平気

    353 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/11/15(月) 18:59:42 0
    義実家の改装の為、トメと一時的に同居しているんだけど(元々近距離)それまで
    良トメだと思ってたのに、一緒に暮らしてみると最悪トメだった。
    食事にいちいち文句つけるし、掃除は「奇麗過ぎて落ち着かない」とやはり文句、
    外出にも一々干渉してくる。
    何よりムカつくのは趣味の編み物をしてると
    「へぇ~今時編み物なんてね~買った方が安いし早いのに、ご苦労な事pgr」
    と、馬鹿にされること。
    本人は文句言ったり馬鹿にしてる自覚が無いらしく、夫がどんなに〆ても無駄。
    しかも影で
    「あんたに気を使ってああ言ってるけど、本当は母親の味方なのよ。それを解って
    いるから私は平気なの」
    と、自信満々。それもムカつく。
    でもあと半月で出て行く、と辛抱していたが、出来上がったばかりのお手製
    カーディガンが無くなった。
    夫と一緒に毛糸を選び、仕事の合間に2ヶ月かけて編んだ物。
    まさかと思って、いつも入り浸っているトメ友の家に押し掛けると、トメは
    カーディガンを羽織り、皆に「嫁が編んでくれた」と披露している所だった。
    「あなた、本当に良いお嫁さんねぇ、トメ子さんが羨ましいわぁ」という
    トメ友の話をスルーして、顔の強ばったトメからカーディガンをはぎ取り、
    「編み物なんで、ダサイだの無駄だの散々馬鹿にしておいて、勝手に自分の
    物にしないで下さい!これは夫に編んだ物だって知ってるくせに」
    と泣きながら叫んでトメ友宅を後にした。
    カーディガンは加齢臭で汚れた気がして、そのまま捨てた。
    夫はすぐにトメを近所のトメ弟の家に追いやり、「最初からこうすればよかった。
    俺の前ではしおらしくしてるから、本性を見抜けずに、本当に済まなかった」と
    平謝り。本当、何度も文句言ったのに、夫もムカつく。
    先週から、やっと平穏な日が戻って来ました。

    14 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/05/22(水) 08:08:54 ID:dVx.bp.vv
    成人してからずっと、自分はアルコールに弱い体質だと思っていた。
    初めて飲んだビールは、コップ一杯も進まないうちに具合悪くなってリバース。
    日本酒も、数回コップに口をつけて飲んだだけで悪酔いしたみたいになりダウン。
    女性に人気な甘口ワインや、乾杯のシャンパンも、一口飲んだ瞬間、激しい吐き気に襲われてその後はずーっとお腹の調子が悪い。
    どれだけ銘柄を変えても同じ症状なため、自分は弱いんだと思い込み、以降酒の席はソフトドリンクでしのいできた。

    そんなある日、友達ととあるケーキ屋にいった。
    そこで頼んだケーキに、かなり強いブランデーが使われていたのだが、うっかり気付かず(花粉症の時期で匂いが分からなかった)完食。
    ところが体調は悪くならない。
    ケーキに使われてる程度じゃ大丈夫なんだなと油断して、次回、別のアルコール入りケーキを頼んだところ、半分も食べないうちに具合が悪くなってしまった。
    食べたのはスポンジ生地にシードルが染み込んだケーキ。
    ここらで自分の体に疑問を感じ始め、色々調べてみて分かったこと。
    私はどうやら、醸造酒にトコトン弱く、蒸留酒はいたって平気な体質だったらしい。
    ビールも日本酒もワインもシードルも醸造酒だった。
    これらを飲むとてきめんに吐き気をもよおす。
    一方、ブランデーや焼酎やウォッカなどは、飲んでもまったく問題ない。
    度数に関係なく、ただ醸造酒か蒸留酒かが私の体調の分かれ目だった。
    これに気づいたおかげで、飲み会でもお酒を飲めるようになったし、むしろアルコール自体には割りと強い方だと判明して、我ながら衝撃だった。

    14 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/05/22(水) 08:08:54 ID:dVx.bp.vv
    成人してからずっと、自分はアルコールに弱い体質だと思っていた。
    初めて飲んだビールは、コップ一杯も進まないうちに具合悪くなってリバース。
    日本酒も、数回コップに口をつけて飲んだだけで悪酔いしたみたいになりダウン。
    女性.に人気な甘口ワインや、乾杯のシャンパンも、一口飲んだ瞬間、激しい吐き気に襲われてその後はずーっとお腹の調子が悪い。
    どれだけ銘柄を変えても同じ症状なため、自分は弱いんだと思い込み、以降酒の席はソフトドリンクでしのいできた。

    そんなある日、友達ととあるケーキ屋にいった。
    そこで頼んだケーキに、かなり強いブランデーが使われていたのだが、うっかり気付かず(花粉症の時期で匂いが分からなかった)完食。
    ところが体調は悪くならない。
    ケーキに使われてる程度じゃ大丈夫なんだなと油断して、次回、別のアルコール入りケーキを頼んだところ、半分も食べないうちに具合が悪くなってしまった。
    食べたのはスポンジ生地にシードルが染み込んだケーキ。
    ここらで自分の体に疑問を感じ始め、色々調べてみて分かったこと。
    私はどうやら、醸造酒にトコトン弱く、蒸留酒はいたって平気な体質だったらしい。
    ビールも日本酒もワインもシードルも醸造酒だった。
    これらを飲むとてきめんに吐き気をもよおす。
    一方、ブランデーや焼酎やウォッカなどは、飲んでもまったく問題ない。
    度数に関係なく、ただ醸造酒か蒸留酒かが私の体調の分かれ目だった。
    これに気づいたおかげで、飲み会でもお酒を飲めるようになったし、むしろアルコール自体には割りと強い方だと判明して、我ながら衝撃だった。

    このページのトップヘ