ストーカー

    96 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/09/26(水) 10:28:15 0.net
    はじめまして。スレチだったらごめんなさい。
    スマホからなので見にくいかもです。


    スペック
    私 20 (当時短大新卒)
    F 24? (職場の先輩)


    私が新卒で入った会社は少し特殊な業界の中ではそこそこ大手のところ。ただ、私が入った時期は運悪く大きな案件が入り乱れ、とても新人教育などしている暇はない感じでした。

    私も、初日から入社式もそこそこにそのまま現場へ投入。何もわからないままに指示を仰ぎながら、それでもとりあえず目の前の仕事をこなす日々でした。
    同じ班に配属になった同期は居らず、先輩が3人。
    1番上の先輩と2番目に上の先輩は、ちょうど仕事が佳境で
    主に私の世話をしてくれたのは、1番歳の近い入社2年目の先輩でした。(以後、Fとします。)

    初めのてんてこ舞いな2ヶ月ほどは、Fさんがよく手伝ってくれて感謝してましたし、
    職業柄2、3日家に帰れないのは当たり前!でしたので、たまに晩ごはんを買ってきてくれたり、差し入れをくれたりしてくれて、とても嬉しかったのを今でもよく覚えています。

    しかし、仕事に慣れてくるとFさんがまったく仕事が出来ないことに次第に気づいていきました。
    よく良く考えれば、みんなクソ忙しいのになぜFさんは私の世話を焼く時間があるのか・・・彼だけ、あまりにミスが多いため仕事を振られていないからでした。

    それでも、ネコの手でも借りたいほど忙しいので私はFさんと付かず離れず、お手伝いをお願いしていました。
    主には、大量のコピーや夜中に運転をするのでその際に運転やナビをお願いしていました。

    657 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/03/30(日) 19:37:12 ID:u6Ld+5We.net
    長文になってしまったが吐き出させてもらいます。

    ある日彼女と歩いていたら知らない女に刺された。
    ス㋣ーカーしてた男と俺を間違えて、一緒に歩いてた彼女を刺すつもりが俺を刺したと。
    しばらく入院する羽目になったが会社をクビになり、彼女とも別れた。
    両親は離婚してて母はこの世にいないし、父とは絶縁。
    絶望というか完全無気力になってたらその女の父が見舞いにやってきた。
    歴史に詳しくない俺でも知ってるお殿様の子孫なんだと謝罪前に名乗られたw
    何故か俺の身の上を知ってて入院費と慰謝料、あと退院後もリハビリが必要となる怪我だったので
    再就職は大変だろうと就職口まで斡旋すると申し出てきた。

    今思えば醜聞隠しだったんだろうと思うが
    バカだった俺はその甘言にのってしまった。
    宛がわれたのはとある記念館の資料室勤務、仕事らしい仕事はなし。
    そこの当主の鶴の一声によってやってきた俺は腫物扱いで
    誰とも接することなく無為な日々を過ごすのみ。
    時間だけはあったからひたすら前職関連の資格の勉強してた。

    そして何とか不自由なく歩けるようになって再就職に向けた資格も取り終わったので
    退職願いを出したら、当主に呼び出された。曰く「不満は何か」と。
    他にやりたい仕事があるからと言えば、じゃあその仕事を用意しようとも。
    正直もう関わりたくないのが本心だったがアレコレ理由をつけて
    とにかく辞めたいと固辞し続けてたら、出てきた言葉が「ならば娘と結婚しろ」

    なんか常識とか以前に価値観が根本的に違うんだと思ったので
    答えをはぐらかして辞去した後、身一つで逃亡した。
    慰謝料と無駄に給料もらってて貯金はかなりあったから
    縁もゆかりもなかった土地へ引っ越し就職口も見つかった。
    でも最近新しい生活に慣れてきてから、刺されてから逃亡までのことが夢のように感じてきて
    誰かに話したいけど、誰にも話せないのでここで吐き出させてもらった次第。

    以上長文失礼しました。

    256 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/06/07(木) 21:00:18 ID:UenqFfRN.net
    ある日彼女と喧嘩したら連絡が取れなくなった
    それから数日分に警察から電話が
    「○○さん(彼女の名前)知ってますよね?」
    「これ以上ス㋣ーカーを続けるなら逮捕しますよ」
    「タヒねと送った文面も見ています」
    と立て続けにまくし立てられた

    「○○さんは知ってるというか交際相手です」
    「先週に会いましたし来週の誕生日も会う約束があります」
    「確かに約束を破られた時にタヒねと言った記憶はあります」
    と順に冷静に説明したら納得してもらえたようで通話は10分位で終了した

    警察の説明によると彼女が「ス㋣ーカーに杀殳されそう」と警察に駆け込んだ模様
    説明を終えると「最近ス㋣ーカーに仕立てあげて男をはめようとする女が多い」とのこと
    連絡が取れなくなり警察の件もあったので二人の関係は自然消滅した
    ちょうど喧嘩が増えていたこともあり潮時かなとは思った

    このページのトップヘ