ライブ

    579 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/01/26(日) 13:33:28
    初めて娘が参加しているバンドのライブに行って来た
    今までバンド活動をしているというのはちらっと聞いていたけど誘われたことは無かった
    娘は
    「今回のライブは静か目なはずだし、最高のメンバーだからライブに来てよ」
    と俺にメール。俺は嫁とワクワクしながら行った。浮くんじゃないかという心配もあったけどさ。
    ライブに来ている人はやっぱり見た目10代から20代が多い。
    けど俺達みたいな30~50代のおっさんやおばさんもいた。
    最初のグループから俺は驚いたね。
    インストバンドで6グループ。
    J-POPから洋楽まで自分たちで編曲して演奏していた。
    とにかく全部のグループが上手い。聞いていてもっと聞きたいと思うほど。ケルト風に編曲したり古典的な日本音楽に編曲してみたりととにかく幅が広い。
    娘たちのグループは最後。編曲は主に娘が担当していたらしい。驚いた。そんなことできたんだ、って。
    娘はアコーディオンやバグパイプなど一曲ごとに楽器を変えて演奏していた。
    もっと驚いたのは4曲終えたあと
    「私事になるんですけど今日は父の誕生日なんです。初めて父をライブに呼んでみました。
    ちっちゃくて今どこにいるのかわからないんですけどね」
    と言うと会場もニヤリって感じの笑いが起こる。目が合ってんだろ!と思ったけど俺もニヤリ。
    「恥ずかしいもんですね。親を呼ぶのって。しかも喧嘩中なんですよ。でも今日だから呼びたかった。
    恐縮ですが皆さん歌ってもらえますか?」
    と娘が観客に聞くとみんなノリが良いのな
    「いえーい!」と大騒ぎ。
    ハッピバースデートゥーユーとみんなが歌ってくれた。で、まさかのでっかいケーキまで登場。
    その日のライブの出演者、観客みんなで食べた。
    新鮮だけどとても楽しい誕生日だった。
    それにしても今の若い子ってとにかく陽気な明るい子が多いのな。まぁ、そういう場所にいる子達だからって言うのもあるんだろうけど…
    娘と話していると
    「あ、○○ちゃん、さんのお父さん誕生日おめでとうございます!」
    みたいなことを色々な子達が笑顔で言ってくれるんだ。俺、びっくりした。
    喧嘩してそのまま俺も仕事が忙しくて娘も忙しくてあまり話してなかった期間の間の出来事だったから余計にこう、胸に来るものがあった。
    俺の方がガキだななんて思ったり。
    長文すまん

    479 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/08/08(木) 16:56:46 ID:HLsok5lX.net
    友人と一緒にライブに行った
    友人は初っ端から「(前の席の人)背が高い…最悪」と文句
    背が高いといっても、おそらく私達と同じくらいの身長の女性.(おそらく160センチ前後)
    180センチ以上の人が横一列に複数並んでたらそう言う気持ちもわかるけど、それくらいだったら私は全然気にならないし充分見える

    その後も終始機嫌悪そうで
    「見えづらい。最前列行かせてほしい」
    「(近くの奴が)臭い。デブってなんでこんなに臭いの?」
    「隣のやつ動く度に髪当たるんだけど…ポニテうざい」
    「推しがこっちこない…なんで向こう行っちゃうの…」
    あとは他人の容姿や動き見て「え、キモいキモいキモーいw」と騒いだり
    最後は「最悪の席…地獄だった…」と

    ちなみに私達の席はメインステージからかなり近い席でかなりの神席だったと思うし、曲によっては移動するから遠い事もあるけど、地獄なんてことはない
    確かにニオイ問題がキツかったり、ポニテが当たってウザいのは気持ちわかるけど、ライブだしある程度は…って感じだし
    愚図ってウザいから席も隣同士だけど変わってやった
    何より好きなメンバーがこちらにはあまり来ず、目も合わなかったしファンサもされなかったのが1番腹立つらしい
    超至近距離で見れた人もいたらしく、それが尚更彼女の逆鱗に触れたらしい

    最初は、もう二度と一緒に行くことはないなー程度だったけど
    日に日に、私的には大満足のライブで、終始隣で愚図られて、愚図るたびに眉間にシワ寄せて泣きそうな顔しながら「心底気分が悪い」って表情されるので
    最高の気分に水差された事に対し怒りが込み上げてきて現在FO中

    697 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/12/01(金) 12:50:11 ID:zE8g12bq.net
    友達Aとライブに行った。
    その日は駅から近い友達Bの家の駐車場に
    私とAの二人の車を止めさせてもらい電車でライブに向かった。
    ライブが終わり、車を止めさせてもらったお礼にグッズをお土産として買い、
    Bに「有難う、助かったよ」と渡したときに
    『二人からね!』とAが勝手に話に入ってきた。
    お前、御礼にお土産を買おうと私が提案した時には そんなの要らない と
    拒否しただろー。あんな女だとは知らなかった。

    このページのトップヘ