612 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/11/05(木) 15:29:09 O.net
毒親持ちじゃない人に積極的に理解してもらうのは難しいし同士を募ろうとはしなかったけれど
学生の時、家に帰りづらいと言ったら、「いつまでもうちに泊まっていていいよ」と言ってくれた女友達や
会社の製品を親が買うと言うので予約したら、急に要らないとドタキャンした母
私が困っていたら「お母さんが要らないって?」と気の毒そうに私を見て
「それ欲しかったんだ」とそっと買い取ってくれた同僚の事務員さんがいた
あの人達は毒親のことを告白しなくても分かっていてくれてたんだと思う
親は毒だったけれど世間からは優しさをもらったから生きていて良かった
613 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/11/05(木) 15:38:07 0.net
>>612
あなたの人徳でもある気がする
素敵な人に恵まれてるね

中学の時に本気で「杀殳されそうになった時はピンポン押さなくていいからウチに逃げてきていいからね!」と言ってくれた友だちを思い出した
生きてきた中で、損得勘定なしに親身に手をさしのべてくれる人ってそのくらいだったな
自分も誰かの救いになれたらいいな
614 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/11/05(木) 16:14:03 0.net
>>612
世間から優しさ、私も貰ってたわ
毒親が学費を出さん、と言うので高校の時から学費を自分で稼いでた(高校無償化になる前)けど、高校の時は時給も高くないからいっぱいバイトいれなきゃ間に合わなかった
みじめに思った時もあったけどバイト先の先輩やお客さんとかに優しくしてもらったから頑張れたんだった
雪の降る日に自転車のタイヤがパンクしてて、バイト先から自転車ひいて歩いて帰ろうとした時近所に住むお客さんが家から修理道具一式持ってきてパンク直してくれたよ
615 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/11/05(木) 16:27:36 0.net
いい話だナー
こういうエピソードもっと聞きたい
引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1445418395/
他サイト生活系人気記事