別れ話

    893 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/10/31(水) 09:14:17 ID:54j5rw9z.net
    当時付き合っていた彼氏とドライブしていた時の事、片手にスマホ持って当時流行ってた
    ポケモンGOやりながら運転してた。
    危ないからゲームをやめてと言っても知らん顔、何度言っても全然聞いてくれなくてイライラ
    してたら突然急ブレーキをかけて無理矢理Uターン。
    何事かと思ったら「この辺にレアなポケモンがいる!」と猛スピードで車走らせてその辺の路地裏に
    停めて走り去って行った。無理だと思った。
    ポケモンが原因で別れたことは恥ずかしくて互いの両親以外には誰にも言ってない

    775 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/01/02(土) 16:52:53 ID:b2CwdlkR0.net
    すいません、相談させて下さい
    彼、私ともに33歳です

    交際2年でプロポーズされ結婚前の挨拶をする為に、私の実家に二人で行きました
    彼がいるとは兼ねてから言ってはいましたが、実際に彼と父が会うのは初めてでした(母は2回目)
    スーツで手土産もあり特に失礼な点は私から見てもなかったと思いますが、彼が娘さんと結婚しようと思っていますと言うと、娘はやらんと父が湯飲みを中身ごと彼に投げつけてしまいました
    私と母は驚いて動けなかったのですが彼は少し沈黙したあとに、分かりました、失礼しましたとだけ言って帰ってしまいました

    233 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/21(木) 20:55:24 ID:izC
    付き合い初めて一年ぐらいになる彼とのドライブデートが、
    予報が外れた雨で台無しになった時に、何処に行こうか?って相談してたら
    「うちに来いよ。親に紹介したい」って言われた。
    全く心構えが出来てなかったから、それはまたの機会に~って断ったんだけど
    「でも俺、結婚考えてるからさ」って無理矢理連れて行かれた。
    玄関に入ったらお母さんが出てきて
    彼実家行きが決まってから到着まで電話もメールもしてた様子がないのに
    「雨の中を来てくれてありがとうねぇ」とか言われて
    予定通りのような態度で迎えられたのが軽い不信感の始まりだった。
    「まずはお祖父ちゃんとお祖母ちゃんに挨拶してね」って仏間に連れて行かれて
    仏壇の前に座るように勧められて、お母さんは台所に消えた。
    ものすごく戸惑って「え?え?彼君ちって何処の宗派?」って聞いたら「知らね」って言われて
    私も全く詳しくなくて、自分ちのやり方しか分からないんだけど
    確かお線香を折って寝かせるのと1本ドーンと立てるのがあったハズだけどなぁ・・・って。
    そうだ、香炉を見れば・・・と思ったら、きれいに均されててヒントがないorz
    お仏壇を見て宗派の判断なんて私には出来ないし、どうしようってパニクって
    今思えばお母さんが来てから、教えてもらいながらすれば良かったんだけど
    もう覚悟を決めて自分ちのやり方で手を合わせた。
    ちなみにうちはお線香をふたつに折って寝かせる。(真宗大谷派)
    そしたらお茶を持って戻ってきたお母さんが「あらっ!」って一瞬にして眉間に皺。
    「うちは浄土宗だから折らないで頂戴ね」って言われたんだ。
    それだけでもショックなのに、彼が「だよな。俺もそう思ったんだけど」って言ったんだよね。
    その後、3人で当たり障りのない話をして30分ぐらいで
    私の方から「そろそろ・・・駅まで送ってくれる?」って彼に言った。
    彼は家まで送るって言ったけど断って最寄りの駅までにしてもらった。
    彼は私がお線香の件で怒ってると思ってるらしくて
    「機嫌なおせよー」って盛んに言ってたけど、私は怒ってたんじゃなくて彼に冷めてた。
    数日後に別れ話をしたんだけど、最後まで彼は「それぐらいのことで?」って感じだった。
    大事な時に庇ってくれない人、盾になってくれない人と結婚なんかできないよ。

    49 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/03/04(土) 10:22:00 ID:r7U
    よくある話だろうけど、結婚をはぐらかし続ける彼
    それでも好きで、けど私も若くないし、けど好き…と付き合い続けていた最近
    スマホでツムツムをやっていて、あとちょっとで難しいミッションクリアな予感!過去最高点かも!
    ってテンション上がってる最中に電話がかかってきてツムツムが中断された
    彼からだった
    怒り心頭で電話を取った瞬間、私はもう彼よりツムツムのほうが大事なんだ!と気づき、好きも意地もすべてツムツムの向こうに消えた
    気づくと一瞬すぎて、その電話で別れ話をした(デートのお誘いだった)
    今は婚活してるけど、あの瞬間は衝撃的すぎて、たまに思い出してはなんだそれーwと自分で笑ってしまう

    53 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/03/06(月) 14:40:01 ID:mLg
    彼氏のあだなが「ポンポン」だった
    名前には「ほ」と読めるような漢字はなく、「タケシ」だとしたら「タケポン」になって、そこから「ポンポン」になったらしい
    彼氏はそのあだ名を友人たちにも使うよう言っていたが、私は普通に呼びたかったので普通にタケシと呼んでいた
    彼はたまに冗談のように「ポンポンだって言ってるだろw」みたいに言ってきたが私は笑ってごまかしていた
    しかしある日わりと真面目なトーンで「なんでポンポンて呼んでくれないの?」ときかれた
    私は彼氏のことはあだ名ではなくちゃんと名前で呼びたい、というようなことを話したと思う
    すると彼氏は小声で「お母さんもポンポンて呼んでくれるのに」と呟いた
    なんかもうよくわかんないけど一気に冷めてすぐ別れてしまった
    それだけで、あとはいい人だったんだけど受け入れられなかった……

    476 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/02/02(金) 12:57:21 ID:G7F5Xy+x0.net
    20代前半で結婚して2年経った頃に夫が事故で他界した
    保険金と慰謝料等、多額のお金が入ってきて、マンションもローンの支払いがなくなり働く意味も生きていく意味も見出だせなかった
    それでも働いて生きてきて、3回忌のときに義実家に結婚を勧められたり30歳近くなってきて、このままでいいのかなともぼんやり思ってきていたら彼氏と出会って付き合って1年後にはプロポーズされた
    付き合うと結婚は別で葛藤もしたけど、義両親は手放しで喜んでくれたし、両親も安心していた
    結婚後は今のマンションを売って別のところに住むつもりだったんだけど(ローンを組んで支払いをしていく)、
    「引っ越す必要なくない?ローン支払い終わってるでしょ?それかマンションを売ってそのお金で○○(元彼地元)に買えばいいか。」とか
    結婚式も私の(というか夫の)お金で挙げる気満々で元彼両親も「使った方が前の旦那さんも喜ぶからハワイで結婚式をしましょう!旅費は出してね!」と言われて醒めて別れた
    「婚約破棄するなら慰謝料払え!」と言われたけど、私の両親へは挨拶も来てなくて婚約指輪も貰ってなくて口約束と向こうへの挨拶だけだった
    夫が亡くなったときの弁護士事務所にお願いをして1円も支払わずに別れた

    今は懲りもせずと自分でも思うけど今は年上の人とお付き合いをしていて、夫のお墓参りにも一緒に行ってくれたり
    お金は夫との幸せに生きていけなかった時間の代償と保障だから自分の為に使うように言ってくれたりしている
    まだどうなるか分からないけど、その人は恋人や妻ではないけど大切な人を亡くしている人なので、ふと襲われるしんどい気持ちに寄り添ってくれたりする
    彼の負担にはならないように気をつけながら長く一緒にいれたらいいなと素直に思える相手と出会えた気がする

    408 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/12(火) 15:33:06 ID:wM.46.L1
    当時の彼氏が引っ越したての新居でタバコ吸い始めた時。

    私20歳、彼氏29歳の時、私が初めて一人暮らしをすることになった。
    当時彼氏は車を持ってて、私が学生であまりお金に余裕がないのを知ってたから
    「俺の車で荷物運べば引っ越し代かからないよ!」
    って言われて、ありがたく手伝ってもらった。
    元々荷物はそんなになかったけど2人で引っ越しは結構大変だった。
    夜ご飯は焼き肉でも奢るかなーと思いながら彼の好きなコーヒー買って戻ると
    リビングで喫煙してる彼がいた。
    彼が喫煙者なのは知ってたし、換気扇の下で吸う分には全然良かったんだけど、
    堂々とその日に届いた新品ソファーの上でタバコ吸う彼。
    私がビックリしてると、自分のやってることがおかしいって分かってたみたいで
    ニヤニヤしながら「おう、お疲れ」とか言われた。
    引越し手伝ってもらった手前、強気に出れなかったけど、なんとか
    「いやいや、換気扇の下で吸ってよ」
    と言うと、しぶしぶ移動してくれた。
    大げさだけど、なんかすっごい汚されたって思った。
    それが直接の原因じゃないけどそのあとすぐ別れた。
    周りにも何人か喫煙者いるけど、あれ以上に喫煙者にムカついた日はない。

    166 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/10/31(木) 05:03:52 ID:7ul
    先日付き合って4ヶ月の彼と別れた。
    元彼が多忙でなかなか会えず、3週間ぶりに私のアパートで夕ご飯を一緒に食べた日。
    彼の食べたい物を作りたくて聞いたら、彼は連日忙しくて食生活が適当で接待の呑みもあって体ボロボロ、だから胃に優しいものが良いとの事だった。
    だから玉子としらすの雑炊と肉料理もあった方がいいかなと牛のしぐれ煮を用意した。
    でも彼はテーブルの上の料理を見るなり溜め息。
    ネクタイを緩めながら立ったまま雑炊の土鍋の蓋をちょっと開けて戻して、椅子に座って肩肘をついて土鍋を私の方に押し退けた。
    しぐれ煮を箸でつまんでピラピラ振り、箸をつけた肉をまた小鉢に戻して「こういうのじゃ無いんだよなー」。
    「疲れてるわけだからさー。体力つけたいと思うでしょー?それで、これ?違くなーい?」???

    302 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/05/13(金) 21:55:53 ID:KPf+1HQdO
    もう完全に笑い話に出来るようになった昔の話。
    元彼がある日のデートに母親と元彼の幼なじみの女の子、そしてその両親を連れてきた。
    そのデート場所は自分が初めて元彼の両親に「彼女と付き合っている」と紹介してくれた、ある意味思い出深いステーキ屋だった
    そこで元彼母親から知らされたのは元彼が幼なじみの女の子を妊娠させたので別れて欲しい。そして金輪際元彼に連絡取るような真似をしないで欲しいという事だった
    ついさっきまで普通のデートだと思っていたので頭真っ白になったし、事態の把握が出来なかった。
    とにかくまだぺたんこのお腹を嬉しそうに触る幼なじみとその両親を見ていた。
    訳が解らずにボーっと話を聞いていたらどうやら幼なじみが同棲していた彼氏に浮気されて傷付いて実家に帰った時に元彼が親身に励ましてくれたそうだ。
    その話は少し聞いていたし、幼なじみと飲みに行って相談に乗っていたのも知っていた
    それがいつの間にか男女の関係になり、子供が出来たと言う事だった
    26歳になって、結婚も考えていた。何も言い返せなかった。涙も出なかった
    ただ、少し体勢を変える仕草をすると元彼母親や幼なじみ家族が幼なじみを守る仕草をするのがじわじわキツかった

    136 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/10/25(金) 13:34:02 ID:BQo
    体調悪いからってデートをキャンセルしたら、
    「お見舞い~」って言いながら家に来た。
    お見舞いの割には手ぶらで。

    「なんか作るよ」
    って勝手に冷蔵庫漁って余っていた食材で鍋を作成。
    「これが一番上手いよな!」
    って言いながら激辛キムチ鍋。
    胃腸にきてるって言ってるのに食べられる訳ないじゃん。
    「せっかく作ったのに!」
    って言いながら一人でばくばく食べて、
    うちにあったすぐ食べられるものは全て消費された。

    それじゃ困るから何か買ってきてよ!って言ったら、
    「俺今金ないもん」って。
    ムカつきつつ大きいのしかなかったので一万円渡したら、
    「やったね!」って言いながら出て行った。

    それっきり数時間待っても帰ってこず、
    流石にしんどくて近所に住んでいる友人にヘルプを出した。
    友人がレトルト粥やらポカリやらを買って駆けつけてくれて、
    お礼を言いつつ、
    友人が温めてくれたお粥を食べている所に帰ってきた彼。
    手にはお菓子がいくつか入ったビニール袋。
    「スっちゃった~!」ってニヤつきながら。
    友人が買ってきてくれたポカリに彼が手を出したところで、
    激怒した友人に叩き出されて、文句言いながら出て行った。

    後日、友人にお礼のご飯を奢っている時に、
    「あんた男見る目なさすぎ!」
    って説教されぐうの音も出なかった。
    それ以来B'◯の稲◯さんが嫌いになったわ。

    このページのトップヘ