高校生

    816 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/10/31(水) 00:42:23 ID:VMEdKo0p.net
    反抗期メンドクサー
    多分帰り道に友達と喋っていて塾から帰るのが遅い、ご飯も遅い、風呂は長い
    帰宅した旦那に「早く風呂でて」と言われ即出たけど
    「まだ体洗えてないから勉強してから風呂入り直す、沸かしても良いよね、遅くなるから明日は学校行かれないかも」
    深夜だし、怒ってドカスカすると困るから(マンション)、アーハイハイで済ませたけど、風呂くらいパパッと入って寝ろや

    965 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/05/05(金) 16:45:24 ID:2Uw6Uwaw.net
    高一の娘の一言一言がストレス。
    連休も休みなしで働いてる私が、友達と4時間カラオケに行っただけで、
    クソババアしね。うざい。きもい。話しかけるな。明日家出するから電話もしてくるな。
    日曜におばあちゃんと遊園地に行くらしく、ママも一緒にと誘われたが疲れているし休みたいから2人で行ってくれと言ったら、
    やっぱりママ嫌いだわ。うざ。
    会社のトラブルでアタマが痛いのに、娘の言葉にも悩まされて毎日楽しくない。

    30 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/01/11(水) 13:54:07 ID:qrmuY5wY.net
    10年以上前の話だけど、高校3年の終わり3ヶ月か4ヶ月ぐらい円光してた
    テレクラかマッチング系か忘れたけど基本ビビりなので一発目に当たった人がアタリだったのでその人1人だけ
    たしか月に二回ぐらい会ってホテル行ってヤッて帰るだけ
    一回3万ぐらいもらってた

    340 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/08/23(木) 22:15:22 ID:+kdAAS1w0.net
    高校生の頃に1番仲良かった女の子
    少しだけ頭弱い感じだったけどモテる子だった
    私が好きだった人もその子のこと可愛いって言ってて悲しかった

    卒業間近に出来た彼氏に会いに行ったりプレゼント買いたいから、と
    援爻でお金稼ぐことにしようかと思うって相談されたとき
    止めずに、良いんじゃない?気を付けてね、て背中押してしまった

    実行してしまったその子は、一晩で3人に回されて
    財布や携帯、貴重品も全部奪われて
    知らない土地まで車で連れてかれて
    道端に捨てられたらしい

    ネ果じゃ無くて良かったけど
    警察に頼るしか無かったから親にバレてヤバい、ショック、て泣きながら電話してきた時
    気の利いたこと何も言えずそれから疎遠になった

    誰にも言えないけどたまに
    あの子今頃どうしてんのかな、て思い出す

    484 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/07/09(月) 07:02:43 ID:1Im6J0qv.net
    高校女の子。
    リビングに教科書・ノート・プリントが山積み。中学からそんな感じ…
    片付けようといえば、険悪になる。険悪になっても片付けるなら良いけど、片付けない。
    私がやると触るなと怒る。

    私の友達に数人聞くと、(子供の学力に関わらず)ほとんどが似たようなものだって。

    皆さんのお宅はどうですか?
    また、そのような状況の方はイライラしませんか?

    735 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/02/18(木) 11:33:23 ID:t5B
    駅で見たちいさな修羅場。私はただのそこらへんのおばさん。

    A:高校生、シュッとしてる好青年
    B:高校生、大人しそうな女の子
    C、D:高校生、ギャル

    駅で電車を待ってるとき、地元の高校の制服を着た高校生AとBがいた。
    Aは「あーこの子モテるんだろうなぁ」って見てわかるような感じの好青年だった。その横には女の子B。
    ちらちら聞こえる会話で「テストいやだなー」とかバラエティ番組の話とかしてて、AとBは楽しそう。
    そこに現れたCとD。どうやらBと同じ中学校だったらしく、そのときからCとDにいじめられていたような雰囲気。

    「Aくんさ、こいつ(B)B***hなんだよ?何人とヤってたか教えてあげよっか?仲良くするのやめなよ、きもいでしょ?」と言うC。
    Dはスネ夫ポジションで横から同調する感じだった。Bは俯いて泣いてた。
    私は恥ずかしながらCとDに文句を言う勇気が出なくて、ただ遠巻きに見守るだけだったorz

    するとAが「俺が誰と仲良く話そうが俺の勝手だし、Cさんには関係ないよね?それに何人とヤってたとかどうでもいいし
    それが事実でもそうじゃなくても、そもそも人のそういう事情を把握してるCさんのほうがよっぽどきもいよ」と言った。
    Cは顔を真っ赤にして何も言わずにそこから離れてった。
    CとDがいなくなったあと、AはBにポケットティッシュを渡して「何の話してたっけ?あ、テレビの話だったねw」と
    それまでの会話をまた続けてた。見ていた私がハラハラキュンキュンした修羅場だった。

    このページのトップヘ