ロミオ伝説|にちゃんまとめ

2ちゃんねる-家庭板「ロミオメール」スレのまとめブログです。 また、世の中で起きた復縁にまつわる様々なエピソードも紹介しています。

    DV

    936 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2021/03/28(日) 21:47:00 ID:N0H7eFvI0.net
    自分がおかしくて別れられない
    今すぐ出ていかないといけない事をされてるのに
    1人で子育てする事に自信が無さすぎて今回も謝った
    手を上げさせてすみませんって

    情けないな、大人になった自分
    子供の自分が見たら絶望しちゃうよ

    388 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/02/06(火) 22:04:41 ID:ZdV3iUWn.net
    にちゃんっぽく言葉を崩そうとしたら失敗したので、読みづらいかもしれません。

    神経わからんDⅤ彼氏をポイした話です。
    私は大学で法学部に通っていたのですが、二年生の時に彼氏ができました。彼は同い年で私より2ランクほど下の大学で、バイトで知り合い付き合い始めました。


    1年くらいは普通のカップルだったのですが、3年に上がった頃から彼が豹変しました。

    まず、彼は私の部屋に入り浸るようになりました。私の代わりに家事(とはいってもあまりに杜撰)をやるようになり、毎食到底食べ物とは言えない劇物を出してくるようになりました。食費は私の財布から出ておりました。


    同時期に暴カがはじまりました。お弁当は学食で食べた方が安いからいらないと言ったら誰のお陰で安心して大学に行けてると思ってるんだ!と言いながら毆られたことを切っ掛けにことあるごとに毆られるようになりました。


    言動もおかしくなりました。家事をすることを“主夫”の練習、私を毆ることを「男に逆らわないようにしつけてる」と言うようになりました。
    どうやら彼の中では法学部→弁護士=高収入=生意気→暴カでマウントとって理想のヒモ生活!となっていたようで、そういった動きを全く見せなかったため就活をするつもりがないことに気づきました。


    しかし、私は法科大学院に進むつもりは無く、初めから就職するつもりだったので、彼の思惑に気づいてからは彼を上手くだまくらかして地元で就活し無事内定を貰い、大学卒業と同時に彼をふって地元に帰りました。


    壮大にごねられましたが、証拠が沢山あることをチラつかせて脅し無理矢理納得させました。
    数年前の話なのですが、現在の彼は未だにまともなところに就職できておらず、1連の話を彼の元友人が彼親にチクり、実家も追い出され、バイトでなんとか食いつないでいるらしいです。


    私が院には行かないと言った時の顔と言動が忘れられません。ものすごく焦った顔で言った方がいいよ、いけよ!役立たずが!なんでいかないのぉと感情の制御がつかなくなって未だに思い出し笑いを誘います。

    175 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2015/07/07(火) 19:13:04 ID:???
    >>173
    ありがとうございます。
    実は、結婚して約10年になるのですが、5年前に夫の忄生的DⅤでPTSDになりました。
    夫は、私が夫の言動や忄生的DⅤのせいで神経忄生胃炎になり、胃腸科から真っ青な顔をして帰ってきて、トイレで嘔吐したあと、
    「もう吐き終わったんだろ?俺のくわえろ」とか言ってきて・・・
    泣きながらお姑さん(別居)に電話したら、お姑さんが「息子に怒ってあげるわ!」と夫の携帯に電話してくれたのですが、
    それが原因で「お母さんにチクったな!!」と足を蹴り飛ばされ、怪我をしました。

    340 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/09/08(金) 22:28:02 ID:rdl
    旦那の事について聞きたいです。具体的には色々と再構築したいです。
    私が31歳、旦那が29歳で一歳差です。旦那には専業主夫をしてもらっています。
    旦那から私に告白してくれて付き合い始める事になったのですが、その時に
    「ハイしか言わず、私の言う事を聞いてくれるならいいよ」
    と言った時からねじれ始めました。その時旦那が普通に了承してくれたので、そこからワガママを言い続けていました。お互い就職して結婚となった時に、私は仕事を辞めるつもりは毛頭なく、一生続けるつもりだったのでプロポーズの時も
    「仕事を辞めて家に入ってくれるならいいよ」
    と言うと、その時も普通に了承してもらえて、結局旦那は仕事を辞めてくれたのですが、そこで私が高圧的な態度に出てしまいました。
    色々と嫌がらせの多い職場でストレスが溜まっていたこともあったのですが、ストレスが溜まって家に帰ると旦那をカバンでアザが出来るまで毆ることはザラで、
    普段から旦那が作ってくれた食事を気分じゃないからと流しに捨てて作り直させる、作ってくれたお弁当でも気に入らなかったら手をつけずに持って帰るか捨てて帰る、旦那が話しかけてきても一切無視する(私が嫌いなのもあるのですが)夫婦生活も私がしたい時しか応じない
    という事を平気でしていました。
    しかし、最近仕事も落ち着きストレスも感じる事がほぼ無くなって来て、改めて家の事を見つめ直したのですが色々と申し訳無いことをしてきたと反省しています。とりあえずどうすればいいか分からず今まで通り過ごしているのですが、
    旦那も参っているのか意図せず涙が出てしまうようでどうにかしたいです(「好き」とは言ってくれましたし、ご飯の時も話しかけてきてくれます)。
    ただ、上のような条件で付き合い結婚したので、いままで「ごちそうさま」はもちろん、感謝や謝罪を口にした事もなくどこから再構築すればいいのか分かりません。お知恵をお貸しください。

    319 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/11/12(土) 03:56:01 0
    豚切りゴメン。
    さっき、旦那に毆られた。
    初めて顔面毆られたり、頭突きくらった。勿論こっちもやり返してるけど。
    こっちからしたら糞しょーもない理由で切れてるんだが、本人にしたら舐められたと思って激怒。いやまじチンケな理由なんだけど。
    今、かなり腫れててたんこぶと目の周り冷やして片目で書き込んでる状態。なので読みづらいだろうけど許して下さい。
    その後落ち着いて話はしたんだけど、男が女を毆るって事は最低に卑劣なんだと言っても、周りに批判されることも分かってるが、それだけ怒らせた私が悪いと。
    そこですでにアウトだと思うんで、子供(3歳)の親権は私(フルタイム勤務)が確定だと言っても、そんなわけない、昔と違うとか意味不明なことを言って引かない。今の方がDⅤにはうるさいはずだと思っているんだけど、どうなんだろう。
    一度あることは二度あるというし、次あったら離婚だとお互い認識して終わったけど、普段は定時で帰ってくると、晩飯を用意してくれていて、切れなければいい旦那なんだけどさ。
    私が普段怒らない忄生格だからか、全く理解できない旦那。結婚し少しは慣れたし子供もできたし、多少成長?したかなーと思ってたのに。
    ちなみに旦那30歳。私38。年上だからってかなり我慢してたんだけど、さすがに限界。
    仕返しは離婚した時に親権を獲る事かと思ってます。

    81 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/06/28(日) 21:07:31 ID:7Z77C1vy0.net
    モラハラ、DⅤ言われまくり
    たしかに向こうも暴れてくるから抑えて飛ばしたりもあった。話になっても何度も同じことで、要点をすり替えてキレての繰り返しで、もう頼むからどっか行くなりタヒぬなりしてくれともいった。
    でも、自分も己やお前が全部悪いから、こうなっとんやみたいに言われ続けて、首締められてアザだらけになったこともあったし、お前やタヒねみたいに何度も言われ続けてる。お互い様でないん?喧嘩は。って諭しても全て責任は己にあるんじゃ!っていって譲らない。物は投げるしドアはドンドンするし、、、
    何かもがいやだ。夜もあんまり眠れないし、胸が苦しい

    253 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2017/07/25(火) 10:30:35 ID:U81IqQ4u.net
    そのとき付き合っていた彼と入籍と結婚式をする予定で、籍を入れる前に妊娠が発覚して修羅場。
    何が修羅場って、その時点でもう愛情の欠片も感じないほど相手を嫌いになっていたし、妊婦のわたしにも容赦なく殴る男だったこと。

    とにもかくにも我が儘で、自分の思い通りにいかないとどんなに筋が通ってなくても怒鳴る。
    家も建ててたけど、わたしの知らないうちに同居するための彼の親の部屋が作られていた。
    同居しないって言ったよね?と聞くと、
    同居しないとは言ったけど、俺が同居したいっていう気持ちを知ってたんやから同居するのは当たり前!それをわかってないお前が悪い!
    と訳のわからない理屈で怒鳴る。
    じゃあわたしも、わたしの親と同居したいってゆう気持ちがあるけど、それはどうするの?と聞くと、
    お前の親は家が近いから同居しなくていい!とのこと。。
    わたしの実家は新居から車で30分、彼の実家は車で5分だったんですが。。
    つわりがしんどいと言うと、
    俺の方がしんどい!!!そんなにつわりがしんどいならおろせ!!!
    と毎回怒鳴る
    わたしの親にお祝い100万円もらっても、お礼すら言わない。
    わたしの親が悲しむと思って、とりあえず一回結婚だけはしようと思ってたけど、親にお礼すら言わないことでプツッと何かが切れてしまった。
    彼の言うとおりにする。子供をおろすことを伝えたら、彼が泣きわめいて
    今までのことは全部うそ!ごめんなさい!
    と謝ってきたけど無視。
    無視というか、一回泣きながら電話きただけで大して引き留められてもないのに、次の週にまだ子供をおろしてないのに彼の弁護士から内容証明が届いたよ。
    子供を楽しみにしていたのに、必タヒで引き留めたのに自分の言うことを聞かずに勝手に子供をおろした。心が傷ついたので慰謝料500万円請求する。
    だった。
    これにはうちの親もかなり怒ってしまった。
    てゆうかまだ子供お腹の中で生きてるし。
    そんなクズな人と何で結婚しようとしてたんだろう。

    16 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/01/12(日) 10:43:01 .net
    今、元夫が慰謝料と養育費払わずに逃亡しています。

    夫の口座の預金はほぼ全て無くなっています。
    どうにか、元夫から慰謝料と養育費を貰うようにすることは
    出来ないのでしょうか?

    私の給料だけで子供一人育てて、家賃有りのアパート暮らしは
    かなり厳しいです。

    136 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2014/03/23(日) 17:38:25 ID:vpTpOiHr8
    暴力を封じるにはより大きな力で押さえつけるしかない。
    昔、それを目の当たりにしたのが第一の修羅場。

    母を何かにつけ殴っていた父親が、小学生の自分と妹に暴力の矛先を向けたとき
    初めて母がぶちきれ、数十秒で父が立ち上がれなくなるほど
    父をボコボコに殴りつけた。
    (そのとき初めて、父より母のほうが体格がいいことに気がついたww)

    祖母が救急車呼んで、父はしばらく入院してたが
    父の入院中、うちにお巡りさんが来て
    「母ちゃん連れてかれちゃうんだろうか」
    と玄関の隣の台所でびびってた時が、第二の修羅場。

    「なんとかなんとか、ですよね?」とひとことだけ言った母に
    「…確かにそうです。おじゃましました」と
    お巡りさんが頭下げてあっさり帰っていったのを覚えている。
    なんとか、の部分は忘れた。というか、
    当時は母がなんと言ったのか、わからなかった。
    今考えると「警察は民事不介入ですよね」とでも言っていたのかな?

    それ以来、父は家の中で家族の顔色見ながら今でもびくびく暮らしてる。
    普段は母が父を立てているが、父が調子に乗ってると判断すると
    母は真顔で父をじっと見る。父びびって黙り込む。

    母が父に暴力を振るったのは、あのときが最初で最後。
    自分も妹も、これからは自分たちも母を父から守らなければ!
    と思い込み、武道を習って段位を取ったけど、
    今んとこは役に立てていない。段位より母の一瞥のほうが強い。

    あのときの母ぐらい強い女でなければ
    夫のDV癖を矯正することは不可能なんじゃないか、と今でも思う。

    737 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2019/07/03(水) 14:25:59 ID:mnq
    元カレがDVののヒモ男、通称クソ人間でした。。

    そもそも私の実家が虐待する家だったのだが、19才のある日家を追い出され、
    当時付き合ってた彼氏(以後クソ人間)にそれを話したら、「彼家(実家)に来ていいよ」と言われたのが不幸の始まりだった。

    彼家に住み初めて数日後、突然クソ人間が会社を辞めたと言い出し、「なんで?」と聞いたら、「一緒にいたいから」との答え。
    一瞬「ん?」伴ったが、当時の私は少しうれしかった部分もあった。
    しかし、そこからは私の稼ぎを当てにするようになっていった。

    その当時、私は昼職と夜職をしていたが、ある日、夜職のあとすぐ昼職に行く日があり
    ソ人間を起こさないように、
    制服を取ってそのまま出勤しようとしたところ、その時の音で起きてしまったらしく、
    玄関で靴を履いていた私をひっつかみ、そのまま部屋へ引きずり込まれ、

    会社に出れなくなるくらいまで殴られた。これがDVの始まり。

    結局、昼職の職場が彼家から遠くなったこともあり、私も昼職を辞めてしまい、
    以後昼職の給料を貯金し夜職の日当を日々のの生活費にした。

    「食べ物買って」、「服買って」は当たり前、
    夜の仕事は続けていたが、職場に電話が来て「飲みに来てるから飲み代くれ」とその日の日当を持っていかれることも多々あった。

    足りない分は、昼職の貯金から補填していたので、底を着いたのは間もなくのことである。

    夜は門限が設けられ、夜職の付き合いなど行った日は必ず殴られ、無段外出が禁止となった。
    その後友人から聞いた話で、私は通称「籠の鳥」と言われていたそうである。

    このページのトップヘ