執拗

    299 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/08/30(日) 12:05:25 ID:9X.ta.L1
    高校生の頃、休みの日にショッピングセンターの文房具売り場で偶然A先生(20代後半くらいの女の先生)に会った。
    その時は会釈した程度で会話がなかったがA先生は学校で会った時に「この間、ショッピングセンターで会ったね~。」と話しかけてくれた。
    A先生と会話が終わった後、苦手だと思っていたB先生(年配の女の先生)がやってきて「え!?○○ちゃん、ショッピングセンターでA先生に会ったの!?」
    「彼氏と一緒だったんじゃないの~!?」と駆け寄ってきて根掘り葉掘り聞かれた。

    「いや、1人でしたよ。」などと言っても「A先生、1人で何してたのかな~?」
    「一緒に遊ぶ友達や彼氏はいないのかな~?」
    「○○ちゃんはどう思う!?」
    「服装どんな感じだった?ミニスカとかハイヒールとか履いててこれからデートという感じだった?(普通に仕事帰りっぽい雰囲気だった)」
    とニヤニヤされて嫌な気分になった。
    そのショッピングセンターは学校の近くにあって土曜日だったから普通に仕事の帰りにちょっと寄っただけなのではないかと思う。(土曜日にも赤点の補習や部活などがあるので土曜日でも先生は仕事がある)
    A先生は美人だったが彼氏がいるかどうか知らなかった。

    一方、職員室でもB先生がA先生に「○○ちゃんとショッピングセンターで会ったんですって~?」
    「○○ちゃん学校帰りに寄り道してたってことですか~?○○ちゃんは反省文書いたんですか~?」
    「彼氏と一緒でしたか~?」などと大声で聞いていたという目撃情報があるので相当生徒や先生のゴシップが好きなんだなと思う。
    (うちの学校は登下校時の寄り道や不純異性.交遊禁止。普通の男女交際はOK)

    500 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/02/24(水) 03:37:22 ID:vUU
    長文になりますが投下します。

    ちょっとした仕返しというか因果応報だなあと思ったこと。
    以下フェイクあり。

    私は趣味に関するブログで活動しているだけの一般人なんだけれど、
    実はそのジャンルに特化した情報サイトから声をかけられて、連載を持たせてもらっている。
    ちょっと特殊な道具を使うので、それの安全な取り扱い方の記事を掲載してもらった翌日、編集部からメールが来た。

    曰く、その趣味の講師的立場であるという人から、記事の内容について不正確な記述があるという指摘を貰ったとのこと。
    コピペで内容を送って貰ったら、確かに自分の言葉足らずな点も見当たるものの、
    ほとんどは使用できる材質の細かい記述だったり、
    長期的に見た化学的性.質の変化の可能性.だったり、
    言及していない事柄を斜め上にこじつけた場合の危険性.等々まあその指摘の細かいことww

    まさに重箱の隅をつつくという表現がぴったりではあったものの、
    情報サイトである以上は正確な表現を心がけないとね、と思い
    編集部には、修正した原稿を送って指摘をくれた人に感謝の意を伝えてほしいと伝えた。
    そして、自分のブログでもいきさつと補足を説明する記事をアップした。

    このページのトップヘ