639 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/02/21(日) 12:49:25 ID:OdM+JCGU.net
    流血注意






    朝、洗面所で鼻の下の産毛を剃っていたら父にぶつかられて唇の横が結構盛大に切れた。
    父はうろたえた表情で曰く「うわっごめん、大丈夫か?」
    その傷はとりあえず消毒しておいたが、朝食の席で気に障ることを言われた。
    「お前、その口元の傷人相悪いな。出かける時はマスクしていきなよ。」
    この傷ができたのは父のせいなのに何言ってんだと思ったし、
    そもそも私は父から遺伝した重症花粉症のせいで今の時期はマスクなしの外出ができない。

    907 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/08/21(月) 20:39:26 0.net
    少し前まで姉がニートだと思ってた
    だから、すねかじりの寄生虫は出てけデブス、お前みたいなデブスでも泡なら仕事できるだろ
    ってキレたら姉に、顔面後ろ回し蹴り入れられた
    その後親父から鉄拳くらって、「高校生だからっめバイトもしないお前の方がクソだ!」って怒鳴られて、
    じーちゃんからもビンタされたその日が修羅場だったな


    姉、就職してた
    毎朝出かけて夕方帰ってきて、どっかに遊びに行ってるだけのくせに、世間体守るためとか言って働いてるふり乙っていつも言ってた
    家に金まで入れてた
    レンタル彼氏だと思ってた男も、本物の彼氏だった
    その彼氏が来た時も、必タヒすぎワロスってバカにして、選んだレンタル彼氏もキモ男だなとか言った気がする
    電話してる声聞こえてたから、親心配させたくないからってネッ友付き合わせて最低だなブスって罵った

    だが姉はデブスだ

    35 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/04/30(火) 01:34:04 ID:g25ovGKN0
    兄貴の復讐?話。フェイクあり、暴力及びDQ返しと汚物表現あり注意。
    うちのバカ親父の自慢は家庭内手工業+高齢作業員がいる程度の零細会社の社長の肩書き。
    動乱の戦後を息抜き一代で会社の社長まで上り詰めた俺SuGeeeeeの自分age。
    しかし実際にはどんだけ家庭を犠牲にしたかなんてのは(∩゚д゚)アーアーキコエナイ
    その実、ことあるごとに怒鳴り、手近な物を破壊し、ヒスを起こし、
    聞こえよがしなモラハラ独り言を繰り返すだけの純然たる小物。

    539 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/03/20(日) 23:24:24 ID:FrkyKZiU.net
    うちは父一人子(俺)一人で、父は若干精神に障/害がある。母は幼い頃に他界。
    とは言っても社会生活は送れる程度で、イ谷に言う「頭が弱い」程度だが人は善い。
    むしろ善人過ぎる。昔の映画『アイアムサム』のサムをちょっと利口にした感じ。
    日常生活でうっかりミスが非常に多いので、小学校の頃は給食費未納のお知らせを
    よくもらっていたが、まっっっったく気にしていなかった。

    で、クソ叔父の話。母の兄なわけだが、最初から結婚に反対していたみたいで、
    母がタヒんだのは父のせいでもなんでもないのに、何かあるたびに父を馬鹿にする。
    子供の頃からイヤと言うほどそういう場面を見てきた。

    先日、上にも書いた小学校の頃の給食費未納の話を持ち出して、「○○(俺のこと)が
    未納通知をもらって、どれほど恥ずかしかったか、おまえには理解できないだろう。
    皆の前で赤っ恥掻かされて、泣きたいのを我慢しておまえの前で笑ってる心情を、
    おまえは理解できるか?」と責めたので、「叔父さん、俺全然イヤじゃなかったけど」と
    言ったら、俺じゃなくて父に「この歳になってまで子供に気を遣わせるなんて、おまえは
    クズ親だ!恥を知れ!」って。

    まさか父親ほど年の離れた人を殴るなんて自分でも信じられなかったわ。なんか捨て台詞を
    吐きながら帰って行ったけど、なんだあのクソ伯父は。

    帰ってから父にしこたま叱られたけど、それはそれで嬉しかった。

    448 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2008/05/21(水) 00:07:37 ID:xd6dO90W0
    我が家には、開かずの間ならぬ「開かずのジャム」があった。
    庭で苺が豊作だった時に母が作った手作りのジャムなのだが、
    保存性.を高めるために、熱々なのを瓶の口いっぱいまで詰め込んで蓋をしたものだから
    がっちがちに蓋が閉じてしまい、誰も開けられないままに冷蔵庫の隅に忘れられ、数年の時を経た。

    そして今朝のこと、我が家の朝食はパンだった。
    父はこってりとジャムを塗るのが好きなのだが(体型もメタボ寸前)、生憎と買い置きのジャムは切らしていた。
    諦めきれなかったらしい父が冷蔵庫を探っていたところ、「開かずのジャム」がころりと出てきたらしい。
    父はこってりとジャムを塗るために、数年ぶりにジャムに戦いを挑んだ。
    温めたり軽く叩いたり、あの手この手を試して数分後、
    ブチンという音と、カポンという音が同時に聞こえた。
    父の手元を見ると、何とジャムが開いていた。

    そして、同時に父のズボンのボタンが弾け飛んでいた……。

    それ見て大爆笑する母と、恥ずかしそうに笑う父。
    数年越しのジャムは味も劣化することなく、父は満面の笑みでジャムこってりのパンを食べていた。
    その夜、母は父のズボンにボタンを付け直しながら、ダイエットさせることを決意したそうである。

    89 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2006/09/12(火) 00:56:23 ID:Qe4cchly
    兄二人と年が離れて(9つ)生まれた私。
    私が大人になってからは、ママンは「実はあんたはうっかり出来た子よw」などと
    生々しいカミングアウトをしてくれたが、パパン的には、女の子が欲しくて、まさに
    「娘キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!」状態だったそうな。
    口数の少ないパパンだったけど、とても可愛がってくれた思い出ばかり。
    そんなパパン、実は私が赤ちゃんだった頃、家を買って住宅ローンを組んだ途端、
    プレッシャーによるストレスで、一時視力が著しく低下し、もしかしたら失明かも?という
    時期があったらしい。その時、真っ先に始めたのが、絵本の読み聞かせをテープに
    録音する事。それも、何冊も何冊も。お世辞にも裕福とは言えない家庭だったから、
    図書館でごっそり借りてきては、見えにくい目で一生懸命カセットに録音したと。
    「○○(赤子の私)に絵本読んでやれなくなるかもしれんからなぁ・・・」と。

    そんな話を、結婚間近になってママンから初めて聞いて、涙が止まらなかった。
    物心ついた時から、普通に元気に働いてるパパンにそんな事があったなんて、
    全く喋らずにいたパパンに萌えすぎて、「新婦からの手紙」の時は鼻水まみれの
    花嫁と花嫁父の写真だったよ(´ー`)

    334 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/04/07(火) 19:24:59 ID:y46
    文章下手なので箇条書きで

    先日父がわりと大きい手術をした
    手術は無事に終わり父はICU(集中治療室)に移動

    母はとある趣味の店を開いていてパートさんを3人雇っている
    手術の次の日、病院の看護師から母の携帯に電話がかかってきた
    父がどうしても家族を呼んでほしいと言って聞かないらしい
    店は営業中だったがちょうど客がいなかった
    母は店を臨時休業にしパートさんには理由を話し帰ってもらった
    手早く店の後片付けをして病院へ

    母から連絡を受けたわたしも病院へ向かい病院の駐車場で母と合流
    ICUに行き看護師に○○の家族の者ですが・・・と言うも
    なぜか看護師けげんな顔

    看護師に案内されてICUに入ると父がなんだか困った顔をしている
    父の横に誰かいる!?
    それは帰ったはずのパートのAさんでした

    父とAさんは会えば挨拶する程度の間柄で親しくはない
    どういう思考回路かわからないがAさんは自分も病院に呼ばれたと思ったらしい
    ○○の家の者ですと言って集中治療室に入ったそうです

    距離無しさんなんでしょうか
    Aさん怖いです

    ちなみに父が家族を呼んだのは「寂しくなったから」というふざけた理由
    父もまさかAさんが来るとは思わず困惑していた
    これからは家族を呼べなどとワガママは言わないと思います

    437 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2006/02/13(月) 10:06:43
    姉が子宮外妊娠で入院、手術。
    卵管が破裂していて腹腔内に大量の出血があり、
    もう少し処置が遅れればタヒんでいたかもしれなかった。

    (元)義兄は前の晩からおなかを抱えて苦しんでいる姉を
    「友人も一緒でどうしてもキャンセルできないから」
    と言い訳しながら、早朝からゴルフに出かけてしまったらしい。
    姉は隣人に助けを求めて救急車を呼んでもらったそうだ。

    その経過だけでも噴飯ものだが
    子宮外妊娠の原因がクラミジア感染で、
    感染源が元義兄の風イ谷通いだと判明。
    それを姉から聞いて、温厚な父がぶちきれた。

    家族から見てもとにかく穏やかな人で、
    暴力はおろか声を荒げたのも記憶にないほどの父が
    怒りで蒼白になりながら背筋を伸ばして
    「…杀殳してやりたいね」と口にした。
    あの時の父の姿は忘れられない。

    803 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/09/11(火) 20:07:47 0
    流れ読まずに書き捨て。

    幼稚園で母の日のカードを作った。不器用な子供なりに頑張った。
    「おかあさん、いつもありがとう。これからもがんばってね」というカードを見た母に「何を頑張ればいいの?」と聞いてきた。そこまで考えてなかったので「何を頑張ってもらえばいいんだろう?」とパニックになった自分だけが修羅場。

    もう一つ。高校の時、父の知人の子供(女子中学生)の家庭教師をすることになった。もともとは父とその女子中学生の父親が知り合いで、奥さん(中学生の母親)とも顔見知りになったらしい。
    中学生は妹みたいでかわいいし、いつもケーキ出してくれたし、安いけど家庭教師代ももらえたしでホクホク。
    しかし3か月ほど後にその子の母親と私の父が不倫してることに気付いた。
    誰にも言えずに悩んでた自分が修羅場。
    その後母や同居の祖父母にもバレた。当然我が家は修羅場。家庭教師は中止。
    中学生は受験まで数ヶ月、成績も上がってきてたとこだったので気がかりだったが、その後無事志望校に合格したそうだ。
    ちなみにそれは父がコッソリ教えてくれた。良かったと思う反面、まだ不倫してるのかとゲンナリした。

    872 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/10/14(金) 21:34:06 ID:n8R
    数ヶ月前、会社から帰ってきた父がなんか怒ってた。
    父は昼食に職場の近くに新しく出来たトンカツ屋に行ってカツ丼を頼んだのだが、
    そのカツ丼のカツが冷たかったらしい。
    よほど気に入らなかったようで、「カツが冷たかったんだぞ!」と連呼していた。

    そして昨日の夜。
    父が、「あの新しく出来たトンカツ屋、つぶれたぞ。まあ、当然だよな。
    だって、カツ丼のカツが冷たかったんだぞ!」
    どんだけ根に持ってるんだ、父。

    このページのトップヘ