960 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/23(土) 23:44:58 ID:4T.9r.L1
友達から久しぶりに連絡があって、「遊びにおいでよ!」と言う。
「いいねえ、場所は○○だっけ」と言うと
「引っ越したの。今は××。詳しいことは会った時に話す」
ということで、ケーキ持って新居にうかがった。
友達はテキパキシャキシャキした性.格の美人で、
ぐったりのんべんだらりの私と正反対。
数年前に結婚して、旦那さんの希望で専業主婦になって、
そういう性.格だから家の中もピッカピカで、料理も上手。

××にある新居は、中古だけどしっかりしたつくりのマンション。
○○に住んでいたころは一戸建てだけど借家だったから、
マイホームを買ったのね、お披露目ってわけねと思った。

友達が「待ってたよー!見て見て夢のマイホーム!」と部屋を案内してくれた。
寝室まで見せてくれたんだけど、
高級ホテルの部屋みたいに機能的で清潔な寝室に、ベッドが一つしかない。
「あれ、旦那さんとは寝室は別なの?」と訊いてみると、
友達はこともなげに、
「あー、別れた別れた。それでふんだくった慰謝料で買ったのがここ」
「はいっ!?」
続きます。