854 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/09/15(金) 00:41:09 ID:4Lz
    長文愚痴です

    うちの家族はとても仲が良く、家族で行動することが多い
    私が大学に進学すると家族で行動する回数は減ったが、親二人は毎週のように一緒に出かけている
    ラブラブだなぁと思っていたんだが、最近はモヤモヤすることが多い
    父親が部下の女性と(会社帰りに)遊びに行くようになったから
    しかし、それは母親も知っているしそこまで頻度は高くない
    家族+女性で遊園地にも行ったから、そういう付き合いなんかなと思ってた
    でも、女性の話が出ると母親は不機嫌そうに見えるので、二人だけの時に「なんで浮気?を許してるの?」と聞いたら
    「浮気だなんて考えたことない、男女の仲になっても子供さえ出来なきゃ問題ない」と返ってきた

    116 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/12/06(土) 21:00:34 ID:???
    今から10年ぐらい前に起きた不思議な話。

    私が小さいころ、父が精神を病んでしまい家庭が崩壊。
    ただ母は気丈な人で、殴られたり刺されそうになったのにもかかわらず
    父を説得して入院させ、退院後は「薬をちゃんと飲むか」とか
    「周りに迷惑をかけないか」とかの監視役として再構築をした。
    ただ父が入院前に散々やらかしていたので
    近所の目はとても冷たく、私や兄弟の人生は肩身の狭い思いをしてきた。
    学校でもヒソヒソされて思春期は悲しかった思い出しか残っていない。
    その後の私の人生は「父はいないもの」として過ごしてきた。
    例えば結婚式は海外で二人だけで、とか。
    誰かを呼ぶと必然的に呼ばなくてはいけなくなるから。
    自分のテリトリーには絶対に入れないと決めていた。

    そして月日は経ち、父が亡くなったことで
    私は長い期間恨み続けることから解放された。性格も変わった。
    本当は葬儀にも出たくなかったが、ケジメとして一応出た。
    それから少しして、夢の中に父が出てきた。
    「うわ~」と思ったが、父は何も言わないまま消えるように去って行った。
    それと同時に目が覚めると私は枕がビッショリになるぐらい泣いていた。
    数日後、母と話す機会があったので
    「そういえばさ、この間お父さんが夢に出てきたんだよね」と話すと母が
    「その日はお父さんの四十九日よ」と言った瞬間
    病む前はすごく可愛がってくれていたのを思い出し、また泣いた。

    544 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/06/08(水) 15:54:48 ID:RKF
    実家の父が、齢79歳にして、依頼があって来月アメリカ出張。
    場所はアメリカの東西ど真ん中でカナダ国境沿いのノースダコタ州。(ド田舎)

    正直めっちゃ心配。
    糖尿だし前立腺がんもあるし(老齢なので進行してない)毎日ウォーキングしてるけど、ここ数年で何度か転んでて、幸い足腰の骨折はなかったものの肩、腕を二度ほどひどく折って、もう左腕はちゃんと伸ばせないしうまく動かせない。愛猫を抱くのも右腕だけで。
    もうほんっとーーーに心配。
    でも本人はまだ依頼があるということ、それに応えるということに誇りを感じているからやめろとも言いたくない。

    とりあえずフライトソックスと空気で膨らませるフットレストをアマゾンで送った。
    長時間のエコノミーシートでのフライトをなんとか乗り切ってほしい。
    無事に帰ってこないと、お父さん命の18歳猫までタヒんじゃうよ。

    ほんとに無事で帰ってほしい。
    土産はいらない。調べたらノースダコタの特産品はガスと石油だけだったから。

    399 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/03/08(水) 16:02:24 ID:Zs8
    障/害のある人に関する話なので、苦手な人はスルーしてください。

    子供の頃の話だが、学校に「仲良し学級」という知的障/害児用のクラスがあり、普通のクラスの人は定期的に交流をする決まりがあった。
    私は何故かその中の1人(男の子)に気に入られ、先生から「仲良くしてあげて」と言われたのもあって、放課後一緒に遊んだりもしていた。
    で、ある日突然その子に襲われた。男の子は子供力士レベルの巨躯で、私はチビ。上から覆い被さられたときの衝撃は20年経った今でも忘れない。
    顔中キスされた程度で無事に逃げられたのは、奇跡だと未だに思ってる。

    で、私も母親になった現在。
    義弟が知的障/害者もいる介護職に務めてるんだけど、それを「立派だ」と褒め称える実父が「孫(私の娘)も将来は介護職に就いて人助けしような」と言い出して、とっさに「絶対嫌」と言ってしまい、実妹と大喧嘩になってるのが現在の修羅場。

    義弟がいる前で拒否ったのは悪かったし謝ったけど、嫌なものは嫌だよ……。

    906 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/09/02(金) 09:39:32 ID:0gd
    学生の頃、父親が「隣家に監視されている!」と言い出したことがあった
    隣との間に高い塀をたてたり隣家の窓を睨んだりと行動がおかしくなって、母と私でどうやって父を病院に連れていこうかと悩んでいた
    両親が仕事に行き、私は休講になったからと家で留守番。その日、庭から変な物音が。
    ガチャガチャと物置の戸を開けようとしているような音や庭を歩き回る音、私は泥棒かと思った
    カーテンの隙間からそーっと携帯のカメラを向けて動画を記録、カメラ越しに携帯の画面に映ったのは隣家のおばさんだった
    昔の携帯だから長くは撮れなくて、3~4本の細切れ動画になった。すべてに家庭菜園の野菜を取ったり物置やプレハブの戸をいじったり庭に鳥の餌を撒いているものが撮れた
    父は正しかった
    その夜、機種交換前の古い携帯に動画を移して父に提出。父は全てを確認した足で隣家に乗り込んだ
    動画がいい証拠になったんだろう、常識人の隣家の旦那と話がまとまったようで念書的な紙と大吟醸を貰って父が帰宅した
    それから隣家のおばさんから「ちょっと様子を見に行っただけなのに神経質!」「学校サボる不良め!」「盗撮魔!」と度々罵倒されたが、その度に「父に報告します」というと逃げるので怖くはなかった
    隣家の2階の窓からこちらに向けてゴミを捨てられたことがあったが、「今のも撮りましたよ(嘘)」と言うと2度とされなかった

    何が神経わからんって、先日父が亡くなったときの隣家のおばさんの言動
    「あなたのお父様とは凄く仲が良かったの、だから形見分けに時計ちょうだい」
    「生前約束してたから駐車場も使わせてね、お父様いなくなったんだから空くでしょ」
    「お香典(千円だった)あげるから家に上げて」
    母が無言で線香立ての灰投げつけて追い払った
    隣家の旦那に報告したら旦那は父の遺影に土下座で謝ってくれた
    あんなに嫌がらせしておいて、亡くなったとたんに分かりやすい嘘までついてタカろうとする隣家のおばさんの神経がわからん

    240 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/07/27(金) 15:47:27 ID:ZwoxhVcYi
    うちのトメは、ご飯の時になんでもごちゃごちゃに混ぜる。
    私の実家が、地元ではけっこう有名な割烹料亭で
    板前の父が作った物を何かと貰う。
    それを、夕御飯とかに出すと姑が
    「これはこっちに混ぜた方が美味しいんだから!!」
    と、何でもかんでも混ぜる。
    父の料理、台無し。
    姑は対抗意識燃やしてるのかもしれないけど
    お話になってない。
    父に話したら怒られそうで言えない。
    でも今度言ってやろうかなぁと思う。

    867 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/06/09(金) 14:15:09 ID:trHGN5GM.net
    私の大学時代の修羅場
    大学に入って仲良くなった友達にR子って子がいた
    R子は色白で目がくりくりしてておしゃれな女の子のテンプレみたいな子だった
    学祭の時期にR子は友達何人かとバンドを組むことになったらしくうちの父親に楽器を教わりたいと言ってきた ちなみに父親は学生時代からとある楽器をやってて結構な腕前

    136 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/05/27(水) 11:53:37 ID:Iuj
    母が入院中で、家に自分(当時中1)しかいない時
    納屋で父に首吊りされた時が修羅場。

    父はサイマーな上、「妻子を苦しめるのが趣味」といつも言ってた変な人だったから
    (だから私一人しか家にいないタイミングで吊ったのもわざと)
    タヒんだのは悲しくなかったが、とにかく後始末が大変だった。
    タヒ体が運ばれていったあと、納屋は中身全部入れ替えなきゃいけなかったし
    近所の人や警察の対応もしなくちゃならなかったし
    病院にも学校にも行かなきゃいけないのにーってパニックだった。
    学校でもしばらくヒソヒソされたし。

    父は私たちあての遺書をいちおー残してて
    「借金も何もかも放り捨てて押し付けてタヒんでやる。ざまあみろ」みたいな内容だった。
    でも母は連帯保証人等にはなってなかったから
    弁護士入れていろいろ権利放棄して終わりだった。詰めが甘いよ父。

    母が退院して、母の稼ぎで母子二人で暮らすようになったら
    生活水準がグンとあがった。浪費する人いなくなったから。

    1つ幸いだったのは、よく毒父持ちの人が
    「父親に愛されなかった代償として、成長して父に似た人を選んで愛されようと共依存に…」
    っていうのを聞くけど、うちの父があまりにあからさまなクズで
    「お父さんに愛されたい」なんてカケラも思えないくらい嫌いだったから
    成長して父に似た人を見ると即距離おく&逃げるようになれたこと。

    なんでか嗅覚がはたらいて
    「あっ!これは父タイプのやつだ!ピコーン」ってすぐわかる。
    (ちなみにこの「父タイプ」は性.別関係ない。女にも父タイプはいる)
    あとヅラもすぐわかる。

    このページのトップヘ