
    旦那が元女。たぶん誰にもばらすことはないと思う。

    641 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/05/29(水) 13:38:42 ID:VFO.rz.vb
    一人飲みしてた居酒屋で「ちょっと汚い格好だけど一杯だけいいかなー?」と作業服のおっさんが入ってきた
    汚いって解ってるなら最初から来んなよと思ったが店が認めてるなら私が嫌がっても仕方ない
    カウンターで一つ空けた椅子に座り「煙草吸って良い?」とこちらを見るが返事する立場じゃないので無視
    店主が「どうぞー」と答えた
    私は見ていた野球が終わったので会計しようとすると「汚いオヤジが来たからネエさん帰っちゃうよー、ごめんね大将」だって
    煙草云々も女と話すキッカケだと感じたので気付かない振りしたのだけどね
    3段階で神経わからんだわ

    595 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/03/10(月) 17:57:19 .net
    俺と嫁の歴史


    俺「ホレました!結婚してください!」(当時14歳)
    嫁「キミ、誰?」(当時20歳)
    ・・・失敗


    俺「○○(嫁の名前)さん!結婚してください!」(当時16歳)
    嫁「××(俺の名前)も懲りないね・・・」(当時22歳)
    ・・・失敗


    俺「○○さん!結婚してください!」(当時18歳)
    嫁「××、前に言っただろ。アタシにそのつもりはない」(当時24歳)
    ・・・失敗


    俺「○○さん!結婚してください!」(当時20歳)
    嫁「いいか××、もっと周りに目をやれ。アタシなんかよりいい人なんてたくさんいるぞ」(当時26歳)
    ・・・失敗


    嫁「アタシは、××と結婚したいんだよ!!」(当時28歳)
    俺「ブホォ!?(コーヒー吹き出し)」(当時22歳)
    ・・・結婚

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/08/01(木) 16:55:20 ID:coH14WP40.net
    俺が交番に財布届けて帰ったら
    警察から電話きて「財布から2万円が抜かれていて被害届だすといってます 署まできて話聞いてもいいけどいいですか?」と言われ犯人扱いされたんだが

    まあ署まで行ってちゃんと話したらわかってもらえたけど善意でやったのに
    休日潰してヒヤヒヤして嫌な気持ちになるからやめたほうがいいよ

    126 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/07/24(火) 00:17:43 ID:pGVbMsLw0.net
    5年くらい前の話
    結婚3年目。俺31歳 自営で成功し年収1000万
    嫁27歳  専業主婦
    間男45歳 嫁の料理学校の同期?

    当時マンションの10階に住んでいた
    仕事が忙しくて週3は午前様か朝帰り
    それ以外は早く帰宅するように心がけて、嫁と一緒に過ごしていた

    その日も朝方になると思って、昼頃に嫁に連絡した
    だが思ったより早く仕事が片付いたので帰宅したんだが
    疲れててね、なんだか眠かったんだ
    そんなんで嫁には連絡しないで家にはいったら
    嫁が男連れ込んでたのよ
    なんか48手を試していたらしく、変なポーズでまぐわっていた
    怒りよりも「ああ、やられた・・・」と思った
    疲れていて、怒るどころではなかった
    俺「ああ、続きは外でやってくれ」と言ってネ果のままの2人の髪の毛掴んで
    玄関の外に放り投げ、鍵閉めて寝たんだ
    呼び鈴連打されて鬱陶しいから電源引っこ抜いてそのまま熟睡
    ついでにスマホも電源切った(嫁のスマホは家の中にあった)
    朝電源入れると知らない番号から着信あり
    かけ直すと警察で、名前言うと担当に変わってくれた
    なんと嫁と間男、俺が出ないので諦めて
    ネ果で外にでて、間男車まで行ったらしい
    その時車のキーを家に置き忘れてきて俺自宅に戻ろうとしたけど
    マンションのキーもなく(暗証番号なしのマンションだった)
    エントランスにも入れずに躊躇していたら通報され
    駆けつけた警官から「公然わいせつ」で逮捕されドナドナされていた

    俺は爆笑したあと「そんな人知りましぇーん」とだけ言って電話切った

    これが俺の修羅場だった

    以上

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/19(火) 04:52:13 ID:oQcD8PI70.net
    電車の中で足を広げるかどうか

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/05/04(日) 13:25:44 ID:VWwe5aQX0.net
    キムチ鍋(丼1杯)
    オニギリ(大2個)
    ペットボトルのお茶
    乾パン1袋
    ボンタンアメ1箱
    ポケットテッシュ(2袋)
    教会のお風呂使用券
    生活保護申請のしおり
    神はあなたを見捨てないとかいう本

    あと別なテントで健康相談もやっていた
    全然生活できるやん!!

    609 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/06/25(火) 18:19:43 ID:Fd9WxGS3
    俺は美大を目指して浪人していた。
    受験の時、試験会場に向かうために
    画材を詰めた鞄とリュックをかついで電車に乗った。
    地下鉄への連絡通路を歩いていると、
    「君、ちょっと待ちなさい」と肩をたたかれた。
    「ちょっとそのバッグの中を見せてくれますか?」
    警察だった。時期はオウム地下鉄テロの直後だった。
    俺が鞄を見せると、警官たちの顔に緊張が走った。
    俺は油絵志望していたので、色々な画材を鞄に入れていた。
    粉の入ったビンとか、粒々の入った袋とか、
    透明な液体、褐色の液体、ペースト状の何か、などなど。
    普通に画材なんだが、絵を描かない人にとっては
    わけのわからない物体で満載だったろうw
    警「説明してもらっていいかな?これは何ですか?」
    俺「テレピン油です、蜜蝋です、メディウムです、ダンマルガムです」
    警「ダ、ダンマ…それは何ですか?」
    俺「油絵の道具で、これから入試で」
    画材の説明を必タヒでして受験票を見せると納得してくれて
    俺はやっと解放された。周りには人だかりが出来ていた。
    地面一杯に広げられた画材を涙目で鞄に押し込んで会場に向かった。
    試験は落ちた。

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/10/13(金) 11:49:07 ID:krMA/w7p0.net
    ペラペラな紙に手書きでもないPC作成の奴送ってきやがった

    このページのトップヘ