803 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/09/11(火) 20:07:47 0
    流れ読まずに書き捨て。

    幼稚園で母の日のカードを作った。不器用な子供なりに頑張った。
    「おかあさん、いつもありがとう。これからもがんばってね」というカードを見た母に「何を頑張ればいいの?」と聞いてきた。そこまで考えてなかったので「何を頑張ってもらえばいいんだろう?」とパニックになった自分だけが修羅場。

    もう一つ。高校の時、父の知人の子供(女子中学生)の家庭教師をすることになった。もともとは父とその女子中学生の父親が知り合いで、奥さん(中学生の母親)とも顔見知りになったらしい。
    中学生は妹みたいでかわいいし、いつもケーキ出してくれたし、安いけど家庭教師代ももらえたしでホクホク。
    しかし3か月ほど後にその子の母親と私の父が不倫してることに気付いた。
    誰にも言えずに悩んでた自分が修羅場。
    その後母や同居の祖父母にもバレた。当然我が家は修羅場。家庭教師は中止。
    中学生は受験まで数ヶ月、成績も上がってきてたとこだったので気がかりだったが、その後無事志望校に合格したそうだ。
    ちなみにそれは父がコッソリ教えてくれた。良かったと思う反面、まだ不倫してるのかとゲンナリした。

    872 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/10/14(金) 21:34:06 ID:n8R
    数ヶ月前、会社から帰ってきた父がなんか怒ってた。
    父は昼食に職場の近くに新しく出来たトンカツ屋に行ってカツ丼を頼んだのだが、
    そのカツ丼のカツが冷たかったらしい。
    よほど気に入らなかったようで、「カツが冷たかったんだぞ!」と連呼していた。

    そして昨日の夜。
    父が、「あの新しく出来たトンカツ屋、つぶれたぞ。まあ、当然だよな。
    だって、カツ丼のカツが冷たかったんだぞ!」
    どんだけ根に持ってるんだ、父。

    150 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/06/11(火) 21:54:45 0
    私の両親は、私が2歳で妹が1歳の頃に離婚し
    私と妹は母の手で育てられたが
    私の成人式の翌朝、母が妹を連れて実家に帰り
    私は父の元に送り返された。
    その時初めて、私が父の先妻の子で母と血のつながりが無かったことを知らされた。
    それが第一の修羅場。
    父は昔、私の実母の妊娠中に、独身と偽り育ての母を騙し、妊娠させ
    その事実を突きつけられた実母は、私を産んですぐ亡くなった。
    事故か自杀殳かハッキリしないけど、育ての母は、実母のタヒに責任を感じ
    私を二十歳まで育てると、実母の位牌に誓ったそうだ。
    父と入籍し私達は4人家族になったけど
    父の遊び癖と騙し癖は直らず、再び他の女性を騙し妊娠させた。
    母は父と離婚し、私と妹を育てた。
    私が父の元に行ったときは、数人目の妻子と父は暮らしていた。
    父が糞であることを知った時が、第二の修羅場。
    それから母と妹を私は必タヒに捜したけど
    2人は見つからなかった。
    考えてみれば、私は母の実家も産まれも育ちも何も聞かされていなかったし
    母方の親戚に、会ったことは無かった。
    10年後、私は夫の浮気に悩み弁護士を探していた。
    そこで偶然、弁護士として活躍する妹と再会した。
    育ての母の実家は、大きな事務所を経営する法曹だった。
    妹は母の兄と養子縁組をし、名字も変わっていた。
    見窄らしい自分に比べ、バーキンを普通に持ち歩く妹を見たショックが第三の修羅場。
    育ての母に会いたいと言ったけど、拒否られたのが、最大級の修羅場でした。

    205 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/10/15(日) 10:54:24 ID:ggqjtBlM.net
    小5か6の頃の理不尽な経験
    たまたまテレビつけたら映った近未来ものの映画(かなりセットとか安っぽくてB級臭かったし
    スターウォーズみたいな有名作品ではないと思う)を家族で見てた
    作中にいわゆる転送装置が出てきたのを、見終わった後であれ便利そうだし現実でも早く発明されないかなって
    無邪気に発言したら父がブチ切れて恐かった
    「あんなもん発明されたら人間は横着して今以上に歩かなくなって運動不足になるからアカン!
    11歳にもなってそんなことも想像できないのかよ、ただでさえ肥満とか生活習慣病が問題になってるのに
    お前も病気で失明とか足切断になりたいのか?」ってビンタする真似までしてきた
    子供の無邪気な発言にあれはないよ

    527 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/10/21(土) 20:21:36 ID:gryd6cVs.net
    今まで生きてて持病もなく一度も大病をしたことのない父。
    テレビで末期ガンの患者さんがガンの痛みを「全身の骨がバキバキと折られるような激しい痛みですね」と説明した時に
    「それくらいで大げさだなぁwww全身の骨が折れたらとっくにタヒんでるわ!www」
    と笑いながら言ったこと。
    伯父(父の兄)が末期ガンの時に「痛い痛い」と言っていた時も同様のこと(大げさ)を言ったらしい。
    お前はせいぜい虫歯の痛みくらいしか知らないだろ!!

    793 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/03/28(木) 21:21:35 ID:fI3//0T7.net
    祖母がしんどい。
    某デパートで毎月散財しまくりの祖母。会うたびに欲しいものなんでも買ってあげるよって言ってきたり、勝手に買ってきたりする。
    今欲しいものがないからとはぐらかしても、遠慮しないで!と何度もしつこく言ってくる。たまに観念してほどほどに安いものを選んだら、そんなものでいいの?もっといいやつにしなさい!と言われる。

    何が嫌って、その時に使うカードのお金はすべて私の父の口座から引き落とされる。固定費や生活費とは別に毎月コンスタントにデパートで使ってるらしい。
    自分の息子のお金を縦横無尽に使いまくって我が物顔で孫に良い顔をするのが本当に神経わからん。
    私の大学在学時には母がパートを掛け持ちしてくれて、すごく感謝してるんだけど、今思えば父があの婆さんを止めていれば良かっただけではないかとモヤモヤする。

    736 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/06/02(日) 18:31:28 0
    他の人と比べるとプチだけど…

    もう何年も前の話、父親が風○に行って家庭内が修羅場になった。
    しかも原因は私、というか私に似た女性.。

    私当時働きながら学生、女。実家の隣県で1人暮らし中。
    父母50代と40代。妹10代。

    私によく似た女性.がある風○店のサイトに出ていたのが原因。
    実家のポストにその女性.が出ている雑誌のコピー、サイトのプリントアウトが投函されていたらしい。
    「娘が都会でとんでもないことになった」と思い詰めた父が「とにかく確かめよう」とその女性.を指名してお店に、母親にばれて家庭内が修羅場。
    母親激怒して暴れて家出した。
    父曰く何もしていないとのこと、でも「その手の店に行ったこと」で、母親が戻ってきた後もしばらく無視されていた。
    多感な10代だった妹にも汚物扱いされていた。

    432 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/03/21(木) 21:13:41 ID:nEZhgGq2.net
    母親に熟年別居(離婚も可)を突きつけられて狼狽している父の神経が分からん

    結婚当初→新築の家を建てようと言われていたのに蓋を開けたら2世帯同居
    嫁として義両親の分も家事をする日々
    結婚数年後→家を買うぞと言われていたのに直前で
    父の実家の隣のオンボロ家じゃないと嫌だとゴネて終了
    老いた義両親の介護を献身的にする
    子供が巣立つ頃→家を買うぞ、最低でも潰してリフォームだと言われ
    あちこちの業者に見に行くもいきなり「やっぱりこの家にまだ住む」と言われる
    さらに老いた義両親の介護をする

    そして父も70を過ぎ、定年退職になった頃別居or離婚を告げられた
    母は仲の良い姉が元バリキャリ未亡人で、人生の最後は彼女の残した綺麗な家に住むと
    父は「年収2000-3000万を維持してきた俺になんたる仕打ちだ」と憤慨しているけど、
    実子含む周りに「せめて家くらい、稼いでないわけじゃないんだから
    あんなに家のこと義実家のこと仕事のことやってくれる奥さんいないよ」
    といくら忠告されても頑なに拒み続けたんだからそろそろ理解してほしい

    308 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/05/29(火) 17:16:08 0.net
    これが修羅場というのかどうかわかんないけど書いてく。
    母のタヒ後、車椅子生活の祖母が老人ホームへ行かず、5年も家で粘ってたのが修羅場。
    父方祖母は母が亡くなる2年くらい前から車椅子生活だった。
    母が基本的に食事の世話や、部屋に置くトイレの糞尿の始末をしていた。
    週に何日かヘルパーさんが来てたけど、その時は入浴介助を手伝ってた。
    しかし、祖母の車椅子生活が始まって約2年後、母がタヒんだ。
    そうなると、日中祖母のことを見る人がいない。
    父はケアマネージャーさんと相談して、祖母を老人ホームへいれることにしたんだが、祖母がこれを嫌がった。
    「老人ホームは頭のおかしい人がいくところだ」っていうひどい偏見から。
    父が「認知症なんだからある意味自分も頭おかしい人じゃんね」って呆れてた。

    その後、ケアマネージャーとか往診に来てくれてた医師とか、いろんな人が説得したけどダメで諦めた。
    母が亡くなってからの5年はキツかった。
    夜、バイトから帰ってきたら玄関と廊下に焦げ臭い煙が蔓延してて、火事かと思ったら祖母が餅焼こうとして失敗したのが原因だったこともあった。
    祖母が車椅子から落下して倒れたままなんてことは数え切れないほどあった。
    トイレ詰まらせる、廊下に祖母の糞がおちていて、父が掃除しながらブチギレてたのも修羅場。
    5年後、認知症が進行して父や私と妹が誰なのか、自分はどこにいるのかもわからなくなってから、ようやく騙す形で老人ホームに入れられたよ。
    5年間、父、私、妹がの日常が修羅場だった話。

    9 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/03/25(日) 23:39:22 0.net
    両親が離婚してから数年が経ったある日
    私(当時小4)、弟(当時小1)、母親、母親の彼氏の4人で外食に行った店で、父親とその彼女に鉢合わせた。

    私と弟は気付かなくて、目先のバイキング形式料理に大興奮。母親と彼氏は気まずいなって思ってたらしいけど、私達が席を陣取ったため仕方なく座った。

    コースを注文した後、母親が私と弟に「お父さんが女の人と一緒にご飯食べてる」と告げ、更に弟に「お父さんの前で皿割ってきなw」と冗談で言うと、我が弟マジで父親の前で皿割りやがった。

    あの時の父親の顔ほど驚愕に満ちた表情を見たことがない。ホントに修羅場だった。

    このページのトップヘ