自分語り

    153 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/02/28(金) 02:01:12 ID:gXyXGj0Y.net
    今みたいに家庭にインターネットもパソコンもなかった時代、
    家にあったワープロで官能小説を書いていた、しかも長編。
    第1章 その時は突然に… 第2章 結ばれて… など、
    章ごとのタイトルも痛々しいものばかり。
    私はそれをフロッピーディスクに分けて保存していた。

    去年の大掃除の時に、学生時代のレポートのフロッピーディスクが1枚出てきて
    そういえばあの時書いた官能小説のフロッピーどこやったかな?と探したけど
    しまいなくしたのか捨ててしまったのか、どこにも見当たらず
    いまだに私の官能小説は行方不明のまま。
    誰かに見られる前に処分したいorz

    191 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/12/07(水) 13:24:56 ID:wyc
    人のタヒ臭がわかると気づいたこと。
    リアルで言ったら厨二過ぎて絶対言えない。
    時々人混みとかを歩いていたりすると感じるなんとも言えない臭いがあって、ずっとなんだろうなって思っていた。こう、変に甘いというかなんというか、表現できない臭い。
    社会人になって介護の仕事についたのだが、末期ガンで余命宣告されたお婆さんからある日その臭いがした。
    あっこの臭いだ! と思ったら、その四日後に亡くなった。
    多分病気の臭いというか、タヒの臭いだったんだと思う。
    似たようなケースをそのあと2回ほど経験して、
    これはタヒ臭なんだなって確信するようになった。
    他の職員はわからないらしい。
    これがもともとの素質なのかなんなのかもわからない。

    17 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/01/02(月) 19:57:48 ID:bqn
    姉は美人。私はブス。
    パッチリお目目の姉は本当に美人で、私は同じ両親から産まれたのに、一重でブス。
    姉が不登校になったのが私のせいみたい。学校で「整形したらしい」「妹がブスすぎ」とか言われてるらしい。
    姉は整形してないし、私がブスで祖父母に近寄るな!って言われたし
    タヒぬしかない。私が誰に似てるかって言われたら皇太子様。
    姉は柴崎こうさんに似てる。

    513 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/04/13(金) 21:57:05 ID:5knGD1xZ0
    先日上京した時に、atmに書類の忘れ物があったので
    警察署へ届けた。面倒なので権利放棄した。
    その数日は、劇場や駅のベンチやドアやエスカレーターで
    いやに親切におじさんたちに譲ってもらえたのは
    因果応報なのかなwww

    85 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/09/06(金) 15:28:17 ID:CU1
    私、先々月義母を見送ったよ。
    亡くなる前の日に「ありがとね。あんたが娘になって良かった。楽しかった」って言われた。
    私も義母さん、大好きだった。楽しかった。
    もっともっと一緒に旅行とかしたかった。
    義母の前には義祖母、その前には義祖父、その更に前には義曾祖母、
    みんな見送った。
    みんなみんないい人だった。
    義母だけは病気で亡くなったので、本当はもっと一緒にいれたのにと残念だけど
    最後に言ってくれた言葉で、義母が幸せだったのなら良かったと思うことにした。

    私、子供の頃から引っ込み思案で友達もいなかった。
    何か話しかけられても挙動不審みたいになって、上手く話せなくて。
    ひとりで黙々と何かを作るのが好きだったから短大の家政科に進んで
    その方面で手に職を付けて一人でも生きていけたら~って思ってた。
    自分の容姿にも自信がなかったから、異性.を好きになることもなかった。
    はなから相手にされると思ってなかったし、
    そんなだから、結婚なんて出来ないと思ってたし。
    たぶん両親はそんな娘をどうにかこうにか結婚させるには
    若さが武器になるうちにとでも思ったんだろう。
    短大を出てすぐに見合い話をもってきた。
    相手は一回りも年上の専業農家の跡取り息子。
    車があれば不便ってことはないけど、すごい田舎で遠かったのが
    私にとっては逆に良かった。
    あまり学生時代の同級生に会いそうにない場所だったから。
    でも写真見たらどうせ断ってくるんだろうなって思ってたんだ。
    ところが、あれよあれよという間にお見合いの日取りが決まって
    会ってみたら、相手も大人しい人でモジモジしてて
    途中からふたりだけにされたけど、ふたりでモジモジ合戦みたいになった。
    そしたら急におかしくなったらしくて相手がプッて噴出して
    それに釣られて私も噴き出して、なんかお互い「こういうの苦手ですね」って言い合った。
    あ、なんかこの人と結婚決まるかもってその時思った。
    そしてそのまま半年後には式を挙げた。
    結納まで一ヶ月ぐらいしかなかったけど、全然嫌じゃなくて
    心地よく流された、って言う表現がぴったりくる感じ。
    不安とか全然なくて、これが“縁”と言うものなのかなと思った。

    623 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/04/04(火) 23:44:29 p.net
    20代半ばで、付き合っていた彼氏に突然フラれた。
    結婚の話がその半年ほど前から出ていて、お互い親に挨拶も済ませたところだったので、私はこの世の終わりかと思うくらいに落ち込んだ。

    最後に彼と会った時に知ったのだけど、私と別れたと聞いた彼母は彼に激怒して泣いたらしい。
    しばらくして私の実家に彼母からお詫びの電話があり、私に会いたいと言うので後日会った。彼母のことは好きだったからお別れの挨拶がしたかったし。

    会ったらお金を渡された。
    なんでも彼は彼父の本当の子供ではなく、彼母が結婚前に付き合っていた人との結婚後の浮気で出来た子。相手もそれを知っていて、彼が結婚すると聞いて結婚資金にと大金(が入った彼名義の通帳)をくれたらしい。
    それを全額引き出して私に持ってきた。
    もちろん何度も断ったけど、
    「私ちゃんにはお詫びの言葉もない。何が何でも受け取ってもらいたい。うちの者は誰も知らないお金だし彼の本当の父とももう二度と会わないから」
    と言い続ける彼母からの重い空気に耐えかねて、結局受け取った。
    彼の本当の父が27年、家族に内緒でコツコツ貯めてきたというそのお金を全部もらった。
    400万ちょっとあった。

    ちょうどバブル期の派手な時代で、お金はあっという間に使い果たしてしまった。
    受け取ったこと、彼の本当の父の想いを踏みにじったこと、フワフワした用途で全部使ってしまったこと。
    どれも最低だから誰にも言ってない。

    87 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/08/21(水) 10:58:13 ID:J8TAKO/I
    コンビニで買い物してる時、年寄りに割り込まれた
    私は気があまり強くなかったけど割り込まれて良い気分しないので
    「私が先に並んでたんですけど…」
    と言ったら年寄りに大声で怒鳴られた
    「お前の買い物の量よりこっちの方が明らかに少ないだろう!すぐ終わるからそれくらいまて!」
    こっちが買ったのは旦那と夜食べようとおもったアイス2個だけ
    向こう側は筆ペン1個のみだった
    大声で怒鳴るお年寄りが怖くてびくびくしてたら私の後ろに並んでいた20歳くらいの学生の男の子がお年寄りの前にきて
    「お年寄りでも買う量が少なくても順番くらい守ろうよ。あんたの言い分だと何しても許されるって事になるぞ?」
    と一括したら物も買わず商品をおいてぶつぶつ言いながら店を出て行った
    外で「ありがとうございます」と学生さんにお礼を言って買ったアイスを渡そうとしたら
    学生「アイスよりちょっとお願いが…」
    と言われ「なんでしょう…?」
    と聞き返すと、なんでも私に一目惚れ?したとの事…可愛いから助けたくなったみたいな事を言われ、助けられて嬉しい事もも+して
    一気に胸がキュンとした。結婚してから旦那に可愛いなんていわれたこと殆ど無いから尚更。
    一度だけと言う約束でお礼にホテルで。
    クタクタになるまでした思い出w
    若い子っていいなぁと今でも思い出してうっとりする今日この頃w旦那には内緒ですw

    9 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/11/17(火) 22:59:31 ID:nbckm5hh.net
    朝5時頃に駅に向かって車運転してたら、駅の近くのシティホテル(実情はラブホ)から
    若い女と50歳くらいのおっさんが手を繋いで嬉しそうに出てきた。信号待ちしてる車の中から
    ガン見してるのに気付いたら、手を離してわざとらしく離れて歩いたので、とりあえず
    おっさんを軽くはねて、転がったおっさんに「あー、すみません。警察呼びますね」と言ったら
    「・・・いえ、大丈夫です。こちらの不注意ですので・・・」と言ったので写メ撮って走り去った。

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/12/22(土) 20:58:30 ID:nhJ8SoIn0.net
    誰も見てないだろうけど書き溜めたから貼ってく。
    気が向いたら慰めてくれ。
    ワイ 女
    自分で言うのもなんだが、容姿端麗、頭脳明晰だった。
    就活で東京に行った際、ホリプロからスカウトされたこともあったし、国立の名門校を卒業した。

    887 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/04/11(火) 10:54:33 ID:tUV
    大学時代、某マイナー競技の部活をやってた
    ある時、次の遠征試合まであと半月ってタイミングでひどい風邪引いてしまい、
    学校も部活も数日休んだことがあった
    休み明け、授業は出たけどまだ本調子じゃないから部活は休もうと思ったけど、「遠征費集めてるから今日持って来て」とメールが来て、
    お金用意して遅れたけど部活行った

    一応道具の準備はしてたので、途中から参加しうしつて軽く体動かして皆と一緒に部室戻った
    部室に戻ったら皆が騒然としてた
    遠征費を集金してた子のロッカーから数万円入った集金袋(某銀行のベージュの無料封筒)が消えたと、その子が騒いでた
    ロッカーにもカバンにも封筒が無い、確かに今日の部活開始前にはあったのに、盗まれたんじゃないか、と
    で、「今日部室に一人でいた人は誰か」となった
    遅れて来た私だけ、だった

    「ね?何かの間違いだよね?盗んだなんて思ってないから集金袋返して?」
    「そうだよ、何か戻し忘れたとかだよね」
    「○○(私)ってお金困ってたの?一人暮らしなんだっけ?みんな怒ってないよ」
    とか皆に囲まれて言われた
    完全に私が盗んだと皆心底思ってる様子で、皆の目を見てると汗が出て、心臓が飛び出そうになった

    勿論「私は盗んでない、お金がもう集まってるのも、それをどこに置いてるかも知らなかった」と何度も言ったけど、
    皆、ため息ついたり苛立ったリして、まるで信じられてなかった
    一人だけ「お金置いた場所違うんじゃない?よく探した?○○が盗んだなんて決めつけるの早いでしょ?」と集金係の子に言ってくれたけど、
    その他の子は聞いてもいない様子だった
    汗は止まらなかった
    その様子を皆が嫌そうに見てるのもわかった
    今の今までチームスポーツに皆で打ち込む楽しい大好きな部活、と思ってたのが一瞬で変貌したのがまだ消化できなかった

    「明日には集めた遠征費で前売り切符買う予定だったのに」と泣き出す集金係の子を皆が慰め、
    「遅いから取りあえずもう今日は帰ろう」となった
    「今日カバンを開けたりしないけどさ、明日までにお金戻ってこないなら、大学か警察に話行くからね」とも言われた
    「荷物探すなら探してよ」と私が言ったら、「そう言うってことはもう別の場所に隠してるんじゃない」と笑われた

    そして集金係の子が着替えてロッカーの下から靴を出した時、声をあげた
    ロッカーの靴入れるスペースの奥に、集金の封筒がペッタリと貼り付くように落ちてたらしい
    「嘘ー」と集金の子が泣き出した
    そうしたら皆がワッと笑った
    「そんなことだったのかー」「ウッカリだねー」「○○ごめーん」と大笑いしながら言った

    このページのトップヘ