自業自得

    401 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/05/22(火) 16:33:36 0
    コトメは結婚しても義実家に入り浸り。
    トメはコトメ親子に甘く、自分からあれこれ世話してあげているが、
    夫が甘やかし過ぎだと責めると、
    「コトメちゃんは家の事を色々とやってくれるから、私も助かってるの!」
    と、嘘の良い訳をしていたらしい。
    本当は、コトメ子をウトメに丸投げして、昼飯食べて昼寝して、コトメ夫の
    分までしっかり夕飯を持ち帰っているだけのくせに。
    そんな中、トメが入院(簡単な手術なので特に心配は無い)
    病院で入院手続き等を手伝っていたら、トメから『当たり前のように』洗濯や、
    ウトの食事の世話を頼まれたので、思わず「え?コトメさんは?」と聞いた。
    トメは黙り込んだけど、少し経って「でも、コトメちゃんは自分の家の家事
    があるし...」ってボソボソ言い始めたが、夫がすかさず、
    「毎日のように朝から夕方まで居て、家の事をやってくれているんだろう?」
    「だったらうちの嫁がわざわざ手伝いに行く事もないじゃんw」
    って笑い飛ばしてそれ以上は言わせなかったわ。
    結局、コトメがブーブー言いながら2日だけ手伝って後は放棄。
    トメの実姉が代わりに世話してたみたい。
    数日後にお見舞いに行った時、トメ実姉がウトメに、
    「普段から、(コトメを)しっかり躾けないからこんな事になるのよ!」
    ってガミガミ説教してて笑った。

    158 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/10/11(金) 13:47:31 ID:rV.lu.L1
    アラフィフの女で管理職をやっています。
    気になる男性.ができたので、少し年下ですが色々とアピールしてみました。
    ちなみに相手は30代後半です。
    連絡先を渡したり、さり気なくボディタッチをしてみたり、何かと話しかけて交流を図りました。
    なかなか思うように距離が縮まらないので、先日呼び出して食事に行きました。
    家庭環境や趣味など聞き出そうとしたら、「こういうのは困ります」と、とても緊張した表情をするんですよね。不快感が滲み出ているというか。
    「だろうね」と返したら驚かれましたが。
    男性.は18歳のバイトの子にまとわりついているということで、遂に私のところにまで報告が上がり、手を打つ意味で男性.と同じことをしてみせたんです。
    正社員かつ年上という立場を振りかざされて、下手に出るしかない彼女の立場を少しでも理解できるように。
    実際とても気になる存在ではありました。
    ひとまわり以上年上の地位も高い人間に粘着される気分はどうだったか尋ねると、彼は「すみません」と言って俯いてしまいました。
    「15も下だと男性.としては見れないな。むしろ子供だ。あなたはよく未成年の女の子を女性.として見れたね」と追い討ちすると、小刻みに震えだしたので、頃合いのようだったので先に帰しました。会計は私が負担しました。
    パワハラセク八ラで訴えてもいいですが、こちらは関係を強要するのではなく、単に説教する為の土台にしただけなので難しいでしょうね。彼の自業自得なので。
    あと、私を訴えるともれなくバイトの子の親が動きます。パワハラセク八ラの名目で。
    容姿の整った子が入ってくると、独身既婚問わず男性.陣が色めき立って、こういったトラブルが発生するので困ります。
    合意ならともかく、明らかに相手が困っているのに半ばス㋣ーカーのようになるんですよね。
    全く理解できない。
    我々は仕事をしに来ているのだから、そうした行為は謹んで欲しいものです。

    641 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/05/24(日) 10:34:10 ID:sUoL6sBb0
    私の実父母は 実家が小金持ちなのを鼻に掛けてか、結構平気で人を見下したり
    無神経な発言したりを繰り返しているのだけど、見事に因果応報なのか
    本人の望んだ生活はできてないよ。

    父は最初は羽振りよかったけど自分が小学校高学年のころから
    尾羽打ち枯らすって感じで もうありえない極貧生活

    子供たち(自分も含むww)はまともに大学にも行けなかったしwww

    大分前の方で家電が壊れやすいっていうのがあったけど、実家もそれが
    あった。やっぱり家電もマイナスエネルギーには弱いかww

    母も父もそこそこの大学も出ているんだけど 夫婦そろって無神経というか
    悪い意味で変わり者、非常識なところがあって、大学時代の友人とかは
    疎遠になるし、会社関係で親しい人もできなかったらしい。
    なので一層 孤立→常識知らず→非常識と見られる→孤立 と負のスパイラルを進んだ模様

    今にして思えば お勉強はできても 心が成長してなかったから、てか
    品性.下劣な部分があって それなりの会社や組織ではだんだん相手にされず、
    ハブられていってしまったらしい。
    最初の会社での待遇はだんだん悪くなっていって 当時自分は
    小学生だったけどそんなに転勤がある会社じゃないはずなのに
    何故か 我が家だけが転々と動いていた。

    結局今は地方の中卒高卒が集まるような会社に居させてもらってなんとか
    生活はしているけど、二言目には「こんな無学な奴なんか」と周りの悪口をまだ言っているwwww

    そういう場所にしか居場所がないのは自分が悪いんだ って気がつかないのよ


    12 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/17(日) 23:04:41
    スレありがとう。
    完全に自業自得な修羅場話。

    新卒一年目の時、上司と不倫してたけど、その上司がホテルで急に苦しみ出した。
    私、慌てふためいて救急車呼んで不倫だから同乗したくなかったけどしないわけにはいかずにそのまま病院。
    不倫相手はホテルのバスローブ姿。
    私はJKのコスプレ姿で病院。

    そしたら、病院に兄が居た。
    そこで働いてた。
    兄が医者なのは知ってたけど、転勤してたらしくこんなところで遭遇すると思ってなかった。
    思わず「あ、お兄ちゃん」って言ったらお兄ちゃんはゴミを見るような目で私の事見て看護師さんたちはギョッとしてた。
    大事になって家族に連絡が行くことになって私は光の速さで帰った。
    不倫相手は助かったけど、もちろん不倫はばれた。

    564 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/05/29(月) 01:44:19 ID:7Ma
    入院中の出来事
    隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男性の話
    この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい
    最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた

    毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
    薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した
    「ねぇあなた、今どんな気持ち?」
    男性は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、何も反論できない男性に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた
    「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」
    「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」
    「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」
    「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」
    「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」
    「お前のせいだ、お前が悪い」
    これを来る日も来る日も繰り返してた
    男性はこの言葉を言われるたびに涙を流してた
    なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから
    長女さんに至っては「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」
    「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」
    「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」
    「私が先天性の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」
    「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」
    「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」
    「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」
    という言葉を来るたびに繰り返してた
    娘さんたち、まだ若くて学生かな
    それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった
    奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
    娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った
    そのせいで俺が夜うなされたほど

    話をまとめると男性は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
    そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい
    それからというもの何があっても宗教宗教で、その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう
    「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった
    次女さんは忌々しそうに「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」と吐き捨てていた
    その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに
    「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」
    と返されていて同情心が吹き飛んだ
    これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな
    こう言いつつも三人とも男性の身の回りの世話はしてたから女性ってすごいと思う
    俺は先に退院したけど、男性は最後まで言葉を取り戻せずに毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた

    123 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/08/06(木) 17:52:08 ID:SB6
    誰も見てないとこに恥を捨てて晒します。
    若かりし頃のどす黒い過去を。

    それは高校に入ってすぐのこと。
    地元の女友達から男を紹介された。(以降A君)
    A君は友達と同じ高校で、中学はうちらの中学の隣の中学卒。
    ルックスはジャニ系な爽やかイケメンだった。
    好きな音楽とか趣味の話で意気投合したうちら。
    よく三人で遊ぶようになった。

    夏休みに入って、私は家庭の事情からプチ家出。
    それをA君に話したら
    「女が一人でフラフラしてるのは危ない。行く宛がないならうちに来い」
    と言ってくれたのでお言葉に甘える事にした。
    A宅は父子家庭でA父は県外に単身赴任中。
    家にはA君とA兄が二人で住んでいた。
    このA兄ってのが超DQN。
    地元じゃ知らない人はいないってくらい、鬼より怖い不良だったらしい。
    A宅はA兄友達(皆超絶DQN)の溜まり場になっていて、私もその中で生活していくうちにDQNに染まっていった。
    そしてDQN先輩達と一緒に悪行三昧。
    例えば
    皆無職でお金がないので食料は万引き、無線飲食。
    乗り物(自転車、バイク)は窃盗。
    現金は恐喝や年寄り狙って引ったくり。
    終いにはリーマン狩り。
    他にもタバコ、クスリ、酒…
    愚行の限りを尽くした。
    そしてあろうことか、悪行の数多い=人生の階級アップグレード とDQNな勘違い思考が染み付いてしまったのだ。
    人に迷惑をかける事こそがステータス。
    「ちょっと悪い自分」に酔いしれ、口癖は
    「パンピーはタヒね」
    今思い出しても冷や汗もの orz

    そんな生活を約二ヶ月送って八月後半。
    夏休みが終わる二日前。
    シ○ナーでラリった後輩とアダ○トなビデオが流れ続けるテレビ、食べかすや大量の使用済みティッシュに埋まった汚部屋のど真ん中でA君からキス&告白された。
    突然のキス&告白、しかも人生初のキス&告白!!
    に、私の頭はオーバーヒート。
    A君に言われるがまま付き合うことになった。
    ここから更に脳内DQN大暴走。
    取り返しのつかない事態になってしまうのだった…

    151 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/12/02(金) 17:55:56 ID:9JE
    夜に無灯火の自転車で女の後ろに張り付いてビビらせるの楽しいwww
    ちんたら歩いてるJKの集団にベル鳴らして嫌な顔されるの楽しいwww
    と豪語していた奴がとうとう女の子に追突した
    バイトの休憩中に聞かされたから掻い摘んだ話しか聞けなかったがな
    逃げようとしたらしいがリーマンが3人くらい寄ってきて逃げられなかったんだとさ
    「あのブスが大袈裟に転んだから人が寄ってきた・・・」
    とのこと
    「えっ?wお前よりブス?wwwお前より?え?w」って突っ込みたい気持ちを堪えた
    当の女の子が許してくれたから警察沙汰にはならなかったらしいが、まあ無罪放免というわけにはいかんわな
    リーマンに首根っこ掴まれて家まで送られて親に事情を説明させられたらしい
    こいつは自転車と教習所の学費を親に没収されたらしい
    「バイトも学校も家から微妙に遠いのに・・・」
    と自分本位に愚痴っていた
    一歩間違えれば大ケガ負わせて前科者。慰謝料も背負って学校なんか辞めさせられてただろうに
    反省した素振りは全く見せず
    「あいつが急に止まったから・・・」
    と呟いていた
    「自転車の歩道の走行は法律で禁止されてるよ」
    と社員に教えられて「えっ!?」とか間抜けな声出してたわ
    人の顔面やマナーにどうこう言う前に法律守れや

    536 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/04/15(金) 18:06:59 ID:UtB
    高校からの友人だったAという奴の話を書く。
    Aは非常にいい奴で、地味メンではあるが優しく面倒見がいい。
    そのAの親友Bという男がいた。
    こいつはAとは逆のチャラ男で金使いが荒く、時間にルーズで他人を見下した態度を取るため皆に好かれていない。
    皆Bとは距離を置いているのだが、Aを誘うと2、3回に1度の割合でBがついてくる。
    Bは上記の通り時間を守らないし、すぐ人にタカろうとするので空気が悪くなる。
    あらゆる友人にAは「もうBを切れ」と言われてきたのだが
    「あいつもあれで悪い奴じゃないんだよ」などとかばい、ズルズルと付きあってきた。

    しかしある日Aが「Bには堪忍袋が切れた。もいあいつとは縁を切りたい」と珍しく激怒した。
    話を聞くと、どうもBがAの彼女を寝取ったらしい。
    もっとはっきり言うと、かなり強引にやっちゃったらしい。
    A彼女は泣き寝入りだがAはさすがにカンカンで、「二度とBの顔は見たくない、絶交だ!」と言う。
    俺達は全員縁切りに賛成し、Aの引っ越しやら転職活動やらに協力した。
    Aは携帯を変え、住居を変え仕事を変え、Bとのつながりを全て切って、近県にて再出発した。

    このページのトップヘ