兄嫁

    297 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/07/13(月) 23:51:11 0.net
    兄夫婦が来て実家の中の片づけをしてくれた
    だけど義姉のやり方というのが、捨てるやり方
    捨てなきゃ片付かないというのは百も承知だし、自分が母に似て掃除や整理が嫌い
    だから仕方ないけど
    以前台所をやってくれた時は、昼麺を茹でるのに使ったボールがなくなってた
    今回居間をやってくれたのだけど、朝髪をとかそうとしてブラシがないことに気付いた
    棚の一つはカラッポになってて、使ってもない鍋が捨てられてた
    そして帰った後にはゴミ袋の山
    燃えるゴミはすぐ捨てられたけど、燃えないのは金曜まで待たなきゃならない
    やってくれるのは助かるけど、ため息が
    ベープマットの替えが見つかってよかったと思ったのに、それもない
    よくあんなに思いきり捨てられるものだと感心してしまう
    デイに持って行く手提げには余計な物は入ってなかったのに、それを出して一つの
    手提げは捨てられてた
    2か所用にファイルも分けてあったのに
    袋に入れておいた上履きが出されて棚の下にある
    また袋に入れてしまっておかなきゃいけない
    はー

    619 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/11/24(金) 00:45:13 0.net
    俺の嫁は俺としか野郎と付き合ったことない。
    俺も嫁もその点は今まで全く気にしてなかった。
    だが、俺の兄の嫁が、うちの嫁に『(俺)しか男を知らないて人生損してる。まだ若いんだから色々遊べばいいのに』って余計な事を吹き込んでいた。
    それで自分の若い頃の武勇伝(笑)を語り出す。
    『今時女の不倫なんて珍しくないよw』と不倫を推奨する。
    嫁が苦笑しながら『私は(俺)君で十分満足してる、不倫なんて誰も幸せにならないよ』ときっぱり否定してたのは良かった。
    俺が隣の部屋で寝てる(仮眠してた)のをいい事に、いい放題でげんなりした。
    兄嫁が帰った後、嫁は全然悪くないのに『金輪際、兄嫁に関わるな』と感情的に怒鳴ってしまった。
    心が狭い男だろうか?今日の一件で、兄嫁が生理的に無理になった。

    563 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/05/19(木) 10:03:54 0
    自分は兄と双子。
    見た目も年子程度にしか似ていないのに、兄嫁さんがやたらと
    「男女の双子って、なんかエロくね?」と言う。
    自分らだけに言うならハイハイワロスワロスwで済ませるけど、親の前でまで言ったもんだから
    親(兄嫁さんからはウトメ)に窘められた。

    それが先週末の話だったんだが、今朝兄からメールで『嫁が怒ってる。
    なんか知らんが自分ら兄妹が土下座して謝れと言ってるから、今日来てくれ』と。

    知らんがな。


    276 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/09/07(水) 00:21:03 0
    私の実家は敷地内に、実家、父方祖父母が暮らしてた家、母方祖母が暮らしてた離れがある。
    門は一緒だが、それぞれ建物は独立している。
    私は離れ、兄一家は父方祖父母が暮らしてた家に住んでいる。
    離れと兄家は、それぞれ祖父母が亡くなった後賃貸していた時期がある。
    で、今はその頃の家賃の半額を兄、私ともに実家に入れている。
    さらに私は国保が親の世帯のに入れてもらっている。
    世間から見て、甘えすぎなのは自覚している。
    でも、兄嫁にそれを言われるのが納得いかない。
    甘えすぎ、アラフォーで国保親のとかあり得ない、独立しようという気概ないのか。
    端からみればその通りなのは確かだけど。兄一家、私以上に実家に甘えすぎだと思う。
    共働きの兄一家、子供が学校から帰宅する先は実家。
    兄も兄嫁も実家に子供迎えに来て、そのまま実家で夕食食べていくのが週5日つまり平日全部。
    食費も食事作成もすべて母が負担している。
    私は国保だけ持ってもらっているが、食事はせいぜい週1、様子見に寄る時だけ。
    皿洗いして、母の手の届かないとこ掃除して帰る。
    子供が病気したり問題おこしたりした時のフォローも母がやっている。
    家賃も、兄一家よりかなり安いが、部屋数もないから、相場の半額という条件は一緒。
    なのに会うと嫌味ばかり。甘えてるのは理解してるが、あんたに言われたくないんだよ。

    335 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/01/05(木) 20:20:47 0
    3日朝に実家に来た兄夫婦と姪。
    午後に姪を連れ出し、本屋で好きな本を一冊買ってあげている。
    ジジババがずっと子ども相手してると疲れちゃうから。
    その間、兄夫婦は初詣デート、その後、夕食を実家で食べて帰宅、というのが恒例になっている。
    今年も同じように姪を本屋さんへ連れて行った。
    好きな本選べ、と児童書コーナーに行き、ちょっと離れて見守る。
    しばらくして、様子がおかしいので、近寄ると、本をいくつか抱えて半泣き。
    「ゆっくり選んでいいんだよ」と声をかけると、半泣きで本を差し出す。
    でも、残りの一冊を放さないんだ。いつも駄々こねる子じゃないので、話を聞くと、
    兄嫁がハリポタ最終巻上下セットを買ってもらうように言ったと。
    「でも、私、ハリポタは図書館で読んだからいらないの、でも、ママが言うから」
    姪が好きな本を選びなさい、おばちゃんはママにじゃない、あなたにプレゼントするんだ。
    と言って、姪が選んだ本を買ってあげたけど。
    恥ずかしくないのかね。
    姪があとでしかられないように兄にメールは入れたけどさ。

    41 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/07/25(月) 22:42:18 0
    自分も腐女子でついでにアメトイヲタ
    で兄嫁に迫害されてきたから気持ちはよくわかるなー

    ヲタク=怠け者でコミュ障と頭から決め付けられて、実家の私部屋をまだ生まれてもいないのに「子供部屋にするから!」と息巻いて掃除を始め、
    コレクション類はロクな梱包もせず私の一人暮らしの部屋に着払いで送ってきやがった
    残った私の家具(バイト代貯めて買った可愛いやつ)と化粧品(ネイルとか香水)や服のいくつかは、自分のモノにしてキープ
    ついでに部屋も子供が生まれるまでは私のもの!として住み始めたらしい

    頭にきたので帰省した時友達に協力してもらい、家具から兄嫁の私物をガシャーンと出して、
    庭に運び出して電ノコで解体してドラム缶に入れて燃やしてやった
    ついでに私物も全部燃やしてやった
    (田舎なので、庭でしょっちゅうゴミ燃やしてる)
    兄嫁にはファビョりまくられたけどwwせいせいした

    624 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/09/24(金) 17:56:12 0
    私は結婚して子無し、実家から車で30分位のとこに住んでる。
    兄夫婦は子供が3人で、私の家から40分位、実家から一時間位のとこ。
    ちょくちょく実家に子供を預けに行くんだけど、
    ウチの母も年なのでさすがに3人預かるのは辛いし、
    行動範囲の広くなった子供達の面倒を見切れない。
    なのでたまに家で預かったりするようになった。
    最近、兄嫁が足をねん挫してギブスしてるんで、預かりの頻度が上がった。
    しかもこっちが迎えに行ってあげて、帰りにも送る。
    母も私に遠慮して惣菜や何かを持ってきて、それを兄嫁にもおすそ分け。
    子供達はかわいいが、こっちもさすがに疲れるんでイヤになってるんだけど
    兄嫁の体を考えると預からざるを得ない。
    そしたらこの間、兄から怒りの電話がかかってきた。
    兄嫁は私と母が嫁イビリしてると兄に言ったらしい。
    「足が痛くて動けないのに、子供の面倒もろくに見ないと言われた」とか
    「子供に私の悪口を言う」とか
    「子育てに口出されて辛い」とか…
    子供の面倒をろくに見ないなんて言った事もない。
    子供へ悪口ってのも違う。
    子供が悪さをした、と上の子を叩いていたのでどうしたのかと聞いたら、
    上の子が泣きながら事情を説明しその説明は納得できる物でもあったし、
    状況から見て説得力もあった。下の子たちも証言した。
    なので「それはママも悪いよ。話聞いてあげて」と言った事がある。
    正直それだけ。
    気を悪くしたのかもしれないが、兄にはずいぶん悪しざまに言ってくれたもんです。
    それを説明したら兄も黙ってしまって、しばらくしてから謝罪された。
    兄嫁からも「誤解がありました」って言われた。
    その次の日に「PTAがあるのでおねがいしま~す」ってメールが来たけど
    「嫁と小姑の間はどうしても軋轢が生じやすいですよね。
    今後はお互い嫌な思いしないためにも預かるのは止めます」って返事しておいた。
    電話もメールもガンガン入ってたけど、ブッチ。
    ちょっとすっきりした。

    557 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/04/17(月) 12:17:21 0.net
    義父が亡くなって遺産相続を放棄したら兄嫁がもったいじゃない?それとも借金しかなかったの?だとさ
    相続するも放棄するのも決めるのは俺嫁さんであって俺ではないのに
    しかも俺親がいる前でじゃこの家の遺産も放棄するよね?とか言い出した
    それを聞いた俺母が怒った
    俺両親はまだ50代なのに遺産ってどう言う事だ?早くタヒんでほしいのか?って
    兄嫁は慌てふためていたけどもう俺母の機嫌は戻らんよ

    197 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/02/22(月) 15:53:58 0.net
    実兄が介護離婚した

    先に私たちの親が倒れた時に全く手も金も出させなかったのに
    (兄は自分の小遣いから数万円ずつ仕送りをしてくれた)
    兄嫁の親が兄嫁兄夫婦と大喧嘩して追い出されたら
    兄の承諾なしに自宅に引き入れ、好き勝手やらかして離婚となった
    絶対離婚しないと喚いていたけど、
    結局貯金を兄嫁とその親で使い込んだことが発覚して
    兄が返済を諦めることと引き換えに離婚できた
    大学生と高校生の甥姪も兄と暮らすことで解決した
    ヒステリックに喚き散らす兄嫁の声を聞かなくて良くなったと私も安心した
    最後は「私たちがタヒんだらアンタ(兄)のせいだからね」と捨て台詞を残して出ていったそう
    「地球が滅亡してもあの人たちは生きてると思う」と姪が言ってたけどね

    86 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/12/07(土) 17:38:35 ID:Hp.zq.L1
    嫁が俺母との関係のことでグチグチ言う。
    嫁のワガママとは言わない。嫁はよくやってるし、嫁の気持ちもわかるんだが…

    嫁と俺の兄の嫁、つまり兄嫁は10 ヶ月違いで女の子を出産。
    嫁と兄嫁の仲も悪くない。兄嫁はしっかりものの嫁のアドバイスを求めたりもしていて、嫁も兄嫁さんの雰囲気の良さにリラックスするんだと言っていた。
    俺母は割とやってやるやってやる、あげるあげるって言うおせっかいおばさん。
    嫁が娘にやりたいことを、やってやると言ってくるんだ。
    嫁は「娘の初めてのことは夫婦でやりたいんです」と断っていたし、俺もはっきりと「嫁と俺が母親で父親なんだぞ」と言って母親のすることを止めていた。
    初めてのお風呂、初めての哺乳瓶、初めての離乳食、初めてのベビー服、初めての靴
    嫁は元アパレル勤めだったし、基本的に服や靴に拘りもあったのでとにかく、母親が買ってきてやったというものを拒否、俺も気持ちもわかるが、俺も嫁とで選ばせてくれ、勝手なことをしないでくれと言っていた。
    そしたらその矛先が兄嫁に行った。
    兄貴は抜けてるところがあるので、母親から嫁を守れと言っていたのだが…
    兄嫁は母親のやることなすことを好意的に受け取っていた。
    兄嫁は両親が外国でゆっくり2人暮らしているせいもあるのだろうが
    初めてのお風呂も、複数の目があるから失敗せずに助かる。
    哺乳瓶でのあげ方、先輩がいるからお手本になる。
    離乳食は味見係が2人いるから助かる。
    服も靴もありがとうございますは。私も今度選びたい、一緒に行きましょう。色々教えてください。
    母親も、好意的に受け取ってくれる兄嫁の方が可愛いと思うのもわかる。兄嫁とどんどん親交を深めていく。
    子供の雛人形、俺たちには電話で「雛人形は領収書送ってくれたらお金払うから」と言ってきたが
    兄嫁とは一緒に買いに行ってきたらしい。
    ハーフバースデーも、誕生日も家族だけでやりたいと嫁は言っていてその通りにした。
    兄嫁は両親を読んで誕生日会をしていた。
    兄嫁両親が外国にいるから、お互い気軽に写真をシェアできるようにインスタグラムでそういう写真を沢山アップするんだ。
    嫁もインスタをしていて、繋がっているからか、そういう情報を知り、モヤモヤするらしい。
    でも、自分のやりたいようにしているのにモヤモヤするのも嫌らしく、それも含めて俺に母親や兄嫁の愚痴を言ってくる。
    結局は隣の芝生は青く見えるとかいうやつなんだろう。SNSをやめたら?と言うと
    SNSをやめたらそれこそ兄嫁さんのこと気に食わないと言っているのがバレるじゃないって言うわけ。
    じゃあどうしたい?って聞いたら、泣き出した。
    嫁は「どうしたい!?って質問は責められてるみたいだ」と言って泣く。
    嫁はとにかく母親に色々されたくない。でも兄嫁と母親が仲良くしているのも嫌ってことらしい。
    かれこれ3ヶ月、また兄嫁が母親と◯◯に行ってると泣いてグチグチ言うてくる。
    俺はどうしたら良いんだろうか、どうやってやるのが1番なんだろうか?

    このページのトップヘ