ロミオ伝説|にちゃんまとめ

2ちゃんねる-家庭板「ロミオメール」スレのまとめブログです。 また、世の中で起きた復縁にまつわる様々なエピソードも紹介しています。

    拒否

    894 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/01/22(木) 23:33:44 ID:hI0NXoTB.net
    書き溜めてないから、少しずつ投下。

    人物
    私=30代のメス。既婚。修羅場当時は独身。
    Aさん=勤めていた会社の兄弟会社の所長。当時恐らく50後半~60前半

    もう10年以上昔の事です。
    勤めていた会社で慰安旅行があったんです。
    その慰安旅行自体はどこにでもよくあるようなもので、観光地をいくつか回ったあと、
    旅館に入り、社員みんなで大宴会。
    兄弟会社の人たちもみんな参加してて、それは大層盛り上がってた。

    800 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/09/19(土) 10:43:05 ID:2Ul5QaZx0.net
    お盆は避けたから、今回の連休に帰省することになった。
    最初、夫とは「ドライブスルー帰省」にしよう…と決めていたのに、義母と義祖母が「会食しよう」と声をかけてきた。食事の席が感染源になりやすいのに。
    自分が無自覚のコロナ陽忄生者である可能忄生もあるし、万が一を考えたら断るしかなかった。
    断った件を夫に伝えたら、激怒からの涙目。
    いや…そもそもドライブスルー帰省でしょ?
    一言相談しなかったのはごめんだけど、飲み会に行くって言ってたから…って、飲み会もどーなのよ。
    「おばあちゃんに申し訳ない」って、知ってたけど相当おばあちゃん子なのね。
    お墓参りには参加するから、会わないわけではないのに。

    251 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/08/10(水) 15:42:45 ID:PLe
    さっき解決?した話

    10月に友人の結婚式があるんだけど、
    昨夜、友人の婚約者から「貴方は式に来ないでほしい」と連絡がきた

    なんで?って聞いたら
    「貴方のような、非合法な手段を使っても異忄生にモテたい、と考えるような人とは関わり合いたくない」
    「彼とも友人関係を切ってほしい、あなたは彼の友人にふさわしくない」
    と、謎に満ちた返答をされた

    「意味が分からん」と言っても、「式には来るな」「彼と交友関係を切れ」としか返ってこないため
    とりあえず返事保留で電話を切り、友人に「どういうことだ?」との旨をメールして寝た

    で、友人からさっき長~い返事が来た
    どうも友人は婚約者と学生時代の友人の話をしていた時に、俺の事を話したらしい
    変なアレンジを加えて・・・

    内容を要約すると
    ・学生時代、短期間で激痩せした(7か月で50キロ減量)奴がいる
    ・でもあいつにそんな気概があるとは思えない、ヤバい薬か何かでもやってたんだろう
    ・あいつは常々「女にモテるためなら手段は問わない」ってぼやいてた
    みたいな感じで話したそうだ
    で、それを婚約者が真に受けて連絡してきたそうだ

    短期間で痩せたのは本当だけど、薬は使ってねえよ
    無い気概を振り绞って頑張ったんだよ
    それをぼやいてたのは、むしろお前の方だろボケ

    思いで話にそんなアホなアレンジ加える友人も
    そんなアホな話を信じて電話してきちゃう婚約者もスレタイだわ

    818 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/05/16(土) 20:40:10
    義実家のペットがタヒんで、火葬するから今日来いって義父から招集命令があった
    義妹の家族は、マスクしないで日々出歩く情弱一家だし、
    あの狭すぎる部屋に数時間でもいたら絶対にコロナみたいな病気を罹患する

    ペットを可愛がっていた一人だけど、私が行かない意思を示したことで旦那と杀殳伐とした空気
    いや普通に自分だけで行けばいいと思う
    私の家族(祖父母)の時は、旦那も義父らもお見舞いだってせず手伝いもやらずに知らん顔だし
    そもそも義実家は私の家族じゃないしw
    こういう時だけ都合のよく要員にしないで欲しいわー

    540 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/08/04(火) 09:12:43
    義母と敷地内別居中
    東京に住むコトメが子連れで規制すると聞いたので夫が断った
    トメは泣くし、コトメは「もう飛行機のチケット取っちゃったよ」というし
    呆れてものも言えない
    我が家は今年受験生が2人いて感染予防には気を使ってる
    コトメが来たら子供をトメに預けて一日中出かける
    トメは体力が持たないから私や子供たちに丸投げするのが常だから断固断った
    チケット代返せって呪いの留守電が毎日入ってるわw

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/12/25(日) 17:17:55 ID:irtrWCzWrXMAS.net
    夫がうちの両親を批判して会いたくないって言ってる
    両親が夫にはやく子供作ってくれとか、給料の事とかをたまに聞いてくるらしい
    それが何回も続いたからもう嫌だと
    でも私の両親にそんな風に思ってたのがショックで、夫と口聞いてない
    私も前に夫からそのことは聞いてて、たまに両親に、そういうこと聞かないでって言ったんだけど、私のいないとこで聞いてたみたい

    でもそれを私に言うってどうなの?

    75 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/01/09(火) 02:18:47 ID:ITg
    私と妻は共に20代後半で、共働きです。
    結婚した当初は、「あえて子供はつくらない」と二人で決めていました。
    私は子供が嫌いというほどではないですがどうしても欲しいとも思っていなかったので、妻に子供はいらないと言われても、特に引っかかることはなく結婚しました。

    しかし結婚してから今までの2年半の間、私の高校時代の友人たちに子供ができはじめ、写真を見せてもらったり話を聞いたりするうち、やはり自分にも子供がいた方が良いのでは?と思うようになりました。
    妻の気持ちもあのころとは変わっているかもと考え(妻の友人や同僚にも子供が生まれた人がいたので)やんわりと彼女にそのことについて話してみました。けれど、冷静に「嫌」と返されてしまいました。

    まあ、そもそもそのように決めていたのだし、今更仕方ない。と諦めようとしましたが、なんとなくまだ気持ちに踏ん切りがつかない感じが続きました。
    そして、もう一度だけ言ってみようと、こんどは前よりも幾分かはっきりとできれば子供が欲しいと伝えました。
    すると、普段は何があっても絶対に取り乱さない妻が大泣きし始め、しまいには「子供とか、生理的に無理。あなたの子でもありえない。よその子を見るのも嫌」と言って部屋にこもってしまいました。
    私は、やっぱり言わなければよかったと思いましたが、後の祭りでした。

    その日から、洗濯や食事の用意など家事は完璧にやってくれますし会話が一切ないわけでもありません。が、子供のこと考えてるとか気持ち悪い。もう触らないで。」と言われ
    以前は同じベッドだったのに、妻はわざわざリビングのソファーで寝てます。

    長くなるのでこの辺は省きますが、私の両親は他界しており、妻は実家の反対を押し切って遠くの大学に進学したので実質親とは絶縁状態。
    子供が生まれても頼るところはありません。しかしもし妻が仕事を辞めても、私の収入だけで子供も妻も十分養えます。
    なので、妻が子供を欲しくない訳は、私の収入うんぬんではないと思います。

    子供が嫌いとは知ってましたがここまでとは。

    もともと妻は一生結婚するつもりはなかったらしく、出会った時も「学問第一」という感じで最初は私も相手にされませんでした。
    1年半くらい粘ってやっと交際してくれて結婚にいたったのですが、今でも仕事に絶対的なウェイトを置いており、家庭と仕事の重要度は同じくらいか、下手すれば仕事の方が大事だと思っているようです。
    それはもう妻の考えなので仕方ないですし、むしろ私は妻が何かをひたむきに頑張ってるところに惚れたんですが、今はよそよそしくされてとても辛いです。
    あれから妻に謝ったのですが、「うん」と返されただけで、相変わらずソファーで寝てます。怒ってるとかいらついてるとかいう雰囲気ではないですが・・とにかく空気が重いです。

    もう子供とか、そんなことはどうでもいいんです。今思えば周りが子供生まれて楽しそうにしているのを見て、ついたいして考えもせず勝手なことを言って、馬廘でした。
    でも妻とは仲直り・・というか、警戒するのを辞めて欲しいです。
    妻は結構収入がありますし、一人で生きていけると思います。
    そのうち出て行かれたらどうしよう・・と気が気ではありません。周りに相談できる人もおらず・・どうしたらよいか教えてください、お願いします。

    688 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/07/06(月) 14:35:32
    コロナのおかげ(?)でようやくすっかり終わった話を書きます

    うちの娘は幼稚園からずっとバレエをやってた
    バレエ団の下部組織のスタジオなので発表会が本格的で有名な教室
    うちの子の発表会を見て義兄家の姪っ子も小学生から入ってきた

    バレエの発表会はもれなくチケットのノルマがある
    チケット代が会場レンタルや照明さんの費用になるから仕方ない
    チケットの他に各自の衣装代等もかかるのでかなりの金額がかかる
    役が大きくなるほどノルマも増えるので、うちの子の最大は3千円のチケットが50枚だった
    うちの場合は実家の母が大半引き受けてくれてお友達に配ったり、私の祖母のいる老人ホームの人をまとめて招待(ホームがバス出してくれた)したりで裁いてた

    うちの子は受験があるので退団
    入れ違いの春の発表会で義兄家の姪が役がついたからチケット買ってくれと義兄嫁から電話
    買って欲しいチケットは50枚、「今まで買ってたんだから大丈夫でしょ」って図々しいにも程があるので断った
    娘の友達から買ったチケットもあるから義兄嫁のノルマを引き受ける気はない
    姪の役が無くなるの団に迷惑だのさわいでたがガン無視

    最後の方は「アクセサリー売らなきゃ・・・」とか同情引き発言してたけど、コロナで発表会が流れてナシになったので一応の落着を見た

    494 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/07/10(金) 10:59:05 ID:jR.3v.L1
    糟糠の妻なんて今日日流行らんよなーと思った出来事がある

    私が大学生の頃お付き合いしていた男忄生がいるんだけど、彼は弁護士を目指して猛勉強していた
    実際、飛び級して法律関係の大学院に行ってしまったくらいには頭がいい人だった
    院に進んでからも勉強漬けの毎日を送っていた元彼に、ある時「同棲しよう」と話を持ちかけられたんだ
    元彼の言い分としては自分のせいで私と会う時間が確保できない
    同棲すれば一緒にいられるし、私が家のことをやってくれたらすごく助かるとかそんな風に熱心に説得された
    気持ちが揺れなかったと言えば嘘になる
    だけど、飛び級っていっても院を出れなければ大学の卒業資格すら得られない危うい立場らしい
    何より私が就活をはじめるタイミングで家事丸投げ前提の同棲ってのが引っかかった
    私のメリットって「いつでも元彼に会える」点しかなくないか?
    親とか兄弟、友達に相談してじっくり考えた結果、私は元彼の提案を断った
    その結果、距離ができてしまって別れてしまったけど後悔はしてない
    周りからは「もったいない」と言われたけど、縁がなかったんだろうで押し通した

    で、先日大学生時代の友達から連絡が来て元彼が結婚したことを知った
    別に友達は「無事弁護士になった元彼くん、結婚したんだってよ~」だなんて当てつけで連絡してきたわけじゃない
    むしろ「別れて正解」と呆れてた
    なんでかって言うと、元彼は私と関係が終わった後に後輩を捕まえて同棲に持ち込んだらしい
    後輩は「もったいない」と私を非難した人の1人で、嬉々として元彼の身の回りの世話を焼いたそうだ
    元彼はストレートに司法試験に合格して、大学院の経歴も生かして今や弁護士の卵
    彼女は玉の輿だとさぞかし嬉しかっただろうね
    でも、友達によれば元彼と結婚したのは後輩の子ではなく、仕事つながりで知り合った別の女忄生
    「結婚しました~」って送られてきたハガキを見て驚愕したんだとか
    それを知って、安易に同棲しなくてよかったと安心したわ
    あそこで頷いて一緒に暮らしていたら、元彼の世話に追われる生活をしながら疲弊していただろうし、元彼が身を立てる頃には別の女忄生に目移りしていたことだろう
    結婚前提ならともかく、なんの約束もなしに「自分を支えてくれ~」だなんて都合がよすぎる
    それで冒頭の一文に至ったわけだ
    見返りもなしに貴重な時間を割くなんて馬廘馬廘しいと思った話だった…

    382 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/11/07(火) 17:01:50 0.net
    友人向けの結婚披露パーティーを都内で控えてる。
    俺九州、嫁北海道から東京に進学して出会って、4月から嫁と俺の地元に住む。
    そのパーティーに嫁母が来たいと言い出した。
    見てるだけでいいから娘の晴れ姿が見たいんだと。
    嫁も4月から本当に離れ離れになるから、来たいなら来てほしいって言ったけど、俺の両親は今更休みとれないから来れないし、フェアじゃないから拒否。
    嫁に泣かれて鬱陶しいわ。
    「あなたはずっと両親の近くだけど、私は親も友人もいないところに行くんだよ」とか、わかりきったこと言われてげんなりする。
    嫁母参加は諦めたみたいだけど、今後が心配だわー

    このページのトップヘ