88 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/12/03(火) 20:54:37 ID:7I.ae.L6
    "ちょっとした復讐"でいいのかどうか分からないのでこちらで。
    "ガッツリ復讐"スレとかあるといいのにw

    義兄夫婦には娘と息子のふたりの子供がいるんだが、
    ボンクラ息子があちこちから借金しまくってて、トータルすると自己破産が妥当ってぐらいの額らしい。
    義兄夫婦自身もあまり貯蓄がなく、マンションを手放してもまだ足りないんだとか。
    ってことで、助けて欲しいと言ってきた。
    面倒なので"義兄・義兄嫁"と表記したけど、実は"元"がつく。私の夫は一昨年病タヒした。
    私たち夫婦は子供がいなくて、義父母も亡くなっているので、夫の遺言に従って全て私が相続した。
    元々うちは共働きで世帯収入1千万を超えてたし、今も私は正社員で働いてるので
    申し込まれた足りない分の額(150万)なら楽に出せる。
    でも「自己破産させればいいんじゃないですか?」と応じた。
    が、義兄が語ったのは、ボンクラ息子にはその方がいいと分かっているけど
    心配してるのは娘のことで、娘の職場(銀行)や結婚への影響を考えると兄が自己破産していると言うのは避けたいんだそうだ。
    確かに義兄夫婦の息子はボンクラだが、娘さんは真面目で努力家で明るくてとてもいい子だ。
    亡くなった夫も姪っ子のことはとても可愛がっていた。今もたまに遊びにくる。
    その姪っ子の事を考えると出してあげてもいいかな・・・と言う気に一瞬なったが
    義兄嫁の事が嫌いすぎてどうにも決心がつかなかった。
    義兄嫁は典型的な子供を産んだことしか自慢できることのない女だ。
    一回りも年下の義弟嫁(私)に子供がいないことでこれまで数々のマウントを仕掛けてきた。
    不妊治療をしてて、今回もダメだったか・・・と落ち込んでた時も容赦なかった。
    今でこそ割り切って別の生き甲斐を見つけて(仕事)人生を楽しんでいるが
    それが余計に面白くないらしく、マウントは夫がタヒんで付き合いがなくなるまで続いていた。
    ちなみに義理の姪っ子もその辺りには気付いてて、母親を嫌い、軽蔑している。
    時々うちに来て、夫に愚痴ってた。義兄は知らないだろうけど。
    たぶん、うちに来るぐらいだから他は十分頭を下げて回ったんだろう。
    それなら出す代わりに、言いたいこと言わせて貰おうと思った。

    324 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/12/10(火) 14:59:21 ID:Ta.qf.L2
    反抗期の娘に飯を作らず金だけ渡すようにしたって記事を見たので書き逃げ
    自分も同じ風に接したことがある。過保護すぎたうざいと言われたんで腹が立って自分で生活していけるだけの金だけ毎月テーブルに投げ置いて、飯も作ってやらないし洗濯等もしてやらず挨拶もせず買い物にも連れて行ってやらなくなった
    娘が根を上げるのを待っていたのにいつまで経っても平気な様子だった。寧ろ楽しそうだった。私が思っている以上に自分の事は自分でできるらしく無視し続けるもそもそも娘から私に話しかけてくる事はなかった
    渡してやっていた金でやりくりして作った貯金+バイト+ネット業で稼いでいたらしい。自分でスマホ買ったみたいだけど娘のLINEは知らない。大学在学中に家を出てそれ以来会えていない
    虚しい

    277 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/12/02(月) 15:31:26 ID:vGJ
    途中で送信してしまった。
    高校時代に付き合っていた彼氏。
    彼は「うちの家、俺だけ一人部屋だけど弟妹はみんな同じ部屋なんだ」と言っていた。
    彼のお父さんは高収入なイメージの仕事だったけどきょうだい多いから部屋数足りないのかなと思った。

    彼の家に初めて行った時、豪邸で驚いたが部屋数は充分あるように見えた。
    彼に案内された部屋は綺麗なのだがこたつサイズのテーブルとテレビしかない杀殳風景な部屋だった。気になって聞いたら、この部屋は彼専用の客間だという。
    彼の部屋はいくつかあって他にも勉強部屋、寝る部屋があるという。
    彼のお父さんも部屋をいくつか持っていて、お母さんと同じ寝室の他、書斎、客間、趣味の物の収納部屋があるらしい。
    しかし、弟二人と妹二人は一つの部屋を共有しているらしいのだが、弟妹の部屋には勉強机は二つしかないらしい。
    二段ベットも妹ペア、弟ペアで共有していた。(妹達が上のベット、弟達が下のベットみたいに)
    妹は小5と中3、弟は中1と高1だった。
    「俺は長男だから可愛がられていたんだ」と彼は言っていたが異常すぎると思った。
    下の妹さんにもすれ違ったが、汚れて、漫画みたいにつぎはぎをあてたボロボロの男物の服を着ていて、髪がざんぎりだった。

    彼は「あの服、俺が着て、弟、妹、弟、妹の順に来たからボロボロなんだぜw」と笑いながら言っていた。馬鹿にした笑いとかではなく、微笑ましい思い出を語るようなテンションだった。
    彼は高校生なのにお小遣いを5万ももらっていて、最新の持ち物(スマホやゲーム機、電子辞書)、ブランド品の持ち物を与えられるのになんというか、親御さんは下の子にお金をかけていない感じが一見してわかって怖くなって冷めた。

    756 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/07/17(水) 18:43:57 O
    タイトル:愛は無敵
    本文:ゴメンね、色々立て込んでて会う時間作れなかったけど、やっと落ち着いたんだ。
    近いうちにそっちに戻るから、その時会えるかな?
    話したいことたくさんあるから、お酒飲みながら君のことも色々聞きたいな。

    ってことで、愛の形を用意してね♪
    最低茂吉さん10人分くらいかな。

    その代わりに今度はた~っぷり一緒に居れるからね♪たくさん甘えさせてほしいなあ(はあと♪)


    茂吉さんって誰だ。

    920 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/11/02(金) 12:12:44 ID:RGpbAeeZ.net
    大学生の時に初めて出来たバンドマンの彼氏
    ギター購入やCD製作に金掛けすぎて生活費なくなって、節約の為に私の家に入り浸りでそれだけでも結構引いたんだけど、
    親に送金の催促してる電話をしてる時にウッカリ遭遇
    「ねえ~ママ~お願い~10万でいいからさ~ パパにも頼んでよ~」

    タバコ吹かしながらジャラジャラシルバーアクセ付けて革のズボン履いて、ママ~とかパパ~とか鳥肌立って速攻で別れた

    134 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/03/20(金) 21:30:34 ID:A49Ib0Ke
    すみません、長くなりますが吐かせて下さい。分けて書きます。
    先日祖母が亡くなった。大往生の末老衰だったんだけど、最期は家族で看取りたいと決めて自宅介護をした。認知症があり寝たきりで、最期に近付くにつれ会話もままならなかった。

    十数年前に私が中高生の頃、家庭内不和に耐えられずに恥ずかしながらヤンチャしていた自分は、祖母の財布から頻繁に金を抜いていた。それに気付いた祖母が両親に「泥棒だ、金を抜かれている」と訴えた。
    でも今思えば両親は恐らく犯人が私であると気が付いていて、警察を呼ぶでもなく、だけど問い詰めもしなかった。

    祖母はそれから数年経って認知症になった。認知症にはよくある事かもしれないけど、しょっちゅう「金を取った奴は許さない、泥棒!」と幻覚を見ている様だった。
    私は改心して介護に励んだけれど、祖母が呆ける度に申し訳なさでやりきれなかった。

    168 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/04/28(日) 21:29:38 ID:7h7qXg7G.net
    もう数年前の話
    母の再婚相手の父親から言われた言葉が修羅場だった。
    母親は自分と姉が中学生時代の頃に亡くなり、父親が一人で自分と姉(姉も自分も母の連れ子)を育ててくれたのだけど、俺が高校を卒業後したときに

    ・本当にお前たちが重荷だった。何を手伝うわけでもなく、当たり前のように金だけをとられて苦痛だった。
    ・母が亡くなってからも家族とは思う様に努力はしたが、疲れはてて仕事から帰ってきたら、片付けても荒れ果ててる家が嫌だった。
    ・その上、全て俺が金を払うのが当たり前のように思われて、要求ばかり(ゲームや携帯の最新機を買って等)してくることが嫌だった
    ・自分の実子(母との子)を虐め、夜でもコンビニにパシリをさせていることに憤怒していた(バレて父親から殴られたが)
    ・母方の祖父母が受け入れる話も出ていたのに姉と揃って「自由が無いから嫌だ」と平気で傷付ける事が嫌で仕方なかった(父が母方の祖父母から援助を受けており、関係も良好だった)
    ・大学は奨学金で行くように促したが説明会の話を聞いていない。まさか俺が出すのか?
    ・今後は金を出すつもりはない。自分のケツは自分で拭け。

    等々言われた事がショックだった。
    大学の学費も父親が払うものだと思っていたので途方にも暮れた。
    確かに俺と姉も悪いのだが、実子の大学の学費は払い、更には部活やユースの費用は当たり前のように払うのは差別でしか考えられなかった。
    じゃあ何故結婚したのか?連れ子を養う覚悟はなかったのか?お前年収はそこそこあるだろ?

    当時は本気でそう考えていた自分のクズさを思い出し、更に脳内で修羅場になっている。

    姉も俺も父親と弟にどう贖罪したらいいのかさえ分からない。この前二人でまとまった金を出し、土下座して謝ろうとしたら
    「そう言うことじゃない」と言われてまた姉と途方に暮れている

    54 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/04/07(火) 23:33:12 0
    義姉がした天然DQ

    評判のあまりよろしくないQ州出身義実家のウトメ
    義姉は私の旦那の兄で長男。
    ウトはともかくトメがちくちくとテンプレ攻撃をしてくる。
    さらに嫁は専業があたりまえ、金などもつな系を宣言
    いつもは(´・ω・`)とかしてる義姉が今回ばかりは反撃に入った
    義姉「でもそれじゃ、自分が好きに使えるお金がないじゃないですか(´・ω・`)」
    トメ「嫁が金もったって何もいいことなどない!」
    義姉「え~それじゃ旦那ちゃんやウトさんやトメさんの誕生日プレゼント買えないですよ~」
    トメ「!!!!!!!」
    つまるトメ。でもプレゼントはほしかったらしく
    トメ「家計をやりくりして食費をこつこつためてそれをあんたのお金にしなさい!」
    義姉「え~それって貯金用だし、食費あまったの自分のにしたら
       へ そ く り になっちゃいませんか~(´・ω・`)?」
    トメ「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
    ウト「そ~か、おまえへそくり作ってたんだな~」

    天然GJwwwww
    しかもトメを撃沈させたのに気がつかないで義姉は
    「あ、私ちゃんと私旦那ちゃんのもちゃんと誕生日用意するつもりなんだよ!?」
    とかそっち心配してるしwwwwwwww

    359 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2003/09/20(土) 19:41:00 ID:Ecwrv+c8
    この間のこと。
    やや混雑した電車に乗っていたところ、目の前に立っていた女子高生がいきなりこちらを向いて叫んだ。
    「てめえ、痴/漢してんじゃねえよ!」
    はぁ?と思ったが、彼女の友人らしい二人が横から
    「マジさいてー!」「タヒねよクズ男!」と騒ぎ始めたので、次の駅で降りることにした。
    女子高生達は、ホームに降りるやいなや金を要求してきた。
    「警察に訴えてもいいんだよ!」「あんたの人生滅茶苦茶だね」
    しばらくそのヘラヘラ笑う様子を眺めていた。こいつら常習犯だ。
    彼女たちは軽蔑されているのに気付いたのか
    「なんとか言えよ、変隊男」と言いながら再びこちらに詰め寄ってきた。
    そのタイミングを見計らって私は彼女の手を掴み自分の胸に押し当てた。
    「私、女なんだけど」
    彼女たちの顔色が急に変わっていった。こういう時、人間って顔色がどす黒くなるもんなんだね。
    「警察?行こうよ。あんたら常習っぽいし」
    私に手を捕まれた少女はもがいたけど、男と間違われるくらい鍛えているので逃げられるわけもない。
    ボロクソに言われていい加減腹が立っていたので、そのまま彼女を交番まで引きずっていった。
    あとの二人も観念したようについてきた。
    結局、警察と学校側、そして彼女たちの両親からの謝罪と念書を受け取って終了。
    彼女たちは謹慎のあと、しばらく親と一緒に投稿する約束をした。
    私はといえば、翌日同じ電車に、やや胸を強調した服で乗ったら、いつも乗り合わせている女性.に
    「大丈夫でした?」と心配されておしまい。
    女も痴/漢をするかもしれないけど、今回はうまくいきました。
    私のプライドのためにも二度とこんな目に遭いたくないけど。
    男性.の皆さん、気をつけて下さい。

    757 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/01/24(水) 22:19:31 ID:b+YVBwvK.net
    お金にルーズな人はやっぱり無理
    「私の分も一緒に払っといて」
    「後で払うから」
    「今お金足りないから今度でいい?」
    毎回毎回やられるから、催促の要件でしか連絡してない
    しかも本人はいくら返せばいいのか全く把握してない
    催促する方も嫌な気分になる
    「あれ?まだ払ってなかったっけ?」
    「ちゃんと覚えてるから大丈夫!今は払えないけど今度また金額教えて」とか、まるで私がお金に細かいみたいに言い方をする
    最近、払うべき人の前ではきちんと払っていることを知り、全額精算して切った
    ものすごく時間かかった

    このページのトップヘ