恐怖

    84 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/09/17(月) 18:32:02 ID:Rap7t50U
    >>82
    魔美さんっぽいw

    私の衝撃体験は旦那が痴/漢の言いがかりをつけられたこと。
    一緒に電車に乗ってたら女の子にいきなり「痴/漢!」と言われてビビった。
    「私は妻ですが彼は私の方を向いて話してたし手も塞がってますよ」って言ったら
    隣にいた中学生の子も違うって言ってくれて、車内は一瞬の修羅場にシーン。
    女の子は舌打ちして「紛らわしいんだよ」って言い捨てて違う車両に移って行ってめちゃくちゃこわかった。
    旦那は突然のことに真っ青な顔で私に「触ってないよ誤解だよ」って言ってたけど
    確かに旦那は太っちょでおたくっぽいけどそれで勘違いしたならひどい。
    帰ってきて旦那が失禁してることに気付いて、思わず抱き締めて頭を撫でたよ。
    私たちには衝撃とともに恐怖体験だった。

    828 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/01/14(日) 13:01:09 ID:Nx3SakP80.net
    心霊とかじゃないんだけど、子供の頃、怖かった話。

    夕飯を食べてくつろいでいた日。
    玄関でチャイムの音がしたから、10歳くらいだった自分は率先して出た。
    両親共働きで祖父母と小さな弟しかいなかったから。

    すでに鍵を掛けてしまっていたが、玄関ドアと磨りガラスごしに女性.だとわかった。
    近所の人かと思い、何も考えずに開けてしまった。
    入ってきたのは初老の女性.で見たことも無い人だった。
    老女は「この本を買ってくれ、1000円」と言い、目の前に古びた本を突き出した。
    祖父がどうしたーと言いながら玄関まで来ると、入ってきた老女は同じことを繰り返した。
    こんな古びた本に1000円?と10歳ながら不信感を顔に出していたと思う。

    祖父は「わかった、1000円な」と言い、老女に1000円札を渡した。
    にんまりと笑った老女の顔が気持ち悪いこと気持ち悪いこと。
    すると老女は「良かったなー、これで赤猫は出ないよ」と言い、帰っていった。

    古びた本はただの推理ものの本。
    なんでこんな本に1000円も出すの?と祖父に言うと「出さないと大変なことになる」と言った。
    よくよく聞いてみると赤猫とは放火魔を指す隠語でずっと昔からあるらしい。
    つまり自宅が放火犯に狙われていたと言うこと。

    翌日、学校に行くと同じ人が区内に出没していたことがわかった。
    同級生や年上年下の学年に渡り、わかっただけで二十数件。
    赤猫は同じ場所を避けるらしく、同じ地域に出没しないと言う。
    確かにこの老女以降、数十年経つけど現れていない。
    被害届も出されない。恨まれたら、今度こそ放火される可能性.が高いから。それも地区ごとに
    狙われるらしく、連帯責任として、どこの家が放火されるかわからないらしい。
    だから警察沙汰には決してならなかった。

    数十年前に亡くなった祖父は「1000円で安全を買えるなら安いものだ」と語った。

    17 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/01/01(火) 21:25:14 ID:Jwd
    暮れの大掃除してて、裏庭の手が付けられないぐらい繁殖したミントを
    思い切って一気に除草することしたのね。
    ブチブチ抜いたあと、掘り返して根っこをできる限り抜いて、その後除草剤撒いて・・・の予定で。
    多分それでもまた出てくるんだろうと思うけど、あまりに酷いことになってたから。
    で、掘り返してたら骨がゴロゴロ出てきた。
    人骨じゃないのは大きさで分かったけど、頭骨もしっかり出てきた。しかも3体分。
    友人に生物の先生やってる人がいるので、写メ送ったら「たぶん猫」ってレスポンスが。
    うち、5年ほど前に中古で買った戸建なんだ。
    前の持ち主が飼ってた猫がタヒぬ度に裏庭に埋めてたのかな。
    出てきた時は無茶苦茶ビックリしたし怖かったし、正直ちょっとちびったけど
    昔から言われてる“動物のタヒ体を庭に埋めると不幸になる”みたいな迷信は信じてないし
    タヒんだ猫ちゃんには何の罪もないので、ブランケットに包んで埋めなおした。
    場所が分かるように墓石代わりの石も置いた。
    家を買った時から裏庭はミントが繁殖してたけど、もしかしたらこれを隠したかったのかな。
    猫のことは何とも思わないけど、飼い主にはちょっとムカついた。
    でもよくよく考えたら、埋めなおしたりせずにどこかで供養してもらった方が良かったのかも。

    927 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2007/10/25(木) 05:28:17 O
    あんまり深刻じゃないけど、家庭内修羅場を。
    私が高校一年の冬、母がホットプレートで夕飯のお好み焼きを焼いていた。
    母は普段は料理が上手い人なのだか、何故かその日は
    焼きの段階から少し変な匂いがしていた。
    お好み焼きが焼きあがり、父・母・私で食卓を囲んだ。
    匂いの通り、何だか妙な味…例えるならば、
    牛乳を拭いた雑巾汁を飲んだらこんな感じか?というような。
    私と父は三口ぐらいで食べるのを止めた。
    私「何か、匂いも味もおかしいんだけど」
    父「うん…何入れた?」
    すると母が突然逆上、いきなり立ち上がって父と私の茶碗(白飯入り)を
    父に向かって投げつけるわ、金ヘラを窓から放り投げるわ大修羅場。
    母は星一徹状態でホットプレート上のお好み焼きすらもひっくり返し、
    当時新築したばかりの家の壁からカーテンまでソース塗れ。
    「そんなにマズいんやったら食べんでええ!」(母:京都出身)
    よく分からないままに5千円を渡され(これで外食しろ
    という意味だったらしい)LDK外に出される父と私。
    父は中に入ろうとしたが、母が皿を投げつけてきたので、
    被害拡大を防ぐため、放置する事に→それぞれ2階の自室へ。

    541 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/05/21(月) 23:37:23 0.net
    私は535の逆パターンって言っていいのかわからないけど恐怖を覚えるくらい義弟嫁に好かれてる
    エピ語ると長くなるんで省くけどさ
    外出の誘いを何回かに1回断るようになってから、度々偶然を装って出先で会うようになり
    これス㋣ーカーじゃね?と怖いんだが

    163 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/05/22(水) 15:27:25 ID:0Xz+pCc9!
    会社のことなので守秘義務があるからフィエクありなので矛盾があっても勘弁してください。
    勘助と言っても押せ押せばっかりじゃないと言う話し。

    私は江川紹子に似てる三十路一歩手前で総務課勤務。
    ある日、男性.社員A(大人しめだけど普通っぽい人。転職で1年ぐらい前に入社。30歳前後でルックスは中の中)が総務課に来て
    A「今度結婚することになりました」
    私「おめでとうございます。社会保障や家族手当の手続きをしますので入籍されたらアレとコレを持ってきてください。奥様は御仕事されてますか?」
    A「○○課のBさん(新入社員だけどギャルっぽくなくて人気がある。ルックスは中の上ぐらい)です」
    私「分かりました。入籍して書類がそろったら持ってきてください。いつ頃ですか?」
    A「まだ、はっきり決まっていません」
    私「会社から御祝いをしたり電報を打つので日取りが決まったら教えてください」

    てな会話があった数日後。

    671 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/01/09(月) 10:06:56 0
    流れを切りますがごめんなさい。
    別に私自身に何か被害があったわけではないけど、
    個人的には人生最大の修羅場

    ある日の昼の3時頃、A氏という男性.が我が家を尋ねて来ました。
    A氏は主人の友人(B氏)の上司を名乗り、B氏が失踪したので
    同郷の友人である主人に何か知らないか訪ねてきた来たとのでした。

    すぐ主人に電話して聞いてみたところ
    失踪の話自体初耳だし、居場所も知らないとのことだったので
    その旨をA氏に伝えたら、
    何か分かったらすぐに連絡をしてほしいと連絡先を置いていきました。

    別にどこがおかしいというわけでもないから上手く説明できないけど、
    でも私は、このA氏に物凄く嫌な感じを覚えました。

    その日の夜、主人がB氏宅に電話してAさんが訪ねて来たことを告げたところ
    B氏の奥様は大変驚いていました。

    A氏はB氏宅を訪ね、B氏奥様から入手した年賀状の住所録で
    我が家の住所を知ったようですが
    B奥様が住所録をA氏に渡したのは、
    A氏が我が家を訪ねて来た日の昼前頃で、
    その日の3時頃には、そこから100キロ以上離れた
    我が家を訪れていることになります。

    「まさか、住所録を貰ったその日にそちらに行くと思ってませんでした」
    とB氏奥様は言っていたそうです。

    177 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/06/29(水) 20:46:33 ID:TPYmSvET0.net
    キーンって耳鳴りするときない?
    オカ板でで耳鳴りはなんかの前兆みたいなことを読んだことがあるから
    そういう時は一応気を付けて周りを見るような痛い癖をつけてた
    仕事で夜に雑居ビルの行く機会が多くてその日も20時頃に用事のある
    テナントの入ったビルに入ってエレベーターで3階に上がった
    廊下はT時になっていて棒の下辺りにエレベーターがあって、エレベーターを
    降りたら10m位進んだところで左右に別れてる感じ。それでエレベーターから
    降りた所で丁度耳鳴りがした。さっきの癖があるから痛い雰囲気出しながら
    周りを伺っていたんだけど、別れてる廊下の右手から包丁がゆっくり出てきた
    とりあえずパニクってすぐ横のテナントに逃げ込んでドアを押さえながら事情を
    説明したら俺のことを気味悪がりながらも警察を呼んでくれた
    警察が来た頃にはもうそいつはいなかったんだけど、監視カメラには包丁持った男が
    映っていたらしく結構な騒ぎになった。男は包丁を持ってビルに入って
    廊下をちょろちょろした後またエレベーターで下に降りて何もせず出ていったらしい。
    その後も周辺で目立った事件はなかったからなんでそんなことをしていたのかは俺は
    知らないけど偶然にしろなんにせよ耳鳴りの後に痛い行動とってなかったら
    廊下の先で男とはちあっていたかと思うとゾッとするわ。

    315 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/06/23(木) 19:27:55 ID:zv80p0UH0
    週末にあった話。

    私と彼は職場で知り合い(部署は別)、1年半つきあって
    彼氏が「親に紹介したい」というので喜んで彼実家に行った。

    彼はすごく快活で明るくて、職場の人気者タイプ。
    私は同期の子とのみ仲がいい、普通~地味タイプ。
    彼実家に行く前、
    「おしゃべりな母親と、実家住まいの無口な兄(長男)がいる」ということは聞いていて
    「うちのおかん、おしゃべりだから、引いたらごめんなー」と言われていた。

    当日、彼はすでに前日に実家入りしてたので
    私は自分の車でナビ通りに彼の家へ向かった。

    693 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/12/31(木) 11:30:58 ID:367
    年の瀬だというのに人生初の託児要請された。
    相手は近所に住む一家の旦那さん。まったく親しくない。子供は2、3才。
    2週間くらい前にそこんちの奥さんが入院して、最初はお隣の奥さんが同情して子供を預かっていたんだけど
    旦那さんが当たり前のように自分の夕飯まで食べていったりと、厚かましすぎるので数日で手を引いたみたい。
    奥さんが何の病気で入院してるのかは不明(お隣さんは知ってるかもしれない)。
    そこんちの旦那さんは奥さんのご両親が建てた二世帯住宅に結婚してすぐ住み始めたんだけど、
    すぐに奥さんのご両親が出て行ってしまって今は夫婦と子供だけ。
    もともとは奥さんのご両親が町内に20年以上住んでいたのに
    ご両親の方が追いだされて、隣町にアパート住まいになってしまった。
    旦那さんは早くに親をなくして天涯孤独だとかで、お隣の奥さんに子供の世話を断られてからは近所中を子連れで行脚して
    「頼れる人がいないんです。お願いします、お願いします」って頭下げて一軒一軒回っている。
    預ける前はとにかく低姿勢なんだけど、気の毒に思っていったん預かってしまうと
    「じゃあ泊まりで頼みます」「僕も夕飯食べていくんで」
    とコロっと図々しくなる。

    このページのトップヘ