警察

    256 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/06/07(木) 21:00:18 ID:UenqFfRN.net
    ある日彼女と喧嘩したら連絡が取れなくなった
    それから数日分に警察から電話が
    「○○さん(彼女の名前)知ってますよね?」
    「これ以上ス㋣ーカーを続けるなら逮捕しますよ」
    「タヒねと送った文面も見ています」
    と立て続けにまくし立てられた

    「○○さんは知ってるというか交際相手です」
    「先週に会いましたし来週の誕生日も会う約束があります」
    「確かに約束を破られた時にタヒねと言った記憶はあります」
    と順に冷静に説明したら納得してもらえたようで通話は10分位で終了した

    警察の説明によると彼女が「ス㋣ーカーに杀殳されそう」と警察に駆け込んだ模様
    説明を終えると「最近ス㋣ーカーに仕立てあげて男をはめようとする女が多い」とのこと
    連絡が取れなくなり警察の件もあったので二人の関係は自然消滅した
    ちょうど喧嘩が増えていたこともあり潮時かなとは思った

    732 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/05/29(月) 05:11:52 ID:QgIeRUvE.net
    つい先日の話だが
    俺が車で左折する時、人をはねてしまった

    左折する時、ちゃんと左斜め後方をミラー&目視したが道路を渡る人や渡りそうな人は居なかった
    交差点で一旦止まってからの左折だからスピードは出ていなかった
    はねられた人は、当然道路に倒れこんだので
    頭がパニックになりながら急いで車から降りてその人の近くへ

    すると、はねられた人が、すくっと立って
    『急いでいたものですみません。車も壊れていないようなので行ってもいいですか?』
    と、言うと そのまま走り出して行ってしまった

    後で問題になると嫌なので
    警察に行き事情を説明したら、その人を引き留めて病院連れて行かなかったことについて
    すごく怒られたし、その人の名前や連絡先を聞かれても知らないから怒られて
    その人の年恰好を聞かれても、ほとんど覚えていなかったので
    それ又怒られて
    心の中で、そんなこと言われても知らんがなと思いながら一応謝りました

    今日で4日目だから、何もなかったと思って良いんだよな

    958 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/06/22(木) 00:00:16 ID:x0b765+o.net
    近頃、痴/漢冤罪というものが問題になっているが、自分が捕まえたのはガチの痴/漢だった。とは言っても、俺は目撃はしていない。

    ところは都内某所、時は十年ちょい前のある日曜の夜。俺は友達の家で遊んだ後、寝る前に軽く晩酌でもと、最寄り駅のコンビニでビールとつまみを買って家路を辿っていた。
    すると背後から「待てー!」という大声。何事かと振り返ると、メガネで小太りの男が目の前を走ってゆく。その後を別の男が「待てー!」と叫びながら追いかけてゆく。

    これは犯罪がらみかと思った俺も追跡に加わり、ほどなくしてメガネの男を捕まえた。
    しかし、俺はそいつが何をしたのか知らないので、「で、こいつ、何やったんですか」と追っていた男に訊いたが、興奮状態なのか答えない。
    二人してメガネを引きずってゆくと、とあるマンションの前に到着。マンションの前では若い女性.が泣きながら待っていた。
    そこでようやく事情が判明。なんでもその女性.が自宅マンションに入ろうとキーを解除していたところ、メガネがお尻を触ったという。その悲鳴を聞いてマンションを駆け出して
    きたメガネを男の人が追いかけ、途中で俺も加わったという次第。

    女性.から警察に通報したのだが、せいぜい来てチャリンコのお巡りさんが二人ぐらいだろうと思っていた俺は仰天。パトカーがサイレン鳴らして三台もやってきた。
    警察が来るまで二人でがっちりホールドしていたメガネ(以下、痴/漢)はずっと「やってない、やってない」をくり返していたが、駆けつけた警察官の多さにびびったのか、
    「すみません、やりました」と自供。

    その後痴/漢がどうなったか知らないが、あとで刑事から聞いたところによると、家はまったくの別方向。帰宅途中で見かけた女性.があまりにも好みだったため、電車を
    乗り換えてまであとを着け、最終的にケツを触ったとのことだった。痴/漢には仕事もあり、家には年老いた母親と妹がいるという。痴/漢は断罪されるべきだが、母親と
    妹が不憫でならない。そんな後先を考えないなんて、やっぱ痴/漢って病気なんだなと思った。

    最終的に痴/漢がどうなったのかは知らないが、そこまでは痴/漢の修羅場。
    そしてここからは俺と男性.の修羅場。


    続きます。

    679 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/02/20(木) 00:05:18 ID:QEUt4ZtQ
    杀殳人疑惑で警官に自宅訪問されたのが修羅場。

    身内が大の釣り好きで、しょっちゅう釣り船に乗って魚を釣ってくる。
    ある日、21時頃に魚が重すぎて運べないとマンション駐車場からヘルプの要請電話がかかり
    行ってみるとマグロがゴ□リ。
    頭から尾びれは身長160センチの私の骨盤くらいの高さ。重さは不明。恐らく30数キロの子どもくらいか?
    デカすぎてクーラーボックスに入らなかったとかでビニールシートにくるまれてた。
    ビニールシートにくるまれたマグロはまさに人型。

    それを二人で、ひぃひぃ言いながら運んだ。
    覚えてる会話は「どうすんのこれ!」「家に運ぶしかないだろ」「お前は頭を持て!」「血が垂れるから傾けるなよ!」
    他には「ノコギリで解体できるかな?家庭包丁じゃ厳しいかな」とか。

    どう見ても遺体運び出しです本当に(r・・・な状況。
    駐車場に入りたそうにしていた奥さまがいたなぁとは横目に感じていたけど距離もあるし気にしてなかった。

    家にに運び込み、新聞広げて包丁、ノコギリを駆使して解体してたらピンポンが鳴る。
    出たら二人の警官\(^O^)/
    そこには血塗れの私\(^O^)/
    血生臭い部屋\(^O^)/

    マグロ見せたら納得して帰っていった。
    翌日、通報した奥さまに謝られたから、明らかにこちらのやり取りに落ち度があったから
    気にしてないよと伝えてマグロの切り身をあげた。

    身内はそれ以来、マグロなんかの超大物狙いはしてこなくなった。

    このページのトップヘ