土地

    747 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/11/22(金) 14:52:19 0
    地元の人間が見たらばれると思うがフェイクが下手なのでそのまま書きます
    祖父母が線路沿いに大きな土地を持っていました
    当時、駅のある場所は祖父の土地より1km位離れていました
    駅周辺は、マンションや住宅も出来て賑やかになっていましたが
    駅前は道も細く、バスターミナルもできない状態でしたので
    祖父の土地に移転したいと申し込みがありました
    幹線道路と線路の間の土地を鉄道会社に一部売り一部賃貸に出しました
    新しい駅には、大きなショッピングモール、駐車場、駐輪場、バスターミナルができました
    便利になったので両親は家を建てて祖父母と住んでいました
    果樹園をやっていた土地だったので家を建てる時に、果樹を一部残して、多くの桜を植えてくれました
    基幹道路と駅前の間には祖父の土地があって、旧駅のあった道を通って迂回する形になりました
    基幹道路の沿いにはマンション、住宅ができましたが迂回すると20分掛かり
    祖父の土地を通ると5分で行けることでその住民たちが祖父の土地を無断で通るようになりました
    人が通るくらい、いいだろうと両親も思っていましたが、たばこの吸い殻、ごみの放棄がひどく
    迷惑していました
    マンションの自治会から桜の開花の時に借りたいと言ってきたので片づけをする条件で貸しましたが
    宴会を始めて、ゴミを放置したので文句を言うと細かいこと言うな言って父を殴ったので
    仕方なく門扉を付けて通行禁止にしました

    107 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/02/16(木) 19:43:40 ID:iOl
    第三者による両親の離婚が、人間不信とトラウマの原因になった修羅場
    長い上、文才の無いおっさんが書くから、読みにくかったらごめん

    神聖職に就いておきながら「今○○の土地が安いから」などと言い放った人に
    父がホイホイ乗せられて山奥の土地を買ってしまう
    そこで目が覚めてくれればどうにでもなったけど、家まで建てはじめていた

    当然私や母にも、父から「ついてきてくれないか」と聞かれたよ
    ただ、当時は大学受験で手いっぱいだった私は聞かれた時点で寝耳に水
    聞かれた時点で両親はおろか、母方祖父母からも経緯を聞いてもなかったし、聞かされていなかったから
    純粋に「一緒に引っ越したとしても通学面でキツすぎるから無理」と父に言った

    もともと気が強い母も「買い物するとき、自転車で行ける近場に店がある訳でもない」と言い放ち
    父もどんどん言葉に詰まっていく
    「第一、近隣にウチ以外の家なんてないじゃないか」「うつ通り越してノイローゼになるわ!」
    と言われ、父は母を説得することを諦めたようだった

    ただし「母と私をつれていく」ことは諦めても、父は引っ越しをやめる・土地や家を売ったりしなかった
    「今までコツコツ頑張ってきた私や母に人生を諦めろって言うのか」と私が言った言葉ですらも、父には届かなかった
    私の意図を察したのか、この言葉を聞いても1人で行くと言った父に勘忍の緒が切れた母は離婚した

    まだ未成年で、良くも悪くも子供だった私に(両者間での取り決めなど)詳細は語られなかったけれど
    「『コツコツ頑張ってきた自分と母に人生を諦めろっていうのか』というあんたの言葉で目が覚めた」
    と言ってきた母と抱き締めあって夜通し泣きまくった日を、私は一生忘れない

    今では大学もどうにか卒業できたし、就職先でいい雰囲気になった方と結婚もできた
    子供たちに「父ちゃんしっかりしろ!」に豪快に背中を叩かれつつ、妻子共々幸せに暮らしている

    「孫たちの子供を見るまで、くたばる訳にはいかないしね」
    とカラカラ笑っていた母が先日天寿を全うしたので、区切りもかねて投下

    このページのトップヘ