衝撃

    960 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/23(土) 23:44:58 ID:4T.9r.L1
    友達から久しぶりに連絡があって、「遊びにおいでよ!」と言う。
    「いいねえ、場所は○○だっけ」と言うと
    「引っ越したの。今は××。詳しいことは会った時に話す」
    ということで、ケーキ持って新居にうかがった。
    友達はテキパキシャキシャキした性.格の美人で、
    ぐったりのんべんだらりの私と正反対。
    数年前に結婚して、旦那さんの希望で専業主婦になって、
    そういう性.格だから家の中もピッカピカで、料理も上手。

    ××にある新居は、中古だけどしっかりしたつくりのマンション。
    ○○に住んでいたころは一戸建てだけど借家だったから、
    マイホームを買ったのね、お披露目ってわけねと思った。

    友達が「待ってたよー!見て見て夢のマイホーム!」と部屋を案内してくれた。
    寝室まで見せてくれたんだけど、
    高級ホテルの部屋みたいに機能的で清潔な寝室に、ベッドが一つしかない。
    「あれ、旦那さんとは寝室は別なの?」と訊いてみると、
    友達はこともなげに、
    「あー、別れた別れた。それでふんだくった慰謝料で買ったのがここ」
    「はいっ!?」
    続きます。

    623 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/12/05(木) 16:13:56 ID:7Zz
    恥ずかしくて誰にも言えないし言ったところでオチも何もない話なんだけど、ここは何を書いてもいいということで書かせてほしい
    自分が昔は美少女だったということを30も半ばになって知った
    いやもう自意識過剰だって叩かれるのはわかってるんだけど書かせて欲しい
    気付くのが遅かった理由が
    ・美人だとか可愛いだとか言われてもそれは挨拶だから自分も言い返さないといけないと思っていた
    ・親からはお前は美人ではないと言われていた
    ・知らない人がじろじろ見てくるのは自分がおかしいからだと思っていた
    ・そもそも小中高と学校に可愛い子が大勢いて自分が可愛いなどと思えなかった
    という感じで、同窓会で私さんは本当に可愛かったよね~(過去形)と言われたこと、夫に毎日褒められて自尊心らしきものを得たことで、もしかして昔は可愛かったのでは…?と思うようになった
    今はもう知らない人から見られることもないし残念ながらとりたてて美人なわけでもないと思う
    別にやり直したいこととかはないけど、もし当時それを知ってたらもっと自分に自信を持てていただろうに…と何か損した気分になる
    書いてみると改めてめちゃくちゃしょうもないけど誰かに言わずにはいられなかった
    おばさん昔は可愛かったらしいのよって

    158 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/07/15(土) 10:02:41 ID:q0P
    義家族全員が一度のトイレで尋常じゃない量のトイレットペーパーを使う。
    旦那は交際時から3年かけて普通量程度に変えてもらったけど、同棲開始当初は本当にビックリした。
    旦那が一回トイレするだけで取り替えたばかりのトイレットペーパーが大袈裟ではなく3分の1くらい無くなるんだよ。
    旦那曰く、仮拭き・本拭き・仕上げ拭きで3~5回拭かなきゃならないからどうしてもこれくらい必要になるらしい。
    むしろこれでも家族の中では少な目に使ってる方だと。
    結婚後に初めて目の当たりにしたけど、本当に義家族全員が旦那以上にありえない量を使ってた。
    日に3~4ロール取り替えるのは当たり前らしく、買い置きを置いておく部屋はトイレットペーパーで溢れかえってた。
    これが義実家内だけなら構わないんだけどお店でも我が家に来た時でも使用量は変わらないから地味に困る。

    67 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/12/13(金) 12:05:56 ID:ef.ge.L1
    若気のいたりな衝撃話。
    その頃は古着が流行ってて、高価なブランドより自分の目で探した古着の方がかっこいいっていう価値観だった。
    今思えば恥ずかしいけどサブカル全盛期で、尖ってるのがかっこいい(笑)みたいな。
    キムタクとかが人気だったが、そういうミーハーなのはダサいと思ってた。
    そんな中、大学にすごく目立ってセンスのいい男子がいた。
    髪型も服も靴もオシャレで、音楽や本の趣味もいい。別にイケメンじゃないけど棒のように痩せててシュっとしてた。
    その人に、何の間違いか告られて「今の彼女と別れるから付き合って」と言われた。
    半信半疑で「別れてからならいいよ」と言ったら本当に別れてきた。
    それで何回かデートしたんだけど、どうもおかしい。
    変な服着てくるし、一緒に本屋めぐりしたけど向こうの言ってることが微妙にトンチンカンだし、やたら「うちに来てよ」と引っ張り込もうとする。
    「家に行くのはもうちょっと親しくなってから」と言うと「前の彼女はいつも来てくれた!なんできみはしてくれないの?コンビニ弁当飽きた!」

    結論から言うとオシャレな彼は前カノの「作品」だった。
    髪型も服も彼女の趣味。好きな本も音楽も映画も同上。
    しかもアパートに通って家事全部して食事管理して体重の増減までチェックしてあげてたらしい。
    シュっとした体もは彼女の努力のたまもの。
    彼氏いわく「何でもしてくれるから彼女というよりお母さんみたいになっちゃって、そういう目で見れなくなった」
    いや、お母さんみたいな前カノが嫌になったなら、なんで私をまたお母さんにしようとする??
    とドン引きしてすぐ別れた。
    ちょっとス㋣ーカーぽくなったが、私はお母さんになってくれないと向こうが悟ったら終わった。
    「前カノと復縁するからいい」と言われ、それっきり。
    でもその後、彼は太って服も髪型もいまいちだったから、たぶん復縁できなかったんだと思う。
    あそこまで一人の男を完璧にプロデュースする女性.がいるのかと衝撃だった。

    647 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/28(木) 19:31:21
    十数年前の話
    近所に大きな自然公園がある
    芝生やマラソンコースや池や林もあってかなり広い

    あずま屋?っていうのかな、屋根つきの休憩所がいくつかあるのよ
    そこで本読みながらボーっとしてたらクロスバイク系自転車に乗った50代くらいの男女が来た
    自転車止めて二人であずま屋の後ろの林に入っていった
    自分は気にせずに本を読んでたら変な声が聞こえてきた
    振り返ったら10メートルくらい後ろの木につかまって立ちバックでやってた
    二人とも下半身丸出しで大声で喘いでた

    あずま屋にいた自分や他の人もビックリしてしてたら、男が下半身丸出しでこっちに歩いてきた
    女も後ろで下半身丸出しでニコニコしてる
    慌てて逃げ出したよ
    ぱっと見、普通の中年夫婦みたいな感じだったので本当に衝撃だった

    122 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/12/11(水) 18:28:10 ID:lNkwsDgS
    ブランドバックの値段を知ったとき。

    祖母には娘がいなかったので、遅く生まれた三兄弟末っ子長女の私は、私が自覚できるくらい溺愛されてた。
    その次に、東大→一流メーカーの花形部署勤務→アメリカに単身赴任という、分かりやすいエリート街道歩いてた叔父も可愛がられてた。
    兄たちと差をつける程、私を甘やかしてたので、私の両親(祖母にとって長男夫婦)とは仲が悪かった。

    少々マザコン気味の叔父は、在米中、誕生日とか関係なく、いいのを見つけたからとか言って、よく祖母にカバンをプレゼントしていた。
    服とかアクセサリーとか関係なく、何故か毎回カバン。それも、男性.が選ぶせいなのか、大抵祖母の好みに合わない。
    祖母は海外ブランドにはまったく興味が無かったし、「売る」=金に困ってする行為、という感覚だった時代の話。
    普通はここで、嫁や娘にカバンが流れてくるんだろうが、娘はいない、嫁とは仲が悪い、ということで、孫の私によこしてきた。
    (母にどうか、と声をかけたのかもしれないが、だとしたら母は断った)
    田舎の小学生なので、服に合わせてカバンを変えることもせず、そもそも、大人向けのカバンは好みに合わない。
    家庭科で作ったナップサックと同等の扱いで、汚れがひどくなったり、使わなくなったら処分されていった。

    時は過ぎ、就職をして上京。
    初めてのボーナスで、自分へのご褒美(笑)を買いに百貨店へ訪れて、祖母からもらったカバンの価値を知ったときは衝撃的だった。

    プラダのリュックにぬいぐるみを詰めて山を駆け、プリマクラッセのバックに絵の具を詰め込んでた小学生時代…。
    変な人が寄り付いたりしなくてよかったなぁ、と、一人でゾッとした。

    615 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/11/28(木) 00:14:57 ID:I5mBGQs4.net
    学生の頃に韓国好きの友達に誘われてアカスリに行った時のこと。
    お店から「無料にするから新人の研修もさせて欲しい」と言われ、承諾。
    研修生は外国人もいて10人くらい。紙パソツを渡されたものの、どこで着替えるのかわからない。まあ女性.ばっかりだからいいかと思ってその場で着替えた。
    アカスリ中は、なんか見られるの恥ずかしいからずっと目を閉じていた。
    終わってから、その新人の中におじさんが2人いるのに気づいた。
    女性.しかいないと思い込んでいたからほんとびっくりした。こっちはネ果なのに。信じられない。非常識過ぎる。
    スタッフにどういうことか聞いたら、その2人は私の身体に素手でボディシャンプーを塗ったり海藻マッサージをしたそうで。
    なかなか上手だったでしょ?って。スタッフはその2人を呼んで、私はなぜか握手させられた。

    455 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2004/05/13(木) 20:55:00 ID:jbZqY8sT

    アコギの弦張り替え

    古い弦を外して指板など清掃

    トイレに行く

    新しい弦を張る

    音を出したらギターから「にゃー!」

    サウンドホールの中からこんな状態で猫ハケーン ||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||

    _| ̄|○


    ※アコギ=アコースティックギターと思われ。

    650 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/10/24(金) 20:10:15 ID:whipbHA6.net
    遠足で科学館へ行った我が息子が、血だるまになって帰ってきた
    他所の子がこんな格好で歩いてたら、私なら警察に通報したかもしれないってくらい、
    体操服のあちこちに血痕があった。
    ふと気が付くと、携帯に鬼のような着信履歴
    以下、先生からのお話を含めた事情聴取

    科学館で、暗い部屋で光を見せるような展示がある
    そこで盛大に壁にぶつかって、鼻血を出す息子
    息子「せっかく遠足に来たのに、安静にする時間がもったいない。血が出ても服のすそで拭えばヘーキヘーキ」
    鼻血が止まる頃には、すっかりホラー風味の体操服の出来上がり…ということらしい

    息子的には「いやー、ちょっとぶつかっちゃって」ってノリだが、見た目が事件性.を感じるレベル
    さっき、科学館から謝罪の電話までかかってきたよorz
    とりあえず平謝りして、息子は〆ておいた

    血痕って、洗濯で落ちるんだろうか…

    909 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/12/02(月) 00:08:58 ID:NG.nz.L3
    出張でな、駅ビルでなぁ、晩ご飯を食べていたんよ…
    研修でストレス溜まったから大好物のチキン南蛮をな…おいしかったよ
    幸せな面持ちで食べていたら隣のテーブルにいた人達が勘定の為に立ち上がってな
    わいわい言いながらテーブル横の通路を通ってなぁ
    私の定食の味噌汁の入った器を尻で倒しおった
    めちゃくちゃ熱かった
    熱かったけど、お気に入りのトレンチコート(3万)に味噌汁がダイレクトアタックしたもので、大慌てでお手拭きで応急処置したんよ
    騒ぎを聞きつけた店員さんも駆けつけて手伝ってくれたんだよ
    で、尻の持ち主とその連れは何かするわけでもなくざわざわするだけ
    「どうしようどうしよう」ってオロオロ
    仕舞いには私にどうしたらいいかと聞いてきたので、「いいから離れていて!」と強めに返した
    ら、いつの間にかいなくなってた
    テーブルの上も下も汚れて、私も下半身が味噌汁まみれで、現場復帰に気を取られて気づかなかったわ
    もうね、私も店員さんも唖然
    シミになるかもしれんと落ち込んでたら、店員さんがコートを預かってくれてな
    シミ抜きしてくれて助かった
    定食も新しくよそってくれたんだよね
    しかも、「クリーニングが必要なら領収書を送ってくれ」って連絡先まで渡してくれた
    十分すぎる対応に流石にクリーニング代は要求しなかったけどな
    あの女子高生どもは許さんが店は神だったわ

    このページのトップヘ