フルボッコ

    670 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/10/29(土) 16:26:46
    >>664
    あせる事ないよ、気にしても……なんも進展しないさ。。うちは結婚五年目だが、
    子宮内膜がうすい粘液のねばりが弱くて体外受精卵を
    子宮に入れても着床しない症状だ。。養子縁組って最終手段もあるんだから、
    ポジティブ思考をしようよ……大丈夫だよ!そのうちコウノトリさん来るよ、気長に待とう。。うちの場合は、
    兄夫婦のところに子がふたり居るので……次男坊を養子にもらおうかって考えているよ。

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/10/12(金) 15:46:10 ID:DAw3IzJ8M.net
    お昼どきで超満員

    見かねた俺が交通整理

    感謝されるどころか店主から罵倒

    529 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/08/26(日) 07:58:47 ID:XN3HYv7O0.net
    友人一家と回転寿司行ったら
    旦那さんが寿司の間にデザート挟んで
    また寿司に戻ってたわ
    回転寿司に作法もマナーもないだろうけど、
    子供はそういう見て当たり前に真似するんだろうね~
    大人が食事に甘いソーダやジュースを合わせてたりとか
    アラフォーだけどやらないわね

    6 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/02/23(木) 12:23:51 ID:AFfZvDX80.net
    彼女の作る料理が煮物、焼き魚、お浸しとか地味ーーな料理ばっか
    肉料理もなんか野菜と炒めてあったりするし
    生姜焼きはうまいけどこれも野菜と炒めてある
    友達の彼女が料理上手でインスタに料理の画像あげてるんだけどキッシュとかパスタとか、名前しらないけどレストランで出てきそうなオシャレなのばっかり
    バレンタインにこういうの作って!ってお願いしたらやっとスペアリブ作ってくれて、
    これからもこういう料理がいいって言ったけど「材料費かかるし、手間がかかるし、和食が好きだから嫌だ」って拒否された
    たまになら良いけどーって言って10日以上経つけど、地味な料理ばっかり
    昨日それで文句言ったんだけど、「そんなに文句言うなら食べなくて良い。材料費と手間賃払って」とか言い出して、喧嘩になった
    料理作ってくれる分、外食は俺が奢ってるのに
    白和えとか、モズグとか、煮物とか、もう地味すぎるんだよ
    食材もいちいち冷凍してあって、ネギも切ってジップロックに入ってたり、母親だってそんなにババくさいことしないのに
    貧乏くさいんだよな~~

    446 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/07/11(土) 22:41:31 ID:trY
    こっちがやめられたのかもしれないけど。

    この前買い物に行く途中にAという友人に会ったんだけど、Aは妊娠をきっかけに県外の自宅から実家に里帰りしていて、
    ほんの2週間くらい前に出産したばっかり。
    細部はうろ覚えだけど、こんな感じの会話を交わした。

    私「もう1人で歩き回れるんだ!?すごいねぇ。元気そうでよかった。おめでとう」
    A「初産なのに超安産で助かったよ。今から出生届出しに行くの」
    私「名前決まったんだね。どんな名前?」
    A「これ!旦那にはあんまりウケがよくないんだけど、私が命がけで産んだんだから決定権は私にある!ってことで
      こっそりこの名前で出しちゃうことにしたんだw」

    と見せられた名前・・・大変申し訳ないが、見た瞬間、シモ系の連想をした。
    知らない人もいるだろうけど、知ってる人もそれなりにいそうな隠語と似てる・・・というか、ほぼそのまま。
    たとえるなら「イカ臭い」って言えば、男の人ならギクってするよね。そんな印象の名前だった。
    字面だけを見ればそこそこ季節感もあって可愛いし、植物から取ってて読みも無難なんだけどね。
    指摘しようかと思ったけど、その単語を知らないっぽいAには「そんな連想をする方がいやらしい!」と
    気分を悪くされてしまいそうだった。
    A旦那も反対するならはっきり言ってやれよ!と思ったけど、もしかしたら気まずくて言えなかったのかも。
    それで結局「旦那さんに内緒なのはまずくない?」と曖昧に言うに留めてしまったorz

    そうしたらまあキレるキレる。
    それまで穏やかな子だったから、きっと出産後のハイというかガルガル期とかいうやつなんだろうが、
    「祝福したくないならしなくていいから!お祝いもいらない!」と瞬間沸騰して去って行ってしまった。
    ああごめん、おばちゃん止められなかったよ・・・とまだ顔も見たことのない赤子への罪悪感が半端なかった。

    このページのトップヘ