ロミオ伝説|にちゃんまとめ

2ちゃんねる-家庭板「ロミオメール」スレのまとめブログです。 また、世の中で起きた復縁にまつわる様々なエピソードも紹介しています。

    スカッと

    330 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2009/10/27(火) 20:29:59 ID:SkGvkKYm
    まだWindowsが3.1だった頃のお話。

    当時中学3年生だった自分はパソコン部を立ち上げて初代部長に収まり、プログラム書いたり同級生(ヱロゲー)やぷよぷよで遊んだりしていた。
    当時の他のメンバーは、
    航空自衛隊空佐の娘で同人作家志望の腐女子Aちゃん、ヤ○ザの息子で右翼思想で警棒常備で何故か小説書くのが得意な超問題児B君、
    ラジオライフ読者で無線、ビデオ撮影、編集の達人のY君、昨年までいた陸上部が諸般の事情で潰れて流れてきた握力70kgのI君と、人材豊富すぎる部だった。

    その年に入ってきた社会教師(ハゲ)が絵に描いたようなクソ左翼系教師で、お約束のようにAちゃんを「人杀殳しの子」呼ばわり。
    他にも色々あって、我々パソコン部は堪忍袋の緒が切れた。文化祭のパソコン部の展示で報復する事に決定。

    俺:当時のPC-98の忄生能を限界まで引き出したゲーム「○○の拳」を製作。ちなみに○○にはハゲ教師の名前が入る。
      全12章に及ぶ超大作で、当時珍しいテーマソング付き。FM音源の限界に挑んでPCで音声合成モドキ(今で言う初音ミクみたいなの)を実現。
      「ハゲ」としか歌えなかったが… テキスト量だけでいったら当時のFFを越えていた…と思う。
      あと、相忄生占いプログラム。但し、入力された名前をこっそりセーブしているというトラップ付き。

    Aちゃん&B君:Aちゃん挿絵、B君本文で官能小説「ハゲ達の午後 番外編」を製作。内容は今で言うところの鬼作みたいなやつ。

    Y君:自衛隊のプロモーションビデオとドキュメンタリー作品「○中スペシャル 太平洋戦争の真実」を製作。
       全編「ハゲ先生はこう言っていたけど実際はこうだった」という論調。内容はゴー宣みたいなの。

    I君:整理係 兼 用心棒(PCに全然詳しくなかった)

    よく考えると半分以上がパソコンと関係ない展示だが、来客にはどれもバカ受け。校長先生にも大好評だった。
    案の定ハゲ先生はファビョったが、B君の「無理矢理中止させたら親と一緒に伺いますよ」の一言で沈黙。
    文化祭後、ハゲ先生の勢いは完全に衰え、生徒たちにおちょくられる存在に成り下がった。

    その後、俺はAちゃんとつきあい始めて…なんて話はなく、それぞれ別々の高校に進学して散り散りになったが、
    今でも同窓会で集まると、当時のパソコン部の話で盛り上がる。あの頃は本当に楽しかった…

    550 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/03/25(日) 16:50:09 ID:A92D75L5
    以前勤めていた職場であった事。
    新入社員の中にスラリと背の高いメガネの似合うインテリ系のイケメンがおり
    女忄生社員の間で噂になっていた。
    しかし彼は物凄く口の悪い奴で部長クラス以外には「うっせーなテメーは」とか
    「御託はいいんだよ。テメーは俺が聞いた事だけ答りゃいいんだこのウスノロ」などと
    平然で言うので男忄生社員とは喧嘩になり、女忄生社員はショックで泣き出したりする
    人が絶えなかったがコネ入社だったらしくどんなに上に訴えても泣き寝入りに終わっていた。
    ある日、課長が彼の席にやって来て仕事の話をしていたのだが、時間が経つに連れて
    いつものように彼が「うるせー黙れ」と口調が荒くなり出した。
    その課長は小柄でいつもニコニコと笑っている人で今まで彼が何を言ってもスルーして
    いたのにこの日は我慢できなかったのか、笑顔のまま突然彼の顔面を毆打。
    椅子から吹っ飛び床に倒れてた彼に、何が起こったのか一瞬理解できず皆呆然。
    毆られた彼自身も呆然としていると、課長は彼が座っていた椅子を持ち上げ
    勢い良く投げつけた。幸い椅子は彼には当たらずに脇をすり抜けて壁に激突して大破。
    「おいおい…冗談よせよ」と引きつり笑顔でボソボソ言う彼に「前々から思って
    たんだがお前何か勘違いしてるよなぁ?ちょっとこっち来いよ」と彼の襟首掴み、
    去り際に「騒がせてゴメンね。皆は普通に仕事再開して」とフロアから出て行った。
    1時間後、顔中ボコボコに腫れ上がった彼とニコニコ顔の課長が戻ってきた。
    彼はその後別人のように静かになった。
    とにかく怖かったのはその課長が最後まで笑顔だった事。

    167 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/05/06(日) 13:15:22 ID:bCnAeaT9O
    知人は学生時代ヤンキーで気の弱い子達を金づるパシリにしてた。
    気に入らないと相手に容赦なく蹴りを入れる。それで不登校になった子もいた。
    その後知人は地主娘の美人と結婚、自営業もうまくいき、1女2男に恵まれ新居も建てた。
    どこから見てもリア充、当時でいう勝ち組でした。

    917 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2018/02/06(火) 11:58:57 ID:5NnSdpl2.net
    長くなってしまいました。

    中学から大学まで同じ学校だった友達Aが結婚することになり何故か司会進行、幹事を頼まれた。
    その時点で2か月前。
    披露宴はせず、レストランを貸し切って新郎新婦の仲の良い友人達を呼ぶ1.5次会の様なものだけど、
    私は普通の会社員で司会なんてしたこともない。だけど頼まれた以上はきちんとしたかったので、Aに
    『台本っているよね?ちょっと考えるの手伝ってほしい』と頼んだのだが、『えー?台本なんていらないでしょー?』
    と言うばかりで結局私一人でいろんなHPを参考にして、もう一人新郎側の司会を頼まれた人の分も私が作った。

    幹事も頼まれていたので、タイムテーブル、名簿、ゲームなどを私を不憫に思ってくれた他の友人達にも
    手伝ってもらいながら考え、新郎新婦にも意見を聞いたり打ち合わせしながらもなんとか完成。
    招待客の人たちにも良かったよ!と言ってもらえた。

    しかしその道中Aが本当に酷くて、最初はタイムテーブルもゲームも全部自分が考えるからと言っていたのに
    結局こちらに丸投げ。私が提案しAが承諾した事を次の日にはさも自分が提案したかのように言い、Aが提案した
    けど採用されなかった案は私が出したことになっていたり、ゲームを考える上で予算を聞いているのに『あなたは
    ゲームだけ考えてくれたらいいから!会社でも経理は経理の事しかしないでしょ?』と何故か上から目線で
    斜め上の発言したり。とにかく言うことが二転三転するわ、話が通じなくて宇宙人と喋ってるみたいで二ヶ月間ストレスフルだった。

    なんとか形にはなったけど、途中何度も友達辞めようと思ったし実際その後はこちらから一切連絡もしなかった。
    そしたら何かを察したのか、要訳すると色々苦労かけたけど今妊娠中だし多目にみてね!という感じのメールが来て
    妊娠中だからって人を下に見たり不快にする発言してもいいのかとか、そもそもその言い分は他の妊婦さんに失礼だろうとか
    考え出すと止まらなくなったので精神衛生上良くないと思い完全にブロック。
    付き合いが長いから少し寂しい気持ちもあるけど、年々非常識な所が出てきたので友やめしてすっきりした。

    775 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2011/08/14(日) 12:03:24 O
    トメ毆っちゃった…。
    いつもことあるごとに、私の頭を叩くんだけど、なんかプチッときて顔面にパンチ入れちゃった…。
    力加減なんかまったくしてないから、ふっとんじゃった…。

    846 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2006/05/25(木) 02:16:14 ID:sw5SjWwR
    これは人によってはスーッとするか分からん話なんだが。
    俺は中学時代、いじめられてた。名前はとりあえず田中にしとくけど
    この田中ってやつがクラスの中心っぽいやつだったから
    なんか知らんけど俺が眼をつけられてクラス全員からシカトされてたワケ。
    暴カとか一切ないんだよね。ひったすらシカト。
    よくネタとかであるけど「はーい、二人組みつくってー」とか本気で地獄だったよ。
    俺が何かすると遠くからニヤニヤヒソヒソ、本気で杀殳してやろうかと何回思ったことやら。
    そんでようやく中学校卒業したと思ったら、また運悪く田中と一緒の高校に
    進学するハメに・・・。
    クラスは違ったし、高校の連中はいい奴ばっかりだったからすぐ仲良くなって
    自分で言うのもなんだけどガラにもなく、クラスの中心っぽくなれたわけ。
    そんで2年のクラス替えで田中と一緒のクラスになった。
    田中はあんまりその新しいクラスで知り合いがいない(もともと1年のクラスでも
    評判はよくなかったらしいが)らしかった。
    でも俺は知り合い多かったし、すぐに仲良くなれた。

    1ヶ月もしたら、大体クラスの流れを掴んで、また自分で言うのもなんだが
    リーダー格になれた。

    で、それから上手いこと誘導して田中をクラスから浮かせた。
    なんとなく話し難い雰囲気を作って、無言のプレッシャーをかけ続けた。
    そしたらいつの間にか、田中はクラスでシカトされる存在になっていった。
    俺も特に指示したわけではないんだけどね。上手く空気を作っただけ。

    で、半年くらいして、帰り道で田中とあったら、いきなり胸倉つかんできて
    シカトを止めさせろと言って来た。
    俺は同じことを2年間田中に言って来たわけで。

    突き飛ばして「いやあ、中学校の2年間は楽しかったよ。田中も楽しめよ」
    と2年間の恨みを込めて罵声を浴びせたのは最高に気分が良かった。

    873 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/04/19(日) 14:52:53
    実家の汚兄がン十年前にとった絵画と賞状を捨てた
    絵はハサミで細かく切って、賞状はビリビリにして捨てた
    額縁は手に力を入れて折ってゴミ袋にイン
    そのままゴミの日に捨てて清々した
    飾ってもないのに埃が凄いし、絵画のテーマも人のタヒを連想した
    サイコな絵だったから気持ち悪かった

    651 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2012/01/27(金) 17:41:52 ID:Prq3qkAa
    お茶うけ程度に。

    一昨年家を購入して、去年から持ち回りで町内会の役員になった。
    他の役員さんも町内の人もみんな常識人だけど自称古参住民(実際は大差ない)の副会長Sがとにかく厚かましい。
    公民館がふさがってて私の家で打ち合わせをしたときもインテリアにはじまり何から何まで物色し、
    あれちょうだいこれクレと香ばしい。断るとイヤミのオマケつき。
    会長さんや他の役員さんが〆てくれてそのときは終わったけど、
    私の夫が単身赴任中だと知ってから図々しさがエスカレート。
    なにかと理由をつけて家にあがろうとする。もちろん全部お断りで通してきたが、
    あまりにしつこいので会長さんに協力してもらって対策を実行。
    うちの町内会では新年会で有志が手品とかのちょっとした余興をするんだけど、私夫の一発芸をトリにセッティング。
    この時点でS夫婦は面白くないらしくイヤミを言いまくるが全員笑顔でスルー。
    他の余興が終わり最後の演目になって会長さんと夫が入場し、
    瓦を十枚設置してから「せいやぁ」!の掛け声とともに夫が真っ二つに粉砕。
    子ども達も町内の人も全員拍手喝采のところで
    「ありがとうございます!でもこれくらいは少し鍛えればできますよ!そうだ、S夫さん、昔かなり鍛えていたそうですしぜひどうぞ!」
    と筋肉馬廘丸出しの無駄に爽やかな笑顔でS夫を誘う。普段からS夫も「俺も昔はヤンチャでさ~」系でウザかったんだ。
    S夫、なんとか逃げようとしたけど町内の人に強引に催促されて渋々壇上に上がり、
    瓦を三枚に減らして拳を入れたけど一枚も割れずw「ぺしゃっ」ってショボい音が響いてS夫悶絶w
    「あれ~おっかしいな、三枚くらい女忄生でも割れるはずなんだけどな~」
    って白々しいセリフとともに私が代わりに壇上に上がることになってあっさり三枚粉砕w会場内大盛り上がり。
    その日以来S夫婦は私を見てもコソコソと避けるようになって快適ですw

    423 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2020/09/02(水) 13:20:22
    些細なんだけど思い出しむかつきしてしまうので書き捨て。
    高校の同級生のA。 現在互いに30代前半。
    私は大学で上京、一人暮らしを開始。一方Aは当時実家暮らし。
    大学当時うちに遊びに来た時に「自炊してるの?」と聞かれたので
    いやーほぼしてないよ一買ってばっかり。なんて答えた。
    そのときは、Aも実家暮らしで家事なんてしなかったから、そうなんだくらいの反応だった。

    その後社会人になり、Aに初彼が出来た。 毎週末デートで彼にご飯を作っているらしい。
    どうもその時から、A=料理できる、私=料理できない、という構図が彼女の中に出来上がったらしく、
    私が時々ご飯作った話をすると、「へ~○○ちゃん料理しないのにねぇ」といわれるように。
    私は知らない土地の一人暮らしで鬱気味&買った方がコスパいい
    という理由で人に言えるほど自炊はしてなかっただけで、別に人並みに料理はできるし
    そもそも一人暮らしで自分のために毎日ご飯作るのと、週末デートで彼氏にご飯作るって
    まったく別だと思うんだけどなあ…とモヤモヤしつつ、
    彼氏に作った料理の写真を見せるAに、すごいねえらいね~と言って、ここまでは多少イラッとしてもまあ流していた。

    そこから数年経ち、先日私が結婚。 続けてAも結婚した。
    Aの結婚相手は料理が趣味で、毎日料理を作ってくれているらしい。
    (本当は旦那さんは毎日の料理は妻に作ってほしいけど、
    Aが旦那においしいって言ってもらえない&旦那が作ったほうがおいしいという理由でそうなっているらしい)
    そっちはどうなの?と聞かれたので、私が作ってるよ、と答えたらなんとまた「料理しないのにね~」と。
    こっちは大学から一人暮らしで、そっちは30歳でようやく一人暮らし(といっても親が持っている家に
    一人で住んでいただけ)始めて、相当家事をしてきた期間の差だってあるのに、
    未だに私の方が料理ダメ認定されてるの?どんだけ引きずるの?
    しかもあなたは契約社員で、 こっちは総合職で家事してて、家庭の支えっぷりだって全然違うよ?なんて余計なことまで思ってしまった。
    普通に料理できるとはいえ、毎日ちゃんと自炊してるわけじゃないから言い返せなかったんだけど、早めに言い返せばよかったな…。
    思ったより長文になったすみません。あーすっきり。

    146 :ロミオ伝説|にちゃんまとめ 2016/07/28(木) 01:01:44 ID:UFEc1sK9.net
    長文で乱筆乱文多謝 身バレしないように少しだけフェイク入り

    典型的な二代目バカ社長の会社での話:バカ社長にとっての修羅場みたいなもの

    二代目バカ社長(今後バカ2と書きます)は、大学卒業後デキ婚で家を追い出され職を転々としていた。
    先代に末期がんが見つかった際に呼び戻され、実務経験を殆どすっ飛ばして社長になった。
    当然仕事なんて全然出来ないが、就任するなり「ここは私の会社なので私の好きなようにします。」宣言
    をするDQNだった。

    最初は言葉だけで一切仕事が出来ないので実害は無かった。ただ、全然職歴が無いというコンプレックスが
    有ったのか、稲盛塾に通って役に立たない知識を得ては、それを実践するようになった。
    勿論塾で学んだ知識は、経営的に役に立つものだと思うが、バカ2には理解出来ず自分に都合の良い超解釈を
    作り上げて社内に投げかけてきた。
    当時のバカ2の基地外語録だけで結構な量がある。覚えているのはこんな感じ
    「会社に頭脳は少ない方がいい。だから俺(バカ2)以外は一切判断する必要が無い」
    「トラブル対応は全部俺が決めるので勝手に判断したら即時解雇だ」
    「二年以上いる社員は給料が高いので新卒を雇って一年で辞めさせるのが一番人件費安い」
    「俺より頭が良い社員は全員早めに首を切った方が、良い会社になる 年内には全員切る」
    こんなことを堂々と朝礼などでいうやつだった。勿論労働基準法などの法律違反なんだが、こいつはこう
    いった法律を知らずオーナー企業は好き放題していいと勘違いしていた。
    特に酷かったのが、一度でもバカ2に口答えした女忄生事務員は、数時間社長室に呼ばれ叱責を受けた後、
    ほぼ確実に解雇された事だ。また、後日判明するが一人だけいたSEをスパイに仕立てて、雑談中でも
    自分に対する悪口が無いか常にチェックする小心者でもあった。

    このページのトップヘ