警察

    513 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/04/13(金) 21:57:05 ID:5knGD1xZ0
    先日上京した時に、atmに書類の忘れ物があったので
    警察署へ届けた。面倒なので権利放棄した。
    その数日は、劇場や駅のベンチやドアやエスカレーターで
    いやに親切におじさんたちに譲ってもらえたのは
    因果応報なのかなwww

    731 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/07/13(金) 17:22:33 ID:oIyk6qmE
    面倒なので簡潔に

    財布を交番届けたら素敵な白い粉が出てきた
    子連れママが旦那が財布落としちゃってと登場
    警察官に連れられて、奥に入って行った

    このママは財布拾った時に絡んできたママなので
    確実に財布の持ち主ではないと思われるが
    泥だらけでも財布を手に入れたいと思う
    ママの邪魔しちゃ悪いと
    拾った時の事は何も言わないでそのまま帰った

    609 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/06/25(火) 18:19:43 ID:Fd9WxGS3
    俺は美大を目指して浪人していた。
    受験の時、試験会場に向かうために
    画材を詰めた鞄とリュックをかついで電車に乗った。
    地下鉄への連絡通路を歩いていると、
    「君、ちょっと待ちなさい」と肩をたたかれた。
    「ちょっとそのバッグの中を見せてくれますか?」
    警察だった。時期はオウム地下鉄テロの直後だった。
    俺が鞄を見せると、警官たちの顔に緊張が走った。
    俺は油絵志望していたので、色々な画材を鞄に入れていた。
    粉の入ったビンとか、粒々の入った袋とか、
    透明な液体、褐色の液体、ペースト状の何か、などなど。
    普通に画材なんだが、絵を描かない人にとっては
    わけのわからない物体で満載だったろうw
    警「説明してもらっていいかな?これは何ですか?」
    俺「テレピン油です、蜜蝋です、メディウムです、ダンマルガムです」
    警「ダ、ダンマ…それは何ですか?」
    俺「油絵の道具で、これから入試で」
    画材の説明を必タヒでして受験票を見せると納得してくれて
    俺はやっと解放された。周りには人だかりが出来ていた。
    地面一杯に広げられた画材を涙目で鞄に押し込んで会場に向かった。
    試験は落ちた。

    906 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/10/12(木) 14:29:09 ID:raw
    高校の時のクラスメイトの話
    見た目は優等生でイケメンスポーツマンなんだけど中身がサイコパスの虚言癖
    私はバカでとろいのに、昔から記憶力だけすごくよかった
    多分私が単純バカだから扱いやすくて好かれてたんだけど
    いつの日からか彼の話に矛盾が多すぎることに気づいた
    本人も覚えていないような些細なことが、私にとっては昨日のことのように思い出せてしまう
    嘘自体は本当に小さいことで、家の車のブランドだとか兄弟の学校とかなんだけど
    本当にいつも連れ回されていたので、この人はなんだかいつも違うことを言うなぁとぼんやり思っていた

    毎日一緒に帰ってたんだけどある日「ねえ、前違うこと言ってたきがする。今日の話とどっちが本当?」と聞いてしまった
    その瞬間みるみる顔が青ざめ、「違う!違う!ごめん!!」と急にうろたえて謝ってきた
    私も何が何だかわからず「どういうこと?何が違うの?」と聞いてしまった
    その瞬間うるせぇ!!!と急に本気で怒られ肩を掴まれ揺さぶられ、今日のことは誰にもいうなよと脅された
    高校生とはいえ異性.の本気の怒号にびっくりして、怖くて走って逃げ帰った

    次の日から私、クラスで総スカン
    なんで?と思うけど 誰も相手にしてくれない
    そしたらクラスで親が893とか魔薬やってるとか言われて割と浮いてたハーフの女の子(ダレノガレに似てるから以下ノガレ)がいたんだけど
    その子が休み時間に近づいてきて
    「余計なお世話かもしれないけど、例の男子があんたの悪口散々言ってたよ。でもあたしは絶対ぜんぶ嘘だと思う」みたいなこと言われた
    どうしてそんなこと言うんだ?と本人に聞こうにも電話もメールもブロックされていた

    だんだんノガレと一緒に帰ったりご飯を食べる仲になったのだが
    ノガレ実際はクソ真面目で医学部目指してた
    家も行ったけど893どころかお嬢様で、単に嘘の噂で浮いてたことが判明
    ノガレ曰く、入学当初から興味ないのに例の男がしつこく言い寄ってきて
    はっきり断ったら次の日からクラスでハブられてたらしい
    その時復讐するんじゃなくて別の方法で絶対見返してやると思って勉強始めたそうな
    例の男に嫌われると先生にも嫌われるから学校の推薦は諦めたこと、でも一般受験は学校の評価全く関係ないからそっちで頑張ろうと思ったことを伝えられた
    この人カコイイ!と思い私も影響されて良い大学に入ろうと決意
    その後の学校生活は新しい友達はできなかったけどノガレのおかげでめちゃくちゃ楽しかったし
    まぁそんなこともあったよねって感じだった

    391 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/02/20(月) 15:41:21 ID:8HUv/YpE.net
    振替休日だから暇つぶしに書く
    先月あった修羅場
    カラオケ店に行って、ヒトカラで歌ってたら警察呼ばれた
    聖飢魔Ⅱでシャウトしまくったり、ジャパリパーク熱唱したり、YATTA!を動きつけて歌ってたら、
    律儀にノックしながら、すいませーん警察ですが~って部屋に入ってこられた
    なんか、薬やってるんじゃないかって通報があったって言われたwwww
    酒もたばこもやってない、薬なんてもっての外な自分にとっては寝耳に水だった
    歌って上がっていたテンションが一気に下がっていった
    仕事のストレスを歌って解消してただけなのにね
    部屋で暴れているわけでもないし、ホント念のため尿検査お願いできる?って超申し訳なさそうに言われたからしましたよ
    当然やってないものは出るわけもなく
    なんかこっちが申し訳なくなるくらいに終始腰が低い警察さんだったのは印象的だった
    解放されたけど、さすがに歌うテンションではなくなったからそのまま帰った
    会計の時に、無料になって割引券大量に渡されたのは、店が通報した負い目からだと思ってる
    まあ、犬にかまれたと思ってはいるが、実際心臓バックンバックンで生きた心地がしなかったという修羅場

    447 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/02/04(金) 15:37:48 ID:A0eEcjVG
    先週土曜日にキチ外ママに遭遇してしまった。

    某玩具チェーン店で母と娘に玩具選んでいたら、知らぬ間に後ろに新生児乗ったベビーカー放置された。
    ギャン泣きし出したから親探したけど見つからず、店員に放送かけてもらって30分後にようやく母親出現。

    何故か凄くふて腐れていた。そしって放った言葉。
    キチ「ババアの手が空いてるんだから見とけよ」「子供は地域で育てるものだ」「ババアは年金暮らしだろうが!」「泣いているならミルク飲ませとけ」
    等かなり息巻いて、暴言吐いていた。

    583 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/12/04(木) 10:29:40 ID:AmE
    危険ドラ○グのニュースが流れてるけど、十数年前にうちもやられたよ
    近所のアホがラリって夜中に暴れて、うちの車の上でサルみたいに飛び跳ねたんで車ぼっこぼこ
    ボンネットからルーフからトランクまで全部交換ってなって、サスもイカれたんで交換
    それがまたマニアックな外車(マニアックなだけで高級車ではない)だったせいで
    修理費用がすごいことになった

    馬鹿猿どもは現行犯で逮捕してもらったんだけど、「これは違法薬物じゃないので~」とか言ってて、
    警察もなんか変な態度
    当時はマイナーだったけど、いわゆる危険ドラ○グ(当時は脱法ドラ○グっていう言葉もなかった)で
    摘発しようがないとかで、最終的に器物損壊しかだめだって言われて驚いた

    で、こいつらに弁済能力があるのかと思ったらもれなく全員が無職のヒモ
    せめてヤツらの車でも売って差し押さえ・・・と思ったらその車も女の名義なのなw

    保険かけてたから修理はできるんだけど、それも癪だし、どうしようかーと思っていたら
    ある日いきなりスーツ姿の男たちが訪ねてきた
    ビビッて家の近所の喫茶店に案内してそこで話してみたら、どうもその薬物を猿どもに卸していた
    ヤーさんだったみたいで、しかも猿の一人がヤーさんの偉い人の息子なんだって
    「示談金を払いますので、示談成立ということで被害届を取り下げて頂けないか」って言われて
    本物のヤーさんにおびえた俺はそのまま承諾

    被害届を取り下げたって連絡したら、またスーツの男が来て紙袋くれたんだけど、中身全部現金なの
    「急いで持ってきたのでネ果ですみません」って、ネ果ゼニってレベルじゃねーよwww馬鹿www

    修理どころか新車が何台も買えるくらいのお金をもらって、被害届を取り下げて、そのままダッシュで
    仕事をやめて、家も売っぱらって、縁もゆかりもないところに引越しを繰り返した
    住民票も本籍も何度も動かして、簡単にはたどれないようにしたけど、何年間かは猿どもに報復されるんじゃ
    ないかって、本当に怖かった

    950 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2004/07/10(土) 20:14:00 ID:BZqSLSoK
    会社帰りにチカンにあった時の話です。
    怒って注意「次の駅で降りて」と言ったら、すぐに隣にいた男性.30代・会計士風の人が、
    「大丈夫ですか?僕も一緒に降ります」と助けてくれた。
    すると、6時前なのにすでに出来上がった酔っ払い親父が、何故か絡んで来た。
    で、駅に到着。
    酔っ払い絡む→チカン逃走→チカン捕獲→駅員来る→酔っ払い暴れる→酔っ払い捕獲
    →酔っ払いが「警察呼べ~」と暴れる。
    すると、30代会計士風の人が、「俺が警察だ!!」って、警察手帳を見せた。
    その瞬間、みんなびっくり!!

    偶然乗り合わせた警察の人だったけど、あの時は惚れた(☆o☆)
    もっと早く言えよとも思ったけど。
    ちなみに、チカンは警察に連れて行かれた。
    私も事情聴取?とかされたけど、あのチカンどうなったんだろう?
    家に帰れないって自宅に電話させられてたし・・・。

    う~ん、下手な文章でごめんなさい。

    584 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/01/23(火) 09:02:50 ID:UIP
    先月新婚旅行でハワイに行ってきたんだけど主人に引いて冷めた。
    一応言っておくと私も主人も会社は別々だけどどちらも外資系企業に勤めてて仕事柄外国人の方と話をする事が多いため英語はペラペラ。日常会話になんの支障もない。
    なのにハワイで警官に話を聞かれた際に一切喋らず、不審に思われたのかパスポートの提示を求められたにも関わらず喋らない提示しないで一時警察署に連れていかれた。
    別行動してたから電話かかってきて本当にびっくりした。
    警察で謝り倒して解放されたけど、ホテルに戻って「なんでなんにも喋らないの!?喋れないわけじゃないよね!?だんまりしてたら怪しまれるに決まってるじゃん!」と問い詰めたら何故かムスッとしながら「俺喋れないもん。お前が別行動したいって言って別れたのが悪い。」って言われた。
    喋れないわけないだろおおおおお!!!!
    じゃあ日々の仕事どうやってんだよおおおおお!!!!
    意味わかんねえええええ!!!!

    620 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/12/12(木) 20:27:57 ID:5D2
    ある日、インターホンがなったので誰なのか確認してみると、なんと警察官が二人いた
    なにごと?!と思いつつ出てみると、1年前くらいの自動車事故のことで聞きたいことがあると
    これまで、ゴールド免許で、事故の経験なんて無いし、まさに寝耳に水だった
    クルマをぶつけたこともここ10年位はないし、全く何のことかわからない
    それで話を聞いてみると、1年ほど前に高速道路で事故が起こって、そのことで聞きたいことがあると言われた
    最初からそう説明しろよと、まるで自分が事故起こして逃げたみたいな言い方には腹が立つ
    それでその警察官が言うには、1年ほど前に暴走バイクが原因で起きた事故があって、それの事情を聞きたいらしい
    それで思い返してみると、たしかに1年ほど前にクルマを運転中、バイクに絡まれたことがあった
    普通に運転してると、急にバイクに煽られて、車体を叩かれたり、ミラーをおられそうになった
    その時はすごく怖くて必タヒに逃げたけど、まさかそのバイクが事故を起こしてたとは・・・
    そしてその警官が言うには、私がバイクから逃げた直後に事故が発生したと
    それもシボウ者が出るような重大なヤツ
    詳しく聞いてみると、バイクから逃げようとした私のクルマを避けようとして後続の車が急ブレーキかなんかをして玉突き事故に
    それにバイクも巻き込まれたらしい
    らしいってのは当日は深夜で、バイクの人は植物状態、事故の当事者もシボウしてて状況が全くわからないとのこと
    その事故の詳細が聞きたいと言われたんだが、いや、バイクに急に絡まれて逃げただけでなんもわからんし・・・(-_-;)
    そんなこと言って帰ってもらったけど、
    冷静になって考えてみるとまさかそのバイクがそんなでかい事故引き起こしてたなんて思いもしなかった
    警官が帰って少ししてから自分ももし巻き込まれてたらと考えると怖くてすごく震えてたwww

    このページのトップヘ