居候

    678 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/06/04(土) 06:09:22 O.net
    結婚前から姉と私の二人暮らしのマンションに転がり込んできた元姉旦那
    生活費一切払わず姉と私が半分ずつ負担して暮らしてた
    その時点で大嫌いだったけど姉に泣きつかれて両親にも言えず日々ストレスがたまる
    一年ほど我慢したがついに堪えられなくなり親に全部話した
    親が姉と旦那をゴルァしに来たところ姉の妊娠発覚→出来婚へ
    元旦那、出産日にどうしても仕事が抜けられないと翌日我が子に会いにくる

    …後に姉が出産で実家帰りしてた期間に浮気していたと判明
    出産日も浮気相手とラブホに居たそうな
    会社の給料やボーナスもちょろまかしていたそうでめでたく離婚
    あんな生き物が義理の兄にならなくて本当に良かった

    399 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/10/15(土) 11:45:54 ID:cRp
    友人がスマホデビューしてネットするようになった。それまではネットを馬鹿にしている奴だった。
    まとめとか読み出したらしい。アラフィフ。
    電話をかけてきて(未だにライン等使えない)
    「嫁と仲が悪い理由がわかったかもしれない」と言う。
    友人は結婚して20年近く経つ。子供は今高校生。
    長男が生まれた時、親以上に友人姉がフィーバーして、毎日家に来ていた。連泊当たり前だった。
    当時姉は独身で家事手伝いだった。
    母乳が出ない嫁さんのため代わりにミルクを作り、育児ノイローゼっぽい嫁さんの代わりに
    抱いてやり歌を歌い、免許のない嫁さんの代わりにナントカ教室に赤子を連れていってやり…と大活躍だった。
    嫁さんは「お姉さんに帰って欲しい」「私の子供なのに」と文句を言ったが
    友人は「可愛がってもらってるのにその言いぐさは何だ」「姉が嫌いなだけだろう」と怒り
    嫁を叱った。
    姉に結婚願望が生まれて見合い見合いになるまで、姉は友人宅に半居候状態だった。
    嫁はその後友人を避けるようになり、子供は結局その1人だけ。
    嫁が冷たいので友人も嫁に冷たくなり夫婦仲は悪化。

    俺は当時、姉さんが友人の子を可愛がっているという話だけ聞かされていた。
    「嫁が姉を嫌う」「可愛がってもらってるのに、我儘だ」「姉に嫉妬している」と友人が愚痴り
    俺は「そりゃ嫁さんが悪いな」と相槌を打ったらしい(覚えていない)
    友人は帰宅し、嫁に「(俺)もおまえを非難していたぞ」と報告していたと言う。
    20年近く経って初めて知らされた真実に俺唖然。
    友人の嫁は俺の同級生でもあるので、おそらく嫁仲間では俺も悪者だっただろう。

    友人はアラフィフになって老後を考えるようになり「熟年離婚されたらどうしよう」と慄くようになった。
    そしてまとめを読み、このような事例は地雷であると知って「そういえば…」と思い当たったという。
    「お前が悪い」「嫁さんに謝れ」
    「勝手に人を巻き込むな」としか言えんかった。
    友人嫁とは和やかに付き合っていたつもりだったが
    笑顔の裏で恨まれていたかもしれんと知って冷や汗が出ている。

    731 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/04/09(土) 18:32:20 ID:???
    おばあちゃんから聞いた、実に75年前の衝撃体験。
    当時、『会議は踊る』というドイツ映画が人気だった。
    テレビのない時代だから、小さな町にもたいてい映画館があって、今のお金で500円くらいで見られた。
    『会議は踊る』は映画そのものより、劇中歌の「ただひとたびの」という歌が大流行した。
    (ジブリの『風立ちぬ』の挿入歌にもなっている。邦題は「ただ一度だけ」とかいろいろある。
    「ただひとたびの」は祖母の記憶)
    貧しいヒロインが皇帝からのお迎えの馬車に乗って、町を駆け抜けていくという華やかなシーンがあって、
    少女だった祖母や祖母の姉は、なんて素敵なんだろうと憧れていた。

    昔の家庭は、たいてい1人や2人、下宿人や居候がいた。
    今のようにアパートで独り暮らしというのが事実上不可能だったし(台所からして薪で竈だから)、
    下宿屋もあったが、基本は「困ったときはお互いさま」だったらしい。
    祖母の家には、祖母の父親の知り合い(以下、おじさん)が下宿していた。
    毎日どこかへ出かけていくほかに、何日も帰って来なかったりすることもあったが、
    祖母姉妹は子供だったから、何の仕事をしているか知らなかったし、気にしなかった。
    それよりおじさんは優しくて話が面白くていっぱい歌を知っていて、ずいぶん遊んでもらった。

    このページのトップヘ