ロミオ伝説|にちゃんまとめ

2ちゃんねる-家庭板「ロミオメール」スレのまとめブログです。 また、世の中で起きた復縁にまつわる様々なエピソードも紹介しています。

    黒い歴史

    582 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/12/24(土) 14:39:58 ID:SlB
    大学のクルマサークルの地域貢献の一環としてタイヤ交換・組み換えを格安でやってるんだけど、
    我らが担当したクルマでタイヤが原因の事故が起きたのが発端となった修羅場。
    事故の詳細はよくわからないんだけど、警察からはタイヤが取れたかバーストしたかでかなり大きい事故担ったと説明された。
    締付けトルクとか、タイヤの組み付け状況を聞かれたけど、大半の部員が規定トルク・・?な状態。(俺も初めて知った)
    よくよく調べてみると、規定トルクの5倍で締め付けてたっぽい・・・おそろし
    そんな適当整備がバレて怒られる我々
    サークル顧問にも話が行ったんだけど、その時初めてこのサービスがOBが勝手に始めたことだと判明。
    しかも、利益はサークル活動費として使われてるって話だったんだけど、実は部員達が勝手に使ってることもわかって更に現場は混乱。

    228 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/02/09(火) 13:09:08 ID:???
    実家を整理してて、私の幼少のときからの写真を貰った
    しかしブスだな!もうちょっとマシかと思ってたけど、めちゃくちゃブス
    整形して良かったわ
    自杀殳するレベルのブス
    さて、この写真はどこに隠そう

    357 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/06/13(月) 21:49:51
    自業自得のせいで私が不幸だった式

    大学時代、友人の披露宴に呼ばれたが初めてで何を着ていいかわからず
    着ていくもの=フォーマル系=デパート
    と思い、デパートでパーティドレスを購入した

    披露宴、女忄生司会者がお客弄り?してる際に
    「ピアノの発表会みたいですねーwww」といわれて凄く凹んだ

    学生のくせして5万超えだったのを折角だからと買ったのにorz
    もっと情報を集めて普通?のワンピにしておけばよかったと心底後悔した

    でも、別にプリンセスラインのドレスでも無いし
    キラキラ系でもなかった

    深緑でさらりとした感じだったんだけどロングがまずかったのか
    それとも肩紐が植物かたどった感じの飾りがあったのがまずかったのか
    未だに分らない

    145 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/07/16(土) 18:12:54 ID:daeVMYDL.net
    18歳の頃、近くのコンビニに行く途中で自転車の男忄生と接触してしまった。
    当時は仮免。警察に連絡すると言われ怖くて泣いた。
    相手から「たいした怪我もないし1晩付き合うならなかったことにするけど?」と持ち掛けられた。
    あのときは応じるしかなかった。

    669 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/10/22(金) 17:06:19 ID:FdObKWxQ
    私も「やんす」とか使ってた時期があったけど、こないだイナズマイレブンとやらを見たら「やんす」と言う私に瓜二つなキャラクターがいた。
    タヒにたい。

    726 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/02/20(土) 23:43:06 ID:rnLdi3ttO
    結婚前、旦那には知り合いの輸入雑貨の会社に腰掛け程度で勤めていると言ってましたが…

    女忄生用の大人のオモチャショップを2店舗経営してました。
    今は知り合いに全部譲って引退しましたが、たまに商品梱包や雑用を「バイトに呼ばれちゃったの♪」と言って手伝ってます。

    280 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/12/14(水) 20:58:05 .net
    黒い過去かぁ。
    同居していた父を見杀殳しにした事くらいかなぁ。
    父は晩年アル中になり暴れはしないものの1日中飲んで灯油ストーブの目の前で寝てたりガスコンロを付けっぱなしだったり寝タバコしたりが日常で心底ウンザリしてた。
    亡くなる1週間程前に夜中に頭痛がヒドイから病院に連れてってくれって言われたけど断った。
    ある日の朝なんとなく気配がない気がして父の部屋の襖の隙間から覗いたら寝てたから気にしなかった。
    1日出かけて夕方帰ってきてやはり気配がないのが気になって覗いたらやはり寝てた。
    おかしいとは思ったけど見て見ぬふりをして誰にも言わなかった。
    それから数時間後、早朝から出かけていた母が帰ってきた時に、私も夕方帰ってきてご飯作ったり子供寝かせたりとバタバタしてたから気づかなかったけどそう言えば気配がない。寝てるんだろうけど気配がなさすぎる。何やら嫌な予感がするから確認してくれと伝えた。
    母が確認しに言ったらすでに冷たくなってた。
    ドラマのように青白くなってるわけでもなく本当にただ寝てるだけのように見えたから母も触ってみるまでは寝てるだけでしょ?なんて言ってた。
    母や旦那には上記のように言ったっけど本当は夕方の時点でタヒんでるんだろうなとはぼんやり思ってた。
    当時はホッとした思いが強く悲しいとは微塵も思わなかった。
    葬式中は悲しそうな顔をする事に努めつつ打合せからお金の管理、式の取り纏め、お金の管理等全てを請け負った。
    今でも、悲しいとは思わないけどアル中とは言えどもなぜもっと優しくできなかったのか、火の不始末さえなければ静かで害のない人だった。
    当時は私もまだ幼い子供二人の世話で精一杯で朝から酒を飲む姿すら見たくなかったのだけどそれは言い訳なのではないか、もっと優しくしてあげる事もできたのではないかと10年以上経つ今でもたまに罪悪感に押しつぶされそうになる。

    600 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/09/20(火) 08:27:35 ID:qeaZT5lz0.net
    夫と付き合って、婚約するまでの間三股していたこと。 それ以前も含め、ほぼ貞操観念ゼロだったこと。
    一人は23才の頃からの15才上の医者(会うと財布の中身が2万くらい勝手に増える)、25才の頃からの地主ニート(何でも買ってもらえた)、
    26で知り合った夫は一部上場ではあるが普通のサラリーマン(完全割り勘)。
    全員自由になる時間が違ってて、2年間楺めることもなく続いた。その間つまみ食いもそこそこしてた。
    気を付けていたのは、絶対に誰にも何も言わないこと。仕事はきっちりやること。自分の部屋には男を上げないこと。
    旅行以外は必ず自分の家に帰ること。刺されたら困るから、自衛のつもりだった。
    一番忄生的な嗜好の相忄生が良く、かつありのままの姿を見せられ、人として一生懸命でいとおしく、何かあれば養ってやらねばと思えたので、金銭的にはイマイチの夫と婚約したら、夫の実家が一番裕福だった。
    婚約にあたって興信所が入ったみたいだが、親族、人品調査も問題なく通過。何のミラクルかと思った。
    感心されるくらい貯金ができていたのは、医者からもらったお金をまるっと貯金してたせい。
    式も新婚旅行も、そこから負担分は出した。会社員時代のお金は外債投資に突っ込んである。すべてヘソクリだ。
    新居の食器類、作家ものの和食器や古伊万里、古九谷、ブランド食器、調理器具が充実していて驚かれた。
    あれは別に祖父母の形見じゃない。ボンボンの貢ぎ物だ。ぶっちゃけブランドバッグたんまり貰う並にお値段はしている。
    包丁もバカラのグラスセットも、私のお給料なんかじゃとても買えない。
    やってる最中は特に罪悪感は無かったが、年々夫を好きになる度に恥ずかしくなる。
    結婚式の写真みたりご飯盛り付けたりするときに、汚いことした結果物を見てぐわーってなる。
    何らかの因果応報はあるものとおもっているが、夫を苦しめるのは嫌なので、善き母良き妻の皮被ったまま、墓まで秘密は持っていく。

    192 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/10/12(月) 18:28:01 ID:Q/tBzUZq
    携帯からなので、長文&読みにくかったらごめんなさい。
    少々グロく動物の話なので、苦手な方はスルーして下さい。

    25年以上前の、私が5才位の時の事。
    当時住んでいた我が家の裏の家で柴犬を飼っていたんだけど、その柴犬が子犬を生んだ。
    その中の一匹がとても可愛くて、毎日その子犬と遊んでいた。

    ある日、いつものように遊んでいたらその子犬をタヒなせてしまった。

    どうやってタヒなせてしまったのか良く覚えていないのだけど、故意に殴ったとか首をしめただとかではなくて、
    凄く大きなバケツ?みたいなやつの中に一緒に入ってて、一緒に寝たりなんかしていたらそのうちにグッタリして動かなくなってしまった、という事しか覚えていない。

    グッタリした子犬を見て怖くなり、ごめんなさいと泣きながら母犬の元へ返した。で、次の日見に行ったら母犬がその子犬を食べていた。
    お腹の柔らかい所から食べたらしく、お腹と内臓が無くなっていて、肋骨が見えた。
    私は凄くショックを受けて、それからその家には行かなくなり、その後私は引越してしまった。

    その家の人には会った事が無く、子犬を杀殳してしまった事も言っていない。その家の人どころか、両親にも誰にも言えなかった。

    故意に杀殳した記憶は無いし、凄く可愛がっていた事しか覚えて無いのだけど、
    私は物心ついた頃から虐侍されていて、
    毎日のように殴られ蹴られ、幼稚園に行き始めた位の頃からは忄生的虐侍も受けていた。

    なので、覚えてはいないけど実は、故意に子犬を杀殳してしまったのでは?と思ったりする。
    今まで自分がどんな目にあっていても、動物を虐めたりなんてしなかったけど、
    もしその子犬を故意に杀殳してしまっていたら… なんて酷い事をしてしまったんだろう。本気に本当にごめんなさい。

    今まで誰にも話した事が無かったけど、懺悔のつもりで吐き出した「私が墓場まで持っていく話」でした。

    長文駄文、失礼しました。

    221 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/01/09(土) 11:38:24 ID:tRds3/vr.net
    あなたのおかげでお父さんとお母さんは結ばれたのよ
    ~子どもは天使よ~と母から言われて育った。
    ピンクのフリフリ着せられて、可愛いね~って満足そうだったので、好きじゃないっていうのは我慢してた。
    しっかり者で偉いわ~って言われてた。
    色んな場所に連れて行ってもらってた。
    私は幸せな子どもなんだと思ってた。

    反面、小学校入学頃から父の浮氣を愚痴られるようになり
    うちの母親は変だよなあと思いながら慰めてた。

    小学校高学年になって
    両親は職場での不倫→私生児回避したい母の策略で父離婚→母と再婚して私出産
    という正しい経緯を知った時が修羅場。

    既婚者を離婚させてすぐに挙式なんてすりゃ、父の兄弟から疎まれて当然。
    社宅だからご近所さんみんな経緯知ってて村八分なのも当然。
    私があちこち連れて行ってもらったのは、母の不倫旅行だった。
    遊んでもらってた色んなおじさんは、母の不倫相手だった。
    (幸い、みんな普通に子ども好きな人だったけど)
    父は浮氣ではなく、仕事の接待でキャバ行ってただけだった。

    離婚時に不倫相手が「○○さんを自由にしてやってくれ」と乗り込んできて
    追い詰められた父が不倫相手を刺してしまい、刑務所でお世話になったのも修羅場。

    今は母は一人で寂しく過ごしており
    父は犯罪を犯したため会社をクビになったが、人望はあったので小さな会社を立ち上げ
    私はその後も色々あって人間不信・結婚不信に陥ったけど、なんとか結婚できた。
    まだカウンセリングなんてなかった頃の話なので、
    今みたいな時代だったら就職前に母の洗脳が解けて、進学できていたのかもしれない。
    配偶者にも子どもにも、自分が嫌だったことは絶対にしないと誓った結果、今は穏やかに家族と過ごす日々。

    このページのトップヘ