2018年11月

    400 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/12/25(月) 19:39:29 ID:Vx0aVeU40.net
    職場で同期の女性.が『私は被害者で意地悪されている』と言うスタンスで周囲に話を持って同情を集め、相手を悪者にして自分の居心地を良くしていくタイプです。

    彼女から、あらゆる人に私の悪口を吹き込まれています。彼女が自分で捨てた書類を私が無くしたとか、分からない所を聞かないのに、教えてくれないとか全て彼女自身に同情が集まるように話をされています。

    現在私へ仕事をお願いする時も、私が席を外した隙にメモを置いていくだけ。

    私からの挨拶やメールは全無視、周りが居ない時に、睨まれたり、ドアをバンと閉められたりしています。彼女は最近入籍したので社会人として直接「おめでとうございます」と言ったら「たいしたことじゃないです」と言う感じ。

    1年くらいこれ以外に嫌みを言われたりしています。

    年内で私は産休に入るのですが、きっと周囲に私の印象が悪くなることをまだまだ吹き込む気がしています。

    休む前に、周囲へ根回しした方が良いでしょうか?

    正直、彼女からの永続的な嫌がらせに参っているのはこちらなのに、と思っています。

    148 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/12/01(金) 22:55:08 ID:LPfmvWgi0.net
    次よろしいでしょうか?

    義実家と近距離別居です(車で20分ほど)
    夫には兄がいて、義兄夫婦は他県(車で2時間ほど)に住んでいます

    義実家に、「合鍵はいつくれるのか」と言われました
    義実家曰く「兄夫婦の分は新居が決まってすぐ手渡されて持っている」
    「勝手に家に入ることはないが、何かあった時に持っていたら便利」です

    私は正直、合鍵を渡したくありません
    義実家がむやみに合鍵を使うような人たちじゃないのはわかっていますが、
    他県に住んでいる義兄夫婦と、近距離の私たちでは合鍵使用可能率(?)が違いすぎるし、
    近くに住んでいるのだから、何か用があればこちらから伺うし、
    来ていただくにしても夫婦のどちらかは在宅しているだろうし、
    "合鍵"を渡しておく必要がある「何かあった時」が思い付きません

    夫は「別に渡さなくていい」という気持ちらしいんですが、
    義実家サイドには「まだ合鍵作ってないし~」程度で、断りはしません
    もちろん義実家は私が嫌がっていることは察しているでしょうが、
    なるべく角の立たないかわし方、断り方などありますでしょうか

    513 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/12/09(土) 16:39:53 ID:/laRKM8p0.net
    どういう返答が正解か教えて下さい。
    私は元々人付き合いが苦手でボッチでした。自身の子供の頃からの友人は一人もおらず、子供が産まれてからママ友的なものはいますが、やっぱりそこまで近しくはないです。
    今まで中古購入したマンションで暮らしていたのですが下の双子(男)が小学校に入り少年団に入るようになり、家でもドタバタしたりサッカーの練習をしたいと言い出したため今のマンションを売って校区内の中古一軒家を購入することになりました。
    今のマンションも築5年で購入→13年で売却(大規模修繕終了後)のため購入時期がよかったのか購入時より100万下がった程度の金額で売却できるようです。
    それでもやはり駅から車で5分ほどの地域なので地価は高く、土地が広くて比較的新しい中古住宅はマンション売却+2,000万ほどになります。
    売却額を知っているママ友から、お金に余裕あるんだねぇとか稼いでるねぇ、等と言われることが多くなり辟易しています。
    購入資金は預金とマンション売却のお金と私の祖母がなくなった際の遺産、残り1000程はローンです。
    そんなことないよ、や、結構カツカツだけどマンションはクレームが入っちゃってね、とか答えるんですが、会うたびに家の事や車(少年団で車出しがあるので時期もあり大きいファミリーカーに買い換えました)、習い事のお金のことを延々言われて疲れてしまいます。
    どういう返事を返せばいいんでしょうか。
    育児板と迷ったのですが育児には直接関係ないのでこちらにお願いしました。

    49 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/11/19(月) 14:36:07 ID:v9c
    愚痴


    「全然痩せない」

    毎日昼にキラキラ加工した写真送ってくるけど定食に揚げ物とデザート追加してたらまあそうだろうね
    サラダを最初に食べても意味ないよだってそれマカロニサラダ
    入る服がないのはオンワードが悪いわけじゃないと思うよ…
    帰宅前に幸楽苑でラーメン食べて自宅でも夕飯食べる習慣を止めたらいいんじゃないかな
    せめてチャーシュー麺は止めよう?あっさり中華にしよう?
    「母親の料理が手抜きでクソまず」って親御さんも実家住まい四十過ぎの独身娘にそんなこと言われたくないんじゃないかな
    それと多分幸楽苑に寄らずに帰ったら美味しいんだと思うよ…
    あと夜中にUFOとピノとトッポ食べるの止めなよ
    スープがないからカップラーメンより体にいいよ?油ならお湯で落ちてるし?じゃないわ
    朝ごはん食べられない…仕事のストレスで…朝になると吐きそう…毎朝お腹も痛いし…って多分それ原因違うと思うよ…私医者じゃないからアレだけど割と自信ある
    あとね、言いにくいけどそれはおそらく巨/乳ではない
    下着が見つからなくて責められるチュチュアンナかわいそうだよ

    メールもLINEもブロック出来ない立場だから仕方無しに流してるけど毎日300件近く痩せない愚痴聞かされるのしんどい

    489 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/04/19(水) 21:17:50 0.net
    相談します
    夫のコレクションのCDを壊してしまいました
    些細な事でケンカになり、カッとなってやってしまいました
    次の日、謝って弁償すると伝えたのですが無理だからとだけ言われ以降口もきいてもらえません
    調べてみると、もう廃盤となったCDだったり初回限定盤というやつだったようで市場に出回っていまませんでした
    今更ながら大変な事をしてしまったと思い知りました
    どうすれば許してもらえるでしょうか?

    528 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/04/09(日) 00:22:01 ID:bpIIPhIu.net
    わりと数年前の話し。
    かなり長くなるので端折るけど。
    少しフェイクあり。

    元々親に虐待されてたし、愛されてないのわかっていたけど、実家が貧乏過ぎて風イ谷で働いてた。

    毎月母親に仕送り30万していた。
    実家は地方の田舎。

    元々自分を大事にするという感覚が人より薄かったし、恋人もいなかったし、いつタヒんでもいいやと思いながら、ふわふわ生きてた。

    風イ谷の求人サイトみて、応募。
    最初は五反田のホテヘル。

    初めてついたお客さんのことは今でも鮮明に覚えてる。
    風イ谷の仕事本当は嫌だったし、右も左も分からず、なんとなく仕事なめてたから当然売れず、二ヶ月で都内の別の箱ヘルに移籍。

    この頃から売れるにはどうしたら良いのだろうか?と思い悩み、とりあえず整形。
    そこそこ人気が出てきて、ある事情から吉原の高級ソープに移籍。
    それから川崎の高級ソープに移籍。
    常連客は金持ちが多かったし、優しかった。

    毎月親にはせっせと仕送り。
    父の借金の返済も終わった。

    仕送りすると電話で母親が優しかった。
    子どものころ虐待されていたことも嘘だったのかなというぐらい優しかった。

    570 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/07/18(月) 17:52:14 ID:Wfn
    ほぼニュースにはなることはないが、世の中には「子捨て」が結構ある
    産まれたばかりの赤ん坊ではなく、ある程度育った子
    かつ親や育った場所の情報を正確には言えない程度の幼児を
    病院や遊園地、ショッピングセンターなどに置き去りにする事案
    自分はその「子捨て」で捨てられた子どもで
    結局、家族とは二度と会えなかった
    いい大人になった今でも、迎えにこない親を待っている時の怖くて心細い気持ちを思い出せる
    その後も人並みに苦労したが、あれほどの修羅場はなかった
    事情があって子どもを育てられなくなっても
    黙って捨てるのだけはやめてほしい
    それを伝えたくてあえておーぷんで書いてみた

    983 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/05/06(土) 16:59:37 ID:E4j6jetv.net
    お昼ごはん作ってたら 長男(高1)が急に次男(中1)に絡みだした。
    クッションの位置をずらしたとかそんなささいなきっかけ。
    謝れ!って怒鳴って弟が謝れば 態度が悪いだの 顔がムカつくだの言って いつまでも怒鳴ってる。
    母の私が間に入ってなだめようとしてもおさまらず、シネ 出ていけ 消えろと暴言を吐きつづける。
    しまいには蹴ったり殴ったりしかねないので 次男を自分の近くにおきつつ 急いで出かける準備。
    その間も 謝れだの動くなだの 消えろだの分けの分からない要求を繰り返しぐたぐだ怒鳴りつづける長男。
    危ないので、そのまま次男連れて出かけちゃいました。
    作りかけのごはんは冷蔵庫に押し込み...

    とりあえずファミレスでお昼をたべつつまったり。
    最初はこっちも怒りでいっぱいだったので 次男と兄の愚痴をいいつつすごしていたのですが、お腹も満たされたらだんだん落ち着いてきました。
    次男がお兄ちゃんにごはん買って帰ろうっていうので あんなことされたのに優しいなぁって しみじみ。

    買い物をしている途中で 兄から何事もなかったかのようにラインでお腹すいたのスタンプが送られてきた。
    ちょっとイラっとしたがひいてあげて もうすぐかえるからと返事。

    帰ったあとは さっきのことはお互いふれずに 違う話題をふり 通常運転に戻りました。
    いまは兄弟なかよくテレビみています。

    はぁ 疲れた(*_*)

    485 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/07/11(月) 18:43:25 ID:igd
    元夫と離婚したのは、今成人を過ぎた娘が中1だった頃のこと。
    離婚理由は、夫が家庭内暴力で家を1/3ほど破壊した甥を勝手に引き取ってきた事だった。

    甥はいじめられっ子で、登校拒否→家庭内暴力に発展した。
    勝手な想像だけど、甥がいじめられたのは元夫の妹がやってた「叱らない育児」のせい。
    まったく我慢のできない子供に育ち、小1の時点で魔の2歳児で止まったような精神年齢だった。
    当然団体行動はできず、友達もできず、小4あたりからいじめられ始め
    中学には数日しか行かず登校拒否するようになった。
    その後は母親(元夫の妹)に八つ当たりして暴力の日々。
    元夫の妹旦那は家に帰らなくなり、元夫の妹は義実家に泣きつく毎日だった。
    そして甥が15歳になった時、
    「妹はもう限界だ。甥にはもう俺達しかにないんだ(キリッ」
    と、承諾もなしに甥を連れ帰ってきた。

    甥がおとなしかったのは最初の4時間だけだった。
    (今思えば、あの甥がよく4時間我慢できたなと思うけど)
    リビングのTVを独占したがってうーうー唸り、ソファを一人で占領。
    夕飯は「何コレ」と食べず、冷凍庫のアイスを勝手に食べる。
    娘に向かって「コンビニ行って何々買って来いよ。行って来い。行ってこーいー」とブツブツ。
    たまりかねて娘をお風呂へ行かすと、トイレに行くふりをして娘を覗いた。
    この時点でブチっときて、私は娘を連れ、ビジホへ避難した。
    元夫は「薄情」と責めてきたけど、甥なんかより娘が大事だと無視して出て来た。

    553 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/07/17(日) 22:34:56 ID:P4f
    友人(A)が壊れた話。長いので分けます。

    私もAも中高一貫の私立校で、中学までAの成績は普通だった。でも高校に進学した途端Aの成績はうなぎ上りにあがっていった。
    理由は、Aが英語の先生に恋をしたということ。
    Aは授業のない日も質問するため必タヒに英語を勉強して、テストも学年1位とか珍しくなかった。
    先生も裏で「あの子はすごいんだよ」と嬉しそうに褒めていたという。

    2年生になると、なんとその先生が副担任になった。Aが泣きそうに喜んでいる姿は周りから見ても幸せそうだった。
    英語を集中的にやっていたAは、「これからは全教科できるようにならなくちゃ」と決意を固めていた。
    そのクラスは去年と違ってA以上にできる人間がいるとは思えなかったけど、Aは前にも増して勉強してた。
    夏が始まるくらいの頃にとうとうAは過労で体を壊した。どんどん重症化し、一度倒れて担架で運ばれる事態になってからは本当に笑えなくなった。

    2週間くらい経って、Aが机に座って突っ伏しているということがあった。例の先生の授業の前に。
    先生が入ってきて授業が始まってもAは動かなかった。
    先生は困った顔で「えー…コレどうしよう」「保健委員~コレなんとかしてよ笑」
    Aは『コレ』と呼ばれ、先生が持っていたもので頭をはたかれた。5分くらいネタにされ続けた。
    するとAはぐらりと首を回転させ、椅子から転げ落ちるように倒れた。そこでようやく担架が呼ばれた。
    授業後に保健室を訪ねてみると、意識を取り戻したAは私を見て泣き出した。怖かった、と。
    後ろから先生が来た。Aは悲鳴を上げて彼を拒絶した。

    それからAは先生を見るたび過呼吸を起こすようになった。Aは全て聞いていたという。
    熱で保健室に行くどころか話すことも動くこともできないなか、自分を『コレ』と呼び、頭を叩き、嘲笑う先生の声を。
    「杀殳されるって思っちゃったんだ」Aはそう泣いた。大げさといえば大げさだった。
    先生のしたことはちょっとしたからかいにすぎない。
    それでも、誰より憧れていた人間に、あんな状況で、私だったら耐えられただろうか?
    Aも、体調のいい時だったら笑って流しただろう。別の先生にされたことなら、その先生を嫌いになって終わっただろう。
    なのにAは先生を嫌いになれなかった。その代わりに激しく恐れるようになった。先生の授業に出られないほど。
    先生の目もタヒんでいった。泣いている姿が生徒にさえ見られるようになった。
    担任の意向でAは休学。夏季授業も夏休み中も、会うことはなかった。

    このページのトップヘ