修羅場

    532 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/11/16(木) 19:59:44 ID:x75yCf/h.net
    自分の父親が健康器具詐欺に引っかかった事
    しかも2000万もつぎ込んでた
    幸い発覚が早くクーリングオフできた
    どんな間抜けなお人好しが引っかかるんだろ~と他人事だったのに
    情けないやら悲しいやら

    628 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/07/25(月) 16:37:25 ID:IHW
    老害、で思いだして初めてカキコ。

    地元のお祭りで、誰でも使える飲食スペースで、
    旦那と座わってたこ焼きを食べていた時、
    その反対側に大量に食べ物を買ったオバサンが座った。

    旦那がやきそばを買いに行った間に、
    オバサンが誰かに電話して合流を促してる様だった。

    電話が切れたあとすぐオバサンに話し掛けられ、
    「これ、(私が食べてた物)少しずらして、いいね?」って、縦置きから横置きにしてズラしてくれって頼まれて、皆で使う場所だし、と思って了承。

    暫くしたら、甲高い声で「ママァ~☆」。
    娘×2(フリフリレースのワンピース、ピンクチークが浮きまくりの40代位)と、ベビーカーに乗った犬が真横に来た。

    286 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/10/30(火) 11:37:10 ID:YCzhPlkj.net
    かなり昔のことだけど、車にカヌー積みっぱで保存してたんだが
    ある日朝5時集合の仕事に車で出かけて現場に入ったら、後輩が駆け寄ってきて屋根に猫が乗ってるといわれた
    みたらブルブル震えた首輪付きの猫が泣き叫んでいた
    朝早いしほとんど止まることなく東名から首都高に乗って結構飛ばしてたんだけど、血の気が引くほど青ざめた

    動かない猫を無理やり引きはがして車に監禁、水と食べ物をやりつつ仕事
    何とか連れて帰って開放した
    犬をひいた時よりもこの時の方がきつかったな

    586 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/04/11(水) 19:09:10 ID:oH9uDN7N
    豚切スマン!以前のいきさつがあったので、”不幸な結婚式”スレに書いていたが
    あまりにスレチになってきたのでこちらに移動します。

    先日の深夜に家電が鳴った、嫁の勤務先からで内容は
    ”先生(嫁)のお嬢さんと名乗る方が救急搬送されます”ちなみに嫁の職業は内科の医師
    うちの子供は俺そっくりのバカ息子、しかも息子は目の前にいる。
    誰だと思って、詳しく聞くと去年の夏に仲人をした、俺の部下のDQN嫁がで飲んでいる最中に倒れたみたい。
    ちょうど夫である部下が長期出張のため、羽を伸ばし過ぎたようだ。。
    部下には連絡が取れないし、DQN実家に電話しても出ないから 仕方なしに、俺と嫁で病院にいった。
    DQNは既に搬送されていてERで処置をされてた、案の定”急性アルコール中毒”
    意識は混濁しているものの、バイタルは比較的安定していたのと
    妊娠の可能性を否定できないため、リンゲル輸液と酸素吸入のみの処置で一晩お泊り頂いた。
    翌朝、DQN実家に連絡が着いたのでDQNの着替えをを持って来てもらって、回収をお願いした。
    保健証は後日に持っていくことにしたが、深夜の救急搬送のため料金は若干高めだった。
    DQNは金を持っていなかったため、嫁の病院を指定したらしい。
    よく病院名を覚えていたなと思えるが、うちの娘と名乗った神経が理解できない。
    DQN両親も支払わずにそのまま帰宅したから部下が出張から帰ってきてから請求した。
    ここまでが先月の話

    580 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/03/05(日) 08:55:04 ID:ZfpTXzBd.net
    2年前の寒い寒い冬、真夜中1時を過ぎた頃のお話。

    住んでいたアパートの外から猫の鳴き声がしきりに聞こえて、
    行ってみたら子猫が一軒の家の前で扉カリカリさせて鳴いていた。
    その家の中から「でちゃダメ!」「もういないと思え!」とか耳を疑う言葉が聞こえる.
    昔にも子猫を拾い里親を探した経験があるので引き取ろうと近寄ってみたが、怯えてこちらに来ない。
    寒い夜、みるからに衰弱してきている。その時の心が修羅場。

    そして以下がおそらく相手の修羅場。

    どうしよーと悩ませた結果、猫になりきればいいと思った私は、
    その場でネ果足になり低めの四つん這いになって「ミアーオ」とか言って近づいた。
    子猫は鳴くのをやめて目をまん丸にしてたので、よしいけるか!って思った瞬間、
    後ろから「うおっ」って声が聞こえた。振り返ったらおそらく男子大学生。
    一軒家の奥のアパートに住んでいるようで、その場で立ち止まっていた。
    こちら、四つん這いでネ果足、フードを被った長髪の女。
    数秒間無言で目を合わせ、こちらが「…ど、どうも…」って言ったら
    「えっヒィッ!エッ?!」とか言いながら小走りでアパートに入って行った。それを四つん這いのまま見送った。
    子猫はいなくなっていた。

    196 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/09/14(金) 00:20:09 0.net
    5年前に父親が不倫して離婚した、現在19歳の娘です
    母親に引き取られました

    ざっくりですが、
    ・母親が「慰謝料も養育費も無しで離婚した、生活が苦しいから働け」と言うので中卒で働き出した
    ・中卒はまずいと思って去年から定時制に通っている
    ・面会も連絡をとることも許されなかった父親と偶然再会した
    ・実は財産分与も慰謝料も養育費も父親はきっちり払っていた
    ・私は進学していないのに、一般的な高校、大学入学のタイミングで父親に臨時のお金を請求して受け取っていた
    ・私には1円もまわってきていない
    ・その事を問い詰めたら「不潔男の娘が苦労して不幸になるのが面白かった、ざまぁみろ」と帰ってこなくなった
    ・住所は知らないけど、慰謝料で買ったマンションがあるらしいのでそこにいると思う

    まとめサイトくらいでしか家庭板を知らないので、フェイクとかよく見かけるので、とりあえずこれだけ書きます

    683 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/05/27(土) 18:47:41 ID:GeM3EUhK.net
    数日前の出来事。文章分かりづらかったらすみません。

    旦那は会社に泊り込むことが当たり前な職種で、その日も前日から仕事で不在だった。
    昼過ぎに娘と買い物に行き、荷物が多いので
    先に娘に家の鍵を開けてもらい、後から私が荷物を持って行くという流れになった。

    私が1人になったところで、ニヤニヤした男性.が近寄ってきて私についてきた。
    狭いアパートなので大体の入居者は顔見知りだけど、彼は見たこともない。
    こちらが駆け足になると、彼も駆け足に。

    内心バックバクになり娘を守らなきゃ、大声出そうか、部屋を知られちゃマズイと考えていたら
    途中で隣人夫婦とたまたま会い、不審な男性.はどこかへ消えてしまった。

    その後警察に相談したら、小学校中学校が近いこともあり
    パトロール強化と、こんな不審人物がいたと注意喚起をしてくれることになった。
    娘共々何もなくて良かったけど、あの数分間は本当に修羅場だった。

    793 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/06/04(日) 16:46:18 ID:oKDPK9zQ.net
    知らないところで不倫をしていると決めつけられていた話
    かなり長文です

    元職場の先輩(40代既婚子持ち)が思い込みの激しい人だった
    仕事の話をしているだけで「○○(私)は俺に興味があるから話しかけるんだ!」や
    会社携帯に仕事の相談の電話をしたら「俺のことが好きなんだ!」や
    仕事PC宛に業務メールを送ったら勝手に行間を勘違いして読んだりなど、様々
    とはいえ彼は心の中でだけ勘違いをしていたため、周囲にその話はしなかったので私も周囲も一切気付かなかった

    ある日彼は私からの求愛wに応えるべく奥様に離婚を切り出した
    当然驚いた奥様は理由を尋ねてさらにびっくり
    彼の中では既に私とお付き合いをしていたらしく、私の名前・携帯番号なども提示
    即私の携帯に奥様から怒りの電話がかかってきた
    悪魔の証明というのか、不倫をしていないという証拠なんてあるはずもなかった
    メールのやり取りも電話のやり取りもありませんと言えば「履歴などは削除したんだろう」と言われるし
    原因である元先輩は私と付き合っていると言い張る
    八方塞がりとはこのことかとパニックになった

    結局元先輩夫婦は離婚し、私の元には内容証明郵便で慰謝料の請求書が届いた
    どこで調べたのか私の実家にも同じものが届き両親は烈火のごとく怒ったし、
    更には会社の支社長宛にも私と元先輩の不倫リークが届いた
    会社だけでなく親にすら何もしていないと信じてもらえるまでかなりの時間がかかった
    精神的にもボロボロになった私の髪は抜け、500円玉サイズの円形脱毛がいくつも出来た
    居づらくなって会社を辞め、自●も考えた

    両親のすすめで弁護士を立て民事裁判を起こすことが決まり、実は今もまだ係争中
    これが終わるまでは私の修羅場は続くと思う

    958 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/06/22(木) 00:00:16 ID:x0b765+o.net
    近頃、痴/漢冤罪というものが問題になっているが、自分が捕まえたのはガチの痴/漢だった。とは言っても、俺は目撃はしていない。

    ところは都内某所、時は十年ちょい前のある日曜の夜。俺は友達の家で遊んだ後、寝る前に軽く晩酌でもと、最寄り駅のコンビニでビールとつまみを買って家路を辿っていた。
    すると背後から「待てー!」という大声。何事かと振り返ると、メガネで小太りの男が目の前を走ってゆく。その後を別の男が「待てー!」と叫びながら追いかけてゆく。

    これは犯罪がらみかと思った俺も追跡に加わり、ほどなくしてメガネの男を捕まえた。
    しかし、俺はそいつが何をしたのか知らないので、「で、こいつ、何やったんですか」と追っていた男に訊いたが、興奮状態なのか答えない。
    二人してメガネを引きずってゆくと、とあるマンションの前に到着。マンションの前では若い女性.が泣きながら待っていた。
    そこでようやく事情が判明。なんでもその女性.が自宅マンションに入ろうとキーを解除していたところ、メガネがお尻を触ったという。その悲鳴を聞いてマンションを駆け出して
    きたメガネを男の人が追いかけ、途中で俺も加わったという次第。

    女性.から警察に通報したのだが、せいぜい来てチャリンコのお巡りさんが二人ぐらいだろうと思っていた俺は仰天。パトカーがサイレン鳴らして三台もやってきた。
    警察が来るまで二人でがっちりホールドしていたメガネ(以下、痴/漢)はずっと「やってない、やってない」をくり返していたが、駆けつけた警察官の多さにびびったのか、
    「すみません、やりました」と自供。

    その後痴/漢がどうなったか知らないが、あとで刑事から聞いたところによると、家はまったくの別方向。帰宅途中で見かけた女性.があまりにも好みだったため、電車を
    乗り換えてまであとを着け、最終的にケツを触ったとのことだった。痴/漢には仕事もあり、家には年老いた母親と妹がいるという。痴/漢は断罪されるべきだが、母親と
    妹が不憫でならない。そんな後先を考えないなんて、やっぱ痴/漢って病気なんだなと思った。

    最終的に痴/漢がどうなったのかは知らないが、そこまでは痴/漢の修羅場。
    そしてここからは俺と男性.の修羅場。


    続きます。

    836 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/06/07(水) 12:48:47 ID:M4XWpcJw.net
    入社して数年、3名の歳上女性.から結構な嫌がらせを受けていた。
    嫌がらせは小学生レベルから犯罪レベルまであり、修羅場もあったけど取りあえず今回は最近あった修羅場を。

    部署での飲み会で、私が入社した時の話になり、先輩から「私さん、あの3人が退職してからすごく変わったよねー。実はいじめられてた?」
    と言われ、「まぁ、そんなこともあったかもー」くらいで流した。
    が、それを聞いていた上司が「いじめについて聞きたい、ちゃんと聞きたい」と言い出したので犯罪レベルのことは伏せて少し話した。
    もう、上司は激おこ!そして私に平謝り。
    実は3人のうちの1人は上司の奥さん。
    私は「10年も前の話ですし、もうそんなこともあったなーくらいだからそんな謝られても困ります」と言ったのに
    上司は「いや、謝らせる!」と言って奥さん召喚。
    10年ぶりに見たその人はヒールレスラーみたいになっていた。
    私がいて上司の怒り様になんとなく状況を察知したのか「私は悪くない!他の2人が主導でやってたのを見ていただけ!!」などと急に騒ぎ出した。
    いじめとかなにも言ってないのにそう騒いでしまったがために夫婦喧嘩勃発。
    奥さんは10年間猫をかぶっていたらしく、喧嘩時の奥さんのDQNぶりに上司唖然。
    その場にいた人達は『10年もよく演技してこれたな…てか上司鈍すぎ…』などと思いながら傍観。
    しかも、上司は「私さんのこと、いいなと思っていた!」とか叫び奥さんは「雰囲気でわかってた!だからこいつ(私)をいじめたんだ!杀殳しとけばよかった!」と叫び出しびっくり。
    楽しい楽しい飲み会がこんなことになるなんて…

    その後上司は調停の末離婚、親権は上司が取ってシングルファザーになっている。
    仕返しするつもりはなかったのに幸せな家庭を壊してしまったことが修羅場でした。

    このページのトップヘ