義妹

    433 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/01/23(土) 17:15:53 ID:???
    うちの猫(18)も「りく」だw
    当時はそういう名前の子ってあんまりいなかったから
    特に何のこだわりもなかったんだけど
    去年義妹が出産して子供に「りく」ってつけたせいで
    こっちは何も悪くないのに険悪になったw

    643 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/06/25(土) 11:20:59 ID:i03
    義理の妹が出産したんだけど、
    2時間足らずの超スピード安産だったらしい。
    少し前に出産した友達は
    昼過ぎから夜中までかかって難産だったと聞いた。

    好きなだけ食べまくって肥満から重い肥満になって病院にもしかられて
    実家に帰ってネットと漫画三昧、家事もせずぐうたらしてた義妹が
    あんな楽に生んで、
    どちらの実家からも遠い旦那の転勤先で、
    きちんと体重管理もして運動もかかさず、
    がんばって毎日の家事もしてた友達が苦しむなんて
    なんかやり切れないなと思う。

    927 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2010/12/18(土) 22:38:33 0
    エネというにも微妙な物件だが、他に該当しそうなスレもないので愚痴らせてほしい。

    義妹夫婦からお金(50万)を無心された。
    妊娠出産にくわえ、義妹夫の給与がだださがりで、「紙おむつを買うお金もない」そうで。
    冷たいようだがお断りした。なぜなら以前貸した30万、まだ返ってきてないから。
    そのときは夫が義妹の保証人として、小遣いからこつこつ家計には返済したけど。
    しかしそのときの苦労がが身にしみているらしく、
    今度は夫も「自分が保証するから」とは言わない。しかし貸してはやりたいようで・・・

    「(ピコ-ンひらめいた)!嫁子(私)の親に頼めばいいんじゃね?!」
    私、初めてリアルで目玉ドコー?
    夫いいこと思いついたとばかりにまくしたてる。
    「嫁子親は子ども大好きで嫁子姉(子持ち)の家にもいっぱい援助してるから、お願いしたら援助してくれるよ!」
    頭クラクラしながら私親に迷惑かけるなとゴルァするものの、義妹夫婦もノリノリになってしまった。
    しょうがないので私が両親に電話して事情説明すると、父から「夫君に代わって」と。
    「自分の娘や孫は可愛いから援助するが、君の妹さんはうちの娘(私)に嫌がらせはするし、
    なぜお金を出してもらえると思えるのか理解できない。今後娘とは行き来するが、
    君との付き合いは遠慮させていただく」と言われたらしく、夫リアルorz
    うちが当てにできないと理解した義妹夫婦は、もう用はないとばかりに帰っていった。
    そしてその後、夫からの連絡は全て拒否されているらしい。

    この件で夫がことあるごとに「嫁子親のせいで妹との仲が壊れた」と愚痴愚痴うるさい。
    あんたの妹のせいで私と夫の仲は何度も壊れそうになったというのに・・・
    ウトメは亡くなっているので、世界でたった一人の身内なのに、と言われた。
    妻である私は身内ではないらしいよ・・・
    今まで散々義妹のワガママに振り回されてきたが、もうつきあいきれん。
    「私と別れたら好きなだけ義妹ちゃんに援助できるよ!」と言ってみたが
    離婚はいやだと言う。それも実家の金目当てとしか思えなくなった。
    あと、姉子がいつもブランド着て玩具いっぱい持ってるのは、
    実家が援助してるからじゃなくて(少しは買ってあげてるだろうけど)、姉夫が高収入エリートだからだ。

    497 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/09/19(水) 19:27:21 0.net
    義妹は義兄嫁のことを
    「長男の嫁なのにお父さんたちを立てようとしない。
    産前産後で3ヶ月も実家に帰るなんて非常識。
    嫁実家近くでお宮参りしたのも非常識。
    子供だけ連れて顔見せに来るとかしてもいいのになにもしないなんてお父さんたちが可哀想」
    ってボロクソに言ってたクソ(義母コピー)
    義兄夫婦は新幹線の距離だっつーのにこんな奴らがいる場所に来るわけないじゃん
    そのあと一年もしないうちに、自分が産んだら、産前産後に半年以上里帰り。
    もちろんお宮参りもろもろのイベントも自分の実家でって本当にクソ
    挙げ句の果てには自分も長男の嫁になったくせに
    「九州の長男の嫁になったからには~」と義兄嫁叩いてる
    馬鹿すぎて相手にするのイライラする
    反撃したら「おねえさんにそんな風に思われてたなんて怖くて夜眠れなくなった」って…性.悪すぎる

    189 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/03/20(火) 23:04:23 ID:A2tfC5sv0
    大丈夫かな…過去の話だけど。
    まとめるの下手だからすごく長いです…

    大学時代から付き合っている彼女(A子)が妊娠したのを切欠に婚約(社会人4年目)した。
    A子には両親がおらず、家族は兄(社会人)と妹(中学生)のみ、
    しかし妹(B子)にはすぐに暴力を振るう癖があり、1度も会わせてもらえなかった。
    婚約の挨拶のと時も前からA子からB子の話はしないでと言われ、B子の話はしなかった。
    (B子に簡単な挨拶はしたので顔は知っている)

    ある日A子とデートの約束をしたが、「B子が熱を出し看病をしなければいけない!」
    と言う事でドタキャン。
    仕方なく近くのショッピングモールで一人で買い物していると、
    「彼男さん?」と声を掛けられた。
    B子だった。
    「風邪をひいたんじゃないのか」と尋ねると、「何それw」と笑われて、
    アレッと思った。
    B子も俺がA子とデートをするんじゃないのか?と不思議がっていた。
    そこでB子がハッとした顔をして、話があると言ってきたのでとりあえず喫茶店に入った。

    そこから箇条書きだがB子の話
    ・実は私立の進学校に受かったが学費が高めで、
    親の遺した金と兄の稼いだ金で通うことになった
    (兄も了承してて、専門的な学校だったので高卒でも就職出来たりする所)
    ・しかしそのお金の半分が消えた(振り込む前で貯金してあったが引き落とされていた)
    ・A子の持ち物がブランド品になっていて、いきなり男関係も派手になった
    (デートにもブランド品は持ってこなかったから俺はまったく知らなかった)
    ・きっと多分姉が引き落としたんだろうって、今家が修羅場

    最終的に、A子が浮気をしている、って話をされた。

    57 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/09/05(水) 17:04:59 ID:rGQ
    義妹が何かとマウントしてこようとするのがウザい。
    とっくに所帯を持って家を出ているのに、ほぼ毎日義実家に顔を出している。
    片道30分、小さな子2人(と偶に旦那)を連れてやって来る。
    対してこちらは近距離別居。
    徒歩5分の義実家に義父と大姑の様子を見に行くと、かなりの確率で義妹とエンカウントする。
    大姑を手伝って料理を作れば、横からじろじろ見てきて、「アッアッ醤油入れすぎ~」「美味しそうに見えない~」とネチネチ言ってくる。
    ウルセェレシピ通りだ。
    義実家宛に母が送った中元のお高い肉を、我が物顔で調理して振る舞い、そのくせほとんど義妹夫婦で消費する。
    親戚が集まる行事があれば、アレしぃコレしぃと指示を飛ばしてきた挙句、大姑に煩い黙っとれと一喝される。
    大体私の呼び方も名前にちゃん付けで上から目線だし、今は亡き姑気取りなのか、本当にウザったくてしょうがない。
    察するに、義実家唯一の女の子ってことで可愛がられて育ったから、自分が義実家の中心じゃないと気が済まないんじゃないかな。
    義実家に入り浸るなら、もう義父達の面倒は義妹に任せるよ。
    私は同居しない。頑張れ。

    212 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/06/03(水) 14:45:50 0.net
    相談スレに書くとネタ扱いされて、一蹴されそうなのであえてこのスレに書く。
    正直な話こんな話読んでも私も実際体験していなかったらネタだとしか思えないから
    ネタだという指摘は止めて。ネタだと思うならレスしてくれなくて良い。
    私は夫実家で義家族と同居中。夫実家は2世帯住宅で一階部分に私たちが
    二階部分に義両親と高校生の義妹が住んでいる。
    義妹はちょっとギャル入ってて、喪女の私にはちょっと苦手なタイプだったので
    一緒に住んでるのに殆ど会話が無かった。
    それが2,3日前から義妹が夜中にこっそり出て行くんだよね。
    でも30分もしないうちに帰ってくる。
    30分なら非行かどうか微妙だし、夫は出張中だから
    チクッたって言われるの嫌だし、義両親に言うかどうか迷ってて
    ずっと悶々してたんだ。
    それでもそもそも30分もしないうちにってここらは田舎で何も無いのに
    何してるんだろう?って気になって、叩かれるかもしれないけれど
    尾行してみた。内容によって義両親に報告するかどうか決めようと思って。

    このページのトップヘ