監視

    747 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/06/26(日) 14:42:04 ID:p46
    実家がつらい。

    内部疾患を患って、そのせいで婚約も破棄になって
    仕事が続けられなくなって、バイトくらいしかできなくなって。
    経済的に実家に戻ってくるしかなくなった。
    戻る実家があるだけ幸せなんだろうけど、戻る実家があるせいで色々と支援を受けられないというのもある。
    いい歳して親が嫌いとか相談することもできないし本当にきつい。

    私の一挙一動を厳しく監視している。
    アイス食べてるだけで「だから太る」
    体がつらくて寝ているだけで「自堕落」
    ちょっと友達と遊びに行くだけで「働きもしないで」
    かと言ってバイトの無い日家で寝てると「外に出たら?」
    HipHop音楽聞いてるだけで「だから馬鹿になる」

    リフォームすることになったから部屋を片付けたのに
    私のゴミ袋を開けて捨てたものをいちいち検品して
    「子供の時欲しがったから親の稼ぎで買ってあげたものなのに」
    とか言う。そんなんじゃ何も捨てられない。

    何か反抗すると「病気()の居候の癖に偉そうなんだよ、部屋の隅で小さくなってろ!」って。
    治療費がエグいから家にお金入れないでご飯食べさせてもらってるけど、
    病気じゃなければこんなところいたくない。

    父と母が仲が良すぎて、私はべつにいてもいなくてもいいとも言われている。
    産んだから義務で大学までは出したけど、タヒにたければタヒねば?とも。
    世間体があるからしかたなく家に置いているとも。

    結婚がダメになったときも、病気になったときも
    可哀想とは一言も言ってもらえなかった。
    難治性の病気でお先真っ暗だぜ!みたいなテンションの時も。
    でも余命〇年とかの病気よりはいいじゃない、よかったわねって。

    家族と絶縁できるならしたい。
    ひとりで生きていけるだけの力がない自分が嫌。

    906 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/09/02(金) 09:39:32 ID:0gd
    学生の頃、父親が「隣家に監視されている!」と言い出したことがあった
    隣との間に高い塀をたてたり隣家の窓を睨んだりと行動がおかしくなって、母と私でどうやって父を病院に連れていこうかと悩んでいた
    両親が仕事に行き、私は休講になったからと家で留守番。その日、庭から変な物音が。
    ガチャガチャと物置の戸を開けようとしているような音や庭を歩き回る音、私は泥棒かと思った
    カーテンの隙間からそーっと携帯のカメラを向けて動画を記録、カメラ越しに携帯の画面に映ったのは隣家のおばさんだった
    昔の携帯だから長くは撮れなくて、3~4本の細切れ動画になった。すべてに家庭菜園の野菜を取ったり物置やプレハブの戸をいじったり庭に鳥の餌を撒いているものが撮れた
    父は正しかった
    その夜、機種交換前の古い携帯に動画を移して父に提出。父は全てを確認した足で隣家に乗り込んだ
    動画がいい証拠になったんだろう、常識人の隣家の旦那と話がまとまったようで念書的な紙と大吟醸を貰って父が帰宅した
    それから隣家のおばさんから「ちょっと様子を見に行っただけなのに神経質!」「学校サボる不良め!」「盗撮魔!」と度々罵倒されたが、その度に「父に報告します」というと逃げるので怖くはなかった
    隣家の2階の窓からこちらに向けてゴミを捨てられたことがあったが、「今のも撮りましたよ(嘘)」と言うと2度とされなかった

    何が神経わからんって、先日父が亡くなったときの隣家のおばさんの言動
    「あなたのお父様とは凄く仲が良かったの、だから形見分けに時計ちょうだい」
    「生前約束してたから駐車場も使わせてね、お父様いなくなったんだから空くでしょ」
    「お香典(千円だった)あげるから家に上げて」
    母が無言で線香立ての灰投げつけて追い払った
    隣家の旦那に報告したら旦那は父の遺影に土下座で謝ってくれた
    あんなに嫌がらせしておいて、亡くなったとたんに分かりやすい嘘までついてタカろうとする隣家のおばさんの神経がわからん

    このページのトップヘ