結婚

    465 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/03/11(日) 10:00:19 ID:3mnKCVcZ.net
    私は昔から母親と仲が悪い。喧嘩が絶えなかったし、殴られたし、殴ったし、お互い罵詈雑言を浴びせ合ってた。
    母が100%悪いとは言わない。私も同じくらい悪い。
    ちなみに父は我関せずって感じ。
    育ててもらった事は感謝しているけど、好きではないし、尊敬はしない。そんな感じ。

    そんな私は結婚して、妊娠して、出産した。
    妊娠を機に両親と距離を置くようにした。
    私が母のことを嫌いなように、母も私を嫌ってた。
    事実、ニヤニヤしながらあんたのこと嫌い って何度か言われてたし。

    妊娠して、ふと思った。
    なんで私のことを嫌いな人に私の子を会わせなきゃいけないんだろうって。
    だから妊娠しても両親には言わずにそのまま出産。

    元気な男の子を産んで、退院した同じ日に孫の誕生を知った両親の襲撃に合った。
    家の場所はなんとなく教えてたけど正確には言ってなかったから油断してた。たぶん義両親から漏れたんだと思う。
    「孫に合わせろ!なぜ何も言わなかった!」と発狂してたけど
    「私の事は嫌いで会いたくないって言ってたくせに私の子供には会いたいって都合良すぎでしょ」と追い返した。

    なんてずうずうしい親だ!とかなりイラついてたけど
    両親が帰ってから、子供の頃に母に言われて傷ついた言葉をいっぱい思い返しわんわん泣いた。自分も酷い事たくさん言ったのに。自分の事、棚にあげて私が一番ずうずうしいなと思った。

    165 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/02/07(木) 10:17:08 ID:DKVnixDS.net
    長文となってしまった
    同僚が20歳以上年下の女性と結婚することになったと人伝てに聞いた
    奥さんは21歳の若い子で、親子ほどの年齢差があるのにすごいなぁと思ってた

    その後、会社全体の交流的な飲み会(家族参加も可能)が本社で企画され
    そこに21歳の奥さんも参加すると聞いて
    40代のオッサンと結婚するような若い奥さんがどんな人なのか物凄く好奇心を抱いていた
    清楚な感じなのか、もしやギャルっぽいのか?など勝手に心の中で想像していた

    実際に会ってみると、割と期待を裏切られたと言うか
    かなり、いや、そうとう恰幅の良い女性だった
    そのせいか若さを感じられず、化粧っ気も全くなく
    (本当に申し訳ないけど)30代中後半と言われても疑問に思わない容姿だった
    2人の出逢いとか年齢差夫婦のあれこれを聞いてみたいと思ってたのに
    頭が全く回らず、さいきん白髪が増えた話しかできなかった
    他の誰かが話を切り出してくれるのを期待してたが誰も触れられない空気だった

    奥さんは大人しい女性.で、途中に気を利かせてビールを注いでくれたけど
    ビール瓶を持つ手がクリームパンみたいで更に動揺してしまった
    あんなに横幅の広いひとを間近で初めて見たんだよ…!

    勝手に他人の若い嫁さんの容姿を想像して
    想定外で驚いた俺の自分勝手な考えがスレタイ
    ついでに、その程度でテンパって話に詰まった俺の情けないコミュ力にもスレタイ

    977 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/09/05(月) 19:45:08 ID:mHA
    自分には二人の兄がいる。その下の兄が……
    自分は両親が幼い頃に亡くなり、祖父母に引き取られた。
    長兄は高校を卒業後働きに出た。
    次兄はやりたいことがある、と言って隣県の私立大学に進学、院まで進み、就職。
    その次兄が先日、結婚したい人がいる、相手のご両親と顔合わせしてほしい、と帰ってきた。
    寝耳に水で、祖父が長兄には話したのか、と聞くといやそうな顔をして
    「身内に高卒労働者がいるなんて恥ずかしいから知らせてない」
    とのたまった。
    祖父母は絶句。
    そんな祖父母の様子に気づかず、次兄はさらにとんでもない爆弾を落としていった。
    「結婚費用は大丈夫wバイトして仕送り貯めておいたから!」
    「30近くになっても結婚できないあんなやつ(長兄)より祖父母孝行でしょ!」
    あまりの言動にぶん殴ろうと立ち上がりかけたら、次兄の顔面に木彫りの熊がぶつかっていた。
    祖父が憤怒の形相で次兄を睨んでいた。
    祖父が怒涛の勢いで罵倒すると次兄は腰を抜かしながら逃げていった。
    祖母は泣いていた。
    次兄の言動に不信感を持った自分は高校時代の友人や大学の知り合いに次兄のことを調べてもらった。
    偶々、次兄と同期で入学した従兄を持つ友人がおり、話を聞かせてもらった。
    そうしたら出るわ出るわスキャンダル。
    ・自分の部屋に友人連れ込み家賃折半。
    ・その大学で有名なサークルに入り、遊んでばかり、院に行ったのもサークル活動を続けるため
    ・その大学はそこでしかできていない先進的な研究(KNK大学のマグロ養殖みたいなやつ)があったが、やりたいことはその研究ではなくサークル。
    それを聞いてもう何も言えなかった。
    実は次兄の院進学に関しては祖父母は渋っていた。
    私立大学への進学と生活費の負担はきつかったし、祖父母の年齢的にも援助が厳しかったからだ。
    それでも、給料の大半を仕送りしてくれていた長兄が本当にやりたいことならやらせてあげたい、といったからこそだった。
    正直、長兄の仕送りがなければ次兄は院に進めていない。
    そんな長兄をこき下ろしたのだから祖父母が怒るのも当然だった。
    長兄が進学せずに働きに出たのも、次兄と自分の為だったのだし。
    そもそも、隣県の大学とはいえ、早起きすれば通えないこともない距離だった。
    だが、「研究のために終電以降まで残ることもある」というから一人暮らしを認めたようなものだった。
    その実態がアレだったものだからもう唖然とするしかなかった。
    それを祖父に報告すると怒りを通り越して泣いていた。
    そこにのこのこ現れた次兄。どうも結婚相手にせっつかれてもう一度お伺いを立てに来たらしい。
    祖父、顔を見た瞬間に怒髪天
    「結婚したければかってにしろ。ただお前の七年間の学費と生活費、一千万に負けてやるから早急に返せ!」
    「(長兄)が結婚してないのはお前と(自分)の学費のために給料の大半を仕送りしてるからだ!」
    「(長兄)の金で大学に通わせてもらっておきながらお前は何様だ」
    「(自分)ですら国立に通ってバイト代をこっちが断っても入れてくれているのに!」
    と散々怒鳴って追い出していた。
    数日後、たぶん次兄の結婚相手の関係者らしき人に声をかけられたが、上記のことを全部伝えてお帰りいただいた。
    そうしたらどうやら破談になったらしい。
    とりあえず、一連の出来事をさわりだけ長兄に報告すると力なく笑っていた。
    「お前は・・・すまん、なんでもない」と言いたくなる気持ちも分かった。
    で、現在長兄にメール攻撃しているらしいとのこと。
    たぶんうちにやると祖父が怒るからだろうな。
    本当に、あの次兄はどうしてあそこまで自分勝手なんだろう……

    174 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/01/07(木) 14:56:06 ID:LdJ
    旦那と付き合ってた時最高12股かけてたこと
    というか付き合ってたというよりキープのキープのキープのキープくらいだった
    大手企業に就職したから結婚した
    今は一心に私を愛してくれる高収入旦那で幸せ

    132 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/12/25(金) 11:35:29 ID:ShW
    顔が不細工な人は結婚できないと信じていたこと。

    私の母は今思えば毒が入っている人で、小さなころから
    「結婚するためには顔が良くて当たり前。その上で性格が良かったり
    経済力があったり魅力のある人だけが結婚できる。
    不細工は絶対に結婚できない」と言い聞かされていて、私もそう思い込んでいた。
    美人でない友人には「ああ、この子は結婚できないんだなあ」と内心思っていたけれど、
    美人でも性格が悪ければ結婚できないと思っていたので、そんなことはおくびにも出さなかった。

    友人の親などで、美形でなくても結婚している人は(当然)いるのだけれど、
    母に聞くと「そういう人は昔は美人だったの。そして美人なときに結婚できれば問題ないの。
    老けて美人でなくなってしまう分には問題ないのよ」と言われ、そう信じた。

    そしてそんな思い込みがあったので私は面食いに育った。
    顔が男性を判断する入口で、顔が美形であって初めて内面に関心が持てるという順番だった。

    夫ははっきり言って不細工だと思う。
    けれど、縁あっていろいろと話をするうちに、その内面の魅力に惹かれてしまった。
    でもやっぱり「美形でなければダメ」という思い込みがあるから、心底悩んだ。
    不細工に惹かれてしまう私はおかしいのではないか、
    内面が良くても不細工と結婚することは異常なのではないかと。

    結局、悩んだ末に「あなたの内面が大好きです」と自分から告白した。
    夫は「僕もです。見た目は野獣ですが良いですか」と聞いてきた。勿論と答えた。
    その後順調に交際を続け結婚。ちなみに母は交際中に亡くなった。

    そして自分がそうであったように、多くの人が内面で結婚相手を選んでいるのだと知った。
    過去の話とはいえ、顔が良くないと結婚できないなんて思っていたこと、
    友人に「この人は結婚できないだろう。可哀想」と思っていたことは墓場まで持っていく。
    あまり黒くなくてごめんなさい。

    452 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2004/08/11(水) 15:54:00 ID:dTGcH/uj
    うちの会社の先輩。
    同じ年の水野真紀が結婚した時、「また仲間が減ってしまった・・・」と言っていた。
    もちろん水野真紀とは会った事もない。
    森三中のメンバーにいてもおかしくないような外見の先輩が、
    自分を水野真紀と同類とおもっていることがずうずうしい。

    100 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/07/24(月) 14:56:26 ID:FXQP8hlpd.net
    姉が同年代の人と結婚したんだけどその人が高齢出産で産まれた子で、結婚した瞬間親の認知症が一気に悪くなりもう介護必須な状態に
    施設に入れる事を提案してみたら夫に猛反対され、姉は仕事を辞めさせられて一日中介護する羽目に
    最初は食べても食べても「なんでご飯食べさせてくれないの?」と言うばかりだったのが暫くして手が出るようになり
    「杀殳されるくらいなら杀殳してやる!」と首を掴まれて姉は我慢の限界にきて夫に再度施設に入れる事を考えてほしいと相談するも「こんな事言いたくないんだけど、(姉)がお袋に何かしたから怒ったんじゃないのか?」と言われ実家に逃げるように帰ってきた
    その後暫くしてから休日にお出かけしてたら姉の元旦那と会って(姉)はどうしてる?元気?とかいろいろ話したあと
    「悪いんだけどさ、お袋の介護手伝ってくれないか」と私にまで頼んできて、もう他人なんでと言ってダッシュで逃げた

    209 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/02/25(金) 22:09:25 ID:j0+QJKBq0
    前夫との話です。

    婚約中に、別に好きな人ができました。
    結局どうにかできるはずもなくそのまま夫と結婚。好きな人に想いが通じるわけもなく、今度はその隣にいた(つまり好きだった人の友人)既婚者とデキてしまい。
    めちゃくちゃでした。

    夫とは別れたくて、別れたくて…。
    結婚してわずか9ヶ月で、離婚届にやっとサインをもらって、何かに急かされるように時間外窓口へ提出。
    好きな時に出せばいい、と言われていました。

    翌朝、義父が亡くなりました。
    しかも、自杀殳でした。
    あの日、あんなに急いで離婚届を出していなければ、別れられなかったと思います。
    厳密には離婚は成立していたのですが、タイミングがタイミングなだけに喪主であった夫の妻として参列しました。
    一族を見て、本当に哀れと思いましたが…。
    心のどこかで、あの日離婚届けを出しておいて良かったと思った自分がいます。
    その後、前出の既婚の彼の子を妊娠、堕胎。

    このページのトップヘ