わろた

    23 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/02/13(月) 01:57:10 ID:7gMHieNY.net
    10年くらい前の話なんだけど前を走ってた車がいきなり変形しだした話

    夜中に車運転してたんだけど、前を走ってた車のボディがいきなりせりあがって、車高が50センチくらい高くなった
    そのうちにボディが前後に振り子運動し始めて、シーソーみたいな動きをし始めた
    揺れるたびにボディの後部が地面に接触して火花が散ってた
    ビビって車止めて様子みてたらそのまま火花散らしながら普通に走って視界から消えてった

    一体あれはなんだったのか今でもわからない
    同じようなもん見たことある人いる?

    942 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/08/29(水) 19:33:51 ID:6GDYpQkBO
    今夜の夕飯は秋刀魚だった
    なかなか脂がのってておいしかった!

    だけど、魚を食べると九州に行きたくなる
    九州で食べる魚って異常な程おいしい
    イカ刺しが透き通ってる事に感動した
    おいしい海の幸が食べたい!

    576 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/12/24(日) 19:40:46 ID:0q+RgeDM.net
    友人達とタコパをした
    材料費は割り勘にして(会場提供してくれた友人は無料)
    あとは各自、適当に飲み物とかつまみとかを自腹で持ち寄ることにした
    そしたら銀だこを人数分買ってきたアホがいた
    「素人が作るよりこっちの方が絶対に旨いって」などとほざいた上に
    「あ、この代金は徴収するからよろしくね」だと
    誰一人食わず、誰一人払わんかったけど

    509 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/11/21(水) 12:33:17 ID:N4kWnMBX.net
    5日で来なくなった派遣社員からセク八ラで訴えられた
    「課長の田中努(仮名)に食事に誘われて断ったら粘着された。
    隙を見てベタベタ触られたり卑ワイな事を言われるので警戒していたがコピー機の所で背後から抱きつかれて固くなった股/間をこすり付けられ胸を才柔まれた
    抵抗したが「派遣社員が逆らってやっていけると思ってるのか」と脅された
    翌朝から出社しようとすると涙が止まらなくなって外に出られなくなった。男の人が恐い。心療内科の診断書もある。謝罪と賠償を」
    との事。身に覚えがないどころか派遣は主任の管轄なので挨拶されたっけかな?くらいで顔もわからない
    法務部が「本当に田中努(仮名)がやったのか?」と確認するも「課長の田中努(仮名)で 間違いない。身体的特徴はこれこれこうで服装はこれこれこう」の返答の特徴に該当するのは自分しかいなかった
    勤務時間的に不可能な犯行も多々あり周囲は潔白を信じてくれたし法務部も「会社都合退職にして失業保険即貰おうって腹じゃないかなー」と云う見解だったが
    それだけに内々に済ませるわけにもいかず労務審判となり初めての裁判所しかもセク八ラときて個人的にはかなりの修羅場だった

    まぁ調停で「どうも、田中努(仮名)です」と固くなる股/間を持ち合わせていないアラフィフのおばちゃんに名乗られた派遣女と弁護士の方が修羅場だったような気もするが

    360 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/11/06(火) 15:51:50 ID:pNUCKOEc.net
    超アホな話
    私の父はスーパーの雇われ店長だった
    県内ではそこそこ大きいグループのスーパーなので
    友達にも「うちのパパ〇〇(スーパー名)で働いてるんだよ」なんて自慢してた
    ただスーパーのお仕事というのは具体的に何をするのか分からず
    唯一レジは分かるけどああいうのはほぼパートのおばちゃんがしてた
    父はどこで何をしてるんだろう?
    買い物に行ってもほとんどいない
    運が良ければ売り場で会えることもあったけど何をしているのか子供には不明
    家で「どんなお仕事なの?」と聞けば「うーん…食べ物とかスーパーにあるものを売るお仕事だよ」となんだか曖昧
    (小さい頃はレジのおばちゃんが『売る』ように見えたから)
    小学校1年生くらいの時に家庭内調査みたいなプリントが渡され保護者が記入していくんだけど
    父の職業欄に「小売業」と書かれていた
    「えっ?パパは〇〇の店長なのになんで?!」とプチパニック
    「小売業」の意味が分からなくてその頃覚えたての国語辞典をひいてみたら
    「小売業 消費者へ直接販売する店。生活用品などを安く仕入れて高く売る」(うろ覚え)
    当たり前のことなのに子供すぎて「安く仕入れて高く売る」のフレーズか大ショック
    とても悪どい事に見えた
    半泣きで両親に猛抗議「酷い。おやつもパパのせいで高い!みんなが欲しいものを高く売るなんて!」
    父のことは「お金儲けしたい悪い人」という認識になりしばらく反抗期みたいになった
    さすがに3年くらいの頃になると僅かながら社会の仕組みが分かってきて父に対する酷い認識も消えた
    今となってはあの辞書は小売業に何か恨みでもあったのかと思う

    593 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/11/21(水) 19:23:32 ID:Wi9MwqLd0.net
    お菓子が好きな彼によくお菓子をあげてたんだけど、この間あげたお菓子の感想を聞いた時に
    「母親にあげた」と言われてかなりショックを受けた
    今までのお菓子のプレゼントは迷惑だったかと聞くと「迷惑ではないし嬉しかった」らしい
    母親にあげた理由として、その日母親が「食べるものがない」と言っていたらしくそれで自分の持っていた
    お菓子をあげただけなんだそうな
    あげた理由を聞いてもやっぱショックは消えないし、今まであげたお菓子以外のものももしかすると
    母親にあげてたのかなぁなんて考えてしまった
    どんな理由でも彼にプレゼントしたものを「他の人にあげた」なんて聞きたくなかった

    730 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/04/26(木) 16:00:00 ID:JJE2Ugt9.net
    放置子が、家に上がり込むために、泊まりにきていた義母に
    「僕んちお父さんいないの。お母さんは病気で疲れたっていつも寝てる」
    って言ったのを真に受けて放置子の目の前民政委員やら市の子育て相談やらに真剣相談して以来
    来なくなった。
    放置親が
    「そんなことしなくても家に入れてほっといてくれればいいのに」
    って文句言いに来たけど
    「それじゃ根本的な解決にはなりません!あなたも体が辛いなら積極的にそういう
    ところ利用しないと!」
    って市内にある施設のパンフレット押し付けてた。
    関わるとめんどくさい奴と思われると遠ざかってくれるんだね。

    678 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/08/31(水) 02:00:03 ID:LKSdgAtN.net
    小学校低学年のときに病気でキリスト教系病院に入院していた
    ある日院内学級での授業が終わり自分の病室に戻ろうとしたところ、何かの不具合でエレベーターが止まってしまった
    緊急ボタンを押しても何も反応がなく焦っていろんな階のボタンを押すとエレベーターが動き出し、止まったのは最上階の教会がある階
    幼い頃教会は怖いというイメージがあったので扉が開き教会が見えた瞬間パニックで泣いた
    自分はタヒんで天に召されたのかと思った
    その後またエレベーターのボタンを押したら無事目的の階に行けた
    当時かなり修羅場だった

    45 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/12/13(土) 12:58:55 ID:uLf
    身長165cmで体重は80kgぐらい(もっとあるかも。W110は確認済み)の義姉が
    それまで家族共用の車しかなかったのが、マイカーを買うことになった。
    その義姉が選んだ車がメルセデスのsmart。
    自分専用だから2人乗りでいいやってことで、トヨタのIQと迷ったそうだけど
    オモチャみたいな感じが可愛い♪と、こっちに決めたそうだ。
    内心、車名でIQ選んだ方が良かったんじゃ?と思ったけど
    買った後で言ってもしょうがないので黙ってた。
    しばらく経って、私が自分専用で乗ってるRush(フェイクです)と交換しようと言ってきた。
    大嫌いな友達に「デブがスマートって何の冗談w」って哂われたらしい。
    (てか“大嫌いな友達”ってなんだよw)
    義姉、そこには全く気が付いてなかったらしくて、
    そんなこと言われて初めてこの車に乗ってることが恥ずかしくなったそうだ。
    (smartの本来の車名の意味は違うし、オーナーさんを貶めるつもりはないです)
    それで私の車に目を付けて「買ったばかりの外車を中古の国産車と交換してあげる」と
    上から交渉してきたけど丁重にお断りした。
    私はこの車が気に入ってるし、電気自動車はよく分からないから面倒臭い。
    外車とかsmartとか興味ないし。
    そしたら今度は「普通は嫁に来たら旦那の親兄弟といい関係を築こうとするもんだ。
    姉がこうしてほしいと言えば有難く受け入れるもんだ。全く最近の嫁は・・・」と言われた。
    知らんがな(´・ω・`)

    しばらくこの件で何度も電話があってしつこく言われて
    旦那からもいい加減にしろと言ってくれたりもしたが
    最後は義母の「おまえが痩せれば済むことだ」で終了した。

    ちなみに結局買ったばかりなのに中古車センター(?)に売りに出して
    中古の国産車を買ってた。

    580 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/03/05(日) 08:55:04 ID:ZfpTXzBd.net
    2年前の寒い寒い冬、真夜中1時を過ぎた頃のお話。

    住んでいたアパートの外から猫の鳴き声がしきりに聞こえて、
    行ってみたら子猫が一軒の家の前で扉カリカリさせて鳴いていた。
    その家の中から「でちゃダメ!」「もういないと思え!」とか耳を疑う言葉が聞こえる.
    昔にも子猫を拾い里親を探した経験があるので引き取ろうと近寄ってみたが、怯えてこちらに来ない。
    寒い夜、みるからに衰弱してきている。その時の心が修羅場。

    そして以下がおそらく相手の修羅場。

    どうしよーと悩ませた結果、猫になりきればいいと思った私は、
    その場でネ果足になり低めの四つん這いになって「ミアーオ」とか言って近づいた。
    子猫は鳴くのをやめて目をまん丸にしてたので、よしいけるか!って思った瞬間、
    後ろから「うおっ」って声が聞こえた。振り返ったらおそらく男子大学生。
    一軒家の奥のアパートに住んでいるようで、その場で立ち止まっていた。
    こちら、四つん這いでネ果足、フードを被った長髪の女。
    数秒間無言で目を合わせ、こちらが「…ど、どうも…」って言ったら
    「えっヒィッ!エッ?!」とか言いながら小走りでアパートに入って行った。それを四つん這いのまま見送った。
    子猫はいなくなっていた。

    このページのトップヘ