神経わからん

    622 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/28(木) 11:34:55 ID:Sp.v8.L4
    才色兼備のAさんが同僚Bさんと結婚するそうで、お祝い会を開いた。
    その席でCさんが「なんでBさんなのかわからない。Aさんは絶対イケメンのDを選ぶと思ってた」と発言。
    この時点で神経わからなかった。
    周囲が止めてもCさんは食い下がり、仕方なくAさんが語った内容が以下。
    ある備品(職員の九割が使うもの)が入った段ボール箱を、Dさんが不注意で落とした。開けるといくつか破損していた。
    Dさんは当然のように破損していない物を自分用に取り、破損した物を放置。
    その場で数人が注意したが、Dさんは「どうせ多めに発注してるだろうからいいんだよw」と言い張って去った。
    しょうがないから破損した物は自分が使おうと選り分けていると、Bさんが当たり前のように破損した方を持っていった。
    「それ壊れてますよ」と言うと「俺はこれで充分」「俺が段ボールを持てばよかったんだから」と去った。
    その日からAさんはBさんが気になるようになり、話しかける機会を増やして付き合うに至ったと言う。
    Aさんからその話を聞いたほぼ全員が「それはDに幻滅してBさんに惚れるね!」と納得したのだが
    Cさんだけは最後まで「意味がわからない」「Dは間違ってない。実際多めに発注してる」と引き下がらなかった。
    お祝いに水を差す神経も、人の恋路にグダグダ言う神経もわからん。

    1 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/01/23(金) 20:25:40 ID:gpG
    俺「ガラガラー」
    店員「いらっしゃいませー」


    俺「お願いしまーす」
    店員「お伺いします」
    俺「餃子と生ビールください」
    店員「…」
    俺「…」
    店員「ラーメンは?」
    俺「え?」

    972 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/10/25(木) 21:25:30 ID:g30vmPw30.net
    オレ「今日バイト何時まで?むかえ行くよー」
    彼女「18時まで」
    オレ「どっか食べ行く?」
    彼女「まっすぐ帰る」
    オレ「りょーかい、まっすぐ帰ってモンハンすっか」

    ラインでこの会話していざむかえに言ったら普通に姉ちゃんと帰ってやがったw

    オレ「むかえは?」
    彼女「いいって言わなかったっけ?」
    オレ「言ってない」
    彼女「まっすぐおうち帰るって言ったじゃん」
    オレ「寄り道しないかどうかであってむかえがいるかいらないかの返答ではないでしょ」
    彼女「えー…察してよ(笑)」

    そのあとラインでこの会話して以前ネットで見た正解はリンゴを一緒に買いに行く云々のネタ画像を思い出してしまったww

    989 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/10/27(土) 00:18:00 ID:krwRR41p0.net
    週末デートで何をするかお互いに案がなかなか出なかった時に以前「あれしたいこれしたいとかもっとはっきり言ってほしい」と言われたことを思い出してデート候補を5つくらい挙げたのに相手希望のデートになった
    私は何でもよかったし彼が興味ないことしても意味ないからいいけど結局自分優先じゃんと若干テンション下がりぎみ…
    よく駄々こねるし(可愛い程度だけど続くと疲れる)割りと私の意見通らないこと多いんだよなあ

    790 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/03/09(水) 15:05:58 ID:e0I/z27c.net
    共働き財布別。
    実両親を私の貯金で海外旅行へ。
    夫から聞いたらしい義両親「自分達も行きたいなぁ」コール。なんで私に?その場で息子に言えよ。
    私から夫に伝えるが、「俺貯金ないから無理」
    そのまんま伝えると義両親半ギレ。だからなんで私に?
    年収600万、家に入れてるお金年200万円程(共有の貯金込)この生活で実親にお金出したくない夫もなんなんだろう。結婚時にしたそれぞれの親の介護費用はそれぞれでって約束、文書にしとこうかな。

    588 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/06/13(木) 04:08:46 ID:quniVb+Z0.net
    2月頃に、何年かお友達関係だった女性.から
    「結婚とか意識して付き合いませんか」的な事を言われて、
    何度かデートっぽいことしてたんだけど、スキンシップは一切なし。
    「手を繋いだりしたいんだけど」と言ったら、「ちゃんと付き合ってからね」との返事。
    「いつまでたっても告白してくれないから、気持ちが冷めちゃった」とメールが来たのが5月初め。
    当方は付き合っていたつもりだったけど、向こうは「全然」で、
    最初のアプローチはしたけど、告白は男性.からして欲しいって事らしい。
    「そんなこと言わないでも分かれよ」と言われるかもしれないけど、俺にとっては高いハードルだったよ。
    関係を続けてたとしても、コミュニケーションのすれ違いは起こってただろうから、
    三カ月で終了になって、帰って良かったのかもしれない。

    8 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/06/10(日) 14:51:59 ID:PT2S7nNN.net
    一緒に買い物している時、私が買おうとしている物を「やめなよ!こんなのすぐ飽きるから!」と必タヒに阻止しておいて
    後日その必タヒに阻止した物を買って良さを自慢してくる友達
    「それこの前私が買うのやめさせたよね?」と突っ込むと「いやあ…高かった…し…?…」と泳ぎ目でしどろもどろに言い訳
    先を越してやった!とマウント取りたいのか知らんが意味不明すぎる
    冗談で「マンション買おうかな」とでも言ったら「やめなよ!」の後に「マンション買ったよ!上層階の見晴らしが最高!」のコンボが本当にありそうなレベル


    そんな奴と一緒に行動するなよとか言われそうだけどそんな奴だとわかってて行動したのではなく付き合った結果判明しただけ

    309 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/03/17(木) 00:57:54 ID:Jt1LqNdD.net
    去年結婚した女なんだけど、そこそこ仲の良かった男友達からいきなりヤリタイヤリタイと言われてスレタイ

    学生時代の友達で、社会人になって趣味を通じて再会してから、ちょくちょく二人で飲みに行くようになった
    最初は相手から少しだけ好意を感じたことはあったけど、特にアプローチとかもなく、二年くらいして彼氏もできて私は結婚した

    最近は友達が転勤になってしまって、たまに連絡は取ってたけど深い交流はなかった
    先日飲みに誘われた流れで、ずっと好きだった、でももう付き合うことはできないからせめて一発やらせて、って急に言われた

    普通に飲み友達としてなら付き合っていきたいと言ったら、もう耐えられない、やれないならもう会えないって

    共通の友達もいるのに、いきなりヤれないなら関わらない発言には驚いた
    本当に神経が分からんわ

    355 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/05/24(木) 11:02:22 .net
    ママ友と言えば
    お仲間に1人だけ低収入のママがいてイラッとする事ばかり
    持ち寄りでお花見をした時、皆さん豪華なお料理をお重箱に入れて持参したのに
    彼女だけ冷えたケンタッキーだった
    6人いるのに4ピースとポテト
    誰も手をつけなかったら「今夜の夕食にしよう」って嬉しそうにしてた
    貧乏な人ってお気の毒すぎる
    友だち辞めたいけど子供同士が仲良くて仕方なく付き合ってるわ
    何時間も吹きっ晒しにしたケンタッキーが夕食なんて悲しいわよ

    680 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2007/10/23(火) 15:52:38 ID:NVpUstxz
    これは小学生の頃、実際に体験した話。
    当時10歳だった俺は、リビングでテレビを見てくつろいで
    いた。すると、二階のほうから母と、何か獣のものと思われ
    る金切り声、というか悲鳴が聞こえてきた。

    驚いて見に行ったら、母が髪を乱しながら掃除機を振り回し
    て暴れていた。よく見たら、掃除機の先にウチで飼っていた
    猫が尻尾と後ろ足の片方を吸い込まれた状態になっている。
    どうやら母は、必至で抜こうとしていたらしい。

    スイッチを切ればいいだろという忠告も聞かずパニック状態
    の母はそのまま暴れ続け、掃除機のコンセントに足を引っ掛
    け、そのままコンセントを引き抜き、コンセントのケーブル
    に絡まり、ずっこけた。

    その瞬間、吸引力を失った掃除機から開放された猫は、その
    まま吹っ飛ばされ、開いていた窓から外に飛び出してしまっ
    た。そこは二階だったので、心配になって見下ろしたら、下
    の鉢植えにぶつかって、気絶していた。

    その後、猫は全身打撲と骨折、母は腰の骨を折り入院した。
    学校の先生がクラス会で事の詳細をバラしてしまい、クラス
    中の笑いものになってしまい、散々だった。

    いまはもう笑い話にできるが、最低の「誕生日」だったよ…orz

    このページのトップヘ