ロミオ伝説|にちゃんまとめ

2ちゃんねる-家庭板「ロミオメール」スレのまとめブログです。 また、世の中で起きた復縁にまつわる様々なエピソードも紹介しています。

    修羅場

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/05/02(土) 01:46:24 ID:34X
    顔があまりに俺にそっくり

    大事になる前に引っ越そ…

    81 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/06/03(土) 12:02:48 ID:j/kUs0QCr.net
    嫌悪感持つかたも多いと思われますが、意見を聞かせてください 
    私は30手前なんですが、新卒の頃から数年5つ上の既婚の先輩と不イ侖していました。
    最初は既婚と知らずに付き合いましたが、その後ズルズルしてしまい先輩が転勤になるタイミングでお別れをいいました。
    誰にもバレずに終わりました  
    そして転職してきた年下男忄生とお付き合いをして結婚。現在はその職場を私は退職しています。
    夫には交際を申し込まれた際に不イ侖していた事を打ち明けて、受け入れてくれて現在までいい関係でここまで来たのですが
    昨日夫がうちにつれてきた上司がその先輩でした。
    4月から新しい人が上司になり、その人と意気投合したらしく何度か呑みに行ってましたが、まさか相手が戻ってきた先輩だとは知らず。
    最初は先輩も妻が私と知らずに来たのかなと思っていたら、昨日私と先輩に面識があると分かったそうで
    夫はサプライズのつもりで連れてきたようです。
    何事もなく終わりましたが、先輩も何故私と分かったのに来たのかが分かりません。
    夫に不イ侖の相手が具体的にどんな人だったかは言ってないので、先輩だったとは多分気がついていません。
    黙っておくのか、素直に言うのか どちらの方がいいでしょうか

    633 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/10/01(月) 21:13:57 0
    ようやくひと段落ついた修羅場。
    ある日の夕食、同居の兄嫁が妊娠したと発表、同時にその種が夫(兄)ではないと爆弾投下した。
    全員絶句した。
    その日は話し合いにならず次の日、兄嫁両親も召喚して話し合いになった。
    兄嫁親が家に到着すると兄嫁が「こんな大げさにしなくったって」と言い出した。
    大げさとかじゃないだろうと兄嫁親が叱り、そこから先は私は別室待機した。

    結局、妊娠は兄嫁の狂言だった。
    その頃は兄の仕事が忙しく真夜中帰宅が多かった。
    うちの両親も自営で繁忙期、私もちょうど仕事が立て込んでた。
    それでさびしかったから妊娠したと言って気を惹きたかったらしかった。
    妊娠だけじゃインパクトが少ないって思ったのと兄嫁は言い訳してた。
    他の男と浮氣するかもという危機感を煽れば夫が早く帰宅してデートしてくれると思ったんだそうだ。
    自営を手伝わせてもらえないしお手伝いもさせてもらえなくてさみしかったと何度も言ってた。
    でも 絶対自営は手伝わせない、完全二世帯でお互いの家には入らない、家事は兄夫婦世帯の分のみしか兄嫁にはさせないというのが兄嫁本人と兄嫁親の強い希望だった。
    なのに小姑ちゃん(私)は兄夫婦世帯に遊びに来てくれない、お茶に呼んでくれない、何もお願いしてもらえないと嘆く兄嫁。
    実際には他の男の子供は身ごもってなかったんだから許してやってほしいと兄嫁親は頭下げてたけど、兄の中で何かぷっつり切れたらしい。
    激昂することもなく悪口も言うこともなく、
    「嫁ちゃん、ごめんな、俺はもう気持ちが続かんよ。他のことならいくらでも頑張るけど、好きとかの気持ちばっかりは頑張り方が分からんよ。もういいよ。
    お互い自由になろう。嫁ちゃんも嫁ちゃんの気持ちを満足させてくれる相手を自由に探せるようになったほうがいいだろ。俺はもう無理だよ」
    いつもは冗談ばかりでお調子者っぽい兄が別人のように見えた。
    キャーとかキーみたいな声で兄嫁が絶叫してて、その目の前の兄は正座で淡々としてた。

    497 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/08/25(火) 17:44:53 ID:N/Md0Hjl0.net
    夜に帰宅しようと歩いていたら背後から誰かに凄く早口で話しかけられた
    早口で聞き取れなかったので「なんですか?」と振り返ってら誰もいない
    アレ?と思ったら足元をスリスリしながら隣家の猫が追い越して行ったよw
    絶対に人の言葉だと思ったんだけどな

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2022/05/25(水) 03:36:09
    医者「手術するぞ!」

    ワイ「ああああああああああ!!!!!」

    356 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/09/21(月) 00:05:33
    ・結婚して嫁の妊娠中に俺が浮氣
    ・嫁が出産後もズルズルの挙句に浮氣相手まで妊娠出産
    ・嫁にバレ、嫁がタヒんでも離婚しないと宣言
    ・浮氣相手が、子供置いて失踪
    ・俺ら夫婦で子供育てて数年、家族四人の生活が落ち着いたころ
     浮氣相手が現れて、子供を返せという
    ・俺が返そうか?と言ったら嫁が激怒。
     「替りにお前が行ってもう一人作ってやれ、この子はタヒんでも渡さない」
     と俺が追い出される
    ・浮氣相手は「今さら男なんか要らない、それより私の子供を返して!」

    もう、どうしたらいいか判らん。
    女が子供捨てて男にしがみつくってアレ、本当にあるの?
    嫁も浮氣相手も、子供!子供!って俺のこと見向きもしないんだけど。

    362 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/04/07(火) 09:39:58 ID:bjp
    長文失礼します。3乚スぐらい使います
    事の全てが終わったので、相談とかはないけど愚痴を吐きに。
    元カノと別れた話です

    彼女とは三年前に仕事の関係で出会って、ヤケに趣味も合いや会話が弾み、
    「あ、この人となら仲良くできる!てかお付き合いできる!とお花畑思考で
    俺の方から告白してお付き合いを始めた感じでした

    俺自身が、何が女忄生が喜ぶのか考えるのが疎く、ありきたりなデートばかりしていたのですが、
    これと言った問題もなく、むしろ良好でした
    お互いの両親とは、互いに自分を紹介し合い家に泊まったするほどの仲で、
    これなら問題ないだろうっと、三年目、つまり今年に正式にプロポーズするつもりで居ました
    欲を言えば、既に指輪は買ってあり、来月のGWに……とか考えていました

    ただ問題は先週の水曜日、4/1日に起こりました

    その日は何度かしているように彼女を俺の家に泊め、両親たちと食事をしていた時です
    焼き肉()をし、親父も大分酔いが回ってきた時、変なことを言い始めました

    親父「Aさん(元彼女)は俺の昔の女と同じ所にホクロあるんだな~w」
    母親「何馬鹿なこと言っているんですか…」
    オレ「ちょ、変なコト言うのをやめろよw」
    彼女「へーwそうなんですかww」

    最初はこんな感じで終わると思ったのですが、その日は親父は結構続けてきて

    親父「いやな、目元とか顔立ちもよーく似ているんだよ
     もしかして、Aさんのお母さんって○○の○○出身だったりしないか?」
    オレ「どんだけ食いつくんだよww」

    そう俺は笑っていたのですが、彼女は表情が少し驚いて固まっていました

    378 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/05/09(水) 22:16:13 0
    カップル板から誘導されてきました。
    フェイクあり。


    私 :25歳。社会人1年目。実家近くで一人暮らし
    兄 :27歳。フツメン。公務員。結婚5年目。最近長男が生まれた。
    兄嫁:29歳。兄の会社の元先輩。

    ある日突然、見知らぬ男忄生(弁護士)から連絡が来る。
    「●●さんとの件で」と言われ、●●さんって誰だっけ?と思いつつ
    話を聞くと、「●●さんの奥さんが不イ侖の慰謝料を求めている」という内容だった。
    全く身に覚えがなかった私は「……詐欺?」と思いつつ
    ・●●という男忄生に心当たりがないこと
    ・そもそも不イ侖に心当たりがないこと
    を伝えたところ
    かなり高圧的に「嘘を言っても無駄です。裁判になった際、不利になりますよ?」と言われた。
    相手の態度にムカついて「ほんとに知りません。言いがかりはやめてください」と言って電話を切った。

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2022/10/08(土) 09:07:54 ID:EOOtEAZjd.net
    人生詰んだか?もう3ヶ月位は入院してる。土日はリハ無くて暇だから暇つぶし。

    73 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/04/10(火) 04:14:42 0.net
    結婚記念日に残業が入り、頑張って切り上げてきたら嫁が友人とセクロスしてやがった
    話聞いてみたら10年くらい浮氣してたんだとwwww
    気付かない俺バカス

    今日は上司が休みくれたからゆっくり寝ようと思うんだが、
    さっきからベランダに追い出した嫁と友人が煩くて寝られないからカキコしてみる

    このページのトップヘ