DQN

    768 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/06/14(水) 16:33:10 ID:4Qi
    昔「バラ色の珍生」って番組あったの覚えてる人いるかな。
    当時高校生だった私、家族と一緒に見ていた。
    依頼者は生まれて直ぐに親が離婚して、父親は母親のことは殆ど話してくれないまま病気で早くに亡くなり
    育ててくれた祖母は母親のことを聞くと叱り、それでも聞こうとすると泣くので聞くに聞けないまま
    その年の前年に亡くなったらしい。
    近々結婚することになってて、どうしても実の母親に花嫁姿を見て欲しい、実の母親に会いたい、
    そんな依頼だったと思う。
    涙もろい母はいつものように早くもウルウルしてた。

    ところがカーテンの向こうから出てきた女に家族全員絶句。
    うちに引っ越してくる前、賃貸マンションに住んでた頃の同じフロアに住んでた女で
    マンション内で何度も何度もトラブルになってる評判が悪いどころではない最悪の女だった。
    そこの部屋からの悪臭が酷くて、生ゴミとかベランダに指定袋がてんこもり。
    定期的に周囲のお宅から苦情がきて、才柔めて才柔めてやっと片付けさせてもすぐ元通り。
    いつもボサボサのプリン頭に毛玉スウェット、素足にクロックスと言ういでたちで
    いかにもチンピラ風の男とパチ〇コ三昧で、大負けしたときは廊下を大声で怒鳴りながら歩き
    駐輪場の自転車を蹴り上げる。
    私も目が合っただけで怒鳴り散らされたこともあった。
    とにかく近所の人たちはあそこは基地外だから関わるなと思われていた。
    そして幼稚園ぐらいの子と小学生の子がいたけど、あきらかなネグレクトでもあった。
    当時でも児童相談所の人が時々来てたけど罵声しか聞こえてこなかったし。

    その女が珍しく髪も櫛をいれて纏め、安っぽいながらもちゃんとした格好をして
    しおらしく目元をハンカチで押さえていたけど、どう見てもあの女。
    家族全員お互いに目と目で「あの女だよね」「そうだよね」って感じだった。
    正直、依頼者の人生終わったなと思った。
    結婚?大丈夫?って。

    そのマンションには中学の同級生だった子がまだ住んでたから
    翌日電話して聞いてみたら、やっぱり話題になってるって。
    そして感じたことはみんな一緒だった。
    さすがにその後どうなったかまで追跡はしなかったけど
    テレビ局側もあの女を見つけた時点でどういう女か分かりそうなものなのに
    つくづくテレビ局って無責任だなぁと思った。

    610 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/11/19(火) 10:10:06 ID:7hm93RLz
    虐められてた奴に職を貰ってそこで働いてる俺は恥もプライドもないのかもしらん。
    小中とクラスの男子(DQN)に良く虐められていた俺
    殴られたり暴言で中傷罵倒されたり登校拒否寸前だった。
    さらに陰湿で、クラスの可愛い子や自分と同じような不良仲間には笑顔で接してるおかげでクラスからは人気者
    教師からの信頼も厚いと言う理不尽極まりない存在だった。
    早く卒業したいと思い不登校になりそうなくらい辛い精神を抑え無事卒業

    高校専門学校と、中学以降からはいじめもなくなり平和な人生だったがここでまた修羅場
    社会人になって会社につとめて4年。プログラミングの仕事で先輩が大きいミス、取引先と会社に大きな打撃を負ってしまい
    事もあろうかすべて俺の責任にされた。
    勿論黙ってる訳もなく、反抗して自分じゃない節を全て上司や先輩、社長に言ったが
    長く勤めてる先輩に対して信頼の壁は厚く、俺の意見なんて「あ~あ~聞こえない」状態

    会社を辞めるハメになって暫らくして同窓会の誘い
    中学に俺を虐めてたやつも来るだろうしいきたくなかった。
    更に一時的とは言えニートになってしまったので尚更。
    集まる人数も少ないから来てくれと念を押され同窓会にいくことに

    続きます

    240 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/06/21(火) 10:09:57 O
    今までにあった最大の修羅場

    バイトが終わり家に帰ろうと自転車に乗って車道を走ってたら、後ろからDQNの車に突っ込まれて跳ねられた。しかも、杀殳意を持って。
    タヒぬかと思ったwそれでバイトを辞めざるおえなくなり、ただ今リハビリ中w

    123 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/08/06(木) 17:52:08 ID:SB6
    誰も見てないとこに恥を捨てて晒します。
    若かりし頃のどす黒い過去を。

    それは高校に入ってすぐのこと。
    地元の女友達から男を紹介された。(以降A君)
    A君は友達と同じ高校で、中学はうちらの中学の隣の中学卒。
    ルックスはジャニ系な爽やかイケメンだった。
    好きな音楽とか趣味の話で意気投合したうちら。
    よく三人で遊ぶようになった。

    夏休みに入って、私は家庭の事情からプチ家出。
    それをA君に話したら
    「女が一人でフラフラしてるのは危ない。行く宛がないならうちに来い」
    と言ってくれたのでお言葉に甘える事にした。
    A宅は父子家庭でA父は県外に単身赴任中。
    家にはA君とA兄が二人で住んでいた。
    このA兄ってのが超DQN。
    地元じゃ知らない人はいないってくらい、鬼より怖い不良だったらしい。
    A宅はA兄友達(皆超絶DQN)の溜まり場になっていて、私もその中で生活していくうちにDQNに染まっていった。
    そしてDQN先輩達と一緒に悪行三昧。
    例えば
    皆無職でお金がないので食料は万引き、無線飲食。
    乗り物(自転車、バイク)は窃盗。
    現金は恐喝や年寄り狙って引ったくり。
    終いにはリーマン狩り。
    他にもタバコ、クスリ、酒…
    愚行の限りを尽くした。
    そしてあろうことか、悪行の数多い=人生の階級アップグレード とDQNな勘違い思考が染み付いてしまったのだ。
    人に迷惑をかける事こそがステータス。
    「ちょっと悪い自分」に酔いしれ、口癖は
    「パンピーはタヒね」
    今思い出しても冷や汗もの orz

    そんな生活を約二ヶ月送って八月後半。
    夏休みが終わる二日前。
    シ○ナーでラリった後輩とアダ○トなビデオが流れ続けるテレビ、食べかすや大量の使用済みティッシュに埋まった汚部屋のど真ん中でA君からキス&告白された。
    突然のキス&告白、しかも人生初のキス&告白!!
    に、私の頭はオーバーヒート。
    A君に言われるがまま付き合うことになった。
    ここから更に脳内DQN大暴走。
    取り返しのつかない事態になってしまうのだった…

    504 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/03/03(月) 23:41:23 ID:HBoMMYEV
    武勇伝とは少し違うかもしれないけど、俺的には胸がスーッとした話

    ある日の夜、実家に帰るために峠を越えてた
    結構な山間の道で、ぽつぽつ民家が立ち並ぶだけの光もない道
    そこで、俺が普通に運転してきたら、猛スピードで距離御詰めてきた後ろの車(黒塗りのセダン)が煽りまくって来た
    対向車もなかったから抜きたいなら抜けばいいのに……みたいに思ってたけど、全然抜く気配もなく、ひたすらハイビームで煽るだけ
    ウザくなってきたから、極限にスピード下げて抜かせた
    横を過ぎる時、運転手がチラッと見えて、まあDQNカップルだった
    女がゲラゲラ下品に笑ってて、男は何か勝ち誇ったように俺を見ながら追い抜いて、そのまま猛スピードで走り去った
    ムカついたけど、まあいいかとそのまま走って行った

    しばらく走ると、峠は最も緑が深くなる場所についた
    マジで周辺に家どころか、街灯一つない道
    月灯りもなく真っ暗
    そんな道を走ってたら、なんか車が一台大破してた
    ガードレールに衝突したみたいで、車のエンジン部分が派手に壊れて、一見しても走行不可
    ……その車、俺を追い抜いた車だった
    DQNカップルが俺の車に気付いて、道路脇から必タヒに手を振ってた
    そのあたり、場所によってはケータイも圏外になるくらいに自然が溢れる場所
    真っ暗で車はなく、ロードサービスを呼んでも到着までに数時間かかること間違いなし
    警察も然り
    不気味な暗闇に包まれる中、俺の車が来たもんだから、必タヒになって手を振ってた

    でも心が狭い俺
    カップルの横を通り過ぎる時に、少しスピードを落として、窓開けてニッコリスマイル
    クラクションを二回プップッと鳴らしてさっさと走り去って行った

    あのカップル、夜の底に存分にブルったことだろう

    408 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/01/10(日) 14:27:05 ID:6D4BrfNb.net
    回転寿司で友達と飯を食ってた時に起こった事件。
    なんかギャーギャーうるさいDQN客が数名居た。
    奥の方の席で大声上げながら笑ったり叫んだりしていて皆が迷惑そうだった。
    店員が注意したがそれが逆効果になりDQN客の行動はヒートアップ
    「俺が最強の客で一番偉いんだよ○ねよカスwww!」
    とか意味不明なことを言ってた気がする
    しまいに警察を呼ぶと店員が言い出す始末だがDQNの一人はまったく動じず(他のDQN仲間は若干焦り始める)
    「あ?呼べるなら呼べやw余裕でボコるしwwww」
    凄く強気だった。
    そしてしばらくして本当に警察が来て1名を覗くDQN達の表情も青ざめ始めていた。
    しかし、まったく警察に動じないDQN1名が警察の一人に向かってとてつもない一言を
    「てめぇどこ中出身だこら?」
    DQNのとんでもない台詞の直後に口含んでいた寿司を半分噴出す俺の友達
    「警察滅ぼすぞこら?」
    とか幼稚な発言を繰り返すその姿に友達が声を必タヒに杀殳して笑い始めた。
    警察の胸倉を掴んだところでDQNは結局外に連れ出されそうになっていた。
    そして第2の波が
    「てめぇ俺を誰だと思ってんだごるぁぁぁ!宇宙の帝王だぞごるぁぁぁ!!!」
    直後俺は飲んでいる味噌汁を噴出してしまった。
    隣の椅子には伏せながら必タヒに声を杀殳して笑ってる友達の姿。
    警察二人に抑えられ外へ引っ張られていくDQN1人それに対して顔を下にうつむかせながら付いていくDQNの仲間達
    「離せごるあぁ!俺は最強!最強なんだごら!さいきょっ!さいきょおお!」
    店のあちらこちらからくすくすと笑い声。
    飲酒かなにかだろうか?見た目はどう見ても20歳超えていたが…

    回転寿司であんな体験もうできないだろうなと思って書き込みました。
    それでは

    485 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/06/07(火) 19:23:42 ID:oXS
    母親への気持ちをうまく消化できなくて苦しい。
    短くまとめようと思ったけど、なかなかまとまらず、長文になってしまった。


    母親は典型的なDQN。
    未成年・未婚で私を産み、数年後再婚してまた子供を数人産んだが離婚。
    子沢山シングルマザーになった。
    明日の食べ物にも困る日のある幼少期を過ごした。

    母は感情の起伏の激しい人だ。
    些細なことで激昂する。
    歳をとって、その傾向は年々強くなっていると思う。
    また気分にムラがあり、昨日笑っていたことで今日は怒る…ということが度々あり、私含め兄弟は人の顔を伺う子に育った。
    暴力も日常茶飯事で、押さえつけられて育ったため、兄弟たちはこの親から産まれてきたのが信じられないくらいまともないい子に育っていると思う。

    若い頃から子育てしかなかった母親なので、歳を取ってから遊ぶようになった。
    「飲みに行く」と言って出て行き、帰るのが遅くなることも出てきた。
    働かず、生活保護になった。
    しばらくは「母も大変だったから、今は休むときなのかな」と思っていた。

    私は家を出て働き始めた。(自宅にいると家の収入として取られてしまい、自立できなくなるので)
    奨学金の返済もあるので、生活はかつかつだった。昼夜休まず働いた。

    母から「お金が足りない」「貸してくれ」という連絡が来るようになった。
    家にはまだ義務教育中の弟がいる。
    弟たちがごはんを食べられないのは嫌だった。本当は私が借りたいくらいだったが、自分の手持ちが数百円になろうと、貸した。
    きちんと言われた日に返ってはきた。

    やがて私は職場で出会った人と結婚した。
    その時弟は、社会に出た者も、まだ学生の者もいた。
    長男は一生懸命働いた給料のほとんどを母に取られている、とほかの兄弟から聞いた。
    切なかったけど、何もしてやれなくて、口出しもしなかった。

    結婚式はしないつもりだったが、義両親が納得せず、身内だけで小さな結婚式をした。
    プランナーが「新婦の母への手紙」を勧めてきた。夫も乗り気だった。
    嫌だったが、夫は私と母の仲が良くなることを望んでいて、これがいいきっかけになると強く勧めてきた。
    今後の結婚生活のこともあり、断固拒否して雰囲気が悪くなるのも避けたくて、読むことにした。

    それから、母の私への電話が増えた。
    家を出てから「お金貸して」のメール以外ほとんど連絡なんてなかったのに。
    内容はだいたい弟の愚痴だった。
    弟たちとうまくいっていないようだった。
    手紙のせいで、「娘は私の味方」と思ったんじゃないだろうか。
    「私が早くタヒんだらいいのよね、私なんかいい母親じゃないもんね」
    否定して欲しそうな口ぶりだったが、私は曖昧に笑うしかできなかった。電話がストレスだった。

    247 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/02/25(土) 06:37:48 ID:VFx

    兄の行いが原因で仕事を辞める羽目になったのが修羅場だった

    私の兄は小学校高学年ぐらいから徐々にグレ始め、中二になる頃には完全に不良やヤンキーと呼ばれる人間になっていた
    学校の内外でケンカは日常茶飯事だったし、家では喫煙は当たり前、外でもカツアゲや万引きチャリパクなど色んな悪さをしていたらしい

    でも私や弟には少し怖い所はあっても、よくお菓子やゲームを買ってくれたり、ファミレスなんかに連れてってくれたり、
    共働きで放置気味の両親に代わって私達の面倒をよく見てくれた優しい兄だった

    また、兄の友達もよくウチに遊びに来て、タバコなんかをプカプカ更かしたり夜まで騒いだりしていたが、
    私や弟が兄の部屋に遊びに行くと、私達が知らない事を色々と教えてくれたり、一緒にゲームをしたり
    ビデオで映画を観たり、時には深夜に一緒に外に遊びに出かけたりしてくれて、皆優しく面倒を見てくれて、
    年上の友達、若しくはお兄さんお姉さんみたいな人達だった

    940 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2013/01/02(水) 21:50:48 ID:Kqlqi28u0
    時間をかけた復讐とは違うけど。
    中2のころからDQNグループが色々ちょっかいを出してきた。成績表にいたずら書きとか、机の中にエ□本入れられる程度。分厚いダサいメガネ、友達が少ない、帰宅部、太り気味、とか色々要因はあったんだろう。それに従い、周りの奴からも無視され始めた。
    そんな中ただ一人、美術部のAだけ自分を普通に扱ってくれた。Aは成績は体育含めてほぼ5、部活で描いた絵は何かで入賞とかいうパーフェクトな奴だった。
    そいつだけがとにかく普通に接してくれた。親友って訳じゃないけど友達、みたいな距離でいてくれた。
    初めは漫画読みに図書室に行ってたけど、終いにはそいつとよく会う図書室隣の渡り廊下で週二回くらい一分もない会話をするためだけに通うようになった。

    240 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/07/17(日) 20:41:32 ID:CXv
    学生時代にクラスメートだったA子。地味で真面目な印象だった。
    私は卒業後に上京し、土日休みの会社に就職し、その会社の独身寮に入った。
    A子は地元に残り、平日休みのところに就職した。

    しばらくしてA子が某舞台俳優にはまり、ステージを観るために休みの日に上京しているという情報が
    共通の友人経由で入ってきた。
    地元からは新幹線の距離だけど、毎週のように上京していたらしい。

    そしてある日、A子から私に、平日に私の寮に泊まらせてほしいという連絡が来た。
    某俳優の舞台を観たいのだがホテルに泊まるお金がないからと。

    でも私は社員寮暮らし。
    家族が泊まりに来た時のためのゲストルームはあったが、寮生が常に付き添っていないと駄目。
    平日は私はもちろん仕事。
    就職したてでいろいろ疲れてるし、平日は仕事の関係で夜遅く朝も早い。
    付き添えないから寮に泊めるのは無理、と断りの連絡を入れたところ、

    A 「大丈夫だよ! 私は気にしないから!」

    いや気にしないとかそういう問題じゃなく。
    泊まりにきても、私が帰宅するまで外で待っててもらわないとならないし、
    翌朝は私と一緒に朝早く寮を出てもらわないとならないけど?

    A 「大丈夫! 気にしないから。朝は勝手に出勤してもらっていいよ! 私は一人で寝てるから!」

    だから朝は一緒に外に出てもらわないと駄目なんだけど!

    A 「大丈夫! 私は朝は勝手にするから気にしないで!」

    何度説明しても、「私は大丈夫だから!」の一点張り。
    あまりの話の通じなさに怖くなって連絡を絶ち、そのままCOした。

    あれから2年ほど経つけど、A子は相変わらず新幹線で上京し、
    手当たり次第に宿主候補に連絡しては断られてるんだそうだ。
    その結果、
    お金があったからネカフェに泊まれただの、
    お金がないから雑居ビルのトイレの個室で一晩過ごしただの、
    建設中のビルの内部に忍び込んでその中で寝ただの、
    みんな薄情で泊めてくれないけど私は大丈夫!と武勇伝のごとく言い回ってるらしい。
    違う次元に生きてる人なんだなと改めて思った。
    COしたことに後悔はしていない。

    このページのトップヘ