147 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/04/24(水) 17:40:52 ID:9TiqqFq4
武勇伝した自覚はないんだが、結果的にそうなった?スレチかも

小学校高学年の頃、何故かいじめの標的になった。

ある日登校したら、下駄箱に雑草が詰め込まれていて、上履きがなくなっていた。
当時、顔以外高スペックという妙な自覚と自信に満ち溢れていた私は、悲しむどころか「おぉ!いじめだ!」と妙に感心した。
ちなみに、上履きは昇降口の掃除用具入れに入ってた。すぐ見つかった。

教室に入ろうとしたら、いつも開きっぱなしのドアが閉まってる。黒板消しが挟まってた。
落としたら片付け大変そうだったので、反対側から入った。
後ろから教室入ったら、仕掛け人っぽい女子グループがみんなドアを注視してたのが面白かったので、黙って入った。
机の上に、牛乳瓶にタンポポが生けられていた。綺麗だったけど、勉強の邪魔なのでロッカーの上に動かした。
黒板消しは先生が引っかかって、朝から学級会になった。
「私さんがやりました」と仕掛け人っぽい一人が言った。

先生「私、お前がやったのか!?」(ドス聞いた声で)
私「そうなんですか?」
先生「お、お前がやったのか?」(うろたえて)
私「違います」
先生「そ、そうか…」
この後みんな机に伏せて、手を上げさせられた。それで学級会は終わった。