飼い犬

    698 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/05/11(土) 21:52:06 ID:izVv9HG1.net
    じゃあ犬の話だけどスレタイ、私は犬嫌い
    うちの義実家の犬はなんか必須ワクチン接種の際に
    アレルギー反応?が出たらしくて2回必要なところを1回しか打ってないらしい
    その犬が遊んでる途中にテンション上がってうちの子の手を噛んだ
    幸い指先に歯が引っかかったくらいでほんの小さな傷口で済んだんだけど
    ワクチン打ってないこと知ってたから慌てて近くの救急外来調べてたら
    「うちの子(犬)は大丈夫よ~嫁子さん大袈裟ねぇ」って言われたのがカチムカ
    まずは子供に謝って心配して欲しい
    もちろん無視して夫に車出してもらって救急行って手当てしてもらってきた
    本当は保健所に「人に危害を加えた犬」申告もして欲しかった

    394 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/11/11(金) 22:02:10 ID:BN2
    ペット飼いの人注意

    放し飼いの大型犬が畑の作物を荒らす
    遠方大学に行った孫が帰って来た時に食べさせるのを楽しみにしていたおじいさんが畑の惨状を見て呆然
    周りも被害にあっていたので24するも「犬のしたことだから」で飼い主に注意だけ
    放し飼い禁止ルールを守らない、大型犬で人に恐怖を与えると言っても取り合わない
    そこに、件のおじいさんがショックで一気に認知になった
    他の畑住人の誰かが毒入り団子を畑内に放置
    次の日、犬がまた放し飼いにされ、団子を食べてあぼーん
    飼い主は半狂乱になって「お前らだろ!〇ろしてやる」と棒を振り回し、お持ち帰りされた

    犯人はそのじいさんの家の嫁と自分だ
    孫だけじゃなく、嫁もじいさんの作った野菜や果物が大好きだったし、じいさんも好きだったんだ
    自分はじいさんをボケさせた犬と飼い主に復讐したい嫁の気持ちに協力しただけ
    うちの畑も荒らされてたからね

    955 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/01/23(木) 14:38:53 0
    元義姉(兄嫁)がうちの実家で飼っていた犬を杀殳したことで弟が激怒して義姉をボッコボコにしたことが修羅場。
    元義姉、うちの犬をビニール袋に入れて池に捨てやがった。
    結局、大騒ぎになったことにビビって白状した。
    義姉曰く、自分は犬が嫌いなのに自分よりちやほやされている犬が気に入らなかったとのこと。
    これを聞いた弟が激怒、顔面を思いっきり蹴飛ばして上に乗ってガラスの灰皿でボッコボコにしてた。
    俺も親も家族を杀殳されたショックで弟を止める気はなかったし、ヒョロ男の兄では柔道空手剣道の有段者の弟を止められるわけもなく、ピクリとも動かなくなったところで弟が自分で警察に電話してた。。
    結局、義姉は両方の目を失明・顎と鼻が再建不能となり鼻があった位置に穴が空き義鼻?みたいなのをつけている。
    顎も元どおりにはならず、咀嚼ができず言葉も喋れない状態らしい。
    向こうの親がまともで、自分の娘がそちらのご家族の命を奪ったのだから杀殳されても文句は言えないと、弟に有利に証言?してくれたこともあったらしく、弟は執行猶予がついたものの刑務所には入らずに済んだ。
    元義姉は財産分与なし・慰謝料を向こうの親からいくらか貰う形で離婚。
    今は実家からも追い出され、向こうの親の田舎で半分軟禁状態で暮らしているらしい。

    103 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/06/06(月) 13:05:36 ID:6z3
    マルチーズ(♂10ヶ月)を飼ってる。
    今日散歩行ったら40代くらいのおばさんに「かわいいわねー」って声かけられた。
    よくあることだったから「ありがとうございます~」って返事したらハッとした顔され、突然泣き出した。
    あまりのことにどうしていいかわからずいたら、おばさんがわけわからんことを言い出した。

    「うちも前にマルチーズを飼っていたが去年の1月にいなくなってしまった、この子はうちのプリンちゃん(仮名)だ、顔が変わっていなかったのですぐわかった、お願いです、返してください」
    要約するとこんな感じ。

    この子は隣県のペットショップから連れてきた、そもそも今10ヶ月だから去年の1月には生まれてすらいない、と伝えても「絶対にうちの子!お願い!返して!警察に窃盗されたと言って返してもらうのでもかまわないのよ!」と半狂乱。

    幸い交番が近かったため、交番に行き事情説明。
    お巡りさんは2人いて、1人は7割がた私を信じてくれたみたいだけど、もう1人のおっさん警官は私が嘘を付いていると思ったらしくあなたの犬だという確証はないねぇと。
    頭にきたので私も味方っぽい方のお巡りさんにマルチーズを預け家に戻り(おっさん警官に、そのまま帰られても困る、この人もかわいそうだからそのまま犬は置いて行けと言われた)血統書持ってきてようやく疑いは晴れた。
    それでもおばさんはうちの子に違いないのよぉぉぉお!と暴れまくってた。
    おばさんにつけられて家特定されても困るし、まだ交番で一悶着ありそうなうちに連絡先だけ味方お巡りさんに伝えて、愛犬とともに帰った。
    疲れた...。お散歩コース変えなきゃな...。

    このページのトップヘ