クズ夫

    550 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/07/25(金) 01:52:07 0.net
    数時間前夫の不倫相手が突然家に尋ねてきて修羅場だった。
    訴訟はもう起こしてあるので話すことはありません、お引き取りくださいって言っているのに引かずまくし立ててきて、夫まで相手の味方をし、二人から延々と20分ほど私が頭がおかしい女扱いされました。

    最終的に女は終電前に帰宅。夫は呼んでおいた警察官二人に連れられ、とりあえず今日は家を出ようか?とネカフェかホテルかへ連行されました。

    信頼できる、人の心の痛みが分かる人だと思って結婚したのに最悪だわ…

    865 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/12/23(水) 23:25:33 ID:???
    夜の店遊び、貯金生活費8桁使い込み、子供の世話をしないどころか子供に呼ばれてもシカトする、マナー(フレンチとお高いマナーじゃなくてゴミはゴミ箱にレベルの)をしらない。極度のマザコン
    家のことはもちろんしない(まあこれは私が専業だからいいんだけど)
    唯一の救いはギャンブルをしないだけっていう何度何を言っても変わらなかった糞旦那を魔法の呪文が変えてくれたらしい。
    自分が専業主婦の手前すぐ離婚ともいかない子供も小さい。
    と諦めて私もエネミー状態で旦那はATMだと割り切ってきた。
    気にせず空気に。と思ってはいてもやっぱりダメージは蓄積されてるもので
    とくに何があったわけでもなく、いつも通りに旦那が脱ぎ捨てた服を拾っていたら涙が込み上げてきた。
    子供は幼稚園児だけどちゃんとお片付けしてくれるなあ。
    欲しいものがあっても誕生日まで我慢したり出来るよなあ。
    って思いがふつふつわいてきてポロッと一言。

    「私1人しか産んでないんだけど。いつまで2人分子育てしなきゃだめなんだろ?」

    ほんとポロッと独り言のように出た言葉で
    でも目の前に旦那がいたからたまたま語りかける形になっただけなんだけど
    旦那の今まで微動だにしなかったプライドに響いたらしく黙って洗濯物を洗濯機に入れてた。
    次の日たまたま休日で私もゆっくり起きたんだけど先に起きた旦那が掃除機をかけていた。
    子供がパパって言うと
    抱き上げながらなあに?って言うようになった。
    床に転がる洗濯物が少しずつ減っていった。
    財布からお金が消えることも無くなった。

    まだあの日から半年たってないから
    これから元に戻るかもしれないし
    あっちも離婚を考えて不利なことを帳消しにしたいだけなのかもしれないけど。
    ATMだからATMだからっていいきかせてた気持ちが今すごく軽くなっていることに気付いた。
    今週は残業多かったからビール買っておいてあげよう
    なんて思ってる自分にも驚いた。
    1人で飲み込んで耐えてるふりしても結局何にもなってなかったんだろうね。

    84 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/02/22(日) 12:10:24 0
    ちょっとずれてるかもしれんが、投下。
    酒乱ウト、空気トメと同居。
    ウトの酒乱で怒鳴られたりなんだり、子供によくない!
    ウトにも直接、旦那とも話し合い、シメてもわからない。
    トメは優しいんだが、おとなしくてウトに逆らえない。
    しかも「家族同士話し合えばなんとかなるよ」の天然旦那。
    かばうとかフォローとかいうスキルもゼロ。
    好きな趣味を優先させて一人で出かけてしまうこともしばしば。

    あきらめて「子供連れて別居する」と準備済で宣言。
    今後治らないなら離婚すると告げた。
    それをどうしてかわからながっているので、
    「ウトもあれだが一番はあなたの態度だ」と話した。

    遠距離通勤の旦那、
    「そうか、わかった、俺が悪いな」としみじみ。
    わかってくれたんだ!と思ったら、
    「別居するんなら、俺が会社の近くに一人で住む。
     この家で子育てしなよ。
     親はお前の方が仲良いいから頼むね」

    866 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/02/25(木) 11:51:39 ID:q46
    元旦那に女子供を養う気はないと言われた。
    三つ子の男の子を妊娠したが、経済的にも余裕があったし義母と同居、更には実母が近くにいてくれる状況だったので生むことは決まっていた。
    しかし実際産まれてみると元旦那ら息子らを邪険に扱うようになり義母も私も激怒。
    元旦那がいなくても人手があったおかげで余裕をもっていたのが気に食わなかったんだって。
    昔の女は一人で何人もの子を育てていた。三つ子くらいなんだ、一人でやれよ情けない!とグチグチ。
    その時に女子供を養う気はない。人生においてこんな無駄な事はないと言っていた。
    なら何故結婚した?子作りした?そんな疑問も屁理屈で言い返して、こちらの気持ちを不快にしていく。
    義母は情けない情けないと泣きながら離婚を勧めてきた。
    私の職はがっつり稼げる。完全に元旦那に寄りかかっているつもりはなかった。

    このページのトップヘ