胸糞

    847 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/09/21(水) 20:46:53 0.net
    6年前、自分ではスカ話だけどちょっと叩かれるだろう黒い話。
    胸糞悪くなるかも知れないんで、そういう人はスルー推奨。

     
     元夫と離婚する半年ほど前の話。
     姑がいわゆるクソトメで、無断外泊するな、専業だから食事くらいは作れと
    毎日毎日がなり立てられてた。(クソの義実家で同居でした)
     私は家事一切がダメで、それを承知の上で元夫に頼まれて結婚したので
    家事をする義務などない、と言い返してたのだがそれでも姑が喚き散らす。
     その分、姑が家事を全てやってくれてたし、元夫は何も私に言えなかったから
    楽だったけどね。でもウザいのは確かだった。

     まあ、元夫は出張が多い仕事だったんで、その時はよく外泊してた。
    クソトメと2人きりなんて嫌だったから。座敷犬はいたけどねw (←伏線)
     今だから言えるけど、ナンパされては一晩限りの恋愛も楽しんでた。
    容姿には自信があったし、まだ20代前半で遊びたい盛りに結婚したから。

    234 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/07/17(金) 17:53:19 0
    結婚するときに、母から聞いた話。

    母は田舎の長男に嫁いでしまい、時代もあり朱に交わってエネmeになってしまって数年。
    同居の祖父母に「実家は捨てたものと思え」「電話などはトメの許可を得てするように」と言われ、
    父に愚痴っても「でも結婚ってそういうものだろ?今のお前の苗字はなんだ?」
    と、本当に結婚以来ほとんど実家には帰らせてもらえなかったそうだ。
    母実家の父(私の祖父)が病気に倒れ、介護が必要になっても「お前はうちの嫁」「近寄ることは許さん」で、
    母実家近くに住む母の兄夫婦(実質兄嫁)に全て任せるかたちに(祖母もいたけど、足が悪いので)。

    もういよいよ悪い、というときに、土下座をして「せめてもう一度だけ父の生きている顔を見たい」と
    泣きながら訴えたら、祖父に丸めた雑誌で頭をはたかれた。
    「お前はあの家の人間ではない、○○という男(祖父)とお前はもう他人なんだ」と。
    母いわく「ここで私の中の最後の線が切れた」らしい。
    もうどうにでもなれ、と通帳を探して(お金は、たとえ食料品を買うのでも、トメに頭を下げてそのつど
    手渡してもらう、がルールだったそうだ)次の日にでも実家に行ってしまおう、許可なんかいるか!
    と準備をしていたら、その夜祖父の訃報が飛び込んできた。

    「仕方がないので葬式だけは行かせてやる。感謝するように」と送り出され、実家に到着。
    親戚からの親不孝者!の罵りも受け、介護で疲弊しきった兄嫁を見て、母は遺産の相続を断った。
    兄夫婦は「そういうわけにはいかない」と言ったが、とても受け取ることはできないと。
    (祖父の介護や祖母の生活の面倒の費用なども、当然ぜんぶ兄夫婦に頼りきりだったので)
    (母曰く、遺産を全て兄に回してもきっと足が出ていたはず、だそうだ)
    そして、葬式会場にウトメから
    「うちの嫁がそちらに行ってると思いますが、泊まりは許してませんのでくれぐれも」という電話あり。

    237 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/08/26(金) 10:37:13 ID:59T
    一部不謹慎な内容かもしれない

    毎朝毎朝六時頃に家の前をノーヘル、速度違反、信号無視してる大型バイクがいた
    いつか被害者がでるんじゃないかって警察に連絡したけど対応してくれなくてその矢先に被害者が出た
    私の祖父
    道路の端を歩いてるところをハンドル操作を誤って真正面からぶち当たったらしい
    その時点で相手のこと許せないんだけど、相手は既婚者子持ちなせいで、近所の宗教団体が家に来て
    「相手の身になりましょう。あなたの親や配偶者がいつ同じ加害者になるのかわかりませんよ
    加害者があなたの親や配偶者だと考えて下さい」
    みたいなことを言われて思わずドアをぶん殴ったら扉に傷がいった
    加害者の任意保険が態度悪いことで有名で、コチラが弁護士入れると宣言するまで説明責任を全く果たさずに逃げ回るし金も渋る
    挙句こちらの任意保険会社の担当は寝ぼけたことを言い出したので、任意保険の弁護士特約をつけて自分の任意保険と戦うという謎の労力まで果たす羽目に
    その間にも加害者の配偶者や親や子供が泣きついてくる
    電話してくんなと言ってるのに謝りたいといいつつ電話越しに泣いた子供に「パパをゆるしたげてーうぇーん」と聞かされ
    「ならあんたの両足と両手ちょん切っておじいちゃんに頂戴。おじいちゃんの両手両足つぶれてぐちゃぐちゃだよ」と言ったら黙り込む
    こっちは疲弊してヘトヘトなのに野次馬から「祖父とかもう先が短いんだから頑張らなくてもいいじゃん」と言われて殴りそうになったのを周りに羽交い締めにされなんとか思いとどまった
    治療はすすむけど車いす介護必須は揺るぎなく自宅改修をしたいけど役所にかけあったら「現状自宅にいなければ改修工事の補助金は出ません」
    でも改修工事ができないとそもそも家に住めないんですけど?家で住むための改修工事ですけど?と言ったら「一日か二日でいいから家にいた実績作って下さい」
    何この謎のルール
    事故にあうまではずっと同居してたけど入院した時点で補助金の対象外なんだと
    祖父の送迎のために車も車いす用に買い換えなきゃならない
    祖父が乗り降りできる車いす乗せられる車を見積もったら1000万くらいするらしい
    しかも任意保険に聞いたらそのお金は出さないと
    通院はタクシーでしてね、だって
    全身麻痺の車いすの祖父をタクシーが毎日送迎してくれんのか?
    しかも祖父の送迎のために家族が1人犠牲にならなきゃならん
    その犠牲になった家族の時間は補償されない
    祖父は元気だったのに何もできなくなって荒れて人が変わってしまった
    まだまだ言いたいことあるけどなんだかいろいろ疲れてきた

    845 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/10/07(火) 20:03:48 0.net
    ある記事読んで思い出したので
    ここに吐き出します
    長いし文才が無いので面白くもない

    祖母と両親と姉と俺の5人家族で田舎に住んでました
    一番昔の記憶は3才の時に夏の深夜に漏らして
    両親に殴られ庭の柿木に朝まで縛られて
    全身蚊に食われて大変な事になったが
    誰も家族は助けてくれませんでした
    この記憶以前から虐待が合ったのかはわかりませんが
    家族の反応から推測するに日常のひとコマだったと思います
    その後も両親に毎日殴られたり蹴られたり地下に閉じ込められたりし
    幼いながら身の危険を感じ5才の時に家出をしました
    結果家から20キロ離れた居酒屋の人に保護され家に逆戻りし
    泣き叫んで帰りたくないと訴えたが
    家族全員外面だけはいいのか誰も虐待されたって言っても信用されませんでした
    家族は何も言わずその後1ヶ月は虐待が止まったのですが
    近所の評判を気にしていただけであの家族がそんな事をするはずがない
    ってのを確認したんでしょうね、虐待は再開され陰湿になりました

    17 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2004/05/09(日) 01:00:00 ID:4hrZxYVK
    もう何年も前の話。

    結婚して2年ぐらいだった。夫は優しい人で、いつも明るく、私を笑わせてくれていた。
    とても好きだったんだけれど、おっとりした人で、神経質な私をいらいらさせることもあった。
    でも夫は、仕事のことで不機嫌になり、なにも悪くない夫のことを私が邪険に取り扱っているときでも、
    いつも私のことを気遣ってくれる人だった。私が体調悪いときは、仕事を途中で抜け出して帰宅し、
    その後仕事に戻って徹夜するような、自分がどんなに無理しても私の面倒を見てくれる人だった。

    夫婦の家事分担は、私も仕事を持っていたので、食事・洗濯等は私がやる代わりに、使用した食器の
    洗浄は夫の担当ということになっていた。
    当時夫は、連日日が替わってから家に帰るほどの激務が,2ヶ月も続いていた。
    でも文句も言わず、深夜私が寝付いた後に帰宅して、私が用意しておいた食事を食べ、
    夜中に私の分も含めてちゃんと食器を洗ってくれていた。


    661 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/04/08(金) 03:48:18 ID:bJccfO0k.net
    変な時間に起きたら友人からのメッセージが来てて、その内容が胸糞で目覚めが悪かったので投下

    私は生涯独身を貫くと決めてるし、その為の終の住処を購入する貯金やその後の収入の目処をつける為に仕事頑張ってる。
    それから、先天的な持病(現代医学では完治は無理)があって長生きも期待してない。
    自分から病気についてぐだぐだ言ったりはしないけど、やっぱり完全な健康体とは違うから無理はできなかったりする。

    この友人はそれについて変に気を使うことがなく、ちょいちょいなんだかなぁと思うことはあったけどそこはお互いさまだしと付き合ってた。
    だけど、その友人が結婚してからなんかおかしい

    まず、私が独身主義なことに対して
    ・今はひねくれてるだけだもんね、うんうん
    ・早く良い人捕まえなよ。今は若いから良いけどね
    ・幸せになりたくない子ちゃんなんだよね
    ・あんたの周りの男がクズなだけで、あんた自身が変わらないとみんなクズのまんまなんだよ?
    などなど
    終の住処を探してることについても
    ・孤独タヒするよ
    ・そんな田舎、私が遊びにいけないじゃん!
    ・田舎でもあんたじゃうまくやってけないって!
    あと身体のことについても
    ・IPS細胞を注射して治る!治る!
    ・医療の進化で治る!治る!
    ・だから体治せ!
    など、そんなこと困るよ……って反応ばっかり

    他の話題についてもなんかちょくちょく噛み合ってなかったり、重要なことを反故にされても開き直られたり神経わからんというよりもしかしてなにか多大なストレスがあるのではと心配になることばかり


    もう疲れたよ、パトラッシュ……

    443 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/09/20(水) 17:32:19 ID:SUvpuSsM.net
    最近涼しくなったから窓開けて寝てたら
    夜中の2時過ぎに赤ちゃんの大号泣が15分以上聞こえて外に出たら
    見るからにヨボヨボの年寄りが赤ちゃん抱いて家の前の道を行ったり来たりしてた

    なんか可哀想だから母と一緒に声かけたら近くのタワマンの人で
    マンションだと泣くと騒音が気になるから赤ちゃん連れてウロウロあやしてると言ってた
    この閑静な住宅密集地のど真ん中で随分と田舎臭いことするなぁと思って
    窓しめて普通に寝るか!って感じで私はいたけど
    私の母は異変に気が付いていたらしく警察に通報
    警官が来て年寄りと赤ちゃんをマンションまで送るって感じで話がつきそうだった時に
    年寄りが凄い取り乱して帰宅拒否ってて私もその時に初めて異常に感じた

    結論だけ言うと警察が9人ぐらい来て
    騒ぎになって、年寄りの痩せかたとか怯えかたが異常だったんで警察が話を聞いてたら
    チラッと見えたんだけど、年寄りの二の腕の内側が根性.焼きで蜂の巣の模様になってた

    若い夫婦と同居して夫婦から奴隷にされて虐待されてる感じ?かなぁと母と話して
    これ以上は興味本意でみたらアカンってなって家入った
    どーいう理由かは知らんけど酷いことする奴がいるんだなぁとイライラが止まらないのが修羅場
    自分の親にタバコを綺麗に何列も根性.焼きする奴とかどんなメンタルしてるんだよ

    696 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2008/05/05(月) 22:18:29
    書いてたら長くなったので二つに分けます。
    会社の先輩(女。結婚退職済み)の結婚式があったので行ってきました。

    先輩は別の会社に長くつきあってる彼氏がいる、と聞いていたので、結婚退職をされた時にも「その彼氏と結婚するんだな」と思っていました。
    ところが招待状が届いてみると、新郎は同じ会社の人。同僚の全てに嫌われてるような奴。
    女優のことをB***hと呼んだり、取引先に行って商談がまとまらないと「僕、今日のスーツはアルマーニなんですけどね!(意味不明)」と叫んで一人で退席するような馬鹿なんです。
    おまけに私の同期(A子とします。おとなしくて可愛い)を社内メールで気持ち悪く口説いてたり。(「今夜ホテルどう?奢らないよ」等)
    そういう事情を全部知ってるはずなのに、先輩はなぜ結婚するのか!そもそもつきあっていたのか!と驚いていました。

    当日はA子と二人で会場に行ったのですが、なかなか式がはじまらない。
    一時間ほど経過した時点で、参加者は披露宴会場にうつされたのですが、披露宴もはじまらない。

    590 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/15(金) 08:03:46 ID:4BF
    元嫁の浮気で離婚した際、慰謝料を10万円までに負けた
    ラリって泣いて喜ぶ元嫁にトドメを刺してやった
    「勘違いするな。義妹さんがお前に婚約者を奪われて吊っただろ。これ以上義父さんと義母さんと義弟君一家に負担をかけたくなかっただけだ」
    「婚約者君と一生添い遂げるんだぞ。義妹さんはお前達を草葉の陰から見ているからな」
    元嫁は金切り声で悲鳴をあげていた
    間男にも同じことをしたら許してくれと震えていた
    その後、元嫁と間男は結婚しているけど、両方の親族から縁を切られているから孤立無援
    二人とも義妹の影に怯えて弱りきっているとか
    一度元嫁から近況報告が来たけど、義妹さんは見ているぞとだけ言ったら悲鳴をあげて切られた

    302 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/05/13(金) 21:55:53 ID:KPf+1HQdO
    もう完全に笑い話に出来るようになった昔の話。
    元彼がある日のデートに母親と元彼の幼なじみの女の子、そしてその両親を連れてきた。
    そのデート場所は自分が初めて元彼の両親に「彼女と付き合っている」と紹介してくれた、ある意味思い出深いステーキ屋だった
    そこで元彼母親から知らされたのは元彼が幼なじみの女の子を妊娠させたので別れて欲しい。そして金輪際元彼に連絡取るような真似をしないで欲しいという事だった
    ついさっきまで普通のデートだと思っていたので頭真っ白になったし、事態の把握が出来なかった。
    とにかくまだぺたんこのお腹を嬉しそうに触る幼なじみとその両親を見ていた。
    訳が解らずにボーっと話を聞いていたらどうやら幼なじみが同棲していた彼氏に浮気されて傷付いて実家に帰った時に元彼が親身に励ましてくれたそうだ。
    その話は少し聞いていたし、幼なじみと飲みに行って相談に乗っていたのも知っていた
    それがいつの間にか男女の関係になり、子供が出来たと言う事だった
    26歳になって、結婚も考えていた。何も言い返せなかった。涙も出なかった
    ただ、少し体勢を変える仕草をすると元彼母親や幼なじみ家族が幼なじみを守る仕草をするのがじわじわキツかった

    このページのトップヘ