祖母

    884 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/06/28(金) 05:48:48 ID:Y9yKk0ly0
    俺のされた事に対して祖母ちゃんがやったと思われる復讐なんですけどいいですか?
    後、何かオカルトっぽいけどここで話しても大丈夫ですかね?

    775 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/02/11(日) 17:37:37 0.net
    幼少期の修羅場

    私の生家は農家で、両親、兄弟、祖父母と同居だったのだが、この祖母と母(外で働いていた)が超絶不仲。
    母と私は「コピーロボットだね」と言われるぐらい顔がそっくりで、言葉も早かったため、余計に母似と言われていた。
    すぐ下の妹は体が弱く、祖母にとっては愛玩対象。もうべったり。

    5歳ぐらいの時、家に保育園の友達が数人遊びに来てて、ちょっと妹を仲間はずれみたいにしたんだよね。
    仲間には入れなかった妹が泣きながらそれを祖母に告げ口というか、言いつけにいったらしい。

    そしたら祖母が鬼の形相で、包丁を持って私を追い掛け回し始めた。
    私はびっくりと恐怖で固まってしまい、包丁を突きつけられたまま、泣き喚いてしまった。
    友達のいる前で。

    253 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2007/12/14(金) 09:51:30 ID:0+2UAw0yO
    11月始め、お祖父ちゃんが入院した。
    その時からお祖母ちゃんは毎日欠かさず見舞いに行っていた。見舞いというより軽く介護だったかもしれない。
    バスで行くには遠い所だったので、大体は姉が車を運転し一緒に病院まで行っていた。
    そんで長くて半日ぐらい二人でお祖父ちゃんの所にいた。

    後から姉に教えてもらったが、お祖母ちゃん、帰る時に姉がいないとお祖父ちゃんにキスしてから帰っていたんだそうだ。
    それ聞いた時、お祖母ちゃん本当にお祖父ちゃんが好きなんだなって思った。
    頑固でちょっと細かいお祖父ちゃんの言うことに素っ気ない返事してたりしてたお祖母ちゃんだったけど、何かすごい暖かくなった。

    先日、残念ながらお祖父ちゃんは亡くなったが、この前古いアルバムを見せてもらった。
    それを見ながら昔のお祖父ちゃんの話をするお祖母ちゃんが、何だかとても可愛く見えた。
    結婚とか考えたことも無かったけど、ちょっといいなって思えたよ。ありがとうお祖母ちゃん。

    長くてスマソ。

    259 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/06/17(月) 23:55:09 ID:KfTl+Nvp.net
    最近、婆ちゃんが亡くなったから婆ちゃん絡みで衝撃的だった話思い出として書かせて。

    妹が彼氏と結婚するって話が出た時、私は妹と仲良かったから両親に紹介するより前に私と私の旦那に紹介した。
    妹の彼氏が医者、高身長、爽やかなイケメンって感じでびっくりするほど高スペでしかも愛想も良くて良い人そうで良かったって私は思ったけど、旦那はなんかすごい嫌な感じするって言ってた。
    私の実家に挨拶に行ったときも両親はめちゃくちゃ大喜びでどうぞ持ってて下さいって感じだったけど、婆ちゃんだけはあれはあかん、あれには悪魔がついとるってちょっと見ただけなのに大騒ぎしてた。
    婆ちゃんってなんかたまーに大騒ぎすることあって両親もまあ今回ばかりは外れそうだけどそこまで言うなら一応調べるかくらいで妹の彼氏のこと調べた。

    長くなるから分ける。

    122 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/12/11(水) 18:28:10 ID:lNkwsDgS
    ブランドバックの値段を知ったとき。

    祖母には娘がいなかったので、遅く生まれた三兄弟末っ子長女の私は、私が自覚できるくらい溺愛されてた。
    その次に、東大→一流メーカーの花形部署勤務→アメリカに単身赴任という、分かりやすいエリート街道歩いてた叔父も可愛がられてた。
    兄たちと差をつける程、私を甘やかしてたので、私の両親(祖母にとって長男夫婦)とは仲が悪かった。

    少々マザコン気味の叔父は、在米中、誕生日とか関係なく、いいのを見つけたからとか言って、よく祖母にカバンをプレゼントしていた。
    服とかアクセサリーとか関係なく、何故か毎回カバン。それも、男性.が選ぶせいなのか、大抵祖母の好みに合わない。
    祖母は海外ブランドにはまったく興味が無かったし、「売る」=金に困ってする行為、という感覚だった時代の話。
    普通はここで、嫁や娘にカバンが流れてくるんだろうが、娘はいない、嫁とは仲が悪い、ということで、孫の私によこしてきた。
    (母にどうか、と声をかけたのかもしれないが、だとしたら母は断った)
    田舎の小学生なので、服に合わせてカバンを変えることもせず、そもそも、大人向けのカバンは好みに合わない。
    家庭科で作ったナップサックと同等の扱いで、汚れがひどくなったり、使わなくなったら処分されていった。

    時は過ぎ、就職をして上京。
    初めてのボーナスで、自分へのご褒美(笑)を買いに百貨店へ訪れて、祖母からもらったカバンの価値を知ったときは衝撃的だった。

    プラダのリュックにぬいぐるみを詰めて山を駆け、プリマクラッセのバックに絵の具を詰め込んでた小学生時代…。
    変な人が寄り付いたりしなくてよかったなぁ、と、一人でゾッとした。

    411 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/09/09(土) 22:04:25 0.net
    ウトメと同居(大ウトメとウトメと私たち夫婦)でトメに毎日お家自慢と私実家sageをされていた
    うちの両親は結婚前に2人とも亡くなっているので私は孤児扱いで「親がいない娘をもらってやった。教育を受けてないから私が躾けてやらないと」と毎日ぐちぐち言われた
    内容は私はカレーを作るのに野菜を炒めるけどトメは炒めないとかその程度のこと
    ちなみに両親は私が就職してから亡くなった
    トメ以外の家族がどんなにシメても改善されないから仕返しすることにした

    父方の祖母を家に呼んだ
    父の実家は割と近所なのだけど祖母はある意味知らない人はいないという有名人
    殿様の子孫で鳴り物入りで祖父に嫁いだ我儘お姫様
    曽祖父は当時それなりに顔が聞く立場に居たらしいんだけどそれをかさにきて職場を含め町中で好き放題したらしい(曽祖父の名誉のためにいうと曽祖父自体は手は回していない。脅しに使われただけ)
    名前がひから始まることもあって今だに○○家(祖母の生家)のひーさまと呼ばれている

    820 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/04/03(日) 18:35:22 ID:q6RLBkeQ
    自分のじゃなくてばあちゃんのだけど。
    駅の階段を登ってるときに、盲導犬を連れている人を見かけた。
    そしたら80歳くらいのババアがスーッと近付いてって、持っていた杖で盲導犬のお尻を殴ったそうだ。
    当然、盲導犬は鳴かないし止まらない。飼い主さんは気付かなかった。
    カッとなったばあちゃんは、そのババアの腕を掴んで、盲導犬が見えなくなるのを待って、
    「目の見えない人を誘導する偉い犬になにすんの!あんたみたいなババアはねぇ、生きてる資格もありません!」
    と言って、キョトンとしてるババア尻目にとっとと立ち去ったそうだ。
    我がばあちゃんながら誇りに思う。

    977 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/03/18(日) 07:33:05 0.net
    気味悪いし不快な話だと思います。
    サイコ系ダメな人は飛ばしてください。

    私は母方の祖母、母、父、兄、私という家族構成で母方の祖母の家が実家でした。
    父も兄も関東に働きにでて、祖母、母、私の3人暮らしになったときに私は中学あがる少し前くらいの年齢でしたが違和感を感じはじめました。

    祖母は典型的な代理ミュンヒハウゼンとミュンヒハウゼン、それからメサイアコンプレックスをこじらせた人だったんだと思います。
    なんていうか、動物や子供を可愛がるけどほんとは興味ないんだろうな、という冷ややかさ?みたいなものがあり
    そして健気に人に尽くす自分を対外的に作り上げるのに必タヒな人でした。
    眠る母に毛布をかけるのはわかるんだけど、それが極寒の地で暖房もなにもない部屋に放置されていた毛布だったりして、
    「毛布をかける自分」しか考えてないからその毛布をかけられた母が飛び起きようが文句を言おうが関係ありません。
    むしろ文句を言われたらすごい嬉しそうに、遠方の親戚に電話をして「どれだけ尽くしても尽くしても冷遇される、からだの不自由な老人」として自分を哀れっぽく表現するような人でした。

    346 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/02/17(金) 22:07:20 ID:XyB
    何年か前の祖母が大往生で亡くなって葬儀をしたんだ
    丁度、同じ時間帯で隣でも葬儀をやっていたんだが同じ苗字の家だった。
    しかも祖母の名前と一文字違いだった。
    式場の人、遺族や参列者、皆混乱!
    名前の確認をしっかりして参列者の案内をどうにかこなした。

    葬儀が終わり今度は火葬場へ移動。
    地元には火葬場が一箇所しかないからお隣の方々とかぶるのは仕方ないと思った。
    そしたら、今度は先客の方々がいらしたんだ。
    別の葬儀場で葬式をあげた『同じ苗字』の人たちが……
    今度は火葬場の方々が混乱!
    なんとか事なきを得て最後までいって終了となった

    今でも家族みんなでなかなかないことよねーって話になるな

    134 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/03/20(金) 21:30:34 ID:A49Ib0Ke
    すみません、長くなりますが吐かせて下さい。分けて書きます。
    先日祖母が亡くなった。大往生の末老衰だったんだけど、最期は家族で看取りたいと決めて自宅介護をした。認知症があり寝たきりで、最期に近付くにつれ会話もままならなかった。

    十数年前に私が中高生の頃、家庭内不和に耐えられずに恥ずかしながらヤンチャしていた自分は、祖母の財布から頻繁に金を抜いていた。それに気付いた祖母が両親に「泥棒だ、金を抜かれている」と訴えた。
    でも今思えば両親は恐らく犯人が私であると気が付いていて、警察を呼ぶでもなく、だけど問い詰めもしなかった。

    祖母はそれから数年経って認知症になった。認知症にはよくある事かもしれないけど、しょっちゅう「金を取った奴は許さない、泥棒!」と幻覚を見ている様だった。
    私は改心して介護に励んだけれど、祖母が呆ける度に申し訳なさでやりきれなかった。

    このページのトップヘ