ロミオ伝説|にちゃんまとめ

2ちゃんねる-家庭板「ロミオメール」スレのまとめブログです。 また、世の中で起きた復縁にまつわる様々なエピソードも紹介しています。

    黒い歴史

    338 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/06/25(土) 14:22:29 ID:jRA
    大学時代、とあるチェーン店のラーメン屋でバイトをしていた。

    スープや味付けの種類は色々あって辛口系何かもあったんだが
    ふとした思いつきから「辛口ラーメン」の「辛口」を「超超超激辛口」の味付けにして客に出していた。

    初めは大学の気に食わない奴が客として来たから半ばイタズラ心でやったんだけど
    そいつの反応が「アッヒャ~~!!!!????」みたいな反応で思いの外面白かったから
    その後辛口ラーメンを頼んだ客の内、大人しそうなリーマンやオタク風の客を無作為で選んで
    「超超超激辛口ラーメン」にして出していた。

    (女性.には可哀想だからやらなかった、数人の場合は騒がれたら困るからやらなかった)

    反応は人それぞれで、一口食べて凄い顔を引きつらせながら箸を置いて帰ったり
    「うぎゃっ!!?」と悲鳴を上げたり、そういうラーメンだと思ったのか汗ダクダクになりながら
    無理矢理食べようとしたりと様々だった。(ちなみに完食した人間は10人の内1、2人ぐらいだったw)

    そんなある日、いかにもなアキバ系の客が「か、か、辛口ラーメン…」と頼んで来たので
    ちょうどその時とある出来事でイライラしていた俺は「超超超超超超激辛口ラーメン」ぐらいの味付けにして出してみた。
    一口食べた客は一瞬顔が赤くなった後、サーッと血の気の引いた様に顔色が変わった後椅子から静かに転げ落ちた。
    どうやら辛さが限界を回って気絶した様だったw

    「大丈夫ですか!?」と心配して駆け寄るフリをして「あっ!?」と思わずラーメンを落としたフリをして
    客の顔に超超超超超超激辛口ラーメンをビシャリ。ショックで気を取り戻したのか悶絶する客。
    心配する様子を見せながら病院へと電話しつつ、内心大笑いしていた俺だった…

    485 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/07/11(月) 18:43:25 ID:igd
    元夫と離婚したのは、今成人を過ぎた娘が中1だった頃のこと。
    離婚理由は、夫が家庭内暴力で家を1/3ほど破壊した甥を勝手に引き取ってきた事だった。

    甥はいじめられっ子で、登校拒否→家庭内暴力に発展した。
    勝手な想像だけど、甥がいじめられたのは元夫の妹がやってた「叱らない育児」のせい。
    まったく我慢のできない子供に育ち、小1の時点で魔の2歳児で止まったような精神年齢だった。
    当然団体行動はできず、友達もできず、小4あたりからいじめられ始め
    中学には数日しか行かず登校拒否するようになった。
    その後は母親(元夫の妹)に八つ当たりして暴力の日々。
    元夫の妹旦那は家に帰らなくなり、元夫の妹は義実家に泣きつく毎日だった。
    そして甥が15歳になった時、
    「妹はもう限界だ。甥にはもう俺達しかにないんだ(キリッ」
    と、承諾もなしに甥を連れ帰ってきた。

    甥がおとなしかったのは最初の4時間だけだった。
    (今思えば、あの甥がよく4時間我慢できたなと思うけど)
    リビングのTVを独占したがってうーうー唸り、ソファを一人で占領。
    夕飯は「何コレ」と食べず、冷凍庫のアイスを勝手に食べる。
    娘に向かって「コンビニ行って何々買って来いよ。行って来い。行ってこーいー」とブツブツ。
    たまりかねて娘をお風呂へ行かすと、トイレに行くふりをして娘を覗いた。
    この時点でブチっときて、私は娘を連れ、ビジホへ避難した。
    元夫は「薄情」と責めてきたけど、甥なんかより娘が大事だと無視して出て来た。

    528 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/04/09(日) 00:22:01 ID:bpIIPhIu.net
    わりと数年前の話し。
    かなり長くなるので端折るけど。
    少しフェイクあり。

    元々親に虐待されてたし、愛されてないのわかっていたけど、実家が貧乏過ぎて風イ谷で働いてた。

    毎月母親に仕送り30万していた。
    実家は地方の田舎。

    元々自分を大事にするという感覚が人より薄かったし、恋人もいなかったし、いつタヒんでもいいやと思いながら、ふわふわ生きてた。

    風イ谷の求人サイトみて、応募。
    最初は五反田のホテヘル。

    初めてついたお客さんのことは今でも鮮明に覚えてる。
    風イ谷の仕事本当は嫌だったし、右も左も分からず、なんとなく仕事なめてたから当然売れず、二ヶ月で都内の別の箱ヘルに移籍。

    この頃から売れるにはどうしたら良いのだろうか?と思い悩み、とりあえず整形。
    そこそこ人気が出てきて、ある事情から吉原の高級ソープに移籍。
    それから川崎の高級ソープに移籍。
    常連客は金持ちが多かったし、優しかった。

    毎月親にはせっせと仕送り。
    父の借金の返済も終わった。

    仕送りすると電話で母親が優しかった。
    子どものころ虐待されていたことも嘘だったのかなというぐらい優しかった。

    286 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/08/21(木) 09:54:42 ID:87ZT0YbL2
    5歳の時母親が突然いなくなり入院したと聞かされていたんだが
    半年くらいして「お母さんが帰ってくるよ!」と言われ大喜びで待ってたら
    知らない女の人が「○○ちゃん(俺の名前)!」と抱きついてきた
    突然のことに硬直している俺をよそに父も同居の祖母も「よかったねー」とニコニコ
    俺はこれはお母さんじゃない!と訴えるも子どもだからうまく説明できず最後は号泣
    父と祖母は久しぶりだからね~病気でやせちゃって雰囲気も変わったから分かんなくなっちゃったかな?とのんきなこと言ってるし
    母を名乗る女性.は少しずつ慣れてくれたらいいよ、と少し寂しそうな感じ
    最初はその人が母と入れ替わったような気がして始終ものすごい恐怖に襲われていた
    何せ子どもなのでそのうち新しい母親にもそれなりに慣れていったが
    でも違和感はずっと消えず自分がおかしいのかと時々考えていた

    で、結論から言うと本当に入れ替わってましたよ母親
    実母が離婚して出て行き別の女性.と父が再婚
    子どもだから実母だと思い込ませられるだろう、その方が新しい家庭もスムーズにいくだろうという浅はかな考えで
    俺にトラウマを植え付けてくれた
    ネタバレの後、実母は浮気して出て行った、新しい女とは実母と別れた後に付き合い始めたと説明されたが
    正直こいつらの言うことは何一つ信用できないと思ってしまったわ

    742 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/06/12(金) 21:02:47 ID:UuK
    昔イジメられてて追い詰められた時なにかがキレて相手を殴ってしまった事。
    相手は片眼球破裂して失明したとかしないとかでもう学校に来なくなった。

    後ろのロッカーがグチャグチャで私自身も両手の拳がひび入ったうえに二週間ぐらい両足手首筋肉痛になった。

    しかも前後の記憶がない。
    気がついたら先生が二人で私を押さえてた。
    (一人は私のパンチを浴びて顎が外れたと聞いた)
    中学卒業まで数ヵ月だったから引っ越しできずに頑張って通ったけど腫れ物にさわるというか、恐ろしいものに触れるみたいに完全に避けられてた。

    あやまりにその子の家に言っても警察呼ばれたりした。

    精神科に親につれてかれて解離性.同一性.障/害って診断がくだった事。
    高校では普通に生活出来てなんとか結婚できたけど同居していびられたらどうなるか分かんない。
    一応地味な奥さんで通ってるけど。

    725 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/09/07(金) 19:12:01 ID:2aqT0aMF0.net
    もしかしたらよくある話なのかもしれないけれど

    中絶したけれど流産だと周りに言っていること
    それなりの年で、ちゃんと夫と話合って妊娠に至った
    私は元々望んでいなかったから夫の願いに折れた形ではあったけど
    それでも覚悟をしたつもりでいたし、出産育児のことを前向きに考えて過ごしてた

    でも6ヵ月目の健診で性.別を告げられた瞬間、
    はっきり心の底から「要らない」と思った
    あの感覚は忘れられない
    もう中期だし出産して養子に出すことも検討したけれど
    夫の家族にどう伝えるかとかどう騙すかとか難しくて
    (一人っ子の初孫で大フィーバー中&高齢の祖父母も相当喜んでた)
    結局流産と伝えて中絶がいちばんショックが少ないだろうということで
    本当にギリギリで慌てて病院を探して中期中絶をした

    夫婦二人で墓場に持っていく

    262 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/10/02(日) 09:54:36 ID:RWG
    結婚式直前に破談にしたことがある。
    彼は兼業農家の次男坊で、実家の広い敷地の片隅に新居を建ててくれることになっていた。
    母屋には長男夫婦が同居していて、母屋と新居は10mぐらい離れている。
    詳しいことはよく知らないけど、その村ではそういうのが普通なんだって。
    で、結婚式の一週間前、嫁入り道具搬入の為に新居に向かったら
    なんか新居にカーテンかかってるし、玄関先には鉢植えが並んでるし、
    あれ?と思って玄関入ったら普通に人が住んでるふう。
    ビックリして彼の名前を呼びながら母屋に走ったら彼の眼が泳いでて問い詰めたら
    父親が出て来て「荷物はこっちに入れてくれ」って言うんだ。
    「事後承諾で悪い悪い。向こうの家には長男夫婦を住まわすことにした」って。
    そう言ってるところにトラックと両親の車が到着。
    その時の私のことを、後に母から「狂ったかと思った」と言われたことがある。
    私自身その時のことはあまり覚えていないぐらいパニックになって
    とにかくトラックから荷物を降ろさせず、一旦帰ってくれって泣き叫んでいたそうだ。
    事情を聞いた両親がトラックの運転手に話をして帰って貰い、父親同士で大喧嘩して帰ってきた。
    その晩落ち着いてから家族会議。全員一致で破談を決めた。
    家族会議前の時点では実はまだ彼への気持ちは少し残ってたけど、
    母と姉に「こんな大事なことを親のいいなりになってる男、同居して盾になってくれることは100%ない!」と言われ
    その時に彼の泳いだ目を思い出したら「確かに」と思い、決断。
    翌日彼に会って結婚を白紙にしたいと伝えたら怒って突き飛ばされて尻餅からの尾?骨骨折。
    完治までに2ヶ月かかって、その間の痛みときたら。生活も不自由だったし。恥ずかしいし。
    が、結局その件と彼の人間性.と新郎側の横暴を盾にして闘い、
    婚約破棄の正当な理由として披露宴のキャンセル料は彼側が負担。
    治療費慰謝料休業補償も勝ち取った。
    でもそんな男と婚約までしてたことと、尾?骨骨折は私の黒歴史。

    987 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/02/20(日) 23:51:14 ID:XgEibB/l0
    中学の時、東京から関西に引っ越しした。
    父親が会社経営者だったり、東京から来たということで、色々目ざわりだったらしい。
    最初は一生懸命クラスにとけこもうとしたけど、
    「東京弁で気取ってる」「社長令嬢だと思ってお嬢様気どり」などと言われ
    イジメに遭うように。一生懸命関西弁で喋ろうとすると「発音が変」と余計にいじめられた。
    担任に相談したが、担任は取り合ってくれず。
    「イケニエが一人いた方がクラスが団結するんだよな~」みたいなことまで言われ、
    生徒の人気とりのためか、先生が率先して私を攻撃するようになった。
    完全に「コイツいじめておK」の雰囲気になった。

    ある日、私の机が水浸しにされていたので、一生懸命タオルでふいていたら、先生が来た。
    「おい、もう授業やぞ!何やってんねん、ドアホ」と、私に怒る。イジメだと知ってるのに。
    いじめっ子たちはクスクス笑っていた。

    654 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/02/12(土) 22:55:47 ID:8jH+iGnpO
    有名人とW不倫してたんだけど、やり取りしたメールのデータをSDカードに保存している。

    何かの時に使おうかなと思っているんだと思う。

    ブツがあるのは自分の不貞の記憶でもあるから危険なんだけど、
    夫は触りもしない、私がタヒんだら捨てられるであろう
    ドラえもんのぬいぐるみの腹に埋め込んだ。

    686 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/04/27(水) 22:08:20 ID:5am
    26歳の頃、当時付き合ってた彼氏にプロポーズされた。
    某県に一戸建てを建てたい。そっちで一緒に暮らさないか?結婚しよう。専業主婦になって欲しいと言われた。
    私がいかに苦労して念願の職種に就いたか知ってるはずなのに専業主婦ってなんだよ。
    大学4年次に残念ながら試験に落ち、3年ぐらい小学校の支援員+かけもちでバイト→講師を経てようやく正式に就職をした。
    その努力と苦労を知っているはずでしょ?専業主婦にはなれないよと言ったら、
    女は喜んで専業主婦になるものだと思っていたと言われた。
    確かにたくさんいるだろうさ。でも夢をもってようやく希望した職に就けた女性.は違うだろう。
    元彼は財力があったし、優しかったけど、女性.はせいぜいパートでよくない?と思っていたらしい。プロポーズの時に初めて知った。
    元彼はそんな私の考えに不満だったらしく、結婚は見送ろうと言って、そのまま着信拒否してきた。
    私も縋り付こうとは思わなかったので、正式に別れようとメールを送ったら返ってきてしまって笑った。

    このページのトップヘ