コトメ

    716 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/12/31(金) 14:49:30 0
    つい先日のこと。旦那実家の集まりに出席した。
    親戚たちも中々集まれないから、座敷のあるレストランでご飯食べてお酒飲んで、
    みたいな気楽なもん。
    しかしコトメちゃん(旦那妹)に対して親戚連中が絡む絡む絡む。
    早く結婚しろとか、母親にとっても娘が産んだ孫は重みがどうとか、
    自分ところの知り合いに税理士がryええとこのぼんがry
    結婚式に参加した集合写真じゃ見合いには使えんとか、まあ言い放題。
    食事の席でいい加減ムカついたので、笑顔で言い切ってやった。
    「大丈夫ですよ皆さん、私っていう先例があるじゃないですか」と。
    親戚たち、一挙にしーーーーん。後でコトメちゃんがこっそりお礼を言ってくれた。

    種明かしすると、私はコトメちゃんと一回り近く年が離れてる。旦那も年下。
    コトメちゃんの年には仕事に明け暮れて、三十路の足音を聞いてから旦那と出会い一緒になった。
    私は色々考えて結婚したわけだけど、親戚たちは無関係な嫁を間接的にpgrした!
    と青ざめた模様。

    382 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/06/20(木) 18:48:45 ID:fOIwPTF8.net
    同居なんだけど、ウトメが風邪ひいたコトメの子をうちでしょっちゅう面倒見てる
    私も仕事してて自分の子に風邪がうつると仕事を休まないといけなかったり、何より子どもが風邪ひいたりしてしんどい思いするのが一番嫌
    触った所から感染したりする場合もあるし
    先週からうちで風邪ひいたコトメの子を連れてきて面倒見てるから、ズバッと言ってやったわ
    旦那が言うって言ってたけど、腹立つからビール飲んで酒の力で言ってやったわ
    かなり目がすわってたと思うw

    467 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/03/29(日) 00:15:34 0
    有名私大の○○卒のコトメ。結婚当初から事あるごとに私の学歴(専門学校卒)を馬鹿にされ、
    子供が小学校に上がる時も、中学に上がる時も、聞いてもいないのに○○大学付属受験を勧めておいて
    「でも母親が『高卒』だと面接で落とされるねーかわいそうにwww」と子供の前で馬鹿にしてくれた。
    「お母さんの遺伝子が入ってるから大学いけないかもしれないねー」とも言ってくれた。

    で、今年3月の初旬に子供が国立大学に合格した。
    今日コトメからお祝いの電話が来た。
    コトメ「おめでとう。ぼーっとしてるのにうまくやったわね。
       偏差値が無駄に高いけど世間では無名の学校だね。ちゃんと就職できると良いけど」
    私「ありがとうございます。○○大には受かってたんだけど、
      ○○大に行くくらいなら絶対に浪人の方がましだと思ってたから、国立に合格してみんなで喜んでるんですよ」
    コトメ「…」

    私が合格したわけでもないのになんだが、話をしていてコトメを黙らせたのは初めての快挙w
    子供の前で馬鹿にし続けてくれた恨みは一生忘れないよ。ざまぁ

    67 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/08/22(木) 11:59:24 0.net
    近距離無免許他力本願な独身クソコトメ
    以前は月一ぐらいで近所の買い物行くときに同乗させたことがあったけど今はやめた
    もともとコトメの方からさりげなく頼んできたくせにいつも私から声をかけていた
    「○○スーパーまで買い物行くけど一緒に行く?」という風に
    コトメにしてみれば私に誘われて行ったんだから特に感謝しなくてもいいというシステムね

    運転中もなんだかはっきりしない独り言のようなことを言っていた
    「通り沿いにある△△というカフェのショートケーキ美味しいよね」
    「町はずれにあるお蕎麦屋さんの◇◇ってけっこう穴場なんだよね」
    という風に情報を提供するだけでその後が続かない
    それでコトメはどうしたいの?何を言いたいの?
    一番肝心な部分がいつも抜けているから普通に会話するだけでイライラする

    その頃から「頼まれるまで答えない」の思いが強くなり、今は「頼まれても答えない」にまでランクアップした
    話せば長くなるけど旦那から聞いたところによるとトメが糞だったのでこうなってしまったとか

    412 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/03/28(土) 19:52:54 0
    ピーナッツのトメコトメ。両方クソ。
    嫌みいびりは当たり前、家探し、窃盗なんでもござれ。
    夫が〆ても言う事聞かず、逆に被害者ぶって泣いたり喚いたり。
    リビングに私の下着を持って来て親戚や客の前で広げては
    「こんなの履いてーww」とにやにや。
    トメは昔同居だった大トメにいびられまくり、これら全て大トメにやられた事らしい。
    「だから嫁いびりしてもいい」と主張するトメコトメ、困った顔のウト。
    これでもう義実家詣では無くなり、
    夫は心底憎いと思っていた大トメと同じ事をするトメコトメを嫌っていた。
    ウトが〆ようものなら「アタシはこんなに苦労してきてキェェェェェーー!!」
    「お母さんが可哀そうキエェェェーー!」
    「ウトはあの女にたぶらかされたんだ慰謝料よこせキェェェェー!!」ってなもん。
    その大トメは今はウト弟の家にいるが、遠方という事と、
    トメとコトメが会いに行くのを大反対、夫にとっても母をいびる嫌な祖母、
    なので1回しかあった事がない。

    先週、大ウト法事で大トメに会ったんだけど、来るなり睨みあうトメコトメと大トメ。
    一瞬で周りもピリピリムードになった。
    それにしてもトメには散々いびられたが、言う事がトメとそっくりww
    「相変わらずみっともない服だね!」「ろくに顔も出さないダメ女が!」
    「あんたなんかと結婚させるんじゃなかったよ!」
    年齢と方言の分か、大トメの方が言葉きつくて貫禄があったけどw

    何と以外にも大トメは私にはとても優しかった。
    まあろくに会わないし、トメいびりの一環でもあるだろうけどもw
    「後継ぎの嫁かー、あら美人だこと~。ひ孫太郎(私の子)や大ばあちゃんのとこおいで~」
    「孫太郎(夫)もいい嫁さんもらって幸せモンだなぁ~wひ孫太郎は孫太郎によく似てるなぁ~」
    「あらららあ~、かわいいこと!!」
    と大喜び、子供をほめられてまんざらでもない顔の息子ラブ夫。

    338 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/10/20(火) 20:08:09 0
    なんていうか、今年32歳のコトメは自称天然ちゃん。
    一人称が自分の名前、普段着がピンクの□リータ服、声がアニメみたいな作った甘い声と、かなり脳が弱い子って感じ。
    結婚できないのは、自分はお姫様の生まれ変わりで、王子様が迎えに来るのを待ってるだのなんだの。
    ウトメも、夫もそんなコトメを恥ずかしがってるが、マヒしてるのかあまり相手にしていない。

    私の方が1つ年上なのですが、「おね~ちゃん」と、懐かれてしまった。
    ケーキ作ったのといって出されたケーキを食べたら、中からウサギのストラップが出てきた。
    ケーキがあまりにも美味しそうだったから、ウサギさんが入ってしまったんだと。
    私が妊娠した時は、「苺ちゃん」って名前を付けると大騒ぎ。(当然阻止)
    生まれた後は、「この子はミカンの国の精霊の生まれ変わり」とか言い出す。(苺じゃないのかよ…)
    子供は男の子なのですが、ふわふわの□リータ服を着せると大騒ぎ。(勿論阻止)

    もう、ここには書ききれない程の数々の行動。
    苦情を言うと、
    「コトメぇわっかんなぁい。普通ってどおいうことぉ?」
    「コトメぇ~友達に天然とか不思議ちゃんとか言われちゃうのぉ。気をつけてるのにぃ。」
    と、口をとんがらせて言う。
    これじゃあ、苦情を言う気にもなりませんって。

    で、夫と話し合って、子供の教育にも良くないので偽実家には余り行かない事に。
    ウトメは、ゴクゴク普通の人なのでかわいそうだけど、コトメを野放しにしちゃってるしね。

    で、先日、どうしても用事があって偽実家へ行く事に。
    案の定コトメがいたけど、なんだか浮かない顔。
    私を見たとたん、「おねぇちゃぁん」と、泣き顔になって抱き付いて来る。
    めんどくさいなあと思いつつ、「どうしたの?」って聞いて見ると、
    「昨日合コンに行って来たんだけどぉ~みんな意地悪なのぉ!
    コトメの事、仲間はずれにするんだもんっ!信じられないでしょぉ!」
    と、わぁわぁと泣きじゃくる。

    669 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/03/25(水) 11:53:24 O
    コトメは身長145㌢と小柄で華奢。で、そのアピールを私を使ってやってくる。
    例・他に男の人いるのに私に棚の上の者を取るようピョンピョン跳ねて頼み、取ってやると
    「お姉さん背が高くていいな~私って、ちっちゃいからぁ」
    この前コトメ夫妻と私達夫妻で義実家でいた時、おもむろにコトメが手の平を私の手の平に重ねてきて
    「見て~お姉さんって手ぇおっきい~」「私は手ちっちゃくて指も細くて子供みたい、ヤダなぁ」頬っぺたプクー。
    思わず、
    「でも顔はでかいよね」と言ってしまった。
    コトメは…えっそう?!私、肩幅無いからそう見えるんじゃとか耳まで赤くしながら言ってたけど、
    コトメ夫と旦那は、あー本当だわWWWと大笑い。
    前々から思ってたんだよ、身長15㌢違うのに私と顔の大きさ変わらないというか、むしろ… と。
    これに懲りて私に絡むの止めてくれ。

    162 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/03/19(木) 18:33:19 0
    何かと「嫁なんだから~」を繰り出して「あれダメこれもダメ」と言ってくるトメ。
    昨年、コトメが結婚し、ほどなくして妊娠。
    見事なまでのダブスタを発揮してくれたので思う存分ツッコミさせてもらった。

    ・妊娠したら義実家の近くの病院で立会い出産もちろん退院後は義実家へ来い
     →コトメちゃんはコトメ旦那さんの実家の方で産むんですか?え?そちらですか?なんでですか?
      じゃあ退院してからあっちに行くんですか。え?行かないんですか?なんで(ry
    ・年末年始はいつからいつまでこっちに来るんだ
     →コトメちゃん夫婦はいつ来るんですか?31日から3日まで?それじゃその間は私実家に
      行っていても問題ないですよね。嫁実家への挨拶日程ってことですよね。

    コトメラヴなウトメ、最初はゴニョゴニョ言っていたけどコトメ本人に「やだーお父さんお母さん、
    義姉さん(私)にそれくらいの事もさせてあげないの?私がそんな事言われたら
    嫁イビリだ!って泣くよー」で撃沈した。
    今はとても平和な日々。アポ無し凸も無くなったしアッシーにされる事も無くなった。

    DQNなのは私とコトメが超仲良しという事。コトメの帰省予定は全てリークされてくること。
    そんでもってコトメ夫さんとその実家(コトメにとっての義実家)もとても良い人で協力的であること。
    「嫁ヨメ言われてたら息詰まっちゃうわよね~」とあちらの姑さんに言われた時はちょっと泣きそうになった。
    ちなみに旦那は都度〆てくれているが効果は無いようだorz

    786 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/12/19(月) 19:39:43 0
    もうすぐ娘の誕生日なので思い出した私がやったんだけど、
    私自身には記憶が殆どないDQN返し

    結婚して丁度1年くらいたった頃、妊娠が発覚した。
    義実家とはスープが冷める程度の近距離別居だったけど、
    それまでは程良い距離をおいてのお付き合いだったのが、
    そこから義実家、特にトメコトメの過干渉が始まった。
    私は割とダラだったので家事とかやってもらえるのは有難かったんだが、
    義実家はデリカシーないところがあって、あんまりプライベートなとこまで
    踏み込まれるのはやっぱり嬉しくない。トメには色々嫌味も言われてたし。
    それでも出産終わるまでと思って堪えていた。

    で、臨月近づいてきて、早産の可能性があるってことで入院した。
    初めての出産ということもあって一人じゃ不安だったし、
    なんとか自然分娩で夫の立ち会い出産希望だったんだけど、
    仕事の関係で無理そうで、トメコトメが立ち会うと言い出したんだが、
    丁重にお断りし、少し年の離れた3児持ちの実姉に来てもらうことになった。
    (実家も近距離ですが、実母は私が高校生の時に亡くしてます)

    そしてやってきた陣痛。お昼すぎくらいだったと思う。
    病院から姉と夫に連絡してもらい、最初に姉が到着。
    夫は出産に間に合うかどうか分からないが来てくれることになった。
    が、しかし。ほっとしたのも束の間、丁度出産が始まろうとしたまさにその時、
    現れたのはウトメコトメ。

    354 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/06/18(金) 09:29:46 O
    義兄ファミリー、我が家、未婚のコトメが義実家に集合した時のこと。
    むりやりコトメの膝に抱かれていた義兄の息子(3歳)が、トメに向かって
    「僕ね、そろそろ愛媛のばあちゃん行って良い?」
    ちなみに、愛媛は義兄嫁実家の事。
    それを聞いたコトメ、
    「なんで?なんで?東京のおばあちゃんちのほうが、遊んでくれる美人お姉ちゃん(コトメ自身の事)もいて、楽しいじゃない!」
    すると義兄の息子、
    「それが疲れるんです~うわぁーん!愛媛ー!」

    なんか子供って、素直!
    ちなみに、「それが疲れるんです」は義兄の口癖です。

    このページのトップヘ