ロミオ伝説|にちゃんまとめ

2ちゃんねる-家庭板「ロミオメール」スレのまとめブログです。 また、世の中で起きた復縁にまつわる様々なエピソードも紹介しています。

    バイト

    418 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2007/10/29(月) 12:53:33 ID:IBN4EP7H
    学生の頃のバイト先に病的な勘違い男いました。
    37歳で同じくバイトだったんですが・・・バイト仲間からも「わけわからん
    変な奴」って扱いで若い頃はイケてた顔で初対面の私に「結婚前提で彼女にな
    って下さい」と。同棲してたし気持ち悪いし「彼氏いますから」とお断りして
    も誘ってくる。
    余りにもしつこいので食事に付き合った事あって・・・占いに連れて行かれた
    んですよ。占い師さんに「彼女といつ結婚したらいいですか?」と。「彼女は
    来年運が上昇します」って。いつの間にか彼女になってるし。
    そしたら「来年かぁ・・・」と。後で「私、彼氏いるし付き合う気ないですよ
    。食事も結構です」と言ったら「俺を騙しやがったなっ?!俺の資産が目当て
    か?!」と怒鳴られて吃驚でした。軽い気持ちで変な男と食事行く私が悪いし
    そこでお別れしましたが・・・。
    その人、週数回バイト入ってて他の日は家庭教師、塾講師してるとか言ってた
    んですね(皆、嘘だと知ってましたが)。無神経と言うか30歳の女忄生に「三
    十路さん」って呼ぶんですよ。事実でも言っていい言葉じゃないし一度「それ
    は女忄生に対して失礼ですよ」と言うと「君は気が強いね」と嫌味口調。何が悪
    いのか自覚無し。「岀会い系で知り合った人妻と三角関係になって恋愛は懲り
    懲り」と、酔い痴れながら言ったり可愛いバイトの子に「君はさぁ、顔は可愛
    いんだけど忄生格悪いよね。言葉遣いの悪さどうにかすれば?」(その子は忄生格
    いいけど変人のおかしな言動をよく注意するので。言葉遣いも悪くない)。
    変人がバイト辞める日に私に「お金に困ったら200万あげるよ」と。
    よく言われたのが「俺は龍の使い、風使い、俺の悪口言ったら体が軋むから」
    とオカルトな脅し。霊感強い子が変人の事を全く霊感無いよと言い切ったし、
    自分は正義の使者か何かだと思い込んでたみたい。私よく変人の陰口バンバン
    言って体軋むのか実験したけどピンピンしてたし「最近、体調いいんだ」って
    。陰口言えば体調いいんだなって検証できたから言わなくしました。


    前編 後編

    44 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/11/06(金) 09:36:38 ID:DnH1f2YR0.net
    なんでサービス残業すんの?

    俺らにも影響あるから、やめろよ
    タヒね


    前編 後編

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/11/06(金) 09:10:24 ID:8Iki6HSP0.net
    そのまま帰宅したわ
    店無人になったけど俺が居なくても影響無いらしいんで知らないっすw

    511 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/07/21(水) 18:55:56
    知らぬ間に嫁がバイトで風イ谷嬢をし、ブランド物を買いあさり
    実家に隠し持っていた。

    常連客と親密になり、その常連客の嫁から俺の嫁が訴えられた。
    俺って・・・orz  それ以前に嫁が馬廘すぎる。

    291 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/07/29(日) 17:01:48 ID:YKDgvh/F.net
    こんにちは、しょうもない愚痴でごめんなさい
    働き始めて1週間で下手で知識がない私が悪いのですが、
    40代ぐらいのスーツの男の人が株主優待券というのを出してきて操作を学んでなかったので
    店長に聞いてきますので少々お待ちくださいと言ったらものすごい怖い顔で、
    「レジ操作もまともにできんのに店に立ってお客様から金もらうな!泥棒!」て怒鳴られて、
    怖くてびっくりしてかたまってたら副店長が飛んできてささっとレジをしてくれて、
    まだ新人で教えていなかったもので大変失礼いたしましたって私と一緒に頭下げてくれた
    高1ではじめてのバイトっていうのもあるかもしれないし甘いんだろうけど、仕事終わってから更衣室で泣いてしまって、
    先輩の店員さんがなぐさめてくれたけど、ありがたいけど気をつかわせてしまって申し訳なかった
    正直あすまたバイト行くの怖いけど、がんばろう
    長文で愚痴、ほんとごめんなさいでした

    474 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/07/21(土) 23:40:37 ID:NWj163Ck.net
    私はセブンでバイトしている
    私の入る時間帯は客が混むのだが、そんなとき、一人の若い女忄生が「子供がトイレ間に合わなくて漏らしちゃったんですが、何か拭くものありますか?」と言ってきた
    私は慌ててモップを持って駆けつけようとしたが、他の客がやって来たので、「少々お待ちください」と言って客をさばき終えた後にモップを持って駆けつけると、母親はトイレからトイレットペーパーを持ってきて拭いていた
    私は一応一緒に店長に報告すると、「すぐ吹いてきて」と言ってきたので、「後は私がやりますので」と言って、漏らした子供(2、3歳くらい)を睨み付けながらモップで拭いた後にそれを水洗いして洗濯した
    私は後で店長に「3歳未満のお子様入店お断りにしません」と言いましたが、「店の印象悪くなるし、あの子だって悪気があってやったわけじゃないのにそう言うこと平気で言うなんて、人としてどうかと思うよ?」と、私の意見を却下してきた
    今日は何故かビール券を出してくる客が二人も現れて、私はビール券での支払い方を忘れてしまって、店長に手伝ってもらって何とかできた(おかげで店長には怒られたけど)
    揚げ句には今日に限ってジュースを大量に買う客がいるせいで、本来30分で終わらせるはずのドリンク補充が42分掛かってしまった
    最終的には夜には荷物(おにぎりや弁当、アイス等)が来るので商品を売り場に出しているとき、客が買い物に来たせいで、私が仕事を終えるのに、かなり時間がかかった
    おかげで私がやるべき仕事9割方店長に手伝ってもらうことになり、後で店長に説教された
    忙しいときは店に来ないでもらいたい&3歳未満の子供は店に連れてこないでもらいたい

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/07/08(水) 15:13:04 ID:hch
    風邪だったんだから仕方ないじゃん

    10 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/06/02(日) 08:44:27 ID:b6YHiLwc
    引き出物と言えば、高校の時やった超短期アルバイト話。

    割りのいいバイトがあるぜと先輩に言われ、俺と他数人は二つ返事で了承。
    ブライダルスタッフである先輩がどうして俺たちラグビー部員を誘うのか、
    いまいち不明だったが特に気にしなかった。力仕事でもあるんだろうと。

    当日、チーフっぽい黒木瞳似のおばさんより仕事の説明。何十枚もの人物写真を見せられる。
    俺「…何すか?この人達」
    瞳「今回の御両家の婚礼を、快く思わない方々です。
    もし現れたら……タックルとかで、ヨロシクね!(はあと)」


    ホンマに来るとは思わなんだ、18の冬。今となってはいい思い出だ。
    ジェットストリームアタックを6人がかりでやったりしたっけな……

    8 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/03/21(金) 15:43:42 ID:yIX4gFCKk
    職場での出会いだった
    嫁はアルバイト、俺は店長
    接客業なんで嫁とも話す機会が多かった

    元々嫁には惹かれていたがなんせ店長がバイトの女の子に手を出すなんてできるはずもなく、
    好きな気持ちを隠しつつ一緒に働くことしかできなかった
    ちなみに採用したのはやましい気持ちがあったわけじゃなく純粋にいい子だと思ったからだからな!

    260 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/01/04(土) 04:21:16 ID:EpHmLSYJ
    衝撃だったと同時に複雑な気持ちになった出来事

    今から10年くらい前、当時まだ20代だった頃。
    バイトしていた本屋の常連客にちょっとやだなっておっさんがいた。
    品出しする女忄生スタッフに覆いかぶさるようにしてわざと高いところの本を取ったり
    『おつかれさん』って肩に手を置いてきたり、いわゆるセク八ラオヤジ。
    ただ、『ちょっとやだな』の域を出ず商品も買ってくれるんで店長も強くは言わなかった。

    ある日、仕事中にそのおっさんから執拗に携帯番号を聞かれ、色々理由をつけて必タヒに断ったんだけど
    『仕事終わったら連絡してよ』と携帯番号とメアド書いた紙を強引に握らされてしまった。
    もちろん連絡するつもりはなく、無視しておこうと思ったけど、終業後に店長と副店長に報告。
    私は閉店まで勤務だったから、精算業務が終わった後、店長たちと事務所でしばらくその話をして
    その時に店長が冗談で『あいつ駐車場で待ってたりしてな~』と笑いながら
    戸締りをしていざ店を出たら、本当にそいつが駐車場に車とめて待ってた。
    店長と副店長は唖然。私は蒼白。

    このページのトップヘ