他人

    889 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/03/30(金) 22:17:45 ID:TV4dHtBi
    今週から春休みだから託児物件が増えてんのかな。

    今週頭近くの交番のおまわりさんが子供連れて訪ねてきた。
    「このお子さんがあなたの住所と名前を言って探してくれと言って来ました。」
    だって。でも知らない子。名前を聞いても知らない。
    持っていたメモに○○おばさんの娘さんの嫁ぎ先の弟嫁です。
    春休み預かってネズミ園とかで遊ばせて下さい。そして始業式まで預かって下さい。
    4/6朝小学校まで送って下さい。と書いてありました。

    ○○おばさんは実家の隣の奥さんで昔から家族ぐるみで仲が良かった人。
    おまわりさんに知らない子だから預かれない。責任持てないと言ったら
    あっさりとじゃ本署に連れて行き親元に連絡しますと連れて帰ったから
    未遂です。

    ○○おばさんの娘さんとは付き合いがあるのすぐ電話したらびっくりして
    同居の姑さんと義弟家に行ってくれた。姑さんが警察に子供を引き取りに
    行ってむりやり義弟の奥さんを連れて謝りに来て言うには
    義兄一家が私が千葉に居た頃に遊びに来てネズミ園に案内したり
    私がこちらに戻ってから子供同士遊ばせてたまに泊りに来させてた事を
    義兄の奥さんから聞いてうらやましがり、うちのも同じいとこだから
    春休み遊びに連れて行って貰おうと義実家にあった私の住所と名前を
    盗み見て控えたそうだ。

    ちなみに姑さんとは子供の送り迎えで会ったことはあるけど義弟一家とは
    合った事も見たこともない。それでなんで同じにしてもらえると思えるのか不思議な
    構造の頭だ。

    103 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/06/06(月) 13:05:36 ID:6z3
    マルチーズ(♂10ヶ月)を飼ってる。
    今日散歩行ったら40代くらいのおばさんに「かわいいわねー」って声かけられた。
    よくあることだったから「ありがとうございます~」って返事したらハッとした顔され、突然泣き出した。
    あまりのことにどうしていいかわからずいたら、おばさんがわけわからんことを言い出した。

    「うちも前にマルチーズを飼っていたが去年の1月にいなくなってしまった、この子はうちのプリンちゃん(仮名)だ、顔が変わっていなかったのですぐわかった、お願いです、返してください」
    要約するとこんな感じ。

    この子は隣県のペットショップから連れてきた、そもそも今10ヶ月だから去年の1月には生まれてすらいない、と伝えても「絶対にうちの子!お願い!返して!警察に窃盗されたと言って返してもらうのでもかまわないのよ!」と半狂乱。

    幸い交番が近かったため、交番に行き事情説明。
    お巡りさんは2人いて、1人は7割がた私を信じてくれたみたいだけど、もう1人のおっさん警官は私が嘘を付いていると思ったらしくあなたの犬だという確証はないねぇと。
    頭にきたので私も味方っぽい方のお巡りさんにマルチーズを預け家に戻り(おっさん警官に、そのまま帰られても困る、この人もかわいそうだからそのまま犬は置いて行けと言われた)血統書持ってきてようやく疑いは晴れた。
    それでもおばさんはうちの子に違いないのよぉぉぉお!と暴れまくってた。
    おばさんにつけられて家特定されても困るし、まだ交番で一悶着ありそうなうちに連絡先だけ味方お巡りさんに伝えて、愛犬とともに帰った。
    疲れた...。お散歩コース変えなきゃな...。

    260 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/11/11(火) 07:02:03 ID:JU4GdhZTi
    子供の頃の衝撃の体験。
    小学校の3年生のとき、学校で具合が悪くなって午前中で早退した。
    俺の両親は共働きで、学校は割と近かったこともあって
    自分で帰宅して布団に潜り込んで寝ていた。
    しばらくウトウトしていたら、なんか変な声や何かが壊れる音が聞こえて
    なんだろう?と思ってベッドから出て窓の外を見た。
    でも何も見えないし、音も聞こえなくなっていたので
    気のせいだったのかなと思っていたら
    道路を挟んだ向かい側の家の玄関から、知らない男の人が出てきて
    回りを伺うように門扉から出て行った。
    その様子が刑事ドラマに出てくる犯人みたいだと印象に残った。
    再び布団に戻って、お母さんが帰ってきたら話した方がいいのかなとか思ってるうちに
    眠ってしまって、そのままその事は忘れてしまった。
    お母さんが帰ってきて、おかゆか何か食べてまた布団に入って寝てたら
    なんか騒がしくて目が覚めた。
    そしたらカーテンが真っ赤になっててビックリした。
    パトカーが2台か3台か来てるのが見えて、近所の人達がたくさん集まってて
    だいぶ具合も良くなってたから1階に降りて行ったら兄ちゃんと姉ちゃんが興奮してて
    向かいのおばちゃんが杀殳されたと言った。
    俺、パジャマがビショビショになるぐらい、しっこ漏らした。
    兄ちゃんたちは俺が怖くて漏らしたと思ってたみたいだけど、
    兄ちゃんたちが思った“怖い”とはちょっと違ってた。
    昼間の男の人を思い出しちゃったんだ。
    ガキだったから、警察に言ったら俺が言ったことがバレて
    犯人は俺を杀殳しにくるとかマジで考えちゃって
    一晩中怖くて泣きながら震えてた。
    二段ベッドの上で寝てる兄ちゃんが下りてきて一緒に寝てくれて
    普段俺のこと虐めてばかりだったのに、すっげえ優しくて
    姉ちゃんも母ちゃんも父ちゃんも何度も様子見にきたりしてくれたけど
    ほんっとに怖くて誰にも言えなかった。
    幸い犯人は翌日には逮捕された。
    それでようやく見たことを親に話せて楽になった。
    ちなみにだいぶ後に聞いた話では、奥さんと犯人は不倫関係だったらしくて
    よくある別れ話がこじれての犯行だったようだ。
    小さい頃にそんなもんを身近に見たせいか、不倫なんて恐ろしくて俺にはできんよ。

    7 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/12/30(日) 21:47:54 ID:6WY7jYkI.net
    引っ越し前に住んでいた賃貸の近くに住む婆さん(嫁の友達らしい)の神経が分からん
    将来的に俺の両親との同居を視野に入れて思い切って家を買った
    そしたら婆さんが新居を見たいというので招待してあげた

    「縁側で庭を見ながらお茶を飲むのが夢なの。ここは条件にぴったりだわ」
    「お部屋がいっぱい余ってるのね。この和室は年寄り向け。やっぱり広い家っていいわね」
    「すっごく気にいっちゃった。これで何かあった時も安心です。足腰弱ってきてるから」

    と嫁をチラチラ見ながら何やら一生懸命アイコンタクトを取ろうとしてる
    嫁はそれをガン無視してた
    俺が将来的には俺の親を呼ぶ予定だと言ったら、ふてくされて帰って行った

    嫁は「あの人、強引で押しが強いわりに私以外に友達がいないの
    なんだか可哀想で切れなかった。ご家族もいないようだし。でもこれは困るよね
    物理的に住んでいる場所も離れたことだし距離をとろうと思う」と言った

    どうやら嫁に自分との同居を切り出してほしかったようだが意味が分からない
    なんで赤の他人と同居しなきゃいけないんだか。夢を見るのもたいがいにしろ

    756 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/05/04(金) 12:46:18 ID:TsnpkGPg.net
    姉が「上の子の小学校の入学説明会があるから、下の子預かってほしい」とお願いあったので9ヶ月の赤さんを預かる約束してた。
    下の子も連れて行ってもいい決まりにはなってるけど、歩かないにしても説明会の迷惑になりそうだし、姉も初めての小学校入学でちゃんと聞いておきたいから、とお願いされて快諾した。

    姉の家→うち→小学校の道筋で歩いてうちまで来る途中に上の子が同じ小学校に入学予定の幼稚園のママさん(2歳男児連れ)に偶然会って話しかけられ、なんとなくそのまま一緒に歩いてて、うちに着いて「じゃあ妹に下の子預けて行きますので」と言ったら
    「え?預けるの?じゃあうちの2歳児も一緒にいいかしら?」と言われ「え?いや今妹も妊娠中で2歳児なんて面倒みた事とないから無理ですよ~」と言っても
    「うちの子おとなしいから~」とか「練習になりますよ~」と粘られたらしい…。

    たまたま、私の義母がウォーキングの途中に私の様子を見に来ると約束してて、玄関先で押し問答してる姉を見つけて
    「あらー、お姉さん!お久しぶり!赤ちゃん大きくなったわねー!ちょっと抱っこさせてー!あら、重たくなって!さぁ、あがって、あがって!」と姉だけをさっと家の中に誘導してくれたらしい。

    家の中で初めてその押し問答を聞いて、そんな人いるんだぁ~と思ってたら義母に「お姉さん、あーいう人は一回聞いちゃうと何度でも平気で言ってくるから、話聞かないでさっと交わさないとダメよ。図々しい人は自分が図々しいって気づいてないからね」って。

    まさか、会ったこともない他人の妹にまで託児しようとする人がいるなんて、ほんとビックリした。

    このページのトップヘ