伝説

    396 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/09/28(日) 08:34:17 ID:llt486R3.net
    昨日の夜お巡りさんが来た。息子さんいらっしゃいますかと言われて、何かやらかしたか
    と血の気が引いたんだけど、昨日変質者?捕まえるのに協力したとのこと。
    友達の妹(一年生)が知らないおじさんに手を引かれて歩いてて、
    「○○ちゃんおっす!その人誰?お父さんじゃないよね?」
    と大声(地声なんだけど)と言ったら逃げ出したと。
    何だかわかんないけど逃げたから追いかけなきゃと。
    そんで思わず持ってた水筒投げたらおじさんの足の間にピュッと入って
    おじさん転倒。
    お父さんじゃないよねという息子の大声(地声)を聞いてた人複数が自転車に乗ってた
    お巡りさんに知らせててお巡りさん到着、おじさん捕獲。
    ここで息子、ザリガニの水槽洗ってないの思い出して風のように帰宅。
    という流れだったらしい。妹さんは、お兄ちゃんと一緒に出かけたんだけど、お兄ちゃんがトイレ我慢できずに
    スーパーのトイレに行ってる間におじさんに
    「お兄ちゃん、さっきトイレ出てあっちに行ったから連れてってあげる」
    と声をかけられたと。
    お巡りさんが妹さんからさっきのお兄ちゃん誰?と聞くも、仲のいい6人組で行動
    してることが多くて見分けがつかず、その子のお兄ちゃんは自分のせいで
    妹が怖い目にあったとパニック。
    お母さん呼んで、落ち着いてから改めて特徴を聞いて、ああ息子君だ!と判明して
    うちに来たということだった。
    息子はお巡りさんにあのおじさんが普段から小さい子に声かけてるの見かけたか、
    だから「お父さんじゃないよね」と言ったんじゃないのか、何故名前も言わずに
    帰ったのかと聞かれて
    「知らないおじさん」「わかんない、何でそんなこと言ったんだろ?」
    「だって掃除しないとザリガニ捨てられちゃうから」
    と答えてた。
    昨日帰宅して、そんなこと一言も言わなかったよ…
    普段はちょっと黙ってろと言うくらいお喋りなのに。

    52 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/04/04(木) 11:47:20 ID:gAw4cTSv
    休日のイオン、駐車する場所を探し駐車場内をぐるぐる回っていたときのこと
    入り口に一番近いところに差し掛かったところで、その近くに黒光りした高そうな高級車が停まっていた
    車に無知な自分でも、ヤのつく自由業の方の乗るものだとわかる車
    それに乗ろうとしていたダンディなおじさんと目が合った。おじさんはこちらに手招きしてきた

    やっべえヤのつく人に目を付けられてしまった売り飛ばされるかも…と心臓バクバク。ここが修羅場
    運転席の窓を開け「な、なにか…?」とビクビクしながら聞くと、おじさんは満面の笑みで
    「ねえちゃんここ停めな、今出るから」と、運転手のチンピラらしき兄ちゃんに合図し
    高級車はすぐに発車した

    いいヤのつく人もいるもんだ、人は見た目じゃないなと少しヤのつく職業に好感度うpしたが
    その高級車の停まっていたところが身障者用スペースだったので
    やっぱ人は見た目だと思い、高級車が完全に見えなくなってからまた駐車場をぐるぐる回る作業に戻った

    228 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/01/09(水) 20:22:51 ID:0Jsn6gwH
    流れを読まずに。
    スーッとはしない気がするが聞いてほしい。
    …思い返すと自分の行動にイライラするけど。

    仕事帰りの夕方。駅に向かう途中。
    盲目らしい男性.が白い杖で点字ブロックを辿りながら勢いよく歩いていた。
    俺は見えてないのに確りした足取りで凄いなとか思いながら眺めてた。
    そして、少し行ったところの信号。この時は赤になったばかりだった。
    この信号は音が鳴る仕様。点字ブロックも続いている。
    そこで急に男性.の前に割り込んだ高校生らしい男子。当然、ぶつかる。
    男性.が軽く謝罪し、男子もボソリと謝罪はしたようだった。
    しかし、俺はイラっとした。急に出てきて点字ブロックを塞ぐなよって。
    でも、男子の前を見てみると母親と小さな子供がいた。
    母親と手を繋いでるとはいえ、子供は点字ブロックに乗ってしまっていた。
    このまま男性.が進んでいたら子供に勢いよくぶつかってしまっていたと思う。
    イラっとする行動だが、偶然にぶつかったのが男子でよかったと思った。

    このページのトップヘ