本性

    315 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/06/23(木) 19:27:55 ID:zv80p0UH0
    週末にあった話。

    私と彼は職場で知り合い(部署は別)、1年半つきあって
    彼氏が「親に紹介したい」というので喜んで彼実家に行った。

    彼はすごく快活で明るくて、職場の人気者タイプ。
    私は同期の子とのみ仲がいい、普通~地味タイプ。
    彼実家に行く前、
    「おしゃべりな母親と、実家住まいの無口な兄(長男)がいる」ということは聞いていて
    「うちのおかん、おしゃべりだから、引いたらごめんなー」と言われていた。

    当日、彼はすでに前日に実家入りしてたので
    私は自分の車でナビ通りに彼の家へ向かった。

    835 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/06/09(日) 05:05:53 ID:S3i.ob.6i
    8年くらい前に付き合っていた元彼の話

    学生時代から付き合い始めて、そろそろ結婚を考えようかなという頃
    結婚後の生活についてあれこれと夢みたいなものも交えつつ語り合ったりしていた
    元彼の希望は共働き必須、生活費は完全折半
    私と元彼の年収はそんなに変わらなかったし、
    私も仕事好きで辞めるつもりはないからそこは問題なかった

    でもたとえ病気やケガで働けなくなっても独身時代の貯金等をつかって生活費は必ず折半とか
    お互いの親から援助や相続(縁起でもないけど)があったらそれもきっちり折半しようとか
    まあわからなくもないんだけど、でもちょっと「ん?」と思うことが増えていった
    (ちなみにうちはごく平均的な家庭で古いけど戸建ての持家、元彼の家は賃貸の公営団地)
    そんななかで、ある日の会話
    元彼の先輩の奥さんがひどいつわり(?)で入院したという話から、

    元彼:Aさん(先輩)も正直ハズレつかんじゃったねーって感じだよねw
    私:え?どういう意味
    元彼:だって結局A奥さん仕事辞めなきゃならなくなったしさ、
       これからしばらくはAさんがひとりで働かなきゃいけないじゃん。それって損でしょ?
       私ちゃんみたいに健康な子と結婚すれば良かったのにね
    私:いや…健康でもつわりがひどくなることだってあるでしょ。私もどうかわかんないよ
    元彼:え!!もしかして私ちゃん、つわりひどいタイプ?
    私:え、だからわかんないよ。妊娠したことないし
    元彼:なにそれ、ちゃんと調べてよ。病院行けばすぐわかるでしょ
    私:えっ、そんなの調べられないでしょ??

    562 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/10/01(土) 13:12:18 ID:og4WFXNp0
    ボランティア繋がりで。
    災害関係で不謹慎かもしれないけど投下させてください。
    だいぶフェイク入れます。
    とある地域で災害が起きて、彼氏未満の人と一緒にボランティアに行って来た。
    そのためのツアーみたいなバスがあって、それに乗りこんだ。
    リーダーさんがすごくしっかりしてて、初めてだったけど頑張った。
    なのに彼はため息をついたり、うぜっとか言ったりなんか嫌な態度だった。
    慣れないことばかりで疲れてるのかなとも思って「がんばろ~」と声かけたら
    「そうだな二人っきりになったらがんばろうぜ」とか言い出した。

    353 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/11/15(月) 18:59:42 0
    義実家の改装の為、トメと一時的に同居しているんだけど(元々近距離)それまで
    良トメだと思ってたのに、一緒に暮らしてみると最悪トメだった。
    食事にいちいち文句つけるし、掃除は「奇麗過ぎて落ち着かない」とやはり文句、
    外出にも一々干渉してくる。
    何よりムカつくのは趣味の編み物をしてると
    「へぇ~今時編み物なんてね~買った方が安いし早いのに、ご苦労な事pgr」
    と、馬鹿にされること。
    本人は文句言ったり馬鹿にしてる自覚が無いらしく、夫がどんなに〆ても無駄。
    しかも影で
    「あんたに気を使ってああ言ってるけど、本当は母親の味方なのよ。それを解って
    いるから私は平気なの」
    と、自信満々。それもムカつく。
    でもあと半月で出て行く、と辛抱していたが、出来上がったばかりのお手製
    カーディガンが無くなった。
    夫と一緒に毛糸を選び、仕事の合間に2ヶ月かけて編んだ物。
    まさかと思って、いつも入り浸っているトメ友の家に押し掛けると、トメは
    カーディガンを羽織り、皆に「嫁が編んでくれた」と披露している所だった。
    「あなた、本当に良いお嫁さんねぇ、トメ子さんが羨ましいわぁ」という
    トメ友の話をスルーして、顔の強ばったトメからカーディガンをはぎ取り、
    「編み物なんで、ダサイだの無駄だの散々馬鹿にしておいて、勝手に自分の
    物にしないで下さい!これは夫に編んだ物だって知ってるくせに」
    と泣きながら叫んでトメ友宅を後にした。
    カーディガンは加齢臭で汚れた気がして、そのまま捨てた。
    夫はすぐにトメを近所のトメ弟の家に追いやり、「最初からこうすればよかった。
    俺の前ではしおらしくしてるから、本性を見抜けずに、本当に済まなかった」と
    平謝り。本当、何度も文句言ったのに、夫もムカつく。
    先週から、やっと平穏な日が戻って来ました。

    このページのトップヘ