776 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/04/10(金) 09:45:15 ID:08.jr.L4
    この騒ぎだから話は見送るつもりだけど、旦那がムカつく
    子供が生まれるからスライドドアの車にしたくてポルテあたりにしようかなって前から話してたのに、自動車税がもったいないからN BOXとかの軽にしろって言う
    しかも、色被りするから青はダメらしい
    何で買うのは私なのに横から口出しするの?
    税金がもったいないなら、子供連れてあちこち行く私が普通車に乗って、仕事くらいしか使わない旦那が軽にしたらいい
    SUVがどうとか言ってたけれど、それファミリーカーじゃないよね
    自分は好きな車に乗って、私には家計のこと考えろって正論ぶってアドバイスもどきしてくるのに疲れて、もうしばらくは今の車で我慢することにしたわ…

    286 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/10/30(火) 11:37:10 ID:YCzhPlkj.net
    かなり昔のことだけど、車にカヌー積みっぱで保存してたんだが
    ある日朝5時集合の仕事に車で出かけて現場に入ったら、後輩が駆け寄ってきて屋根に猫が乗ってるといわれた
    みたらブルブル震えた首輪付きの猫が泣き叫んでいた
    朝早いしほとんど止まることなく東名から首都高に乗って結構飛ばしてたんだけど、血の気が引くほど青ざめた

    動かない猫を無理やり引きはがして車に監禁、水と食べ物をやりつつ仕事
    何とか連れて帰って開放した
    犬をひいた時よりもこの時の方がきつかったな

    46 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/02/03(火) 21:22:42 ID:5dc2TTut0.net
    臆病なくせに車運転すると性.格が変わる。親御さんの7人乗りの車を運転している際には前の自動車をひたすら煽る。止めてと怒っても「いいんだよ(ヘヘン」みたいな感じで聞かない
    普段は店員さん呼ぶ時もキョドるに運転すると殿様状態になる。
    煽る時は決まって軽自動車とかばかりで同じようなワゴン車には接近しない

    それでこの間3車線ある国道で例の如く危険な運転60キロのメーター以上のスピードを出しながら強引に車線を変更するアホな彼
    右から中央の車線に移動した際にさっきまで煽っていた軽自動車に併走されたのだが、助手席から怖い叔父さんがコンニチワしてくる
    彼は絶対に気付いているのに右を向こうとしない。
    さらに一番左に車線変更するもすかさず横にピタッと着かれる。私が「どこかコンビニでも入ろうよ」と提案してもイラついた雰囲気で「黙っててくれる?運転中だよ?」と真っ直ぐ前しか見ていない状態
    隣の車の助手席の人は何か叫んでるみたいでとにかく怖い。彼がビビりつつ隣に目をやって数秒した瞬間に前の車に激突した。私が叫んだ時はすでに遅し
    左折レーンなのにスピード出してたからそりゃブレーキ間に合わないよ。
    その後の事故対応も色々大変だったけど、何より事故った瞬間に「お、お前さー...何やってんだよ.......!!」と言われた瞬間、“???”から数秒してこいつはヤバい!と直感してゾワゾワってなった

    540 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/12/21(土) 20:31:06 ID:n+CHTQku0
    車の暖房の話。
    ガソリンがもったいないからと、ちょっとくらい寒い程度なら
    暖房を切ることがあったんだけど、あれは無意味だったということ。
    冷房はガソリンを食うけど、暖房は単なるエンジンの熱を再利用しているだけで
    まったく燃費と関係なかった。

    887 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/08/03(土) 23:24:07 ID:/vj37SN0
    突然すみませんがもやっとした事があったので投稿失礼します

    最近都内の一軒家を購入、引っ越しました。
    車持ちだったので近くの立体駐車場も一緒に契約して、さあいざ新生活といった感じにスタートしたのが2ヶ月前

    新しい暮らしに慣れてきた頃、ソファが欲しいと思い横浜の某でっかい家具屋さんへに車でお出掛けにいこうといつものような駐車場へいくと…

    583 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/12/04(木) 10:29:40 ID:AmE
    危険ドラ○グのニュースが流れてるけど、十数年前にうちもやられたよ
    近所のアホがラリって夜中に暴れて、うちの車の上でサルみたいに飛び跳ねたんで車ぼっこぼこ
    ボンネットからルーフからトランクまで全部交換ってなって、サスもイカれたんで交換
    それがまたマニアックな外車(マニアックなだけで高級車ではない)だったせいで
    修理費用がすごいことになった

    馬鹿猿どもは現行犯で逮捕してもらったんだけど、「これは違法薬物じゃないので~」とか言ってて、
    警察もなんか変な態度
    当時はマイナーだったけど、いわゆる危険ドラ○グ(当時は脱法ドラ○グっていう言葉もなかった)で
    摘発しようがないとかで、最終的に器物損壊しかだめだって言われて驚いた

    で、こいつらに弁済能力があるのかと思ったらもれなく全員が無職のヒモ
    せめてヤツらの車でも売って差し押さえ・・・と思ったらその車も女の名義なのなw

    保険かけてたから修理はできるんだけど、それも癪だし、どうしようかーと思っていたら
    ある日いきなりスーツ姿の男たちが訪ねてきた
    ビビッて家の近所の喫茶店に案内してそこで話してみたら、どうもその薬物を猿どもに卸していた
    ヤーさんだったみたいで、しかも猿の一人がヤーさんの偉い人の息子なんだって
    「示談金を払いますので、示談成立ということで被害届を取り下げて頂けないか」って言われて
    本物のヤーさんにおびえた俺はそのまま承諾

    被害届を取り下げたって連絡したら、またスーツの男が来て紙袋くれたんだけど、中身全部現金なの
    「急いで持ってきたのでネ果ですみません」って、ネ果ゼニってレベルじゃねーよwww馬鹿www

    修理どころか新車が何台も買えるくらいのお金をもらって、被害届を取り下げて、そのままダッシュで
    仕事をやめて、家も売っぱらって、縁もゆかりもないところに引越しを繰り返した
    住民票も本籍も何度も動かして、簡単にはたどれないようにしたけど、何年間かは猿どもに報復されるんじゃ
    ないかって、本当に怖かった

    159 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/12/24(水) 16:46:26 ID:UHM
    大学の同期生(顔しか知らない)に車にイタズラされて社会的に抹杀殳してきた。
    内定取り消しと退学のダブルコンボ。
    ついでに彼女に振られて、借金11万を210万にする馬鹿な奴。
    なんでこんな奴が大学にいたのか疑問に感じる。
    頭おかしいとしか言い様がない。

    大学の人がここみてたら一発で特定されると思うけど別にいいや。

    車はBRZで転勤で車が使えなくなった叔父から借りているもの。
    どんどん乗れと言われてありがたく使わせてもらってた。
    それに嫉妬したのか馬鹿がボンネットにガリ傷をつける暴挙しやがった。
    駐車監視機能付きのドラレコついてたからバッチリ顔が映ってたので大学に通報。
    すぐに特定。停学&修理代請求。
    反省したと思ったら逆恨みで自分の車でBRZを壁に押し付けてぶっ壊しやがった。
    今度は大学の防犯カメラに壊れた車が門から出て行くのがバッチリ。
    警察に通報。逮捕。退学&内定取り消し&彼女にバイバイのフルコンボwざまぁw
    たった11万の修理代が210万にする馬鹿。
    叔父がすぐに弁護士手配してくれたおかげで逃げ得は許さない状況になった。
    ようやく120万までは支払って貰ったけど残りはまだまだある。

    一番腑に落ちないのは逮捕されたけど不起訴なんだよな。
    マジで信じられん。
    なんか賠償とか反省の態度見せて実行してれば物損関係はそんなものらしい。
    一生臭い飯食っていて欲しかったわ。

    大学4期生の社会の常識を知っているはずの人間が人の物を傷つけて反省せずに逆恨みすることが衝撃。
    自分がまだまだ社会の事を知らないからかもしれないけどこんな人間がいることにびっくりな出来事だった。

    9 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/08/25(金) 12:38:35 0.net
    お盆に帰省してきた義兄夫婦がうちの夫に車を貸してと言った
    夫の車は車検と細かい気になる箇所を整備するので、お盆前に車屋に預けてたので貸せないと断った
    義兄たちから事前に車貸してほしい等のアプローチは一切ない、来てからいきなり頼まれた
    夫の車がダメなら私の貸してと言ってきて、私の車は保険対象の運転者が私と夫だけなので断った
    さらに義兄家の行きたい先が某サファリパークと聞いて
    ヒヒにワイパーちぎられたりイタズラされるのが多発してるから、夫の車であっても絶対にダメ!と夫婦で断った

    義兄嫁「おばちゃんが車貸してくれないからサファリパークはナシになっちゃいましたよ、悲しいねぇ」
    義兄家の甥姪が動物見たかったと泣き出したから
    「駅前から路線バスでサファリパークまで行って、園内を循環するバスに乗れば動物見れるよ」と提案
    義兄と甥姪それで行こうと言ってたのに、義兄嫁が乗り気じゃないようなこと言い出して結局行かなかった
    しばらくして義兄嫁が私の横に来てボソボソ言うのがケチすぎて呆れた通り越して笑えた

    私さんが素直に車貸してくれたら、サファリパークの入園料だけで済むのに、
    路線バスと園内循環バスの代金はどこから出ると思ってるんだ
    人の財布だと思って軽々しく言わないでほしい、
    ここまでの新幹線代だってかかってる
    遠くから来た親戚をもてなそうって気持ちがないのが悲しい

    夫や義母に「義兄嫁はお金に困ってるようで・・・」と深刻そうに相談するにとどめたけど、なんでああも図々しいのだろう?

    937 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/02/03(水) 20:22:27 ID:Ynq
    離婚記念投下。

    旦那の浮気に最初に気付いたのは一昨年の秋頃。
    私はペーパードライバーで、車を使うのは専ら旦那だった。
    ある時、いつものように旦那運転で私が助手席に乗り込んだら
    シートベルトの金具の部分に長い髪の毛が絡まっていた。
    私はショートカットだし、髪の色も違う。
    ピンときた。浮気相手からのドラマ見過ぎのあからさまで馬鹿な挑戦状だってw
    そっちがその気ならスルーに限るw
    旦那にも気付かれないように髪の毛を外して保存した。
    すぐにも探偵事務所に調査依頼を出そうかと思ったけど
    少し泳がせることにした。
    しばらく経ってまた同じことがあった。
    しかも今度は「見落とすなよ!」と言わんばかりに
    ぐるんぐるんに巻いてた。

    612 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/12/06(金) 18:57:40 ID:83E
    結婚2ヶ月でスピード離婚した時の話。
    当時千葉在住。元夫の地元は愛媛県の西部にあり、松山市まで車で2時間近くかかるようなところだった。
    10月に結婚して翌月、連休を挟んで有休をとり5泊6日で義実家に結婚の挨拶に行った。
    元夫は車の運転が好きなので車で行くと言い、私はさすがに長距離すぎると思い反対した。
    が、眠くなったらほんの少し交代してもらうだけで、基本自分が運転していくからと言い、
    また二人分の交通費を考えるとその方が安いと言い、仕方なく了解した。
    元夫は普段から仕事で長距離に乗り慣れていることもあったので
    安心とは思わないが、元夫がそこまで言うなら・・・と言う感じ。
    ところが、帰る予定の前日に突然元夫が仕事で戻らなければならなくなり
    飛行機が取れたからと先に帰ってしまった。
    その時にちょっとした喧嘩になった。
    元夫は「ゆっくりでいいからおまえが車運転して帰れ」と言い、
    私はあまりにも無謀過ぎると断った。
    「じゃあ車どうするんだ」と言うので、一旦こちらに置かせてもらって
    (農家なので置き場所はあります)お正月にでも又来ればいいと。
    お正月は2ヶ月後で、私の実家に挨拶に行くことになってたんだが、
    この際それはまた後日でいいと思って。
    「車がないと困る」と言うが、元夫も私も通勤に必要なわけでもないので
    少しの間我慢しようよと言ったが、
    とにかくダメだ。車は必要。お前が乗って帰れ。と言う。
    私はこれまで最長距離で千葉~富士山までしか運転したことがなく
    無茶苦茶だと抗議したが聞き入れてくれず「急がなくていい、ゆっくり走ればいいから」と、
    さもそれが思いやりのある言葉かのように言い残し、振り切って帰って行ってしまった。
    義父母もさすがに呆れていたが「まぁ息子が出来て嫁にできないことはないだろう」って感じ。
    今になって思えば、元夫の言うことなんて無視して車を置いて新幹線で帰れば良かったんだが
    その時はとにかく事故を起こさないようにしなきゃと言うプレッシャーばかり頭にあって。
    で、高速道路を暗い時に走るのは怖いので、翌日は7時ぐらいに出発するつもりで
    そうすると明るいうちに到着するのは私には無理だろうと思い、
    どこかで高速を下りてビジホででも泊って、2日がかりで帰る予定にしたことを
    元夫に連絡しようとしたが電話に出ず、メールしたが返事もない。
    (LINEは元夫はやっていません)
    無理をして事故を起こしてもいけないしと思い
    会社に事情を話してもう一日有休を貰う連絡をして、翌日は朝7時に出発した。
    ちなみに、往路では朝5時前に出発して途中食事や休憩をして14時間かかった。

    このページのトップヘ